最短1時間で即日お金を借りれる

即日融資も受けられるカードローン

急な出費などでどうしても即日お金を借りたい時、カードローンのキャッシングが便利です。

カードローンを発行する会社は、銀行、消費者金融、信販会社などありますが、中でも大手消費者金融なら申込みから最短1時間で借りられるスピード対応です。

また大手消費者金融なら、銀行などの金融機関が休業している土日祝日や、銀行の営業終了後の平日15時以降も含め、自動契約機を設置しているカードローン会社であれば、いつでも契約してローンカードを受け取れ、近くのATMで時間を気にせず借入れすることができます。

今日中にお金を借りる流れ

即日でお金を借りる流れ

申し込みする曜日や時間帯を気にせず、今日中にお金を借りたいならインターネット申し込みをする→自動契約機でローンカード発行・受け取りの流れが一番オススメ。

平日の日中は仕事などで外出が難しいなどの現状もあるかも知れませんが、自動契約機なら21時までに申し込みすれば、その日の間にローンカードの受け取りができます。

申し込みから融資まで最短1時間

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

口コミ評価数
4.53/5.00
  • メアド登録・Web明細利用で30日間無利息
  • Web契約なら来店不要・郵送なしで即日融資
  • 月々の返済は4,000円~OK
実質年率 4.5%~17.8% 限度額 1~500万円 審査時間 最短30分
はじめてなら最大30日間金利0円

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

口コミ評価数
/5.00
  • はじめてなら契約日の翌日から30日間無利息
  • Web契約なら来店不要
  • 自動契約機(むじんくん)なら22:00まで申込受付
    ※年中無休(年末年始は除く)
実質年率 3.0%~18.0% 限度額 1~800万円 審査時間 最短30分
新生フィナンシャルの新サービス

レイクALSA(アルサ)

口コミ評価数
/5.00
  • お借入れ額5万円まで180日間無利息
  • 最短即日融資にも対応
  • アルバイト、パート社員も利用OK
実質年率 4.5%~18.0% 限度額 1~500万円 審査時間 即日審査、最短60分融資も可能
10秒で簡易審査結果表示

SMBCモビット

口コミ評価数
/5.00
  • WEB完結申込なら電話連絡・郵送物なし
  • 安定収入あるパート・派遣社員・自営者も申込可能
  • 14:50までの手続完了で即日融資OK
実質年率 3.0%~18.0% 限度額 800万円 審査時間 最短即日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

女性向けの女性専用ダイヤル

プロミス レディースキャッシング

口コミ評価数
/5.00
  • 専用ダイヤルのスタッフはすべて女性
  • 申し込み~契約までWEB上で完結
  • 瞬フリなら夜中でも最短10秒で融資振込
実質年率 4.5%~17.8% 限度額 1~500万円 審査時間 最短30分

即日でお金を借りる方法は?

時計

大手消費者金融から即日でお金を借りる場合、大きく分けて時間帯別・曜日別におすすめの方法がふたつあります。

ひとつは全ての手続きをネットのみで済ます方法、そしてもうひとつは、手続きをネットと大手消費者金融の持つ自動契約機(無人契約機)を組み合わせて行う方法です。

どちらの方法を使うにしても、重要なのはカードローンの申し込みは全てネット(WEB)でおこなうという点にあります。

WEB申込みなら大手消費者金融の場合、ほぼ24時間365日対応可能であり、自分の都合に合わせて申込みできるのでとても便利です。

審査後の契約やカード受け取りを自動契約機で済ませる人も、WEBで事前申込みしておけば、契約機内での待ち時間を短縮できるなどのメリットがあります。

平日14時までにWEBから申込めば、銀行振込融資(振込キャッシング)できる!

大手消費者金融から即日でお金を借りるには、手持ちのパソコンやスマホなどからネット申込みすれば、審査から契約、借入れまで全てネットだけで済ますことができ、便利かつおすすめな方法です。

WEB契約なら来店不要で、契約書やカード等の郵送物も受け取らず、融資も振込で受けることができます。

ただし消費者金融の場合、振込融資には銀行の振込システムを使うので、もし即日融資が希望なら平日14時までに手続きを済ませておく必要があります。

消費者金融からの振込依頼が銀行営業の終了する時間間際だと、銀行都合により即日融資を受けられないこともあります。

これは銀行窓口に来店する客数の増加や通常営業の締め作業など、さまざまな銀行業務が重なることで、消費者金融からの依頼処理が、振込可能な時間に処理できない可能性があるためです。

そうしたことから消費者金融のWEB申込を利用する場合は、平日14時までに振込依頼も含むすべての手続きを完了しておけば、融資がおこなわれないという心配はほぼありません。

平日14時以降、土日祝日は自動契約機でカード受け取り、ATMで借入れ

それでは大手消費者金融において、平日14時以降、または土日祝日に、即日でお金を借りる方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

それは自動契約機を利用した申込方法です。

自動契約機は平日なら24時まで、土日祝日は22時まで営業していることがほとんどで、消費者金融の審査時間もそれに合わせて対応しています。

仮に15時を過ぎてから申込みをしたとしても、自動契約機でカードを受け取っておけば、あとは提携先のATMからいつでも借入できるので、即日でお金を借りることができます。

プロミス
アコム
SMBCモビット
レイクALSA(アルサ)

上記の当サイトでおすすめの大手消費者金融は、すべて自動契約機を自社またはグループ内の提携先で持っています。

そのため、筆者がこれからご提案する方法を使えば、問題なく即日でお金を借りることができます。

自動契約機を利用する方法には2つあります。

ひとつは申込者が最寄りの自動契約機に直接出向き、契約機内で申込みから審査、契約、カード受け取りまでをおこなう方法です。

自動契約機の操作がわからず、どうしたら良いか困ったときも、ブース内からオペレーターと電話連絡が取れるので操作方法がわからなくても、すぐに解決できます。

ただ、この申込方法には問題が2つあります。

1つは足を運んだ自動契約機に先客がいると長時間待たされたり、もう1つは審査に必要な書類を持っていくのを忘れたりした場合です。

こうした際は、別の自動契約機を探したり、必要書類をそろえて出直したりしなくてはいけません。

こうした問題点をなくし、時間効率をあげる方法があり、それこそが大手消費者金融での平日15時以降や土日祝日にお金を借りることのできる、筆者が最もおすすめする方法なのです。

それが事前にネット(WEB)で申込み~審査・契約まで済ませ、自動契約機でローンカードを受け取るという方法です。

アコムむじんくん契約機

これなら平日14時以降や土日祝日でも、自分の都合に合わせて申込みが可能であり、自動契約機では稼働時間内にカードだけ受取りすればいいので、あとはそのカードを使って、24時間稼働のコンビニATM等からその日のうちに借入れすることができます。

消費者金融のスペックを一覧表(金利、借入限度額)で比較

大手消費者金融で即日お金を借りる方法について、詳しく説明したところで、当サイトおすすめの貸金業者4社のキャッシングスペックをご紹介します。

これら4社では、キャッシングの利用条件に多少違いはあるものの、すでに解説済みのふたつの方法を使えば、申込みをしたその日のうちにお金を借りることができます。

そこでまずは各社のカードローンスペックを、年率と借入限度額で、一覧表にまとめたのでご覧になって下さい。

消費者金融 実質年率 借入限度額
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
プロミス・レディースキャッシング 4.5%~17.8% 1万円~500万円
レイクALSA(アルサ) 4.5%~18.0% 1万円~500万円

※プロミス・レディースキャッシングはプロミスの女性専用カードローンです。
※レイクALSA(アルサ)は、新生銀行グループの消費者金融申請フィナンシャル(株)のキャッシングブランドです。
※消費者金融で新規借り入れする場合、最初は殆どが上限金利での適用となります。

消費者金融のスペック比較一覧表(審査回答時間、融資時間)

こちらは同じくおすすめの消費者金融4社を、審査回答時間(審査スピード)と融資までの時間(融資スピード)でまとめた一覧表です。

各社ともおおむね、審査回答時間も融資実行までの時間も短いので、各社の受付時間内に申込みさえすれば、即日でお金を借りられます。

消費者金融 審査回答時間 融資までの時間
プロミス 最短30分 最短1時間
アコム 最短30分 最短1時間
SMBCモビット 10秒簡易審査 最短即日
プロミス・レディースキャッシング 最短30分 最短1時間
レイクALSA(アルサ) 審査結果が画面にスグ表示(インターネット申込みの場合 最短即日

消費者金融の審査が早い理由

消費者金融の審査は銀行カードローンのように、保証会社がすることはありません。

直接、消費者金融会社が審査をおこないます。

そのため大手の消費者金融では、銀行カードローンより審査スピードを早めることができ、早い貸金業者では申込みから最短30分で審査完了します。

また消費者金融では銀行カードローンのように、キャッシング枠を作る際、指定された銀行の口座を開設させるという条件もないので、よりスピーディーに受け取ることができます。

これも消費者金融で融資スピードが早い要因のひとつです。

消費者金融での融資可否は主に、申込者の個人情報を元に属性※に基づくスコアリング審査、本人確認書類や収入証明書等の必要書類のチェック、個人信用情報機関への信用照会、勤務先への在籍確認の有無などを基本にして行われます。
※属性とは申込者本人の氏名や住所をはじめ、勤務先(年収や勤続年数含)、住居(居住年数や持家か賃貸などの区別)など、すべてを合わせた情報を指します。

それぞれの消費者金融会社が設定した審査基準を満たすことで、カードローンが利用できるようになります。

また大手消費者金融以外にも、総量規制などの貸金業法の制限を受ける中小消費者金融があります。

中小消費者金融でも融資審査はあります。

ただし、大手消費者金融と比較したらスタッフ数も限られ、また審査方法も依然と旧式の人的対応による会社が多く、その結果、審査に時間が掛かっているようです。

また審査を通過しても銀行振込による融資が多く、申込み時間が遅いと振込依頼をする時間も遅くなるため、銀行の都合によっては翌営業日に回されることもあります。

その結果、中小消費者金融で申込みしても、即日でお金を借りられる可能性が低くなるので、筆者としては中小消費者金融の利用はおすすめしておりません。

プロミスの特色とおすすめポイント

プロミスの特色とおすすめポイントは以下の通りです。

▼プロミスの特色

Web契約なら来店不要、郵送なしで即日融資
Web完結でカードレスキャッシング
新規申し込みの場合、メルアド登録とWeb明細利用で、30日間金利無利息
(ただし無利息は最初の借り入れ日の翌日から適用)
審査最短30分回答
最短1時間で融資可能
三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間365日振込融資可能
三井住友銀行ATMなら利用手数料無料
プロミスの自動契約機は9:00~22:00(契約機により営業時間が異なる)まで新規申込み受付
(土日祝日含む)
アプリローンならセブン銀行ATMのスマホATM取引ができる

▼プロミスはこんな方におすすめ

急にお金が必要になった人
三井住友銀行、ジャパンネット銀行に口座を持っている人
スマホATM取引に興味のある人

アコムの特色とおすすめポイント

アコムの特色とおすすめポイントは以下の通りです。

▼アコムの特色

Web契約なら来店不要
新規申し込みなら30日間金利無利息(ただし無利息は契約日の翌日から適用)
審査最短30分回答
最短1時間で融資可能
楽天銀行口座を持っていれば24時間振込融資に対応
三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行に口座があれば、初回に限り平日18時までの振込融資に対応
自動契約機(むじんくん)なら22:00まで新規申込み受付
※年中無休(年末年始は除く)

▼アコムはこんな方におすすめ

急にお金が必要になった人
楽天銀行に口座を持っている人
まだ消費者金融のカードローンを利用したことがない人

SMBCモビットの特色とおすすめポイント

SMBCモビットの特色とおすすめポイントは以下の通りです。

▼SMBCモビットの特色

WEB完結申込みなら電話連絡、郵送物なしでカードレスキャッシング
平日14:50までの手続き完了で即日融資OK
審査最短30分回答
最短即日融資ができる
急ぎの場合は申込み完了後、フリーコール(0120-03-5000)で電話相談ができる
三井住友銀行、三菱UFJ銀行に口座があれば平日18時まで振込融資に対応
三井住友銀行のATM利用手数料無料
SMBCモビット公式アプリを使ってセブン銀行ATMでスマホATM取引ができる

▼SMBCモビットはこんな方におすすめ

急にお金が必要になった人
来店せず全ての手続きを手持ちのスマホやパソコンで済ませたい人
三井住友銀行、三菱UFJ銀行の口座を持っている人
スマホATM取引に興味のある人

レイクALSA(アルサ)の特色とおすすめポイント

レイクALSA(アルサ)の特色とおすすめポイントは以下の通りです。

▼レイクALSA(アルサ)の特色

24時間365日、インターネットからいつでも申込み可能
申込み後、すぐに入力画面から審査結果が確認できる(スピード審査の実現)
WEB完結申込みなら、郵送物なしでカードレスキャッシング
お急ぎの方には最短即日振込融資可
初めての契約なら、二つの無利息ローンサービスからひとつ利用できる(180日間借入額のうち元金5万円までずっと無利息、または借入全額30日間無利息)※
※ただし利用限度額が200万円以上の場合、無利息サービスは30日間無利息のみ。また無利息期間は、どちらも初回契約日の翌日から適用
借入れ、返済のATM手数料全て無料
新サービス「e-アルサ」の利用で、セブン銀行ATMからスマホATM取引ができる、さらにATM利用手数料も全て無料

▼レイクALSA(アルサ)はこんな方におすすめ

即日や急ぎでお金を借りたい人
来店せず全ての手続きをネットで完結させたい人
スマホATM取引に興味ある人

プロミス・レディースキャッシングのポイントとおすすめポイント

プロミス・レディースキャッシングの特色とおすすめポイントは以下の通りです。

▼プロミス・レディースキャッシングの特色

女性専用ダイヤル(0120-86-2634)の対応スタッフはすべて女性
※ただし混雑時や深夜の相談時には男性スタッフの対応もあります。
主婦や学生でもパート、アルバイトなど安定した収入のある人は申込み可能
初めての契約ならプロミス同様、無利息期間は30日間金利無利息
申込み~契約までWeb上で完結、最短1時間融資も可能
アプリローンならセブン銀行ATMでスマホATM取引ができる
初めての契約なら最大2,000円の三井住友VISAプリペイドのプレゼント

▼プロミス・レディースキャッシングはこんな方におすすめ

初めて消費者金融を利用する女性
男性スタッフを相手にカードローン申込みすることに抵抗のある女性
パートやアルバイトなどから定期収入を得ている主婦、学生

大手消費者金融なら即日で借りられる

大手消費者金融がなぜ即日融資に強いかと言うと、即日融資を求める顧客のニーズに沿って、時間をかけてインターネット環境に適したサービスを作り、質の向上に努めてきたからです。

今ではほとんどの大手消費者金融は、最短30分で審査回答、融資も申込みから最短1時間で実行できるようになり、それでもなお時間を短縮しようと切磋琢磨しています。

さらに申込み方法も、おすすめの消費者金融全社では、ネットをフル活用したWeb完結という、申込みから審査、借入を含む手続きのすべてをWebのみで完結させられるサービスをいいます。

最近では消費者金融もスマートフォン向けの専用アプリを提供しています。

アプリを使って新規申込や残額の照会や返済期日の確認をできるほか、プロミス、SMBCモビット、レイクアルサの専用アプリでは最新サービス「スマホATM取引」が利用できます。

このスマホATM取引とは、上記の消費者金融のアプリであればセブン銀行ATMを使い、スマートフォンだけでお金の借入返済ができるというもの。

24時間365日、カードレスで取引することができるので非常に便利です。

もちろんこれらサービスは「即日で借りられる」という利用者ニーズを考え、生まれてきたものだと言えます。

銀行カードローンでは即日融資が対応不可な理由

かつては銀行カードローンも、大手消費者金融と同じように、申込みしたその日に審査回答が得られて即日で融資を受けることができていました。

しかし2018年5月現在、銀行カードローンでは即日融資をすることが、まったくできなくなっています。

背景には、2017年当初から銀行カードローンに関する銀行の販売姿勢に社会的批判がどんどん高まってきたことが上げられます。

その批判とは「銀行カードローンが、総量規制を受けている消費者金融の隠れ蓑になって融資残高を増やし、その結果、多重債務者を生み、再び自己破産者を再び増加させている」といった内容を、日本弁護士連合会が中心になり訴えかけました。

これを受けて銀行の監督官庁である金融庁や、国内の銀行業者で組織される全国銀行協会も、批判を無視できなくなり、メガバンク(都市銀行)や大手地銀を中心に指導監督に乗り出します。

その結果、銀行が自ら提供する銀行カードローンに対し自主規制を強めていきました。

現在では銀行も貸金業法の総量規制の趣旨に則り、銀行カードローンの融資総額を年収の3分の1以内とし、50万円以上の限度額の申込者には所得証明書の提出を求めていたりしています。

結果的に消費者金融の運用方法と同じ銀行がドンドン出てきています。

これにより銀行カードローンの審査もより厳しくなり、自主規制の一環として審査に新たな手続きが加えられました。

申込者からカードローンの申込みを受けた銀行は、預金保険機構を通じて独自に警察庁へ信用照会をし、申込者が「反社会的集団(暴力団関係者)に属した人物か」どうかをチェックする手続きおこなっています。

その結果、申込日に審査や信用照会を含め最低2日間、最長では2週間ほど時間が必要となりました。このことから銀行カードローンでは、申込みを受け付けたその日には審査回答が困難になったため、実質的に即日融資ができなくなりました。

これが銀行カードローンの即日融資ができなくなった主な理由です。

銀行のこうした自主規制にともない、即日でお金を借りられるのは消費者金融、なかでもシステム面や人員的にも整っている大手消費者金融しか即日融資ができなくなってしまったのです。

申込みと審査は必ずインターネットで済ますこと

少しでも早く、とりわけ即日でお金を借りたいのであれば、まずはインターネットで申込み、続けて審査を受けることを考えましょう。

昨今ではスマートフォンがあればどこからでも申込みできますし、パソコンでもインターネットにつながる環境さえあれば問題ありません。

もちろんカードローンの申込みは、各社の店頭窓口や自動契約機でも可能です。

しかし仕事中や他の用事があれば、すぐに申込みや審査を受けることは難しいし、仮に近くに消費者金融の店舗があっても正確な審査時間までは分かりません。

店舗や自動契約機に行ってみたら先客がいて、1時間以上待たされたなんてことも起こります。

ところがインターネットで申込みできる環境さえあれば、ほぼすべての大手消費者金融では24時間365日、申込みが可能です。

仮に夜間や深夜に申込みしても、翌朝スグに審査を始めてもらって融資を受けることもできます。

自宅または職場から、空いた時間を利用してネットから申込みを行い、Web完結を利用して即日融資をうける。

あるいは申込みから契約までをネットで済ませ、仕事が終わってから最寄りの自動契約機でカードを受け取るなんてこともできます。

カードをもっていれば、24時間稼働中のコンビニATMから借入できるので、その日のうちにお金を手にすることもできます。

いずれにしてもカードローンの発行にネットの活用は不可欠の時代となりました。

申込みと審査は必ずインターネットで済ます、これは大手消費者金融でカードローンを申込む場合の最も効率的で便利な方法と理解して下さい。

大手消費者金融の審査に通るには必ず本人所得が必要

銀行カードローンであれ、消費者金融キャッシングであれ、どのようなカードローンでも審査をクリアするには、「本人に安定した収入がある」ことが必要です。

またこれは、正社員だけでなく、アルバイトやパートも含み、必ず申込者本人に安定した収入がなければカードローンは利用できません。

特に消費者金融では、総量規制で収入(本人所得)のない対象者には貸付ができないルールになっており、所得のない専業主婦(主夫)や無職の人は利用ができなくなっています。

一方、総量規制の例外規定として、無職の専業主婦でも借り入れできる配偶者貸付制度があります。

この制度は、専業主婦に収入がなくても、その配偶者に所得があれば、一定の条件の下に、配偶者と専業主婦の合計所得額の3分の1まで融資が受けられるという制度です。

ただしこれについても、残念ながら大手消費者金融では、この制度を採用している会社は一社もなく、実質専業主婦は借入できなくなっています。

また年金受給者の場合も、ほとんどの大手消費者金融では、年金収入だけではカードローンは借りられず、必ず本人に別に安定した収入(給与収入、事業収入、不動産収入等)があることが借入の条件となっています。

ただし、おすすめのレイクALSA(アルサ)では、幸運にも年金収入だけで申込みができ、審査に通過すればカードローンを利用することができます。

年金以外に他の収入のない方は、レイクALSA(アルサ)の申込みを検討してみるのもいいのではないでしょうか。

いずれにしても、消費者金融の求める「安定した収入」とは、毎月1回定期的に収入があることをいいます。

1度に入ってくる金額が大きくても、サイクルが不定期の場合は条件を満たすことができず申込めません。

さらに消費者金融のカードローン審査では、収入額そのものより、「どのように」収入が安定して入ってくるかが状況により重要視されます。

したがって、「安定した収入」の条件が満たせる人なら、大手消費者金融では正規・非正規関係なく、申込みできて審査が受けられます。

また申込みにおいては、収入の額に見合った借入希望額を申告することで、審査通過の可能性が高くなってきます。

「収入が低いので審査には通らないだろう」などとあきらめずに、「安定した収入」を確保できている人は、ぜひ大手消費者金融の申込みと審査にチャレンジしてみて下さい。

法人・個人事業主もビジネスローンで即日借りられる

即日お金が必要になるのは、個人だけでなく、会社などの法人や個人事業主でも同じです。

個人なら自分の都合で借りるのを伸ばすことも可能ですが、法人や個人事業主だと、取引相手がいるだけに、場合によっては、お金を借れないことで信用を失い、経営に大きなダメージを与えてしまいます。

特に緊急時に即日でお金を借れないことは、資金繰りがつかなくて最悪倒産することを意味します。

しかし個人向けカードローンでは、基本的に個人に対しての資金使途は自由なものの、事業資金にだけは使うことができません。

また事業資金を、日本政策金融公庫等の公的融資や銀行のプロパー融資に頼ろうとしても、こちらは審査に時間が掛かり、また必要な提出書類も多いので、急な資金調達には不向きです。

そこで急ぎでお金を借りたい法人経営者、個人事業主におすすめなのがビジネスローンです。

ビジネスローンは、銀行融資等に比べて金利は高くなりますが、申込み・審査から融資実行までのスピードも極めて早く、まさに今、お金を即日で借りたい法人経営者、個人事業主にはうってつけの融資方法だと思います。

法人・個人事業主で資金調達を急ぐ方はこちらのホームページを参考にしてください。
※関連記事:https://cadlon.jp/business/

関連記事