最短1時間で即日お金を借りれる

即日融資も受けられるカードローン

急な出費などで、どうしても今日中に借りたいときはカードローンでのキャッシングが便利です。

カードローンを発行する会社は多くありますが、なかでも大手消費者金融なら申し込みから最短1時間で借りられるスピード対応です。

銀行などの金融機関が休業している土日祝日や平日15時以降も含め、自動契約機を設置するカードローンであれば、いつでも契約することができます。

今日中にお金を借りる流れ

即日でお金を借りる流れ

申し込みする曜日や時間帯を気にせず、今日中にお金を借りたいならインターネット申し込みをする→自動契約機でローンカード発行・受け取りの流れが一番オススメ。

平日の日中は仕事などで外出が難しいなどの現状もあるかも知れませんが、自動契約機なら21時までに申し込みすれば、その日の間にローンカードの受け取りができます。

申し込みから融資まで最短1時間

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

口コミ評価数
4.53/5.00
  • メアド登録・Web明細利用で30日間無利息
  • Web契約なら来店不要・郵送なしで即日融資
  • 月々の返済は4,000円~OK
実質年率 4.5%~17.8% 限度額 1~500万円 審査時間 最短30分
はじめてなら最大30日間金利0円

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

口コミ評価数
/5.00
  • はじめてなら契約日の翌日から30日間無利息
  • むじんくんなら22:00まで申込受付
  • Web契約なら来店不要
実質年率 3.0%~18.0% 限度額 1~800万円 審査時間 最短30分
10秒で簡易審査結果表示

SMBCモビット

口コミ評価数
/5.00
  • WEB完結申込なら電話連絡・郵送物なし
  • 安定収入あるパート・派遣社員・自営者も申込可能
  • 14:50までの手続完了で即日融資OK
実質年率 3.0%~18.0% 限度額 800万円 審査時間 最短即日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

女性向けの女性専用ダイヤル

プロミス レディースキャッシング

口コミ評価数
/5.00
  • 専用ダイヤルのスタッフはすべて女性
  • 申し込み~契約までWEB上で完結
  • 瞬フリなら夜中でも最短10秒で融資振込
実質年率 4.5%~17.8% 限度額 1~500万円 審査時間 最短30分

大手消費者金融のスピードなら即日借りれる

時計

インターネット環境や各社サービス力の向上によって、即日借りられるカードローンが存在しており、なかでも大手消費者金融のプロミスやアコムは可能性が高いと言えます。

プロミスアコムでは最短30分で審査回答と、申し込みから最短1時間で融資実行までしてもらえるという驚きのスピード対応。

これらのスピード対応をサポートしているのは、申込者の属性や信用力をスコアリング方式によって点数化しているからです。

属性とは、年収・勤務先・雇用形態・居住形態などのことであり、コンピューターが自動的に点数化するシステムがスコアリングシステムです。

たとえば、雇用形態では正社員の点数が一番高く、無職の点数が一番低いようなものです。

他にも勤務先でいえば、公務員や大手企業・上場企業では点数が高く、自営者やアルバイト・パートでは点数が低くなります。

もちろん、何点を境目にして審査落ちにするかの審査基準は各社によって異なります。

申し込みは必ずインターネットで審査申込

新人OLのイメージ

少しでも早くお金を借りたいのであればまずはインターネットで審査申込を行いましょう。

昨今ではスマートフォンがあればどこからでも申し込みできますし、パソコンであってもインターネット環境さえ繋がっていれば問題ありません。

もちろん、カードローンへの申し込みは各社の店頭窓口や自動契約機でも可能です。

しかし、仕事中であればスグに立ち寄ることはできませんし、たとえ店舗が近くにあったとしても実際にかかる審査時間は分からないのです。

「えっ?30分で終わるんじゃないの?」となりそうですが、あくまで最短の時間であって、申込者が混み合っていたり、審査状況によってはもっと時間を要することになります。
※実際に私の体験談として審査に1時間ほどかかっていました。

インターネット申し込みの特徴は24時間365日の受付体制であることから、深夜などでも申し込みさえ済ませておけば、翌朝から審査をスグに始めてもらうことができます。

日中でも同じことがいえ、順次、審査を進めてもらえるのでインターネット申し込みさえ済ませておけば、あとは返答を待ってから自動契約機に向かうと良いでしょう。

アコムむじんくん契約機

もし、自動契約機で申し込みをしても審査回答を受け取るまで待機していなければなりませんし、審査落ちの結果だとしたら時間のムダにもなりかねません。

事前にインターネット申し込みをしておけば、自動契約機での手続きは書類提出と契約内容の確認ぐらいなので30分ほどで手続きが終わります。

もちろん、仮審査の結果連絡が平日14時以前であれば、そのままWEB契約に進んで振込で融資を受けることも可能になります。

カードローンの利用には本人所得が必要

どのカードローンであっても、審査をクリアする条件として「本人に安定した収入がある」ことが求められます。

正社員と言うわけではなく、アルバイト・パートなどでも構わないので、必ず契約者ご本人に収入がなければカードローン利用はできません。

そのため、専業主婦や無職の方は、消費者金融カードローンの利用はできません。

申し込みする前に審査落ちしてしまうことが分かっているので別の方法を考える必要があります。

また、仕事をしていたけど今は失業保険でやりくりしているという方も実質無職という扱いになり、カードローン審査には通過することができません。

失業中であってもアルバイト・パートで所得を得ていれば審査通過の可能性はあります。

一部、例外として考えられるのが年金受給者のケースです。

みずほ銀行カードローンなどでは、年金受給者への貸付を行っているところもあります。

ただし、銀行カードローンで即日借りるということは難しいのが現状であり、必要な金額にもよりますが、他の方法で資金調達するのが現実的だと言えるでしょう。

法人・事業主もビジネスローンで即日借りれる

即日お金が必要になるかもしれないのは個人レベルの話ではなく、会社などの法人でも同じことが言えます。

また、クラウドソーシングの普及によっても増えてきた個人事業主(フリーランス)にとっても資金調達は欠かせないものです。

法人などでは資金繰りが滞ってしまうと経営に大きなダメージとなります。

緊急時には早急に資金調達をして解決しなければ、最悪のケースでは倒産してしまうということも考えられるのです。

そうなると急ぎで資金調達をしなくてはならないのですが、残念ながら個人向けカードローンでは資金使途は自由なものの、「事業資金は除く」とされています。

一般的に事業資金は高額になることもあり、日本政策金融公庫(公的金融機関)や銀行融資を活用して資金調達を行うのが多いですが、審査時間が長く、提出書類も多いので急な資金調達には向いていません。

そこで急ぎで資金調達したい法人経営者、個人事業主の方にオススメするのがビジネスローンの活用です。

銀行融資などに比べるとビジネスローンの金利は高くなりますが、借りている期間だけに対しての利息になるので早期返済をすれば負担を最小限にまで食い止めることができます。

そして何よりもビジネスローンは申し込みから数日程度で資金調達できるメリットがあります。

おすすめはアイフルグループが提供している「ビジネクスト」です。

ビジネスローンながら最大1,000万円まで借りられるので、幅広い使い方ができます。

関連記事