主婦でも借りれる

主婦でも借りれるカードローン
生活費に家族旅行費、冠婚葬祭費に住宅ローン返済など、結婚すると何かと出費が増えて独りで自由に使えるお金が減ってしまいますよね。

「独身時代みたいに大好きな洋服や新作コスメを買いに出掛けたいな」と思っても、家計のやり繰りに精一杯でショッピングに使うお金はなく、物欲を紛らわすためにウィンドウショッピングをしてみたり、通販サイトを眺めて買い物した気分だけ味わってみる・・・
こんな経験のある主婦は少なくないと思います。

アナタもそんなお金に悩む主婦のお一人でしょうか?

まとまったお金が欲しいとき、一番理想的な解決策は旦那や両親に相談するコトです。
しかし、そうは言ってもお金の問題はデリケートなので、人によっては
「身近な人に迷惑を掛けたくない」
「家族との関係が上手くいっていないから、金銭面の相談はできない」

などの理由で親族を頼れないこともあるでしょう。

そんなアナタに資金調達法として検討してみて欲しいのは、“金融機関からお金を借りること”、つまり、キャッシングです。

キャッシングの便利な点は、保証人や担保なしですぐにお金が借りられること。
無担保無保証のキャッシングなら、夫や両親に迷惑を掛けずに内緒で資金調達できるので、誰にも相談できずに困っている主婦にオススメです。

担保や保証人がないぶん、住宅ローンや自動車ローンなどと比べると金利は高めですが、プロミス、アコム、レイクなどの大手企業のキャッシングであれば無利息で借り入れできる期間が設けられていますから、上手に活用すれば利息0円で完済することも可能ですよ。

申し込み条件は厳しくないから、正社員やパート勤めをしている兼業主婦にも、家事に専念している専業主婦にも活用してもらえます。

申し込みから融資まで最短1時間

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス

口コミ評価数
4.53/5.00
  • メアド登録・Web明細利用で30日間無利息
  • Web契約なら来店不要・郵送なしで即日融資
  • 月々の返済は4,000円~OK
実質年率 4.5%~17.8% 限度額 1~500万円 審査時間 最短30分
はじめてなら最大30日間金利0円

三菱UFJフィナンシャル・グループ アコム

口コミ評価数
/5.00
  • はじめてなら契約日の翌日から30日間無利息
  • むじんくんなら22:00まで申込受付
  • Web契約なら来店不要
実質年率 3.0%~18.0% 限度額 1~800万円 審査時間 最短30分
10秒で簡易審査結果表示

SMBCモビット

口コミ評価数
/5.00
  • WEB完結申込なら電話連絡・郵送物なし
  • 安定収入あるパート・派遣社員・自営者も申込可能
  • 14:50までの手続完了で即日融資OK
実質年率 3.0%~18.0% 限度額 800万円 審査時間 最短即日
選べる2つの無利息キャンペーン

新生銀行カードローン レイク

口コミ評価数
/5.00
  • 無利息ローンは2種類から選べる
  • 5万円まで180日間無利息コースもあり
  • 審査の回答は申込後スグに画面表示
実質年率 4.5%~18.0% 限度額 1~500万円 審査時間 最短即日
女性向けの女性専用ダイヤル

プロミス レディースキャッシング

口コミ評価数
/5.00
  • 専用ダイヤルのスタッフはすべて女性
  • 申し込み~契約までWEB上で完結
  • 瞬フリなら夜中でも最短10秒で融資振込
実質年率 4.5%~17.8% 限度額 1~500万円 審査時間 最短30分
すべての手続きを女性スタッフが対応

新生銀行カードローン レディースレイク

口コミ評価数
/5.00
  • 対応は全て女性スタッフ
  • 初回利用なら無利息サービスあり
  • ATM利用手数料が無料
実質年率 4.5%~18.0% 限度額 1~500万円 審査時間 最短即日

キャッシング利用者の3人に1人は女性

無担保無保証で利用できるキャッシングは、誰もが手軽に申し込めて、かつ他人に迷惑を掛けずに自己完結できる資金調達法です。

担保や連帯保証人がいらないから、申し込みの必要書類は原則 本人確認書類だけ
交付書類が少ないカードローンは申し込み~融資までの手続きが非常に簡潔なので、おおくの人に愛用されています。

2017年に日本貸金業協会が発表した資料によれば、キャッシングを活用している人の割合は国内の人口のうち約6人に1人にも及ぶとされ、そのうち実に約3人に1人が女性だといいます。

スマホの普及により近年では来店や郵送での手続きなしで利用できる商品が増えていることもあって、キャッシングは効果的な資金調達法としてよりおおくの消費者に選ばれているのです。

キャッシング利用者の約3人に1人は女性

便利なキャッシングには、大きく分けて次の4種類があります。

キャッシングの4つの種類

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融カードローン
  • 信販会社カードローン
  • クレカのキャッシング枠

このうち女性のおおくは、クレジットカードによるキャッシングを多用する傾向が強いとされていますが、金利面、借り入れと返済の利便性、特典の充実度などの観点から当サイトがオススメしたいのは、断然カードローンによるキャッシングです。

クレジットカードを使ってキャッシングする場合は年18.0%ほどの利息がかかってしまうことがおおいのですが、カードローンには年14.0%程度で借りれる低金利な商品や、一定期間の無利息サービスが受けられる商品が充実しているので、クレジットカードを使うよりも返済総額を少額に済ませられますよ。

無利息期間のある主婦向けカードローン
プロミスレディース 最大30日間
レディースレイク 最大180日間
※借入額のうち5万円まで

配偶者の同意書は不要だから内緒で借りたい人も安心

ネットでさまざまな主婦のお悩みを読んでいると、おおくの主婦はどうやら「旦那に内緒でお金を借りたい」と思っているようです。
「夫に心配を掛けたくないから相談できない」という方や、「夫のモラハラが酷くて相談できない」という方などが見受けられますが、あなたはどうでしょうか?

カードローンは申し込みにも審査にも配偶者の同意書や同席が一切不要なので、家族にバレずにお金を借りたい人にもぴったりの商品です。

そもそもカードローン契約とはあなた個人と金融機関との間の契約なので、携帯番号をはじめとする旦那の個人情報を金融機関に申告する必要はありません。
とうぜん旦那に連帯保証人になってもらう必要もないので、旦那に黙ってお金を借りることができます。

さらに、「WEB完結」という特別な方法で契約すれば、金融機関からカードローン関連の書類が自宅配送されることもないので、郵送物で借金バレすることもありませんよ。

◆WEB完結とは?
申し込み~はじめての借り入れまですべてインターネットだけで手続きできるカードローンの契約方法。

契約書類やローンカードなどの自宅郵送をなくせるから、金融機関からの書類を家族に誤って開封され、キャッシングがバレる心配はゼロ!
内緒で借りたい主婦必見のカードローンの契約方法です。

WEB完結のなかでも特に便利なのは、プロミスのWEB完結
スマホのQRコードを使ってATM操作ができるプロミスなら、カードローン専用のローンカードを発行しなくても、あなたが普段お使いのスマホで簡単に現金をキャッシュできます。

「ローンカードを配偶者に見られて借金がバレちゃった」というのは夫に借金バレする理由のあるあるなのですが、ローンカード作らずににキャッシングできるプロミスならこういったリスクなく資金調達できるので心強いです。

本人収入が少ない主婦も家事に専念する専業主婦も利用できる

カードローンは誰もが手軽に使えるキャッシングなので、申し込み条件も決して厳しくありません。
基本的には年齢制限さえ満たしていれば、旦那と共働きでバリバリ働いている兼業主婦も、日々の隙間時間にパートなどで稼いでいるパート主婦も、家事に専念している専業主婦も申し込みできます

笑顔のパート主婦

実際にお金を借りるためには所定の審査に通過しないといけませんが、カードローン審査で評価されるポイントは収入の多寡(たか)だけではありません。
審査では個人信用情報がクリーンであるコトや、現在借金を抱えていないコト、希望額が少額であるコトなども加点対象となるので、年収が少なくても審査通過は十分期待できますよ。

試しに日本貸金業協会が2017年3月に発表した調査から、資本金5億円以上で設立された貸金業者(プロミスアコムモビット、アイフルのような大手貸金業者など)の利用者の職業割合をみてみましょう。

貸金業者利用者の職業割合

図のとおり、実際に大手の審査に通過した人のうち実に5人に1人はパートやアルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託社員などの非正規雇用者となっています。

下の「利用者の年収別構成比」とあわせて見ても、年収200万円未満で審査通過している人は約14%にのぼっていることから、カードローン審査は比較的低所得層の方でも利用できることがわかります。

主婦のなかには配偶者控除を受けるために旦那の扶養から外れないよう年収を抑制している人もいるでしょうから、このデータは心強いですよね。

貸金業者ユーザーの年収割合

申し込み条件が幅広く、比較的柔軟な審査が受けられるカードローンは、どんな職業の方でも挑戦しやすいローン商品なのです。

ただし、無収入の専業主婦は申し込めるカードローンの種類が法律で制限されています。
もしアナタが専業主婦であれば、次のカードローンには申し込みできないので注意してください。

専業主婦 利用不可のカードローン

  • 消費者金融カードローン
  • 信販会社カードローン

専業主婦のカードローン利用を制限する法律は、「貸金業法の総量規制」と呼ばれるものです。
上記の「消費者金融」や「信販会社」などは一般に「貸金業者」と総称され銀行や信用金庫と区別されており、このような貸金業者からお金を借りるには申込者本人に収入がなければならないことが総量規制では定められているのです。

一方で、銀行や信販会社のカードローンなら、家事に専念している専業主婦でも配偶者に一定収入が認められれば契約することができます。

旦那の収入は原則口頭で申告すればOKなので、もちろん専業主婦でも旦那にバレずにキャッシングできますよ。

どうしても貸金業者で借りたい専業主婦は「配偶者貸付」を利用する

お金に困っている専業主婦のなかには、銀行カードローンの審査をいくつか受けてみたけどことごとく否決してしまって手も足も出ないという方もいるかも知れません。
そういった何らかの事情で銀行カードローンの利用が難しい専業主婦の助け舟となるのが、貸金業者の「配偶者貸付」です。

貸金業法の総量規制では、本人収入がない人は貸金業者からお金を借りることができないと定められています。

しかし、配偶者貸付の場合では「旦那の収入+主婦の収入」を世帯収入として申告できるため、総量規制の例外として消費者金融などから専業主婦名義でキャッシングすることができるのです。

配偶者貸付を実施しているのは中小消費者金融のベルーナノーティスをはじめとして極一部の貸金業者だけですが、銀行カードローンの審査通過が難しい専業主婦にはぜひ視野に入れて欲しい資金調達法です。

ただし、金融機関に正確な世帯収入を申告する以上、配偶者の同意書や配偶者の収入証明書なしには契約できないのが、配偶貸付のデメリット
旦那に内緒で借りたい専業主婦には残念ながらオススメできません。

主婦がカードローンで借りれる金額

カードローンの利用限度額は申込者の年収と比例するので、高額融資を受けるにはそのぶんあなたの年収も多くなければなりません。
そのため、年収が額面300万円以下の低所得者の方は、必然的にカードローンで借りられる上限額も限られてしまいます。

主婦のなかには仕事を家事を両立するために時短勤務で働いていたり、夫の扶養から外れない範囲でパート勤めをなさっている人が少なくないでしょうから、この点はよく頭に入れておかなければなりません。

とりわけはじめてのキャッシングでは利用限度額が10万円程度に抑えられる可能性が高くなります。
もしあなたがカードローン初心者なのなら、100万円規模の高額融資はまず受けられないと考えておきましょう。

ちなみに、消費者金融カードローン最大手のうちアコムのデータを例に出せば、年収200万円以下の人が初回審査時にもらえる限度額は12万円程度となっています。
※アコム 2018年3月期IR資料より

アコムの初回貸付単価データ
200万円以下 約11万円
200万円超~500万円 約15万円
500万円超~700万円 約19万円
700万円超~1,000万円 約22万円
1,000万円超~ 約32万円

返済能力がどんなに高くても貸金業者で借りれるのは年収の約30%まで

あなたがカードローンを上手に活用していると、その履歴は個人信用情報機関と呼ばれる外部の機関に保管され、今後のローン審査の際などにあなたの返済能力を裏付ける利用として有効に働いてくれます。
いわゆるクレジットヒストリーと呼ばれるものですね。

個人信用情報機関は信用情報を保管している

すでに良質なクレジットヒストリーをお持ちの方は、あらたにカードローン審査を受けたときに返済能力を高く評価され、初めて利用する金融機関からでも高額融資が受けられる可能性が高くなります。

ただし、たとえ審査結果がどんなに良かったとしても、消費者金融をはじめとする貸金業者からは本人年収の1/3以下の融資しか受けられません
この理由は、貸金業法の総量規制のなかでそのように制限されているからです。

仮にあなたの年収が100万円だとしたら、消費者金融での利用限度額は33万円が上限となります。

総量規制の解説

もし調達したい資金があなたの年収の1/3以上あるというときには、総量規制対象外の銀行カードローンの活用が便利です。
総量規制の制限を受けない銀行カードローンなら、審査次第であなたの年収の1/3超の融資も受けることできますよ。

専業主婦が銀行カードローンへ申し込むときも同様に、旦那の年収の1/3にかかわらず、審査次第で高額融資を受けることができます。

ただ、一部の銀行カードローンでは「専業主婦への貸付は最高50万円までに限る」といった独自ルールを設けているので、念のため申し込み前にはオペレーターに問い合わせて限度額について尋ねておくと安心です。

主婦のカードローン審査内容

主婦がカードローンに申し込んだ場合、審査されるのは主に次の7項目です。

主婦が審査される7つの項目

  • 年収(本人あるいは旦那)
  • 毎月の収入額の安定性(〃)
  • 雇用形態(〃)
  • 住居状況
  • 家族構成
  • 他社借り入れ件数
  • 個人信用情報

収入は審査の最重要項目ですが、カードローン審査において特にチェックされるのは収入の多寡よりも「安定性」です。
完全歩合制のお仕事や、大工や農家のように季節によって収入が変動する職業、水商売、フリーランスなどで働いている人は、毎月の一定収入が保障されているわけではないので、年収が多くても比較的審査には不利となってしまいます。

一方でパートやアルバイト、派遣社員などで会社や団体から毎月一定のお給料をもらっている主婦は、たとえ年収が少なくても審査通過が期待できます。

カードローン審査で判断されるのはあなたの「返済能力」です。
収入が少ない場合には、そのぶん希望額を少なめにして返済能力のアピールに努めましょう。

主婦のためのカードローンQ&A

最後に、主婦のみなさんがネットに寄せている質問のなかからいくつかピックアップしてQ&A方式でまとめてみました。

キャッシングでの資金調達を検討する方は、ぜひご参考ください。

3ヶ月先まで返せる見込みがなくても借りられますか?

カードローンには、月に1度かならずやってくる返済日があります。
この返済日までに返済が間に合わないと「滞納扱い」になってしまうので、ブラックリスト入りしないためにも、キャッシングした後は毎月一定額を返済していかなければなりません。

そのため、数ヶ月先まで返せる見込みのない人は、残念ながらカードローンでお金を借りることはできないでしょう。

しかし、カードローンには毎月の「最低返済額」が決められています。
ひと月に少なくとも最低返済額 以上が返済できれば滞納扱いにはならないので、「3ヶ月先までまとまった返済はできないけど、それまでの間も数千円ずつなら返済していけそう」という方は最低返済額の少ないカードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか?

主婦が使える最低返済額が少ないカードローン
アコム 3,000円~
レディースレイク 3,000円~

最低返済額が少ないカードローンなら、月々の支出とあわせて自由に返済プランを組むことができます。

返済プランを立てるときにはカードローンの公式HPにある「返済シミュレーション」を活用すれば、完済までの返済回数や月々の返済額、利息額などを試算できて便利です。

在宅ワーカーですが借りられますか?

家事や子育てで外に働きに行く時間がない主婦にとって、在宅でできるお仕事はとっても便利ですよね。
もちろん、在宅ワーカーのみなさんでもカードローンは利用できるので安心してください。

在宅ワーカーさんがカードローン審査に通るためには、毎月の収入額が一定であることが重要です。
そのためには、なるべく長期的にお付き合いできる受託先の企業を見つけておいて、毎月安定して仕事をもらえる体制を整えるようにしましょう。

くわえて、確定申告書や納税証明書などの収入証明書を用意できる方は、金融機関から提出を求められなくても自発的に提出しておくことをオススメします。
会社や団体に所属していない方はこういった公的書類を提出したほうが、自信の収入により説得力をもたせることができますよ。

夫と籍を入れていませんが、専業主婦として銀行カードローンを使えますか?

旦那と籍を入れていない専業主婦は、法的に夫婦としては認められないため、残念ながら銀行カードローンを使うことはできません。

といっても専業主婦が銀行カードローンへ申し込むときには特に結婚証明書などを提出する必要はありませんから、籍を入れていなくても申し込み自体はできてしまうのですが、これをすると詐欺扱いになることがあるので絶対にしてはいけません。

消費者金融って怖いイメージがありますが、厳しい取り立てはありませんか?

消費者金融と聞くと「ヤミ金」を連想する人も少なからずいらっしゃるでしょう。

ヤミ金とは恐喝や暴力による違法な取り立てや、完済が困難になるほどの違法金利で貸し付けを行う業者のことを指しますが、消費者金融はヤミ金のようは違法業者とは全く違い、法に則って安心安全にキャッシングを提供している業者のことを指します。

特に大手消費者金融のアコム、プロミス、モビットの3社は近年メガバンクとグループ化したこともあって、より信頼できる貸金業者です。

アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
プロミス 三井住友フィナンシャルグループ
モビット 三井住友銀行グループ

ただし、ヤミ金のなかには自らを消費者金融だと偽って消費者を騙す企業もあります
もし大手ではなく全国的に名の知れていない中小消費者金融を利用するされるときには、悪質なヤミ金に騙されないように注意してくださいね。

自宅に固定電話がなくてもカードローン審査って受けられますか?

スマートフォンの普及により固定電話を持たない家庭が増えましたよね。
「一家に一台固定電話」があたりまえの時代には、固定電話の有無がカードローン審査においてあなたの信用力を測るために結構重要だったのですが、近年ではそのような傾向はなくなったので安心してください。

ただし、もしあなたが個人事業主やフリーランスとして働いておいでなら、話は違います。

カードローン審査には必ず勤務先への在籍確認がつきものなのですが、申込者が個人事業主やフリーランスの場合は、勤務先の代わりに自宅固定電話への在籍確認を求められるケースがあるからです。

専業主婦が銀行カードローンに申し込む場合にも、いわゆる勤務先がありませんから、自宅固定電話への在籍確認を求められる場合があります。

よって、個人事業主やフリーランス、専業主婦に該当する方がカードローンに申し込む場合には、固定電話がなくても審査が受けられるのかどうかを事前に金融機関に問い合わせておくと良いでしょう。

関連記事