オリックス銀行カードローンを金利だけで判断するのはNG

更新日:2020/03/31
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、オリックス銀行カードローンの金利ってどうなっているの?というみなさんの不安や悩みを解決していきます。

オリックス銀行カードローンの金利(実質年利)は年1.7%~17.8%。

ところで気になるのは、オリックス銀行カードローンの金利が高いのか低いのかですよね?

結論を言うと、100万円以上借りない方にとっては高金利で800万円借りれる方にとっては低金利というのが正解でしょう。

なぜこのようなややこしい結論になったのかというと、実際に適用される金利は、みなさんがオリックス銀行カードローンで借りる金額によって決まるからです。

さらにいうと、オリックス銀行カードローンの金利は上限金利の17.8%は消費者金融並みで、下限金利の1.7%は銀行カードローンの中でも低金利というややこしさ・・・。

だからこそ、オリックス銀行カードローンは金利だけで選んでいいカードローンではありません。

まずはオリックス銀行カードローンの金利が高いのか低いのか、もう少し詳しく解説していきます。

この記事の執筆
カドロン編集長:田中宏一郎 氏
中学3年生のときに父親の借金が原因で家庭崩壊・・・。
その後、母の働く医療法人の奨学金制度で4年制大学へ。
奨学金は毎月5万円ずつ返済中。借金の酸いも甘いも知るオトコ!
カドロンの編集長であり3級FP技能士。

オリックス銀行カードローンの金利は振れ幅が広い

オリックス銀行カードローンの金利は年1.7%~年17.8%です。

この中で実際に適用される金利は、以下の表のとおり借入限度額によって決まります。

オリックス銀行カードローンの金利表 
利用限度額 借入利率(年)
100万円未満 12.0%~17.8%
100万円~150万円以下 6.0%~14.8%
150万円超~300万円以下 5.0%~12.8%
300万円超~500万円以下 4.5%~8.8%
500万円超~700万円以下 3.5%~5.8%
700万円超~800万円 1.7%~4.8%

出典:オリックス銀行公式サイト

まずはこの広い振れ幅の中で、上限金利について見ていきます。

オリックス銀行カードローンの上限金利は消費者金融並み

上限金利の年17.8%は、消費者金融並みに高金利だと知っていましたか?

オリックスの上限金利に驚く若手

有名な大手消費者金融のカードローンと、オリックス銀行カードローンの金利を比較してみるとよくわかります。

商品名 金利
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8%
プロミス 年4.5%~17.8%
アコム 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
レイクALSA 年4.5%~18.0%
アイフル 年4.5%~18.0%

こうして上限金利だけ比べると、一目瞭然ですね。

初めて利用するときは上限金利が適用されることが多い

カードローンを初めて利用する場合、基本的には上限金利が設定されます。

なぜなら、まだ利用実績がないので、ちゃんと返済できるかどうか判断できないからです。

返済を積み重ねていけば、「この人は貸したお金をちゃんと返してくれる人だな」と信用されるようになり、適用金利を引き下げてもらえる可能性が出てきます。

100万円以上借りない方は金利で選ぶべきではない

オリックス銀行カードローンで100万円以上借りる予定のない方には、オリックス銀行カードローン以外のカードローンをおすすめします。

その理由は以下の2つです。

  1. 同等の金利でより借入スピードの速いカードローンがあるから
  2. より金利が低い銀行カードローンがあるから

さきほど紹介した大手消費者金融のカードローンは、オリックス銀行カードローンと同じくらいの金利で、オリックス銀行カードローンよりも早くお金を借りることができます。

なぜなら消費者金融のカードローンは、オリックス銀行カードローンにはできない即日融資が可能だから。

さらには、初めて利用する方限定の無利息期間を設けているプロミスアコムなどもあります。

短期間で返済するなら、同じくらいの金利で融資スピードの早い消費者金融のカードローンの利用を検討してください。

また、どうしても銀行カードローンがいいなら、オリックス銀行カードローンよりも上限金利が低い銀行カードローンを利用するのはどうでしょうか。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック楽天銀行カードローンなど、銀行カードローンには上限金利が14.0%台のカードローンが多く存在します。

上記の銀行カードローンなら、たとえ上限金利が設定されたとしても、オリックス銀行カードローンで上限金利が設定されるより利息負担が少なくて済みますよ。

さて、オリックス銀行カードローンの上限金利について把握できたら、こんどは下限金利について見ていきましょう。

オリックス銀行カードローンの下限金利は低金利

オリックス銀行カードローンの下限金利1.7%は、他の銀行カードローンの下限金利と比較して低金利です。

代表的な銀行カードローンとオリックス銀行カードローンの金利を比較してみました。

商品名 金利
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%~14.6%
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%

ひとことポイントのイメージ

こうして比べると、オリックス銀行カードローンの下限金利はその他の銀行カードローンよりも低めに設定されていることがわかります。

ただし、下限金利が適用されるのは、オリックス銀行カードローンで700万円超から800万円を借りることができる方のみ。

つまりほんの一部の限られた人でないと、下限金利の1.7%で借りることはできないんです。

つづいては、オリックス銀行カードローンの下限金利でお金を借りられるのはどんな人なのか解説していきます。

オリックス銀行カードローンをお得な金利で使えるのはほんの一握り

オリックス銀行カードローンの設定金利がどうやって決まるのか、もう一度確認しておきましょう。

オリックス銀行カードローンの金利表 
利用限度額 金利
100万円未満 年12.0%~17.8%
100万円~150万円以下 年6.0%~14.8%
150万円超~300万円以下 年5.0%~12.8%
300万円超~500万円以下 年4.5%~8.8%
500万円超~700万円以下 年3.5%~5.8%
700万円超~800万円 年1.7%~4.8%

オリックス銀行カードローンの金利は、審査によって決められる利用限度額によって変化します。

つまり、オリックス銀行カードローンの下限金利を適用されるようになるには、審査で700万円超~800万円貸しても大丈夫という評価をしてもらわなければなりません。

では、利用限度額とはどういう基準で設定されるのでしょうか。

利用限度額が決まる2つのポイント

オリックス銀行カードローンの利用限度額は初回の審査もしくは、増額審査によって決まります。

利用限度額が決まるポイントは次の2つです。

  1. 申込者(利用者)の年収
  2. 利用実績

まずは年収によってどのように利用限度額が決まるのか解説します。

利用限度額は年収の1/2~1/3が目安

カードローンを提供する銀行の85.0%が、カードローンの利用限度額を申込者の年収1/2~1/3に限定しています(金融庁発表の調査資料より)。

ということは、オリックス銀行カードローンで700万円超から800万円の利用限度額を獲得するためには、最低でも年収1,400万円以上が必要なんです。

「年収1,400万円の人がカードローンを利用するの?」と思うかも知れませんね。

ですが、もし金利1.7%で800万円が借りられるなら、車のローンや教育ローンのためにオリックス銀行カードローンを利用することは十分メリットがあります。

オリックス銀行カードローンの下限金利は、そういった利用方法を考えていらっしゃる方のために設定されていると考えるのが良さそうです。

利用実績によっても限度額は変わる

オリックス銀行カードローンの利用限度額は、一度決まったら永遠に同じ金利で利用しなければならないわけではありません。

オリックス銀行カードローンの利用者は、オリックス銀行カードローンに借入限度額の増額を依頼することができます。

ただし増額にも審査があり、増額の審査ではこれまでの利用実績がチェックされることになるんです。

なお審査の結果、限度額が減額されることもあります。

オリックス銀行カードローンのカードローン取引規定を読むと、利用限度額の減額について以下のように書いてありました。

次の各号のいずれかの事由が生じた場合、当社は、お客さまに対して事前に通知することなく、ご利用限度額を減額し、または新規の借入を中止することができます。

(1)お客さまが本規定その他本契約に関するいずれかの約定に違反したとき、または債務不履行があったとき。
(2)お客さまの信用状況に関する審査等により、当社または保証会社がご利用限度額の減額もしくは新規の借入の中止が必要であると認めたとき。
(3)お客さまの利用状況および法令等により、当社または保証会社がご利用限度額の減額もしくは新規の借入の中止が必要と判断したとき。
(4)お客さまが行う取引の頻度および態様が社会通念上認められる限度を超え、当社のサービス提供に支障が生じると認められるため、当社がお客さまにその旨を明示して是正を求めたにもかかわらず、お客さまがその是正を行わないことにより、お客さまと当社との信頼関係が損なわれたと認められるとき。

オリックス銀行カードローンで借りたお金を返し忘れたり、限度を超えるような利用をしたりすると、限度額を減らされてしまいます。

そうならないために、計画的で良好な利用実績を積み重ねていきたいですね。

笑顔の先生
オリックス銀行カードローン側が「計画的に利用してくれているな」と判断してくれれば、お得な金利でオリックス銀行カードローンを利用できるようになりますよ。

では次に、オリックス銀行カードローンの利息がどのように決まるのかを解説します。

オリックス銀行カードローンの利息の決まり方

オリックス銀行カードローンの利息は、以下の計算式で算出されます。

基準時の借入残高×金利÷365×前回の返済日からの期間=利息

基準時とは約定返済日の14日前の午前3時です。

なおオリックス銀行カードローンは、毎月の決まった返済日(約定返済日)を10日か月末日から選ぶことができます。

例えばオリックス銀行カードローンから、金利17.8%で30万円を借りているとしましょう。

基準時の時点で借入残高が30万円あり、前回返済日から30日後に返済する場合の利息は以下のとおりです。

30万円×17.8%÷365×30日=4,389円

つまり、返済額の内4,389円は利息としてオリックス銀行カードローンに支払うことになります。

返済額のうち残高を減らすのは利息を除く金額のみ

オリックス銀行カードローンの返済額は利息を含んだ額なので、実際に残高を減らすのは、返済額から利息を引いた額です。

なおオリックス銀行カードローンの毎月の最低返済額は、基準時の借入残高によって以下の通りに決められています。

借入残高 毎月のご返済額
10万円以下 3,000円
10万円超30万円以下 6,000円
30万円超50万円以下 90,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超200万円以下 25,000円
200万円超250万円以下 30,000円
250万円超300万円以下 35,000円
300万円超400万円以下 40,000円
400万円超500万円以下 50,000円
500万円超600万円以下 60,000円
600万円超 70,000円
悩む先生

ということは、30万円を金利17.8%で借りて30日後に最低返済額を返済した場合、返済額6,000円の内利息は4,389円なので、元金は1,611円しは減らないことに。

これじゃあ効率が悪いですよね・・・。

オリックス銀行カードローンから借りたお金を効率的に返済するなら、積極的に繰り上げ返済をしたり、利用実績をつんで金利をさげてもらったりする必要があります。

オリックス銀行カードローンの返済方法について、詳しくは【オリックス銀行カードローンの返済額と方法について徹底解説】の記事をご覧になってください。

さて、ここまでオリックス銀行カードローンの金利について解説しました。

他の銀行カードローンとオリックス銀行カードローンの金利だけ比較すると、オリックス銀行カードローンに目立ったメリットはありません。

ただ、オリックス銀行カードローンには金利以外に他の銀行カードローンより優れている点が3つあるんです。

最後に、オリックス銀行カードローンを選ぶべきポイントとして、メリット3つを紹介します。

オリックス銀行カードローン3つのメリット

オリックス銀行カードローンの金利だけに目をやると、その他の銀行カードローンよりも見劣りしてしまうかもしれません。

ただ、オリックス銀行カードローンには以下3つのメリットがあります。

  1. オリックス銀行の口座がなくても使える
  2. ジャパンネット銀行の口座があれば原則24時間365日即時振込が可能
  3. 全国100,000台の提携ATMが手数料無料で使える

では順番にこれら3つのメリットを解説します。

オリックス銀行の口座がなくても使える

オリックス銀行カードローンは、オリックス銀行の口座がなくても利用することができます。

例えばみずほ銀行カードローンなら、みずほ銀行の口座がなければ利用することができません。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの場合、口座がなくても利用は可能ですが、借入方法と返済方法に制限がかかります。

オリックス銀行カードローンは、みなさんが今利用している口座でなんの問題もなく利用できるので安心してください。

ジャパンネット銀行の口座があれば原則24時間365日即時振込が可能

もしみなさんの利用している口座にジャパンネット銀行の口座があれば、原則24時間365日即時振込で、オリックス銀行カードローンからキャッシングできます。

どうしてもすぐに現金が必要というピンチでも、すぐにキャッシングできるのはありがたいですよね。

ただし、申込んだ当日にお金を借りることはできないので、その点をお忘れなく。

全国100,000台の提携ATMが手数料無料で使える

オリックス銀行カードローンが提携するATMは、なんと全国に100,000台以上!(2019年9月時点)

しかもそのすべてをATM手数料無料で利用することができます。

借入するにしても返済するにしても、いつも使っているATMを無料で使えるのは間違いなく大きなメリットです。

オリックス銀行カードローンは借入・返済のメリットが充実したカードローン

ここで紹介した3つのメリットからわかるとおり、オリックス銀行カードローンは借入・返済のメリットが充実した銀行カードローンと言えます。

金利だけを見ると、他の銀行カードローンよりも劣って見えるかもしれませんが、総合的には決して劣っているわけではありません。

全銀協の調査発表によれば、銀行カードローンユーザーが銀行カードローンを選んだ理由の上位は以下の3つ。

  1. 銀行だから安心であると感じたため
  2. 店舗やATMが多く、借入や返済が便利であるため
  3. 消費者金融等に比べ借入金利が低いと感じたため

これを見るとオリックス銀行カードローンは、銀行が取り扱うカードローンという安心感とATMが多く借入や返済が便利というポイントはしっかり押さえていますよね。

もし金利よりも借入や返済の便利さに魅力を感じたなら、オリックス銀行カードローンを選んで失敗はありません。

まとめ

オリックス銀行カードローンの金利(実質年利)は年1.7%~17.8%。

上限金利は消費者金融並みですが、下限金利は銀行カードローンのなかでも低めな設定という振れ幅が特徴です。

そのためオリックス銀行カードローンが気になっている方は、金利だけをみるのではなく、その他のスペックも他のカードローンと比較してみてください。

オリックス銀行カードローンは、オリックス銀行の口座なしで利用できたり、全国100,000台の提携ATMが手数料無料で利用できたりと、メリットも豊富なカードローンです。

手軽に利用できて、銀行カードローンの安心感が欲しいという方にはぴったりではないでしょうか。

執筆者からのコメント
田中宏一郎

オリックス銀行カードローンを金利だけで判断するのはNGです。

なぜなら、金利の幅が本当に広いカードローンだから。

自分に適用される金利を把握するのはもちろん、そのスペックについてもよく他社と比較して、納得してから選ぶようにしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加