福岡銀行が提供する2種類のカードローンを比較しながら解説

更新日:2019/12/13
このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡銀行の提供しているカードローンには、実は超低金利で使いやすいものがあるのをご存じですか?

この記事では、地方銀行の1つである福岡銀行が提供する2種類のカードローンの特徴をそれぞれ比較しながら解説していきます。

「福岡に住んでないから関係ないかな」

と思った方もいるかもしれませんが、条件が合えば福岡に住んでいない人でも3%~8%という低い金利が設定されているカードローン THE FIRSTを利用できます!

福岡銀行の口座を持っていて、カードローンを利用しようか悩んでいる人や、とにかく金利の低いカードローンを利用したい人は、是非最後まで読んでください。

この記事の執筆
高山てつや 氏
ライターとしてプラスワンにアルバイト勤務しながらフリーライターとしても活動中。
前職は楽器専門店での接客と音楽教室の受付、ウクレレとギターの講師。
自分の現在の属性(低年収、低居住年数、低勤続年数)でもカードローンの審査に通るのか試してみました!
体当たりな取材でみなさんのカードローンに対する不安や悩みを解決します!

福岡銀行カードローンには2種類ある

福岡銀行は以下の2種類のカードローンを提供しています。

  • 福岡銀行カードローン
  • カードローン THE FIRST

では、それぞれ詳しく解説していきます。

福岡銀行カードローンの基本情報

引用元:福岡銀行カードローン公式サイトより

福岡銀行カードローンは、福岡銀行の提供している2つのカードローンの中でもスタンダードなカードローンです。

申込条件
  • 20歳以上69歳以下で収入がある人(アルバイト・パート・年金受給者の人も申し込み可)
  • 保証会社の保証が受けられる人(SMBCコンシューマーファイナンス)
  • 居住地および勤務先が九州・山口の人または福岡銀行の普通預金口座を持っている人
利用限度額 10万円~1,000万円
金利 3.0%~14.5%
返済日 1日~26日(銀行休業日の場合は翌営業日)の任意の日

アルバイト・パートだけでなく年金受給者の方でも申し込めると書いてあることから、年金受給者の方でも柔軟な審査を行ってもらえるのではないでしょうか。

カードローン THE FIRSTの基本情報

引用元:カードローン THE FIRST公式サイトより

カードローン THE FIRSTは福岡銀行の住宅ローンを借入中か借入予定の人、または年収が400万円以上の人のみ利用できるカードローンです。

申込条件
  • 借入時の年齢が満20歳以上60歳以下の人
  • 年収が400万円以上ある人または福岡銀行の住宅ローンを借入中(借入予定)の方
    ※福岡銀行の住宅ローン仮審査が承認済みの人
  • 保証会社の保証が受けられる方
利用限度額 50万円~1,000万円
金利 3.0%~8.0%
返済日 1日~26日(銀行休業日の場合は翌営業日)の任意の日

福岡銀行カードローンと比べると、申し込める人の年齢が20歳以上60歳以下になっているのと、年収400万円以上という申込条件が追加されています。

その代わり福岡銀行カードローンに書いてあった居住場所の条件と、福岡銀行の口座を持っているという条件がなくなっていますよね。

気になったので、直接福岡銀行に問い合わせたところ、居住地域が大阪や東京でもカードローン THE FIRSTには申し込めるという回答をもらいました。

ただ、返済用に福岡銀行の口座は必要なようで、申し込んで審査に通ったら一度福岡銀行の支店に来店して口座を作らなければいけません。

「でも口座を作る際に居住地域が福岡じゃないとダメなのでは…?」

と思いますよね。でも大丈夫です。

カードローン THE FIRSTの審査に通っていれば、居住地域がどこでも福岡銀行の口座を開設できるとのことです。

カードローン THE FIRSTの方が福岡銀行カードローンよりも金利が低い

カードローン THE FIRSTの上限金利は福岡銀行カードローンよりも6.5%も低いです。

金利が6.5%違えば総返済額はどれくらい変わるのでしょうか。

次の項目で、福岡銀行カードローンとカードローン THE FIRSTの金利の違いを見てみましょう。

福岡銀行カードローンとカードローンFIRSTの金利比較

福岡銀行カードローンとカードローンTHE FIRSTの利用限度額毎の適用金利を比較してみました。

  福岡銀行カードローン カードローン THE FIRST
利用限度額 金利 
10万円~100万円 14.5% 8.0%(利用限度額は50万円から)  
100万円超~200万円 12.0%
200万円超~300万円 10.0%
300万円超~400万円 8.0% 7.0%
400万円超~500万円 7.0% 6.0%
500万円超~600万円 6.0% 5.0%
600万円超~700万円 5.0% 4.0%
700万円超~800万円 4.0% 3.0% 
800万円超~1,000万円 3.0%

福岡銀行カードローンとカードローン THE FIRSTの下限金利は同じですが、上限金利には6.5%という大きな差があります。

実際に50万円をそれぞれのカードローンで借入して2年間で返済した場合の総返済額の差を見てみましょう。

50万円を2年間で返済した場合の総返済額 
福岡銀行カードローン カードローン THE FIRST
578,982円 542,716円

同じ銀行が提供しているカードローンにもかかわらず、総返済額に3万円以上の差が出ました。

3万円あれば超高級料理を食べに行けますよね。

融資金額が300万円を超えると福岡銀行カードローンとカードローン THE FIRSTの金利差は縮まっていきます。

しかし、200万円までの融資しか受けない場合は、福岡銀行カードローンよりもカードローン THE FIRSTの方が圧倒的に低金利です。

以上のことを考えると、カードローン THE FIRSTの申込条件を満たしている人なら、福岡銀行カードローンより先にカードローン THE FIRSTに申し込むのが正解です。

大手銀行カードローンと福岡銀行のカードローンの金利比較

では、福岡銀行が提供する2種類のカードローンの金利は他の銀行カードローンと比べるとどうなのでしょうか。

福岡銀行カードローンとカードローン THE FIRSTの金利を、他の大手銀行カードローンと比べてみましょう。

金融機関名 金利 利用限度額
カードローン THE FIRST 3.0%~8.0% 1,000万円
福岡銀行カードローン 3.0%~14.5% 1,000万円
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5% 800万円
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8%~14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 800万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円

福岡銀行が提供している2つのカードローンの利用限度額は、大手銀行カードローンを上回る1,000万円です。

表を見ると、カードローン THE FIRSTの上限金利は他の銀行カードローンよりも低く設定されていることがわかります。

福岡銀行カードローンは、他の大手銀行カードローンと同じぐらいの金利条件ですね。

ただしみずほ銀行カードローンは、利用限度額が800万円に設定されれば2.0%というカードローン THE FIRSTよりも低い金利で利用できます。

もし利用限度額を800万円に設定する場合はカードローン THE FIRSTよりも低い金利で借入ができるみずほ銀行カードローンが一番低金利です。

また、楽天銀行カードローンとバンクイックも下限金利がカードローン THE FIRSTよりも低いように見えます。

しかし、楽天銀行カードローンとバンクイックは利用限度額いっぱいまで借入しても下限金利が適用されるわけではないため、利用限度額いっぱいまで借りてもカードローン THE FIRSTよりも低金利というわけではありません。

福岡銀行のカードローンの借入方法と返済方法

福岡銀行のカードローンでは、どのようにして借入と返済を行うのでしょうか。

では、福岡銀行のカードローンを利用する際の借入方法と返済方法を紹介します。

借入方法

福岡銀行のカードローンは全国の銀行・コンビニATMで、ローンカードを利用して借り入れることができます。

返済に利用可能な提携ATMは以下の通りです。

  • 福岡銀行ATM
  • 熊本銀行ATM
  • 親和銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • E.netコンビニATM
  • LAWSON ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • BankTimeATM

借入利用するATMの種類によって110円~220円の利用手数料がかかることがあります。

返済方法

毎月決まった日に借入残高に応じて決められた金額を返済することを約定返済といいます。

福岡銀行カードローンの約定返済方法は、口座振替型と直接入金型から選択できます。

ただしカードローン THE FIRSTの場合は口座振替型しか選べませんので注意してください。

また、どちらの返済方法でも専用ローンカードを利用して各提携ATMから随時返済を行えます。

返済に利用可能な提携ATMは以下です。

  • 福岡銀行ATM
  • 熊本銀行ATM
  • 親和銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • E.netコンビニATM
  • LAWSON ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • 福岡県内のBankTimeATM

借入や返済に利用するATMの種類によって110円~220円の利用手数料がかかることがあります。

借入の際には全国で利用できたBankTimeATMが返済の際は福岡県内限定になっていますね。

続いて、以下2つの返済方法を解説していきます。

  • 口座振替型
  • 直接入金型
口座振替型

口座振替型は、自分で設定した約定返済日に約定返済額が預金口座から自動で引き落とされます。

この方法だと、返済日を忘れていても口座にお金さえ入れておけば返済が滞ることはありません。

約定返済を延滞してしまうと自分の信用情報に傷がついてしまう可能性があります。

毎月返済額を支払いに行くのが面倒という方や、返済日を忘れてしまいそうな方はこの返済方法にしておくと良いでしょう。

直接入金型

直接入金型は、専用ローンカードを利用して入金または振込で約定返済を行います。

そして、専用ローンカードを利用して約定返済額以上の入金をすると、その金額が自動的に随時返済となります。

福岡銀行のカードローンで即日融資は不可

福岡銀行カードローンもカードローン THE FIRSTも即日融資はできません。

そもそも、銀行カードローンは大手銀行でも地方銀行でも即日融資は行えないんです。

銀行カードローンは反社会勢力への融資を防ぐために、申込があった申込者の情報を警察庁のデータベースと照合しています。

銀行カードローンが即日融資に対応していないのは、この照合の作業が完了するのが最短でも翌営業日だからです。

即日融資がどうしても必要な場合は、大手消費者金融カードローンに申し込むしかありません。

銀行カードローンと比べると金利は高いですが、即日融資が受けられます。

大手消費者金融カードローンを利用するなら、実際に申し込みをした僕が1時間40分で契約完了できたプロミスがおすすめですよ。

福岡銀行のカードローンへの申込方法

福岡銀行カードローンもカードローン THE FIRSTも申込方法は基本的に同じ。

福岡銀行の公式サイトからカードローンのページを開き申込ボタンを押して、必要事項を入力するだけです。

その後は福岡銀行カードローン審査担当者からの指示に従って、必要書類などを送ります。

また、公式サイトにある申込のボタンは福岡銀行の口座を持っている人と持っていない人で、別れています。

次の項目から、福岡銀行口座を所有しているかどうかで審査の流れがどう変わるのかを解説していきます。

福岡銀行口座を持っている場合

福岡銀行の口座を持っている場合の申込の流れは申込→必要書類の提出→審査→審査結果→審査という流れです。

以下の画像にわかりやすく書いてあります。

福岡銀行カードローン公式サイト口座ありの申込フォームより引用

申込者側がやることは、インターネットで申し込み、その後に送られてくるメールの内容に沿って必要書類をアップロードするだけです。

ちなみに、必要書類は運転免許証などの本人確認書類です。

また、借入額が50万円を超える場合や他社借入と合わせて100万円を超える場合は、本人確認書類と合わせて源泉徴収票や、直近2ヶ月分の給与明細などの所得証明書類が必要となります。

福岡銀行口座を持っていない場合

福岡銀行の口座を持っていない場合の申込の流れは申込→必要書類の提出→審査→審査結果→契約書を郵送→融資という流れです。

以下の画像にわかりやすく書いてありますね。

福岡銀行カードローン公式サイト口座なしの申込フォームより引用

福岡銀行の口座を持っていない場合は必ず郵送で契約書が送られてきます。

そして、送られてきた契約書に記入と捺印をして返送しなければいけません。

また、申込の過程で郵送が必要になることで、借入可能になるまでのスピードも福岡銀行の口座を持っていた場合と比べると遅いです。

そのため、自宅に郵送物があると困るという人や少しでも早く借入したい人は、あらかじめ福岡銀行の口座を開設しておきましょう。

審査の際に在籍確認がある

審査の際に担当者が、申込者が記載した勤務先で本当に働いているのか確かめることを在籍確認と言います。

そして、在籍確認は申込者の勤務先への電話連絡という形で行われることがほとんどです。

基本的に福岡銀行カードローンとカードローン THE FIRSTの審査には在籍確認があります。

ただ、勤務先にカードローンのことで電話がかかってくると聞くと

「え!同僚や先輩にバレないかな…」

と思うかもしれません。

在籍確認の電話は申込者のプライバシーに考慮して行われます。

在籍確認の電話をかける審査担当者が、申込者以外にカードローンのことを話すことはないので、勤務先にカードローンを利用することがバレる可能性は低いです。

福岡銀行カードローンの保証会社は大手消費者金融プロミスを取り扱っているSMBCコンシューマーファイナンスです。

そのため審査も、プロミスで培ったノウハウをベースにSMBCコンシューマーファイナンスが行うはず。

僕が以前、実際にプロミスと契約した際にあった在籍確認の電話の内容を紹介します。

はい、こちら株式会社プラスワンです。
社員A
カードローン審査をするオペレーターのイメージ
わたくし田中と申しますが、高山さんはいらっしゃいますか?
高山ですね。失礼ですがどういったご用件でしょうか?
社員A
カードローン審査をするオペレーターのイメージ
どうしても高山さんと直接お話したいのですが?
承知いたしました。少々お待ちくださいませ。
社員A

…………………

お電話替わりました、高山です。
高山さんの写真
カードローン審査をするオペレーターのイメージ
私、田中と申します。高山てつやさまでお間違いなかったですか?
はいそうです。
高山さんの写真
カードローン審査をするオペレーターのイメージ
個人名で失礼しました。
先ほどお申込みいただいたSMBCコンシューマーファイナンスプロミスの田中と申します。
お勤め確認のお電話をさせていただきました。
今1分程お時間よろしいですか?
はい。
高山さんの写真
カードローン審査をするオペレーターのイメージ
運転免許証を送っていただいきたいのですが?
あ、今送りましたよ!
高山さんの写真
カードローン審査をするオペレーターのイメージ
そうでしたか。
運転免許のデータ反映に10分程時間がかかるようです。両面送っていただきましたか?
はい。
高山さんの写真
カードローン審査をするオペレーターのイメージ
他にご不明な点はありませんか?
ありません。
高山さんの写真
カードローン審査をするオペレーターのイメージ
ありがとうございます。
では、審査の結果は指定の連絡方法でお伝えしますので、結果をお待ちください。

以上の会話で在籍確認は完了しています。

在籍確認の電話は、銀行名ではなく個人名で電話がかかってきます。

福岡銀行カードローンの審査と在籍確認は、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスが行っているはずです。

なので在籍確認の電話の際は、上記のプロミスの在籍確認の電話と同じような流れになります。

また、申込者本人が不在でも、”普段はいるけど今はいない”という内容の返答が得られた場合でも在籍していると判断されて在籍確認は完了します。

在籍確認の電話が勤務先に怪しまれないための対策

ただ、在籍確認はプライバシーに考慮されて行われるとは言っても

「勤務先に在籍確認のことを知っている人がいたら怪しまれるんじゃ…」

と思ってしまうかもしれません。

そんな時は、在籍確認の前にあらかじめ電話に出る可能性のある職場の人に
「近々クレジットカードの在籍確認の電話があるかも」
と伝えておきましょう。

在籍確認はカードローンだけではなく、クレジットカードを発行する際にも行われます。

クレジットカードを作ったということにしておけば、後ろめたさもないはずです。

福岡銀行カードローンの審査に通りにくい5つの例

福岡銀行カードローンの審査基準は公開されていないため、どうすれば審査に通過できるのか明確にはわかりません。

ただ、以下の5つの例に当てはまる人が福岡銀行のカードローン審査に通過するのは難しいです。

  1. 過去5年以内に金融事故を起こしている
  2. 他社からの借入が4件以上ある
  3. 年収の3分の1を超える借入を希望している
  4. 過去6ヵ月以内に複数のカードローンに申込んでいる
  5. 収入がない

では、それぞれ詳しく解説していきます。

過去5年以内に金融事故を起こしている

カードローンの延滞や強制解約、債務整理などを起こした記録は個人情報が保管されている信用情報機関に5年から10年間保管されます

いわゆる「ブラックリスト入り」ですね。

福岡銀行のカードローン審査の際に、審査担当者から申込者個人の信用情報は必ずチェックされます。

その際に事故情報が載っているとカードローンの審査に通過することはできません

過去5年以内に金融事故を起こしてしまっていたら、信用情報機関から事故情報が抹消されるのを待ってから申込むしかありません。

他社からの借入が4件以上ある

借入件数が4社以上あると、「多重債務者」とみなされ、カードローンの審査に通過しにくくなってしまいます。

多重債務者は、借金を返済するために別の金融機関から借入をしている状態になっていることが多く、最終的に債務整理などの金融事故を起こす可能性が高いと福岡銀行に判断されるためです。

年収の3分の1を超える借入を希望している

貸金業法には”貸金業者は申込者の年収の3分の1を超える貸付を行ってはいけない”総量規制というルールがあります。

ただ、福岡銀行は貸金業者ではありません。

「じゃあ銀行なら年収の3分の1以上の借入ができるのでは…?」

と思いますよね。

しかし、銀行カードローンも”自主規制”として、現在は申込者の年収の3分の1を超える融資は行っていません。

そのため福岡銀行からお金を借りることで、借入額が年収の3分の1を超えてしまう場合は審査に落とされてしまいます。

過去6ヵ月以内に複数のカードローンに申込んでいる

カードローンやクレジットカードに申込んだ記録は、6ヵ月間保管されます。

その6ヵ月間の間に複数のカードローンやクレジットカードに申込みを繰り返していると「申込ブラック」と呼ばれる状態になってしまいます。

「申込ブラック」状態になると、6ヵ月経過して申込情報が抹消されない限り福岡銀行のカードローン審査に通るのは難しいです。

お金に困っていて、返済のあてもないままとにかくお金を借りようとしていると思われてしまうためです。

1度カードローンやクレジットカードの審査に落ちてしまったら、6ヵ月以上の期間を空けてから福岡銀行のカードローンに申込むようにしましょう。

収入がない

収入のない無職の方や専業主婦の方は、福岡銀行のカードローン申込条件の「収入のある方」を満たしていないため審査に通過することができません。

執筆者からのコメント
高山てつや

福岡銀行には、大手銀行カードローンと変わらない好条件で利用できる福岡銀行カードローンと、大手銀行カードローンと比べても、低金利で利用できるカードローン THE FIRSTの2種類があります。

中でも200万円までの借入なら大手銀行カードローンよりも圧倒的に低金利なカードローン THE FIRSTは、大阪や東京に住んでいる方でも申し込み可能。

金利の低さを考えれば福岡県外からでもカードローン THE FIRSTを利用する価値はありそうです。

また、福岡銀行カードローンも大手銀行カードローンとほとんど変わらない好条件で便利に使えるカードローンです。

カードローン THE FIRSTの申込条件に合わない人はまずは、福岡銀行カードローンを利用して利用実績を作っておきましょう。

そうすることで、カードローン THE FIRSTの申込条件を満たした時に、カードローン THE FIRSTの審査に通りやすくなりますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加