カードローンは持っているだけでも信用情報に影響があるのか

更新日:2019/09/17
このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンで借り入れ分はすべて返済したけど、とりあえずローン専用のキャッシュカード(以下ローンカード)は持ったままにしているという人はいませんか?

「入会費や年会費がかからないカードローンをわざわざ解約することもないかな」と考えてそのままにしているのではないでしょうか。

確かに、カードローンは、限度額の範囲内であればコンビニATM等から何度でも現金での借り入れを繰り返すことのできる便利なローンです。

いざという時に役に立つこともあるでしょう。

ただ、カードローン、特に消費者金融のカードローンは、持っているだけ・契約しているだけでも、あなたの信用情報に影響します。

使っていないカードローンのために、住宅ローンや車のローンが組めなくなるのはイヤですよね…。

この記事では、借り入れをしていない消費者金融カードローンでも持っていると信用情報や他のローンの審査に影響があるのか、利用していないカードローンを解約すべきかどうかを解説していきます。

消費者金融カードローンは持っているだけでもその他のローン審査に影響する

消費者金融カードローンは持っているだけでも他のローン審査に影響があります。

というのも、年収の3分の1以上を借りることができない「総量規制」という制度があるからです。

総量規制の解説

総量規制は、消費者金融会社や信販会社などの賃金業者に向けて作られた賃金業法のルール。
つまり、プロミスやアイフルなどの消費者金融カードローンも総量規制の対象です。

この総量規制というのは、1つのローンではなく個人の借入総額が対象で、他に総量規制の対象となる金融機関から借り入れを行う場合は必ず影響します。

次の表で総量規制の対象になるローンとならないローンを紹介します。

総量規制の対象となるものとならないもの

総量規制の対象となるものとならないものを表にまとめました。

総量規制の対象となるもの
  • 消費者金融カードローン
  • キャッシング枠のあるクレジットカード
総量規制の対象とならないもの
  • 銀行系カードローン
  • キャッシング枠のないクレジットカード
  • ビジネスローン
  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 教育ローン

この表を見ると、

「消費者金融カードローンで総量規制ギリギリの金額を借りていても銀行系カードローンなら借り入れができる!」

と思うかもしれませんが、それは間違いです。

総量規制の対象になっていないローンでも、審査の際には申し込み者に他社からの借り入れがいくらあるのかを個人情報が保管されている信用情報機関で確認します。

個人信用情報機関は信用情報を保管している

総量規制の対象にならないといっても、返済が見込めない申し込み者が審査を通過することはありません。

総量規制についてもう少し詳しく知りたいという方はこちらを是非ご一読くださいね。

実際、銀行カードローンは総量規制並みの貸付限度額の規制を行っています。

グッドサインの若手社員イメージ
まあ、限度額は50万円だけど今の借入残高は0円だから自分には関係ないな

と思っている人に衝撃の事実を次項でお伝えします。

カードローンと契約しているだけで限度額分借りていることになる

カードローンと契約していると、利用者は契約しているカードローンの「限度額」を借り入れしていることになります。

ビビる若手社員
え!今の借り入れは0円なのに!

と思いますよね?

ただ、ローンカードを持っていれば、いつでも限度額まで借り入れができるカードローンの特性を考えると、「限度額=借入額」と判断されるのは仕方ないでしょう。

こんな人はいくら借り入れできる?

では、状況別で実際にどのくらい借り入れ枠が余っているかの例を2つ紹介します。

  • 年収300万円で消費者金融カードローンの限度額が10万円だった場合
  • 年収300万円で消費者金融カードローンの限度額が100万円だった場合

ただし、知っておくべきなのは必ずしも総量規制ギリギリまで借り入れができるわけではないというところです。

いくら借りられるかは申し込み者の返済能力に応じて変わりますので、あくまで自分にどれだけのキャッシング利用可能枠があるかを確認する例として考えてください。

年収が300万円で消費者金融カードローンの限度額が10万円だった場合

年収が300万円の場合、総量規制を考慮すると本人が借り入れできるのは最大100万円までです。

そのため、消費者金融カードローンの限度額が10万円だった場合は、あと90万円まで他の金融機関から借り入れができることになります。

ただし、借り入れできるからといって複数の消費者金融から借り入れをするのはやめましょう。

複数の借り入れ先があると、信用情報が「多重債務者」となってしまい、クレジットカードの発行や住宅ローン借り入れがしづらくなってしまいます。

年収300万円で消費者金融カードローンの限度額が100万円だった場合

年収300万円で限度額100万円のカードローンを所持している場合は、これ以上借り入れを増やすと総量規制にかかるため、借り入れを増やすことはできません。

他のローンで借り入れをしたい場合は、消費者金融カードローンを解約するしかありません。

消費者金融カードローンを持っていることで、総量規制や信用情報に影響があることがわかりました。

それでも消費者金融カードローンを持ち続けることにメリットはあるのでしょうか?

消費者金融カードローンを持っておくメリットは?

メリットのイメージ

消費者金融カードローンを持ち続けるメリットは、いつでも借り入れができることです。

消費者金融カードローンは、限度額内であれば繰り返し利用できるので、借入枠を持ってさえいればいつでも利用できます。

インターネットから借り入れの手続きをして、直接自分の銀行口座に振り込んでもらうこともできます。

今後の人生で、医療費や冠婚葬祭費、教育費、旅行費、事業資金など急にお金が必要になる可能性はたくさんあります。

その際にすでに消費者金融カードローンを解約していた場合は、また新たに審査を受けて申し込み手続きをしなくてはなりません。

その際には、在籍確認もあります。

消費者金融のカードローンは、持っているだけでも少なからず影響がありますが
しかし、お金に困った際に上手く使うことができれば消費者金融カードローンは強い味方になってくれるでしょう。

では、次は消費者金融カードローンを持ち続けるデメリットを見ていきましょう。

消費者金融カードローンを持っておくデメリットは?

デメリット、注意点のイメージカードローンを利用せずに持っておくことで以下3つのデメリットがあります。

  1. 他のローンの審査に影響がある
  2. 繰り返し借りてしまう
  3. カードを紛失することがある

では、それぞれ詳しく説明していきます。

他のローンの審査に影響がある

“持っているだけで、借り入れがあることになる”というのはデメリットです。

審査の厳しい住宅ローンを組む際などは、カードローンから借り入れがあるというだけで審査に落ちてしまうこともあります。

信用情報が影響する審査を受ける際に、カードローンを利用していることが良い方向に働くことは基本的にありません。

住宅ローンなど審査の厳しいローンに申し込む前には、使っていないカードローンは必ず解約しておくようにしましょう。

繰り返し借りてしまう

消費者金融カードローンは、契約していれば限度額の範囲内で好きな時に好きな金額を、借り入れしたり返済したりできます。

この気軽さが原因で、ローンカードを持っていると今は使っていなくても、今後繰り返し借りてしまうという人もいます。

こういった人はあまりに簡単に借り入れができてしまうので、「借金をしている」という感覚がなくなってしまっているわけです。

毎月の返済額には金利も入っているため、常に借りた額以上を返済していることになっているということを忘れてはいけません。

カードローンが借金という感覚がなくなってきたら危険です。改めて利用明細書を見て、融資を受けた金額の用途や利用目的を考えてください。

いくら返済方法があっても、ローンカードを持っているだけで借りたくなってしまう場合は早めに解約した方が良いでしょう。

カードを紛失してしまうことがある

消費者金融のカードローンには、盗難保険がありません。

そのため、消費者金融のカードローンを紛失したり、盗難にあったりして限度額いっぱいまで借り入れされた場合でも契約者が返済しなければいけなくなります。

ローンカードは使っていなくても保管には気を配らなければいけません。

消費者金融カードローンは持っているだけでこのようなメリットとデメリットがありました。

結局使わないなら解約するべきなのでしょうか?

他にローンを組む予定があるなら解約すべき

基本的に支払いの延滞などを起こさず、滞りなく返済ができていれば消費者金融カードローンを持っているだけで信用情報に傷がつくということはありません。

しかし、他のローンを組む際には持っているだけで借入があるとみなされ、審査に通りにくくなってしまいます。

そのため他にローンを組む予定がある人は、その審査を受ける前に利用していない消費者金融カードローンは解約しておくべきです。

また、解約する場合は今後についても注意が必要です。

解約してしばらくはカードローンの申し込みを控える

一度カードローンを解約すると、もう一度利用を開始するのに審査が必要になります。

以前にカードローンを解約してから日が短いと、審査担当者がカードローンを解約した情報を見て、解約したのにすぐに申し込んでくるなんて計画性のない人だ、と思われてしまうかもしれません。

そういったことが原因で何度も申し込んでは審査に落ちて、という状況を繰り返していると「申込ブラック」という信用状態に陥る可能性があります。

申込ブラック状態になっている間は、ローンの審査に通ることはほとんどありません。

解約するのであれば、現在の自分の口座残高や今後の出費も考えて、もうカードローンは利用しないという決意を持って解約するようにしましょう。

まとめ

カードローンは1枚持っておくと何かと便利ではありますが、あくまで「借金」という意識は忘れないようにしなくてはなりません。

欲しい商品を購入するための費用をATMから出してくれる魔法のカードではありません。

念のため持っておこうという意識だと、また繰り返し借りてしまうかもしれません。

本当に必要で、計画的に利用する分には全く問題ありませんが生活費の資金繰りの一部に組み込むと借金から抜け出せなくなる可能性があります。

持っておくことのメリットとデメリットをしっかりと見極めた上で、使っていないカードローンを解約するかどうかは決めるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加