楽器をローンで購入するなら楽器店のショッピングローンが最適

楽器の画像楽器は同じ型番でも一つ一つ音が全然違うということがよくあります。
そして、「これしかない!」と思う楽器には、ふとした瞬間に出会うものです。

気に入った楽器を購入すると、おのずとやる気もみなぎって、以前よりも上達していきます。

「買わずに長年後悔するぐらいなら、今すぐ欲しい!けどお金がない…」
そんな時に役に立つのが「分割払い」です。

分割払いなら、その場で一括購入できるお金がなくても、楽器を持って帰ることができますよね。
お金を貯めている間に、お気に入りの楽器が他の人に売れてしまっていた、なんて悲しい事件を防ぐことができます。

この記事では、長年楽器店で販売員をしていたカドロン編集部のメンバーが、楽器を分割払いで購入するおすすめの方法とローンの組み方を紹介していきます。

笑顔で「コチラ」と言っている先生
この記事の執筆
カドロン編集部 氏
お金を借りるときの最適なカードローン選びを提案するサイト、カドロンの編集部。
元クレジットカード会社勤務から元信販会社勤務など専門家も在籍。
その他、楽器店でローン申込を担当していたライターや、主婦ライター、FP候補生など
バラエティに富んだメンバーで運営しています。

なぜみんな分割で買うの?

疑問を抱く先生と学生筆者が楽器店に勤務していた頃に、分割払いを利用するお客さんで一番多かったのが「学生」です。

30万円のギターでも、分割払いで購入すれば、最初に払う数千円のみで、30万円のギターを手に入れることができます。

大学生の場合、卒業したら仕事で忙しくなって音楽をする時間がないかもしれません。

「でも、普通にお金を貯めていたら、30万円のギターなんて卒業する頃にしか買えなさそう…」

「それなら、卒業する頃にローンを完済できるようにして、学生のうちに自慢のギターで大活躍してやる!」

このような理由で、高価な楽器を購入する際は分割を選ぶ学生が多かったです。

分割払いを利用することで、何年もかかるだろう貯金の時間を、新しいギターでの練習時間や演奏時間に変えられるわけですから、これを利用しない手はないでしょう。

学生以外にも、業種問わず多くのお客さんが、何十万円という楽器を楽器店のショッピングローンで購入されていました。

言わずもがなですが、ショッピングローンにも計画性がもちろん必要です。
ショッピングローンと聞くと聞こえはいいですが、言い方を変えると、楽器を買うための借金ですからね。

ただ、あまり敬遠し過ぎる必要はありません。
楽器が早くに手に入るのと入らないのとでは、その楽器で練習できる期間に大きな差が出ます。

それを理解しているからこそ、楽器店の販売員は、高価な楽器の分割購入を勧めますし、ショッピングローンを利用するお客さんも多くなっているのです。

楽器をローンで購入する方法

指をさしてポイントを教える先生楽器を分割で購入する方法には、2つのパターンがあります。

楽器店のショッピングローンと呼ばれる分割払いの方法と、所持しているクレジットカードで分割払いをする方法です。

この他にも、銀行や消費者金融からお金を借りて一括で楽器を購入した後に、借り入れた金融機関に分割で返済していくという方法が考えられます。
しかし、金利も高い場合が多く、審査も厳しいので、楽器購入に向いていません。

スルガ銀行には楽器ローンという楽器専用のローンもありますが、やはり審査が厳しいため、すぐに楽器を手に入れたい方にはおすすめできない方法です。

以上のことから、楽器を分割で購入するとなると、楽器店のショッピングローンかクレジットカードの分割払い、この二択から考えるのがベストです。

「本当にそう?」と疑う方もいるかもしれませんね。

では、ここで挙げた楽器を分割払いで購入する方法をすべて比較してみましょう。

楽器を分割で購入する方法を徹底比較

楽器を分割で購入する方法の違いを表にしてみました

今回比較するのは、以下の5つの方法です。

・楽器店のショッピングローン
・クレジットカードの分割払い
・銀行の多目的ローン(フリーローン)
・スルガ銀行の楽器ローン
・銀行や消費者金融のカードローン

これら5つの購入方法を、申込方法と審査時間、申込に必要な書類、金利手数料、そして学生でも利用できるのかという5つのポイントで比較しました。

  楽器店のショッピングローン クレジットカードの分割 銀行の多目的ローン スルガ銀行の楽器ローン カードローン
申し込み方法 楽器店店頭
楽器店オンラインショップ
購入する店舗
購入するサイト
Web
銀行窓口
Web
銀行窓口
Web
無人契約機など
審査にかかる時間 30分程度 3営業日から14営業日程度 1営業日から3営業日 30分から10営業日程度
必要なもの 本人確認書類 クレジットカード 本人確認書類
所得証明書(高額の場合)
本人確認書類
使い道が確認できる資料
本人確認書類
所得証明書(高額の場合)
金利手数料 6.0%~10.0%/年 12.0%~15.0%/年 1.7%~18.0%/年 2.5%~7.5%/年 3.0%~18.0%/年
学生の利用 不可 20歳以上であれば可 一部20歳以上であれば可

申込はその場でできる方が便利

申込方法を比較すると、「この楽器に決めた!」と思ってすぐに申し込める方法と、そうでない方法に分かれました。

クレジットカードで分割購入する場合、レジでクレジットカードを渡すだけで会計できます。

楽器店のショッピングローンも楽器を見つけたその場で分割払いの手続きに移れます。

購入を決めたその場で分割払いができるというのはメリットですね。

銀行のローンや、カードローンは楽器店で購入を決めた後にお金を借りに行かなければならないので、かなり手間がかかります。

当日中に審査結果が出る方法を選ぼう

審査にかかる時間は重要です。
審査に時間をかけている間に欲しかった楽器が売れてしまうなんてこともありえます。

すでにクレジットカードを持っているなら、審査そのものがありません。
店員さんにカードを渡して「〇回払いで」と伝えるだけで購入完了です。

楽器店のショッピングローンの場合は、購入を決めてから30分あれば審査結果が出ますし、カードローンも消費者金融のものを選べば、即日融資が受けられる場合があります。

クレジットカードを持っていないなら、ショッピングローンかカードローンがスピード感のある借入方法です。

手続きに必要なものが多いと購入が後日になってしまう可能性も

困る学生手続きに必要なものが多いと、「今すぐこの楽器が欲しい!」となっても書類を取りに家にもどったり、区役所に行く必要が出てきたりします。

買い物をしている日が土日だったら、区役所に行くのは週明け…。正直かなり面倒ですよね。

分割払いの手続きに必要なものは、クレジットカード分割払いであればクレジットカードのみ、楽器店のショッピングクレジットであれば、本人確認書類のみです。

銀行のローンや消費者金融カードローンでは、所得証明書が必要な場合もあります。

本人確認書類と所得証明書とは、主に以下のものを指しています。

本人確認書類 所得証明書
運転免許証
パスポート
健康保険証
年金手帳
障がい者手帳
在留カード
個人番号カード
確定申告の控え
納税証明書
税額通知書
非課税証明書
直近の給与明細(2~3ヵ月分)

書類を用意する手間を省きたいなら、クレジットカードかショッピングローンを選びましょう。

金利手数料は分割払いで一番大事なポイント

ポイントのイメージ分割払いを利用するにあたって、まず初めに気になるのが金利手数料だと思います。

高額の楽器を分割払いで購入する場合、たった5%の金利の違いで何万円と返済総額が変わることがあります。

とにかく1%でも金利が安くなる方法を探していきましょう。

楽器購入に使える分割払いの場合、楽器店のショッピングローンが、一番金利手数料が安いです。

しかも、楽器店によっては、無金利キャンペーンや低金利キャンペーンを開催していることもあります。

銀行系のローンやカードローンの最低金利を見るとそちらの方が金利は安く見えるかもしれません。
しかし、基本的に初めての申し込みで適用されるのは上限金利と覚えておきましょう。

学生の利用にはショッピングローンがおすすめ

楽器店のショッピングローンでは、18歳以上で未成年の方でも、親の同意さえあれば申し込むことができます。

さらに、カードローンや銀行のローンと違い、親からの仕送りなども年収に含めることができます。

アルバイトでの稼ぎが少ない学生の場合も、仕送りを含めた金額を年収として書けるので、必然的に他のローンを組むよりも審査に通りやすくなります。

楽器店のショッピングローンなら販売員と相談しながら申し込める

また、学生の場合は、ローンを組むのが初めてという方がほとんどだと思います。

そういった不安は、販売員と一緒に手続きをすることによって解消できます。
いつもお世話になっている販売員がいる場合はその人にローンのことを聞きにいきましょう。

販売員にショッピングローンを勧められて不安になったことのある方はいるかもしれませんが、基本的に販売員は、支払い手段としてショッピングローンが便利だから提案していると考えて大丈夫です。

ただし、「年収が全然ない」とか「過去に金融事故を起こしている」と伝えたときに、「大丈夫っすよ!」など適当な返事を返してくる販売員には頼まないようにしましょう。

5つの購入方法を、申込方法と審査時間、申込に必要な書類、金利手数料、そして学生でも利用できるのかという5つのポイントで比較していきました。
では続いて、楽器を分割払いで購入する5つの方法を、1つ1つ詳しく見ていきます。

最も利用者が多い楽器店のショッピングローン

楽器をローンで買うとなった場合、ほとんどのお客様が選ぶ分割方法が楽器店のショッピングローンです。

楽器店のショッピングローンを利用することで得られる最大のメリットは、期間によっては、特別金利キャンペーンを利用できること。

無金利キャンペーン中だと、条件があえば最大36回払い分の金利分を楽器店が負担してくれますし、低金利キャンペーンという金利手数料がかなり安くなるキャンペーンもあります。

各キャンペーンを利用する条件というのが、月の返済額3000円以上で購入楽器の値段が3万円以上という比較的クリアしやすい条件が多いので、無金利キャンペーンや低金利キャンペーンは、基本的にすべての申込者が利用できると考えて良いでしょう。

先にもお伝えしましたとおり、ローンとは、言い方を変えれば借金のことなので、初めてローンを組むとなるとやっぱり不安になるものです。

楽器店のショッピングローンだと、販売員が自分に合った返済方法やプランを一緒に考えてくれたり、記入漏れ等をチェックしてくれたりもします。

審査結果を待っている間でも販売員と話したり、楽器を見たり弾いたりできるため、待ち時間も退屈しませんし、普段から知っている販売員であれば頼りになりますね。

楽器店のショッピングローンは繰上返済できないのがデメリット

楽器店のショッピングローンのデメリットを一つ挙げるとしたら、繰り上げ返済ができないことです。

例えば36回払いで契約していて、24回目で収入が増えたので一括返済したとしても、36回分の手数料を払わなければなりません。

とにかく、ローンを組む時は計画的にというのが鉄則です。

ショッピングローンも、無理のない返済計画を立ててから利用してください。

  楽器店のショッピングローン
金利手数料 6.0%~10.0%/年
申し込み方法 楽器店店頭
楽器店オンラインショップ
審査にかかる時間 30分程度
必要なもの 本人確認書類
学生の利用
メリット ・各特別金利キャンペーンを利用できる
・プロの販売員が手続きをしてくれる
デメリット ・途中で多めに返しても金利手数料は変わらない

最も便利なクレジットカード分割払い

便利さ、気軽さだけならこのクレジットカード分割払いが一番でしょう。

クレジットカード分割払いだと決済にかかる時間はないに等しく、クレジットカードさえ持っていれば手続きをする必要もありません。

ただし、2回払いまでの分割であれば金利手数料はかかりませんが、3回以上の分割払いになると金利手数料が高くなります。

繰上返済で計画的に利用しよう

クレジットカードの分割には、繰り上げ返済という返済方法もあります。

繰り上げ返済とは月々の返済額とは別に追加で返済することです。

繰り上げ返済をすることによって返済期間が短くなり、短くなった分の金利手数料を節約できるというメリットが得られます。

クレジットカードで分割払いをする際には、2回払いまでの分割にするか、金利手数料が高くても手続きに時間をかけたくないという時のみ利用するのが良いでしょう。

  クレジットカードの分割
金利手数料 12.0%~15.0%/年
申し込み方法 購入する店舗
購入するサイト
審査にかかる時間
必要なもの クレジットカード
学生の利用
メリット ・支払いの際に手続きが不要
・繰り上げ返済が可能
デメリット ・金利手数料が高い

銀行の多目的ローンは楽器購入に不向き

銀行の多目的ローンは、金利が高く、審査も厳しい上に時間がかかるためおすすめできません。
例えば、みずほ銀行多目的ローンの利用条件は以下のようになっています。

  • ・お借入時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満で、最終ご返済時年齢が満 71 歳未満の方
  • ・勤続年数(自営の方は営業年数)2 年以上の方
  • ・前年度税込年収(個人事業主の方は申告所得)が 200 万円以上で安定かつ継続した収入の見込める方・保証会社の保証を受けられる方

また、この条件を満たしていても必ず審査に通るかというとそういうわけではありません。

審査に通れば高額の融資が受けられるというのが銀行の多目的ローンのメリットなので、100万円以下の楽器購入に利用することはないでしょう。

収入が多かった時に月々の返済額とは別に追加で返済する繰り上げ返済は利用できますが、そもそもの金利が高いため、楽器購入に銀行の多目的ローンはおすすめできません。

  銀行の多目的ローン
金利手数料 1.7%~18.0%/年
申し込み方法 Web
銀行窓口
審査にかかる時間 3営業日から14営業日程度
必要なもの 本人確認書類
所得証明書(高額の場合)
学生の利用 不可
メリット ・繰り上げ返済が可能
デメリット ・金利手数料が高い
・審査が厳しい
・審査に時間がかかる

楽器専用のローンであるスルガ銀行楽器ローン

スルガ銀行の楽器ローンは、楽器店のショッピングローンと同じく、楽器専用のローンです。

しかし、楽器店のショッピングローンなら、楽器店の店頭ですぐに申し込みができますが、スルガ銀行楽器ローンは、webかスルガ銀行窓口で申し込みをしなければいけません。

同じ楽器専用ローンである楽器店のショッピングローンにないメリットとしては、繰り上げ返済ができることです。

ただ、審査が終わるのに日をまたぐということと、楽器店の店頭で手続きをできないということを考えると、やはり楽器店のショッピングローンの方に軍配が上がります。

  スルガ銀行の楽器ローン
金利手数料 2.5%~7.5%/年
申し込み方法 Web
銀行窓口
審査にかかる時間 1営業日から3営業日
必要なもの 本人確認書類
使い道が確認できる資料
学生の利用 20歳以上であれば可
メリット ・繰り上げ返済が可能
デメリット ・審査に時間がかかる

楽器購入にはおすすめできないカードローン

楽器を購入するために、カードローンに申込むのはあまりおすすめできません。

アイフルやプロミス等、消費者金融のカードローンの中には、初回30日間は無利息になるカードローンもあります。

ただ、楽器店のショッピングローンで半年以内の一括であれば金利がかからないボーナス一括払いというローンの組み方もあるのです。
すぐに返済できるのなら、店頭で申し込みができる楽器店のショッピングローンを利用した方が便利です。

カードローンなら、ショッピングローンでは利用できない繰り上げ決済が利用可能ですが、そもそもの金利が高いのはやはりネック。

無利息期間内に借りたお金を返済できる場合以外は、楽器購入のための利用をおすすめできません。

  カードローン
金利手数料 3.0%~18.0%/年
申し込み方法 Web
無人契約機など
審査にかかる時間 30分から10営業日程度
必要なもの 本人確認書類
所得証明書(高額の場合)
学生の利用 一部20歳以上であれば可
メリット ・繰り上げ返済が可能
デメリット ・金利手数料が高い

結局どの分割が一番良いのか

ここまで記事を読んでいただいた方なら、楽器を分割で購入するならどの方法が最適なのか、もうおわかりのことでしょう。

楽器の分割購入で最もおすすめする方法は、間違いなく楽器店のショッピングローンです。

分割払いをする際に一番気になるのはやはり金利や手数料。

楽器店のショッピングローンなら、金利手数料がそもそも安い上に、無料になることもあるということが一番の理由です。

さらに、販売員が一緒に手続きをしてくれるので、申込も安心できます。

楽器を分割払いで購入するのであれば、まずは楽器店に行って話を聞いてみましょう。

主要な楽器店の通常金利とキャンペーンを比較

どの楽器店でローンを組むのが得なのでしょうか。

島村楽器と石橋楽器とイケベ楽器の金利とキャンペーンを比較してみました。

3楽器店の各金利手数料を比較

  島村楽器 石橋楽器 イケベ楽器
分割回数 通常金利 通常金利 通常金利
1回 0.00% 2.00% 2.50%
3回 1.50% 0.70% 4.50%
6回 3.00% 3.10% 6.50%
10回 5.00% 6.30% 9.50%
12回 6.00% 8.00% 10.00%
15回 7.50% 10.50% 12.00%
18回 9.00% 13.00% 14.50%
20回 10.00% 14.60% 16.00%
24回 12.00% 18.00% 18.00%
30回 15.00% 23.50% 22.50%
36回 18.00% 26.80% 25.00%
42回 21.00% 31.60% 29.50%
48回 24.00% 34.90% 33.50%
54回 27.00% 40.20% 38.00%
60回 30.00% 43.50% 40.50%
66回 33.00% 50.30%
72回 36.00% 54.60%
78回 39.00% 59.40%
84回 42.00% 63.70%

※2019年7月29日現在

まずは島村楽器と石橋楽器、イケベ楽器の金利を比較してみました。

上記の表に書いてある金利はすべて単利と言って、元金だけに対する利子のことです。

この表を見ると、島村楽器と石橋楽器とイケベ楽器の中では、通常金利は島村楽器が圧倒的に安いということがわかります。

支払い回数を60回払いにした場合、島村楽器と石橋楽器の間では、金利に13.5%の差が出ます。
例えば100万円の楽器を購入した場合、購入した店の違いだけで、支払い総額に13万5千円の差が出るということです。

また、石橋楽器のショッピングクレジットの通常金利がWEBページによって異なっていたため問い合わせたところ、

オペレーターのイメージ
金利自体は場所とタイミングによって変わる場合があります

と教えていただきました。
石橋楽器でショッピングクレジットを組む場合は、金利についてあらかじめ問い合わせた方が良いかもしれません。

楽器店の無金利・低金利キャンペーン比較

大規模な楽器店では、定期的に無金利、低金利のキャンペーンを開催していることが多いです。
このようなキャンペーンを利用することによって、支払いが商品の代金のみで済むようになります。

では、島村楽器と石橋楽器、イケベ楽器で、現在開催されているキャンペーンを見てみましょう。

  島村楽器 石橋楽器 イケベ楽器
開催期間 2019年4月1日~
2020年3月31日
~2019年8月31日 現在~未定
キャンペーン対象 税込み3万円以上のすべての商品 税込み3万円以上のすべての商品 税込み3万円以上のすべての商品&30万円以上の特価品
条件 月々の支払いが
5000円以上
月々の支払いが
3000円以上
月々の支払いが
3000円以上
無金利の
最大支払い回数
36回 36回 36回
低金利の
最大支払い回数
120回 84回 60回
60回払い時の
キャンペーン金利
5.00% 21.66% 9.90%

分割回数や条件を見てみると、無金利、低金利キャンペーンを利用するなら、島村楽器が最も金利が安く、低金利の分割可能回数も多いです。

キャンペーン中に分割で購入するのであればまずは島村楽器の商品をチェックすると良いでしょう。

島村楽器のキャンペーン

【開催期間】
2019年4月1日~2020年3月31日

島村楽器低金利キャンペーンの画面

【低金利キャンペーン中の金利】

支払い回数 金利 支払い回数 金利
42回 2.50% 84回 9.50%
48回 3.50% 90回 10.00%

54回

4.50% 96回 11.50%
60回 5.00% 102回 12.50%
66回 6.50% 108回 13.50%
72回 7.50% 114回 14.50%
78回 8.50% 120回 15.00%

【対象商品】
・ショッピングローン申し込み金額が3万円(税込)以上の商品で月々の支払いが5000円以上になる場合、最大24回払いまで無金利
・ショッピングローン申し込み金額が30万円(税込)以上の商品で月々の支払いが5000円以上になる場合、最大36回払いまで無金利
・ショッピングローン申し込み金額が30万円(税込)以上の商品で月々の支払いが5000円以上になる場合、42~120回払いが低金利

このキャンペーンを利用してローンを組んだらどうなるのでしょうか。

3万円の商品を購入した場合と30万円の商品を組んだ場合の例を出してみましょう。

3万円の商品なら
30,000(商品代金)÷5,000(月々のお支払い)=6ヵ月

つまり3万円の商品は、6回払いまでなら無金利で分割払い可能ということになります。

30万円の商品なら
300,000(商品代金)÷5000(月々のお支払い)=60ヵ月

30万円の商品の時点で、無金利が適用できる最大回数の36回払いにしても月々5000円を超えるので、無金利適用可能です。

また、30万円の商品を購入して、36回払いの時よりも月々の返済額を少なくしたいという場合、低金利キャンペーンを利用できます。

低金利キャンペーンを利用した場合、60回払いにしても金利手数料は5%(単利)だけです。

無金利キャンペーンの適用範囲内に収まらなかった場合でも、まだお得にショッピングローンを利用できる手段が残されているということですね。

ちなみに島村楽器は、キャンペーン適用対象に中古、新品等のしばりはありませんのですべての3万円以上の商品に無金利、低金利キャンペーンを適用可能となっています。

楽器店のショッピングローンの良い組み方と悪い組み方

最終的に分割で楽器を購入するのであれば、楽器店のショッピングクレジットが一番便利ということがわかりました。

ただし、楽器店のショッピングローンも、良い組み方と悪い組み方があります。

楽器店のショッピングローンを賢く利用してもらうために、ショッピングローンの良い組み方と悪い組み方を紹介します。

楽器店のショッピングクレジットの良い組み方

新人OLのイメージ良い組み方とは、計画的なのは前提として、「なんだか得した気分が味わえる」、「何か目標を持って返済に当たれる」ということです。
では、その例を紹介していきます。

ボーナス一括払い

楽器店のショッピングローンとクレジットカードの分割でボーナス一括払いという払い方があります。

これは、購入した翌月から半年間の間で好きな月を選び、選んだ月に一括で支払い額が引き落とされるという支払い方法です。

なんとこの支払い方だと、金利が一切かかりません!

半年間の分割だと3%から6.5%の金利がかかりますが、半年後の一括なら待ってもらう期間は同じなのに金利が0%です。

裏技のようなこのやり方、自分でお金の管理ができる人にはおすすめの組み方です。

頭金を活用

5万円は手元にあるけど、10万円の楽器を購入したいという場合には、頭金を利用しましょう。

簡単に言うと、10万円の内5万円を現金で払って、残りの5万円をショッピングローンの分割で払うという方法です。

金利のかかる元金が半分になれば、必然的に金利手数料も半分になります。

楽器店のショッピングローンのことを知らず今まで貯めていたという方も、その貯めたお金を使えば全額ローンで買うよりもお得になります。

学生を卒業すると同時に完済

ひとことポイントのイメージ

学生によくおすすめしていた分割の計画の立て方です。 大学を卒業する月に完済するようにしておけば、学校を卒業すると同時にローンからも卒業というわけです。

人生の区切りに合わせることで、完済した時の喜びも倍増します。
「この返済も卒業まで!」というモチベーションに繋がることも大事です。

悪い組み方

驚くキラキラ女子のイメージ悪い組み方というのは、計画性がない組み方です。
ローンは計画的に組まないと最終的に損をしていますので注意しましょう。

とりあえず分割回数を多くする

先のことを考えていない学生からこう言われたことがあります。

「毎月ちゃんと返せるか不安なので念のため84回払いで!」

毎月ちゃんと払えるか心配過ぎて、とにかく返済額を細かく分けたパターンですね。

返済回数を多くすると、当然ですが、金利がかなりかかります。
最も金利の安い島村楽器でも、元の金額の42%という高額な金利手数料がかかります。

購入するのが30万円の商品だとしたら、126,000円も金利だけで払うことになるのです。

12万円って…、充分に良いギターが買える金額ですよ…。

とにかく金利がかからないようにする

他の学生からこんなことを言われたこともあります。

「金利を払うのが嫌なんでとりあえずボーナス一括!半年後で!」

金利を払いたくないので、計画性もなくとにかく半年後の一括払いにしたパターンです。

半年後の一括返済を思い出した時に、「支払いをするお金がない!」ということになれば、当然支払いが滞ります。

こういうことが起こると、金融会社が利用する信用情報機関のブラックリストに載ってしまい、今後どのローン会社も利用できなくなってしまう可能性があります。

「第一優先は支払いが滞らないこと!」というイメージでローンを組みましょう。

楽器店のショッピングローンの審査に通るには?

指をさしてポイントを教える先生楽器店のショッピングローンの審査でチェックされることはなんでしょうか。

それは、以下の4つです。

年収
安定した収入
他の借り入れはないか
過去に金融事故を起こしていないか

それぞれ詳しく説明していきます。

年収

まずはチェックされるのは年収です。

当然ですが年収が多い程審査を通過する確率はあがります。

基本的に一人暮らしの場合は、一年の生活維持費を116万円として審査をすると信販会社で決められています。

つまり、一人暮らしの方で、年収が116万円以下だと、ローンの審査には通りません。

一人暮らしの方がショッピングローンを利用する場合、年収116万円以上というのが最低ラインと覚えておきましょう。

安定した収入

安定した年収とは、年収の多さとは別で、継続的な収入のことです。

サラリーマンとフリーターでは、収入の安定が全然違いますよね。

また、同じサラリーマンでも、勤続年数が長いほうが信頼性は高くなり、審査に通りやすくなります。

他の借り入れはないか

信販会社は審査の際に、申込者が他の借り入れがないかまでチェックします。

他の借り入れがあれば、そちらの返済が終わってから新たにローンを組む方が、審査には通りやすいです。

ただ、他の借り入れがあっても、ショッピングローンの審査に通る方もいました。

他の借り入れがあってもその金額によっては通りにくいというだけで、絶対に通らないというわけではありません。

過去に金融事故を起こしていないか

クレジットカードやローンの支払い延滞や、携帯電話料金の滞納が続いていたりすると、いわゆるブラックリストに入れられることがあります。

そうなれば、5年~10年はショッピングローンの審査に通らなくなってしまいます。

普段から支払いの延滞等には注意しましょう。

審査自体はそこまできびしくない?

楽器店のショッピングローンの審査は果たしてどれくらい厳しいのでしょうか。

ひとことポイントのイメージ

わたし自身が楽器店で働いていたときは、審査に落ちる人の方が少なかったです。 学生なら一人では審査に通らなくても親御さんを保証人にすればほぼ審査に通っていました。

実際、年収が116万円以下の一人暮らの場合や、金融事故を起こしているといった場合以外は、とにかく販売員に相談して手続きをしてみることが大事です。

まとめ

金利や審査スピード等の面で一番条件が良いのは、楽器店のショッピングローンを利用することです。

無金利キャンペーンをやっていれば金利分は楽器店が負担してくれますので、浮いたお金で周辺機材を揃えることもできます。

分割で楽器を買おうと思っているならば、まずは楽器店に行って気に入った楽器を探すところからはじめましょう。

そして、欲しい楽器が見つかったら販売員と相談して支払いのプランを決めてください。

10万円を超えるような楽器は、分割で支払う人の方が多いので遠慮なく活用していきましょう。

 

笑顔で「コチラ」と言っている先生
執筆者からのコメント
カドロン編集部

新しい楽器は新しいインスピレーションを与えてくれます。

今手に入れることでもっと大きなステージに立てるようになる可能性もあると考えれば、自分の背中も押せるのではないでしょうか。