楽天銀行カードローンの増額には審査がある

更新日:2019/07/22
このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天銀行カードローンでは、初回申込時に決まった利用限度額(契約極度額)を、最大で800万円まで増額させることができます。

契約極度額を増額させることは、単純に借りることができるお金が増えるだけでなく、返済時に発生する利息の負担を軽減することにもつながります。

なぜなら、楽天銀行カードローンでは、契約極度額が増えるごとに、金利が引き下げられる仕組みになっているからです。

しかし、増額を希望すればだれでも増額してもらえるわけではありません。増額するには、そのための審査を通過しなければならないのです。

楽天銀行カードローンの増額審査とは

チェックポイントを示すりん先生

まずは増額審査を受けるための方法を紹介します。

増額審査を受ける方法

楽天銀行カードローンの増額審査を受けるための方法は3つです。

  1. 楽天銀行カードローンセンターに電話
  2. 会員サイトで申し込み
  3. 楽天銀行カードローン側から増枠案内の電話

自ら増額申請をする方法は楽天銀行カードローンセンターに電話する方法と会員サイトで申し込みする方法です。ただし自分で増額を申請するには、次の項で解説する条件があります。

楽天銀行から増枠の案内がある場合は、電話以外にメールに案内が届くケースがあります。

ただし、案内電話があったとしても絶対に増額してもらえるとは限りません。

正式な本審査をしてから案内を出すわけではないので、増枠の案内によって申し込みしても、増額審査を受けなくてはいけないのです。

申込条件

楽天銀行カードローンの増枠申し込みは、前回の増額審査から半年以上経過していることが条件になります。

初めて増額を申し込むときは、新規申し込みから半年以上の返済実績が必要です。

全く利用していない場合は審査にプラスにならないので、増額を視野に入れているなら利用実績を作っておきましょう。

増額審査の内容

楽天銀行カードローンの増額審査について内容を詳しく紹介します。

増額審査で聞かれる質問

増額審査は申込審査とほぼ同じ審査となりますが、特に以下の3点が申込審査と違いがあります。

  • 希望極度額
  • 利用目的
  • 前回審査からの個人情報の変更点

希望極度額(利用限度額)は新規申込でも申請しますが、増額審査でも重要なポイントになります。

既存の利用枠10万円から100万円に増枠されるということはないので、適切な希望極度額で申請することが大切です。

楽天銀行カードローンの利用目的(資金使途)は自由ですが、極度額を増額する根拠は示したほうがいいでしょう。

具体的な利用目的があればそれを伝えてください。

前回審査からの個人情報の変更(住所、連絡先、勤務先など)は必ず伝える必要があります。

特に勤務先の変更は収入状況や在籍確認にも関係するので大切なポイントです。

新規申し込みの審査は返済能力があるかどうかという点が重要なポイントになりますが、すでに利用実績がある増額審査では以上の3点が審査ポイントになります。

増額審査の流れ

また、増額審査の流れは以下のとおりです。

申し込み
書類提出
審査
結果連絡

必要書類の提出は郵送よりもアプリで送付したほうが早いのでおすすめです。 

増額審査時間

楽天銀行カードローンの増額審査は、初回の契約時同様に時間がかかる場合があります。

ただ、ケースバイケースとなりますが、基本的には通常の審査よりも時間がかかると思っておくと安全です。

増枠が必要な場合は余裕を持って申し込むことも大切ですね。

収入証明書の提出が必要な場合

楽天銀行カードローンの増額審査では、以下のように収入証明書類の提出が必要なケースがあります。

  • 他社からの借入金額が増えている場合
  • 増額することで借入限度額50万円以内から50万円超になる場合
  • 転職した場合

楽天銀行カードローンの申込審査では収入証明書の提出が必須なので、上記のケース以外でも提出を求められる可能性があると覚えておいてください。

在籍確認がある場合

前回の審査の時から転職している場合は、楽天銀行から新たな勤務先に在籍確認の電話をします。

転職していなくても、在籍確認はあり得るので注意しましょう。

楽天銀行カードローンの在籍確認は書類提出に代えることはできないので、場合によっては勤務先にも事前に連絡してスムーズに終わらせるといいでしょう。

審査結果によっては減額もあり得る

増額審査の結果によっては、極度額を増やすどころか減らされてしまう可能性があることは、公式サイトにも記載があります。

楽天銀行カードローンの公式サイトには、「取引状況によってはお客様にご連絡することなく契約極度額を下げることがある」と記載されてます。

増額審査だけでなく、返済遅延していたことなどが再確認された場合にも減額はあり得ます。

特に増額審査をすれば、楽天銀行カードローンの利用状況はもちろん、他社利用も確実にチェックされるので、遅延があれば減額や利用停止の対象となるでしょう。

増額審査に落ちてしまう人の傾向と対策

楽天銀行カードローンの増額審査に申し込んだものの、増額してもらえなかった人の傾向と対策を紹介します。

新規契約から半年以内の人

新規契約から半年以内の場合、返済実績がないので増額していいかどうかの判断基準がなく、増枠の申込対象にもなりません。

対策として以下を心がけましょう。

  • 半年以上は遅延することなく返済し続ける
  • 増額案内がくるまで安定した返済実績を作る

具体的な対策は半年以上カードローンを利用してお金を借りて、きちんと支払いを続けるということです。

延滞は短期間の遅れでも増額審査に影響するので十分に気をつけましょう。

収入が不安定な人

契約当時は会社員(正社員)だったが、現在はフリーランスや非正規雇用社員となった場合は、収入が不安定になったと判断される可能性が高くなります。

対策としては収入証明書を用意する(確定申告書等)といった方法があります。

収入証明書類として提出できるのは以下の書類です。

【会社勤めの方(給与所得者)】
源泉徴収票・給与明細書・課税証明書のいずれかの写し
【自営業の方(個人事業主)】
課税証明書・確定申告書のいずれかの写し

ただし新規申し込みや前回の増額申請の時に比べて極端に年収が下がっている場合は、逆効果となります。

増額よりも減額の可能性が高くなるので、年収が下がっている場合は注意しましょう。

他社からの借入額が多い人

前回の審査時より他社利用が増えている場合も、増額審査で却下される可能性があります。

住宅ローンや教育ローンなども含めて、年収に対する返済額の比率が高まっている人も同様です。

対策としては、カードローンなど小さなものは完済して解約しておくという方法があります。

また、使っていない他社のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠は、借入残高がなくても利用枠そのものが残高とみなされます。

これは解約していない限りいつでも使えるローンだからです。

そのため不要なカードローンやクレジットカードは解釈してから増額申請しましょう。

ただし解約したことが個人信用情報機関に反映するには1~2か月かかるので、解約から2ヶ月経過してから申し込むことをおすすめします。

どうしてもすぐにお金を借りたいなら

悩む万年係長のイメージ楽天銀行カードローンに限らずカードローンの増枠審査には時間がかかります。

すでに利用限度額がいっぱいになり利用できない状態で増額審査を受けても、審査を通過する可能性は低いでしょう。

楽天銀行や保証会社は利用限度額を使い切ってからの増額申し込みは、貸し倒れのリスクが高いと判断します。

この場合は、むしろ大手消費者金融系のカードローンに新規申し込みしたほうがいいときもあります。

大手消費者金融会社のカードローンであれば、即日でお金を借りることができ緊急時にも対応できます。

金利は楽天銀行カードローンよりも高くなりますが、少額や短期の利用であれば、無利息サービスがあるカードローンを利用することで利息負担も少なくなるので検討してみましょう。

まとめ

楽天銀行カードローンの契約極度額を増額してもらうためには、審査に通過しなければなりません。

しかし、増額をすることができれば、より多くのお金を借りることができ、あらゆるシーンの資金調達に活躍してくれます。

また、極度額が増えると金利も減ってくるので、返済も楽になってきます。

安定した返済実績をつんでおけば、審査に通過する可能性も高くなります。

その過程で、楽天銀行カードローン側から増額案内が来たときは、増額を申し込んで金利負担を減らし、計画的な返済ができるようにしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加