三菱UFJ銀行バンクイックとみずほ銀行カードローンを比較 借りるならどっち?

更新日:2019/09/30
このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックと、みずほ銀行カードローン。
どちらも大手都市銀行のカードローンだし、全国CMも盛んだし、消費者金融や地銀などと比べると安心して借りられそうって思いますよね。

「でも、いざ借りるとなったらどっちを選べば良いのかわからない…」

そんな方に向けて、今回は両カードローンの強みと弱みをまとめました。
あなたに適したカードローンを一緒に考えていきましょう!

両者の違い早見表

日本を代表するメガバンクが運営していることから、信頼性と安心感は言わずもがなのバンクイックとみずほ銀行カードローン。

そんな両者を比べるにあたって注目すべきは、やはり商品内容です。

まずは、簡単に違いをまとめてみましょう。

両者の違い早見表
  三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
 みずほ銀行カードローン
金利 年1.8%~年14.6% 年2.0%~年14.0%
限度額 10万円~500万円 10万円~800万円
申込条件

・満20歳以上65歳未満である

・国内に在住している

・安定収入がある

・外国籍の方の場合、永住許可を受けている

・保証会社の保証が受けられる

・満20歳以上66歳未満である

・安定した継続収入が見込める

・外国籍の方の場合、永住許可を受けている

・保証会社の保証が受けられる

必要書類 本人確認書類
収入証明書(限度額50万円超の場合)
本人確認書類
収入証明書(限度額50万円超の場合)
資金使途 自由
※事業性資金を除く
自由
即日融資  × ×
土日の審査 ×
提携ATM利用手数料 無料 有料
返済日 次のどちらか
・毎月指定日
・35日ごと
毎月10日固定
口座開設 不要 必要
担保・保証人 不要 不要
保証会社 アコム株式会社 株式会社オリエントコーポレーション

※2019年2月13日時点

金利と限度額の多さの面で勝るのはみずほ銀行カードローン。

しかし、審査の対応時間の長さや、提携ATM利用手数料、返済日の自由度といったサービス面ではバンクイックのほうが優れています。

金利で選ぶか、サービスで選ぶか。
この点が借入先を決める上でかなり重要になってきます。

低金利で選ぶなら「みずほ」

両者を利息で比べると、圧倒的に低金利なのはみずほ銀行カードローンです。

バンクイック 年1.8%~年14.6%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~年14.0%

下限金利に着目すると、バンクイックも負けてはいません。
しかし、カードローンでは上限金利かそれに近い金利が適用されるケースが多いため、上限金利が年14.6%のバンクイックよりも、上限金利が年14.0%のみずほ銀行カードローンを選ぶほうが、低金利で借りられる可能性が高いのです。

金利が年0.6%違えば、おおむね次のとおり利息額に差が生まれます。

3万円を30日で完済する時 → 15円
10万円を6か月で完済する時 → 178円
30万円を1年で完済する時 → 1,017円
50万円を2年で完済する時 → 3,408円
100万円を3年で完済する時 → 1万518円

利息負担を抑えたいなら、上限金利の低いみずほ銀行カードローンの利用が安心です。

サービスで選ぶなら「バンクイック」

金利面で勝るみずほ銀行カードローンに対して、融資スピードや借り入れ、返済の利便性などで圧倒的に勝るのはバンクイックです。

バンクイックがサービス面でみずほ銀行カードローンに勝る点は、以下の6点。
金利よりも利便性を重視する方は、バンクイックを選びましょう。

バンクイックが勝る6つの点

  1. 口座開設の必要がない
  2. 融資スピードが早い
  3. 自動契約機でカード発行できる
  4. 提携ATM利用手数料がかからない
  5. 返済日が自由に決められる

(1)口座開設の必要がない

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行に普通預金口座をお持ちの方しか利用できません。
そのため、他行ユーザーが借り入れるにあたっては、カードローンを利用する前に口座開設をしなければなりません。

カードローンを借りるためだめに通帳やキャッシュカードが増えるのは面倒ですよね。

その点、バンクイックなら口座開設なしで利用できるので、他行ユーザーも気軽に申し込めます。

(2)融資スピードが早い

みずほ銀行カードローンの審査は、平日しか対応できません。
土日祝日は審査がお休みとなるので、申し込みが週末と重なるとスムーズに融資が受けられません。

一方のバンクイックでは、平日はもちろん、土日祝日でも審査を進めてくれます。

審査回答には少なくとも2営業日はかかるので即日融資はできませんが、銀行カードローンにしては融資までの所要時間がかなりスピーディーです。

  審査回答時間 融資スピード
バンクイック 平日9:00 – 21:00
土日祝9:00 – 17:00
最短2営業日
みずほ銀行カードローン 平日のみ 最短2営業日

(3)自動契約機でカード発行できる

みずほ銀行カードローンのカードの受取方法は、郵送のみです。
契約完了からカードの到着には1~2週間ほどかかるので、すぐにカードを作ることはできません。
※すでにみずほ銀行にキャッシュカードをお持ちの方は、既存のキャッシュカードにカードローン機能を付加させることで、契約後すぐにカードでの借り入れが可能となります。

対して、バンクイックなら、土日祝日も営業中のテレビ窓口(自動契約機)でいつでもカード発行ができます。

店頭窓口と違って、テレビ窓口なら、カード発行の瞬間を他人に見られる心配はありません。
周囲に内緒で借りたい方も、安心して利用できます。

(4)提携ATM利用手数料がかからない

バンクイックはすべての提携ATM利用手数料が終日無料で使えます。
利用可能な提携ATMの種類は、次の4機種。

バンクイックの提携ATM
三菱UFJ銀行ATM
セブン銀行ATMM
ローソンATM
イーネットATM

いずれも借り入れ、返済ともに手数料は一切かかりません。

しかし、みずほ銀行カードローンでは提携ATM利用時に「提携ATM利用手数料」および「時間外手数料」が発生します。
キャッシングにかかる手数料をお得にしたいなら、断然バンクイックが便利です。

みずほ銀行カードローンの提携ATM
みずほ銀行ATM
イオン銀行ATM
平日8時45分~18時のみ0円
ほか時間外手数料が発生
セブン銀行ATM
ローソンATM
イーネットATM
ゆうちょ銀行ATM
平日8時45分~18時:110円
平日18時~翌8時45分:220円
土日祝日の終日:220円

(5)返済日が自由に決められる

みずほ銀行カードローンの返済日は、毎月10日と決められています。
それに対して、バンクイックの返済日は「毎月指定日」か「35日ごと」のどちらか。
あなたの給料日にあわせて返済日が変えられるので、預金不足で返済遅れをするリスクが減らせます。

このように、金利面以外では、バンクイックはみずほ銀行カードローンに勝る点ばかり。
金利に拘りがない方は、バンクイックの利用がおすすめです。

審査基準と通過率の違い

バンクイックとみずほ銀行カードローンは、年齢制限を満たし、安定収入があれば、誰でも申し込める商品です。

申込条件を「年収300万円以上の方」「勤続年数2年以上の方」などと厳しく制限する一部の銀行カードローンとは違って、年収や職歴、職業、雇用形態などに関わらず申し込みOK。

審査基準や通過率の面では、両者とも特別厳しいということはありません。

ただし、銀行カードローンの利用限度額の上限は、一般的に年収の1/3程度が目安とされています。

パート・アルバイト・派遣社員・契約社員・個人事業主として働く方、年収300万円未満の方、就職後間もない方なども審査通過は十分期待できますが、借りられる額には上限があることを理解しておきましょう。

銀行カードローン利用者の借入総額の年収比率

画像は全国の銀行カードローン利用者における借入総額の年収比率。利用者の約65%が、年収の1/3以下の限度額でカードローンを利用していることがわかる。

また、他社借入が2件以上ある方や、信用情報に事故情報がある方は、審査落ちの可能性が高いです。
信用情報に自信がない方は、申し込み前に下記の記事をご参考ください。

みずほ銀行カードローンなら「WEB完結」が可能

みずほ銀行カードローンでは、すでにみずほ銀行に普通預金口座をお持ちの方に限り、お手元のキャッシュカードにカードローン機能を付帯させることで、来店なし・カード発行なしの「WEB完結」で借り入れできます。

契約時には一度だけ「契約内容確認書」が自宅郵送されますが、それを除けば郵送物も一切ありません。

考える学生
近くに店舗がない。
困る係長
対面手続きは緊張するから嫌…
焦る若手社員
窓口に行く暇がない!

こんな方は、ぜひWEB完結を活用してみてくださいね。

まとめ

今回は、2大都市銀行のカードローンであるバンクイックとみずほ銀行カードローンを比較しました。

申込条件や審査難易度、必要書類については両者ともほぼ同じですが、金利やサービス面では大きな違いがありましたよね。
バンクイックかみずほ銀行カードローンで借入先を迷った時は、

・低金利で借りたいならみずほ銀行カードローン
・スピードや借入返済の利便性など、サービス面を重視するならバンクイック
をヒントにして、借入先を考えてみましょう。
カードローンは一時的な金欠や急な出費に最適のローンです。
必要になった時は、返済プランをきちんと立てて、計画的にキャッシングしてくださいね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加