オリックス銀行カードローンは、提携ATMの手数料が0円!セブンイレブンやローソンのATMは使える?

更新日:2019/01/10
このエントリーをはてなブックマークに追加

オリックス銀行カードローンは、オリックスの傘下であるオリックス銀行が提供するカードローンです。オリックス銀行は店舗を持たない銀行のため、カードローンの借り入れや返済は提携ATMから行うことができます。

今回は、オリックス銀行カードローンを提携ATMで利用する場合の特徴や、ATM手数料や、便利な利用の仕方などについて詳しく解説していきます。

提携ATMの営業時間と手数料は無料どうなっているの?

オリックス銀行カードローンの借入や返済方法の一つに、提携ATMからローンカードを使用する方法があります。オリックス銀行は自社ATMを持たないため、提携する事業者のATM利用しています。

利用できる提携ATMの台数は、日本全国で99,000台以上。提携ATMの中にはすべてのコンビニATMが含まれていますので、自社ATMが無くても日本全国ほとんどの場所でオリックス銀行カードローンを利用することができるというわけです。

提携ATMは借り入れ返済ともにATM利用手数料が終日0円で利用可能。

まずは利用可能なATMと各ATMの利用時間などについて、詳しく解説していきます。

利用可能な提携ATM

コンビニATM
セブン銀行ATM
イーネットATM
ローソン銀行ATM
イオン銀行ATM
銀行ATM
三菱UFJ銀行ATM
三井住友銀行ATM
西日本シティ銀行ATM
ゆうちょ銀行ATM

これら提携ATMの利用可能な時間は以下のとおりです。

提携するコンビニATMの営業時間
  借入 返済 営業時間
セブン銀行 0:00~3:00、4:10~23:50
※イオン銀行は毎月第2月曜日 1:30~7:00はシステムメンテナンス
※※取扱時間でも提携先ATMの場所や都合によっては利用できない
イーネット
ローソン銀行
イオン銀行
提携する銀行ATMの営業時間
  借入 返済 営業時間
三菱UFJ銀行 0:15~3:00、4:10~23:50
※毎月第2土曜日 21:00~7:00はシステムメンテナンス
※※取扱時間でも提携先ATMの場所や都合によっては利用できない
三井住友銀行 ・月曜 7:00~23:45
・火曜~土曜 0:15~3:00、4:10~23:45
・日曜 0:15~3:00、4:10~21:00
※取扱時間でも提携先ATMの場所や都合によっては利用できない
西日本シティ銀行 借入
・平日 7:00~23:00
・土日、祝日 8:00~21:00
返済
・平日 7:00~19:00
・土日、祝日 8:00~19:00
※取扱時間でも提携先ATMの場所や都合によっては利用できない
ゆうちょ銀行 0:15~3:00、4:10~23:40
※毎月第3月曜日は7:00から取扱開始
※※取扱時間でも提携先ATMの場所や都合によっては利用できない

コンビニATMはどれも営業時間が同じですが、銀行ATMは取扱可能な時間に多少違いがあります。
なお、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行ATMの一部ATMでは、硬貨が利用できるものがあり1円単位の返済まで可能になります。

振込融資による借入方法と提携ATMの使い方

オリックス銀行カードローンは提携ATM以外にも借入や返済をすることができます。

ここでは他にはどういったやり方があるのかを詳しく見ていきます。

オリックス銀行カードローンの借り入れについて

オリックス銀行カードローンの借入方法は2種類あります。

・振込融資
・提携ATMからの引き出し

それぞれの使い方について詳しくみていきます。

振込融資

オリックス銀行カードローンの借り入れ方法の一つに振込融資があります。

振込融資の依頼方法は2種類用意されています。

スマホやPCからの振込融資
・利用者専用サイト「メンバーズナビ」から依頼。
電話による振込融資
・カードデスク(0120-890-699 受付時間 営業日の9:00~18:00)に電話をかけて依頼。

どちらも限度額内であれば、手数料無料で繰り返し利用することができます。

電話による依頼方法はカードデスクに連絡すればいいのでイメージしやすいですが、一方でスマホやPCからはどのように依頼するのでしょうか。

手順を順追って確認します。

メンバーズナビからの融資依頼手順

  • メンバーズナビにログイン
  • 「振込融資」をタップ
  • 「お借入希望額」を入力し「お振込口座」を選択
  • 「入力内容確認」をタップ
  • 「振込融資を申込む」をタップ
  • 指定口座へ入金が完了

文字で見ると複雑そうな印象があるかもしれませんが操作はとても簡単。振込依頼できる時間が限られている電話と違い基本的には24時間365日、いつでも依頼できるので非常に便利です。

振込融資の受付時間と振込時間

ただし依頼できるからといって、即時入金というわけにはいきません。

利用する銀行によって振込を実施する時間に違いがあり、これにはジャパンネット銀行とそれ以外の銀行にわかれます。

ジャパンネット銀行

  受付時間 振込時間
平日、土日祝日 0:10~23:50 即時実施

その他の銀行

  受付時間 振込時間
平日 0:10~8:40 即日 9:00~10:00
8:40~15:00 即日
15:00~23:50 翌営業日 9:00~10:00
土日祝日 0:10~23:50 翌営業日 9:00~10:00

ジャパンネット銀行は原則24時間365日の即時入金に対応し、それ以外の銀行は営業時間中であれば即日での入金が可能となっています。
なお、この振込融資を利用するには事前に口座を登録する必要があります。

ひとことポイントのイメージ

事前登録をする口座は「登録口座」と「振込専用口座」に分けられます。
登録口座……振込融資や口座振替時の自動引き落とし口座。
振込専用口座……振込融資を受けるための口座で登録は任意。
登録口座さえあれば振込融資を受けるのは可能ですが、分けたほうが都合がいいというかたは、振込専用口座の登録もおこなってください。

振込融資利用の注意点

振込融資を利用するには以下のような注意点があります。

・事前に口座登録をしている
・利用者と振込口座の名義が一致する
・入金が遅れている場合など利用状況によっては申込が実施されない

どの内容も基本的なものではありますが、注意するようしてください。

オリックス銀行カードローンの返済方法は3種類ある

オリックス銀行カードローンの返済は、毎月の指定日に借入残高に応じた返済をしていく約定返済と、毎月の返済日以外でも追加で返済できる随時返済があります。

約定返済

まずは毎月決まった金額を返済する約定返済の方法について見てみます。

約定返済で利用できる方法は以下の3種類があります。

・口座引落
・提携ATMからの返済
・指定口座への振込返済

口座引落は振込融資などにも利用する口座から、毎月10日または末日に約定金額を自動引落で返済していきます。
ただし以下の銀行からは口座引落が実施できません。

・ゆうちょ銀行
・商工中金
・農林中央金庫
・オリックス銀行
・セブン銀行、楽天銀行などのネット銀行
・外資系銀行
・SMBC信託銀行

なお約定返済では1つ注意点があります。

それは約定返済日の14日前の午前3:00時を基準に、それ以前にATMや振込から返済をしても約定返済扱いにはならないということ。その場合は再度、請求金額以上の返済をする必要があるので注意ください。

オリックス銀行カードローンの約定返済の返済方式は、融資残高に応じた返済額を毎月返済していく残高スライドリボルビング方式になります。

残高スライドリボルビング方式による借入残高ごとの毎月の返済額は以下のとおりです。

借入残高 毎月の返済額
30万円以下 7,000円
30万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 20,000円
100万円超~150万円以下 30,000円
150万円超~200万円以下 35,000円
200万円超~250万円以下 40,000円
250万円超~300万円以下 45,000円
300万円超~400万円以下 50,000円
400万円超~500万円以下 60,000円
500万円超~600万円以下 70,000円
600万円超 80,000円
随時返済

簡単に言うと決められた金額を決まった日に返済することを約定返済と言うのに対し、随時返済はそれ以外におこなう返済のことを指します。

オリックス銀行カードローンでは、約定返済と同じく3種類の方法を利用することができます。

提携ATMや指定口座への振込による返済はわかりやすいですが、口座引落を利用する場合は少々手順が異なります。

口座引落による随時返済は、メンバー専用サイト「メンバーズナビ」から一括または増額の返済申込をすることで随時返済をすることが可能。

操作が面倒そうに感じるかもしれませんが、最寄りのATMに足を運ぶよりもずっと楽な方法ではないでしょうか。

返済は自動引落と随時返済の合わせ技が便利

オリックス銀行カードローンの約定返済は提携ATMからでも可能ですが、自分で提携ATMまで行って返済手続きをしなければなりません。そのため、うっかり忘れてしまって期日を過ぎてしまうこともあるかもしれません。

このようなことを防ぐためにも、約定返済は口座引落をおすすめします。口座引落には事前に登録口座の登録が必要ですが、一部の金融機関の口座では口座引落ができませんので注意が必要です。

また、毎月の約定返済だけではなかなか借入残高が減っていきませんので、約定返済時に口座引落で最低金額を返済していくと同時に、余裕のある時は提携ATMなどから随時返済していくことをおすすめします。

まとめ

オリックス銀行カードローンは、提携ATMでお得に利用できるカードローンです。

利用できる提携ATMは銀行やコンビニなどに設置されている99,000台と、これは銀行カードローンのなかでもトップクラスの数値。

これだけの台数が利用できるのであれば、契約したあとも安心して利用することができることと思います。

カードローンの申込を考えているなら、こうした利便性にも目を向けて契約してみるのがいいのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事