カードローンの審査で嘘をついてもバレてしまう!その理由とは

更新日:2018/12/03
このエントリーをはてなブックマークに追加

「カードローンの審査にどうしても通りたい!」、そう意気込んでみても誰でも通過するというものではありません。だからといって嘘の申告をする人がいますが、絶対にしてはいけません。

「少しくらいならバレないでしょ?」と甘く考えているかもしれませんが、100%バレてしまいます。

嘘の申告がバレた場合は、当然ながら審査には通りません。また、審査に通った後に嘘がバレた場合は、強制解約や一括返済は当たり前で、金融業者が訴えれば最悪逮捕されることになる可能性もあるのです。

どうしてバレてしまうのか?その理由とメカニズムについて紹介し、あわせて申込時に気をつけたいポイントを解説します。

カードローンでの嘘がバレる理由

カードローンの申し込み時に、自分に有利になるように虚偽の申告をしたら、どうしてバレてしまうのでしょうか?その理由は、金融業者の審査にあります。
金融業者は、カードローンの申し込み者が返済能力があるかについて、いろいろなことを調べなければなりません。その審査の中で、嘘がバレるのです。

個人信用情報機関への照会

金融業者はカードローンの申し込みがあった場合は、審査のためにかならず個人信用情報機関に照会をします。個人信用情報機関とは、加盟している金融機関からの提供により、個人の借入状況や返済状況や延滞状況などを管理しているところです。
金融業者が照会をすれば、申し込み者の信用情報がわかりますので、嘘の申告をしてもバレてしまうメカニズムになっているのです。

三つの個人信用情報機関

日本には、個人信用情報機関が三つあります。それぞれ加盟している金融機関の業界に特徴がありますが、金融事故情報(金融ブラック)などは相互に利用できるようになっています。

JICC(株式会社日本信用情報機構):消費者金融と信販会社が主な会員。
CIC(CREDIT INFORMATION CENTER):信販会社とクレジットカード会社が主な会員。
JBA(全国銀行個人信用情報センター):銀行と銀行系のカード会社が主な会員。
在籍確認

カードローンの審査の一つとして、勤務先に電話をかける在籍確認があります。嘘の会社を申告してもこの在籍確認でバレてしまいます。

在籍確認は、金融業者も個人名で電話をして、会社の人にカードローンの申込みだとわからないようにします。また、申込者が不在だったとしても、会社に勤務していることがわかれば在籍確認とする金融業者がほとんどです。そのため、勤務先にバレるのが嫌でも、嘘の申告はまったくする必要はありません。
在籍確認を問題なく通過させるために、アリバイ会社を利用する人がいます。アリバイ会社とは、嘘の社会的地位などを提供している会社で、在籍確認時の電話対応などもしています。

しかし、アリバイ会社の利用により金融機関からカードローンなどの借り入れをすることは、犯罪になりますので絶対利用してはいけません。

カードローン申込みでしてしまいがちな嘘

カードローンの審査に通るために、してしまいがちな嘘にはどんなものがあるのでしょうか?ここでは、嘘の種類となぜバレるのかについて詳しく解説していきます。

年収を多く申告する

嘘をつく理由
・年収が少ないと当然にカードローンの審査に通りにくいため
・貸金業法の総量規制の対象にならないため
バレる理由
・50万円以上の借り入れや、他社借入と合算して100万円以上の借り入れなどは、収入証明書類の提出が必要なため

虚偽の名前や年齢を申告する

嘘をつく理由
・本当の名前で借り入れがたくさんあるため
・複数の金融機関から借り入れているため
・貸金業法の総量規制の対象のため

バレる理由

・カードローンの申し込みには、必ず運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要なため

虚偽の勤務先を申告する

嘘をつく理由
・本当の会社にカードローンの申し込みがバレないため

・無職で働いていないため
・知られては困る仕事をしているため

バレる理由

・カードローンの審査の一つである在籍確認で申告会社に電話をするため

他社借入額や借入件数で嘘の申告をする

嘘をつく理由

・借入金額や借入件数が多いと審査に不利になるため
バレる理由
・借入状況は、個人信用情報機関の信用情報照会によってわかるため

このように審査に関わるような嘘は、必ずバレるようになっています。そのため、絶対に嘘の申告はしてはいけないのです。
また、うっかり間違えただけだったとしても、それを虚偽の報告と判断するのは審査担当者からすると至難のわざ。疑問に思って聞き返してもらえたらいいですが、悪意ある嘘として捉えられる可能性もあるため、書類の記入ミスにも十分な注意を払いましょう。

嘘をついてしまったときのデメリットとは?

それでは、嘘の申告がバレてしまったらどうなってしまうのでしょうか?審査の途中でバレた場合のデメリットと、契約後にバレた場合のデメリットについて解説していきます。

審査中に嘘がバレた

審査が打ち切りになる
個人信用情報機関で情報が共有される
申込みした会社に嘘の申告をしたデータが残る

カードローンの契約後に嘘がバレた

カードローンの強制解約個人信用情報機関の事故情報が載る
カードローン借入残高の一括請求
悪質だと訴えられる可能性もある

このように、嘘の申告がバレた場合は、審査に落ちることよりずっと重い影響があります。悪意のあるなしに関わらず「嘘は厳禁」ということを肝に命じておくようにしてください。

嘘をつかなくても大丈夫!申込みのポイントを紹介

カードローンの申し込み時に嘘をつくことには、何の意味もありません。消費者金融系カードローンであれば、だいたい40%以上の確率で審査通過しています。申込み前に以下のポイントをチェックしましょう!

カードローンの申し込みのポイント
・安定して継続した収入があり、返済能力があるか?
・年齢は利用条件の範囲内か?
・個人信用情報に事故情報が残っていないか?

上記の項目を満たしていれば、審査を通過する可能性は高いと思われます。
また、すべて嘘をついても簡単にバレてしまう項目のため、嘘の申告は絶対に止めてください。

審査の基準を満たしているか心配ならば、カードローン業者によっては簡易審査を行っているところもあります。だいたいの目安ではありますが、受けてみるのも良いのではないでしょうか?

大手消費者金融の審査通過率

カードローンの審査に通過するか心配な方は、審査通過率を見て検討するのも良いかもしれません。
ここで大手消費者金融のアコム、プロミス、アイフルが公表している過去3年度の審査通過率を確認してみましょう。

  アコム プロミス アイフル
2017年度通過率 44.8% 45.5% 45.6%
2016年度通過率 46.8% 42.9% 45.3%
2015年度通過率 47.9% 43.5% 46.5%

3社とも審査通過率は40%半ばであまり差異はないですが、比較的アコムが審査に通りやすいということが数字にあらわれているので、申込み先に困ったらアコムを選択してはいかがでしょうか。

まとめ

嘘の申告はほぼ100%バレてしまいますし、また、バレた時のデメリットは計り知れないくらい大きいものです。

軽い気持ちや少しでも評価を良くしたいという気持ちはわかります。

しかし、それは大きな間違いで反対に評価を一方的に落とし込んでしまうため、嘘をつく意図があってもなくても小さな嘘をつかず、また申込用紙の記入ミスにもしっかりと気をつけてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加