24時間キャッシングできるカードローンとは?土日でも即日融資できる?

更新日:2018/11/07
このエントリーをはてなブックマークに追加

給料日までに少しお金が足りない、結婚式のご祝儀を出すお金がないなど、現金が必要となる場面は数多くあります。

そんな時に助かるのが「カードローン」です。カードローンは一度審査に通れば限度額の範囲内で借りたり返したりの反復利用が可能なため、少し現金が足りないというときにコンビニATMですぐに現金を手に入れることができます。

しかし、昼間仕事をしている人は、夜間や土日にしか利用できないという人も多いでしょう。カードローンは24時間いつでも申込みできるのか、キャッシング可能なのかを徹底解説します。

24時間申込み可能なカードローンとは?

カードローンを利用したくても、昼間は仕事をしていて夜や週末にしか手続きができないという人も少なくありません。
カードローンの申込み方法は色々ありますが、24時間申込みできる方法はあるのでしょうか?

WEB申し込みなら24時間申込みできる

新人OLのイメージカードローンは、色々な申込み方法で契約手続きをすることができます。店頭だけでなく、自動契約機や電話、WEB、FAXや郵送、中にはスマホアプリなどが利用できる金融機関もあります。

この中で24時間いつでも、場所を選ばずに申し込めるのがWEB申込みです。
パソコンやスマホがあれば自宅や外出先どこからでも、自分が好きな時間に申込み可能。

24時間受付をしている中には、申込みから契約、借入や返済までネットでできる「WEB完結」に対応する金融機関もあります。
インターネット申し込みですべての手続きが終わるため、店舗に行く時間が取りにくい人に特におすすめな申し込み方法です。

審査は24時間行っていない

カードローンの申込みはWEB申込みなら24時間いつでもできる金融業者も多いですが、いずれも申込みができるだけであって審査は24時間行われていません

そのため、新規契約時の審査は決められた時間内しかできないことになります。

即日キャッシングをするには、金融機関の審査可能時間前には、契約を終わらせている必要があるのです。

では、確実に即日融資を受けられる時間は何時くらいまでなのでしょうか?

24時間キャッシングできる金融機関はどこ?

24時間キャッシングをすることができれば、困った時に時間を問わずいつでも現金を手にすることができます。

それでは24時間キャッシングに対応する事業者はどれくらいいるのかを確認してみます。

新規契約が終わっていれば24時間キャッシング可能

キャッシングができる金融機関といえば銀行や消費者金融ですが、どちらも新規契約さえ済んでいれば、24時間借りられるところが多いです。

24時間キャッシング可能な金融機関を紹介します。

金融機関 借入可能時間 借入可能場所
プロミス 24時間365日※ コンビニATM
スマホATM取引(セブン銀行ATM)
銀行振込(対応する銀行)
プロミスコール
アコム 24時間365日※ コンビニATM
銀行振込(楽天銀行口座のみ)
電話申込
レイクALSA
(レイクアルサ)
24時間365日※ コンビニATM
スマホATM取引(セブン銀行ATM)
電話申込
SMBCモビット 24時間365日※ コンビニATM
スマホATM取引
銀行振込(対応する銀行)
電話申込
アイフル 24時間365日※ コンビニATM
スマホATM取引
電話申込

※年末年始、GWなどの大型連休、メンテナンス時間を除く

全国銀行協会は、2018年10月9日より異なる銀行間の振込みを24時間365日実行できる新たな決済システムを開始。三菱UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンクをはじめ、地方銀行や信用金庫など多数の銀行が参加しています。

このシステムに参加する銀行の口座への24時間365日即日振込サービスを開始したのが、レイクアルサとSMBCモビット。さらにすでに「瞬フリ」サービスで「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」への24時間即時振込サービスをしていたプロミスは対象拡大しました

現在のところ、全銀システムに参加する銀行への24時間365日振込に対応するのは、プロミス、レイクアルサ、SMBCモビットの3社だけですが、今後、対応する消費者金融は増加するかもしれません。

新規契約時に即日融資を受ける方法とは?

新規契約さえ終わっていれば、24時間いつでもキャッシングできる金融機関は多いです。

そのため、少しでも早く新規契約を終わらせたいところでしょう。

新規で申込んだその日にキャッシング可能な金融機関と、即日融資可能な条件について確認していきましょう。

銀行カードローンは即日融資できない

銀行カードローンは消費者金融に比べるとかなり低金利で借りられるため、高額の借入時にはおすすめです

ただし、銀行カードローンは即日融資に対応していません。

というのも、銀行カードローンの過剰融資が問題となり、2018年からは審査で警視庁のデータベースに照会をかける作業が増え、審査に時間がかかるようになりました。

そのため銀行カードローンは即日融資を受けることができません

消費者金融なら即日融資可能

銀行カードローンは即日融資に対応していませんが、大手消費者金融各社は即日融資に対応しています。

しかし、消費者金融会社で即日融資を受けるためには条件があります。

まずは即日融資可能な申込み時間の目安を確認してみましょう。

金融機関 即日融資可能な申込時間の目安
プロミス 9時~20時(土日祝日含む)
アコム 9時~20時(土日祝日含む)
レイクALSA
(レイクアルサ)
9時~20時(月曜~土曜、祝日)
9時~18時(日曜日)
SMBCモビット 9時~20時(土日祝日含む)
アイフル 9時~20時(土日祝日含む)

大手消費者金融各社では、比較的遅い時間まで即日融資に対応していることが分かります。

オペレーターのイメージしかし、土日祝日は申込みが集中し上記の時間では即日融資ができない可能性もあるため、なるべく早めに申込を完了しておくことをおすすめします

また、即日融資を希望する場合はネットや電話申し込みのあとに消費者金融のローン契約機に出向いてカード発行をするという方法が、比較的誰でも利用できる即日融資の方法です。

営業時間中に自動契約機にいけない人や、カードレスで契約したいという人には、WEB完結に対応し、24時間の振込キャッシング可能なカードローンがおすすめです。

ただし、振込キャッシングは銀行の時間外や休日に利用する場合には、24時間365日の振込サービス対応している銀行口座を持っている必要があります。
利用したいカードローンがサービスに対応しているかどうかは、利用したい金融機関のHPなどから確認ください。

土日祝日も24時間借りられる?

平日は忙しく夜遅くまで仕事をしているので、可能ならば土日祝日に借りたいという人も多いのではないでしょうか。

土日祝日はどの金融機関が24時間借りられ即日で融資してくれるのかを見ていきます。

土日祝日でも24時間振込キャッシングできる?

銀行や消費者金融では、すべてではありませんが土日祝日も24時間キャッシング可能な金融機関はあります。
どの金融機関も所定の時間までに契約を完了させる必要がありますが、365日いつでもローンカードや銀行振込を利用可能。

銀行振込サービスで代表的なのがプロミスの「瞬フリ」です。
このサービスはWeb会員ページから申込をすると、最短10秒で即座に指定の口座に振込されます。

対応する金融機関はこれまで2銀行だけでしたが、2018年10月15日から全銀システムに参加する504銀行が瞬フリサービスの対象になり、これまで以上に使いやすくなりました。
※全銀システムに参加する銀行数は2018年10月時点のものです

土日祝日に即日融資してもらう方法

土日祝日にキャッシングできるところは多いですが、では土日祝日に即日融資の受付をしてもらえるところはあるのか気になる人もいるでしょう。

土日に即日融資を受けたいなら、消費者金融がおすすめです。

消費者金融では土日でも審査を行っているため、土日にしか契約ができない人でも利用することができます。

ただし、土日は店舗が休みのため、インターネットや電話で申込んだあとに自動契約機で契約を終わらせてカードを受け取るという方法が誰でも利用しやすい方法となります。

大手消費者金融で土日に即日融資を受ける条件は下記のとおりです。

金融機関 土日祝日の申込完了時間の目安
プロミス 20時頃まで
アコム 20時頃まで  
レイクALSA
(レイクアルサ)
20時頃まで(月曜~土曜、祝日)
17時頃まで(日曜)
SMBCモビット 17時頃まで
アイフル 20時頃まで

土日の振込キャッシングに対応しているプロミス、レイクアルサ、SMBCモビット、アコムなら、自動契約機で契約せずに自宅で手続きを済ませることができます。

プロミス、レイクアルサ、SMBCモビットは複数銀行での即日振込みに対応し、アコムは楽天銀行に口座を持っている人に限り、24時間365日振込キャッシング可能です。

しかし、土日の即日融資はその日の込み具合によってかわってきます。

大手消費者金融では、土日祝日に申し込みが集中することが予想されるため、できれば夕方までに申し込みを済ませておくことのが望ましいでしょう
審査結果の回答可能時間は遅くまでしているといっても、早くに終わらせることに越したことはありません。

土日祝日でも在籍確認はあるの?

土日に借りたいという人の中は「土日でも在籍確認するの?土日は会社に誰もいないけど……」という人もいるのではないでしょうか。

消費者金融では特別な事情がある人でなれば基本的に在籍確認を行っています。

しかし、土日では在籍確認が取れないということを事前に説明をしておけば、在籍確認だけ平日に行ってもらえたり、書類提出での在籍確認に変更してもらえたりすることもあるようです。

電話による確認について相談したいことがある場合、申込み完了したらすぐにオペレーターに連絡をし、要望を伝えてみてください。

24時間キャッシングできる借り入れ方法とは?

ここまで、24時間キャッシングする方法や即日融資を受ける方法について確認してきました。

それでは、新規契約が終わったあと24時間キャッシングするにはどのような借り入れ方法を選択できるのか、その借入方法が向いている人はどのような人なのかまとめてみました。

順番に確認していきましょう。

コンビニ 提携ATM

最も一般的な方法がコンビニATMを利用ではないでしょうか。

銀行カードローンでも消費者金融でも、コンビニATMでキャッシングできるというところは多いため、誰でも一番気軽に利用しやすい方法といえます。

この方法が向いているのは、近くに銀行や消費者金融の店舗がなく自社ATMを利用できないけれど、コンビニならあるという人です。

コンビニは24時間あいているところがほとんどなので、夜間でも利用できるなど利便性が高いのも特徴といってしまっていいでしょう。

ただし、コンビニATMを利用すると手数料がかかってしまうこともあるので、消費者金融を選択するときにコンビニATM利用無料としている事業者にするのがおすすめです。

振込キャッシング

振込キャッシングは利用したい金融講座が対応していないと使えないので、すべての人が恩恵を受けれるわけではありません。

その代わり、提携先金融機関など対応する銀行口座を所有している場合は、自宅にいながら即座に指定の銀行口座に振込してもらえるため、特に忙しい人利用者向きのサービスと言えます。

一度、ご自身が使っている口座が24時間365日の即日キャッシングに対応しているかどうか確認してみてはいかがでしょうか。

スマホATM取引

スマホATMのイメージ

プロミス、レイクアルサ、SMBCモビット、アイフルでは、専用アプリとセブン銀行ATMを使って、ローンカードなしのカードレスな24時間キャッシングを利用することができます。

新規契約時にもWEB完結申し込みをしておけば、カード受取がないので無人契約機に行く必要もなく、自宅に契約書類の郵送などもありません。

プロミスやモビットを利用中の人でセブン銀行ATMが近くにあるという人向きのャッシングの利用方法だと言えます。

24時間コンビニATMが使えない?キャッシングできない理由とは?

夜間などにコンビニATMへ行くと、なぜか利用できないことがあります。

急ぎで利用したいのに利用できなくなった理由とはなにか、確認していきましょう。

コンビニATMがメンテナンス中だった

24時間利用できるコンビニATMだとしても、夜中に定期的にメンテナンス時間に入っている場合もあります。

いつでも利用できるといっても、深夜の時間帯にはメンテナンスが入ることもあることを覚えておきましょう。

ローンカードの磁気不良

長く使用しているローンカードの場合、たまに磁気不良になってATMに通らないことがあります。そのような場合には金融機関にカードの再発行をお願いするか、ローンカードなしでも利用できる方法で代用するか考える必要があるでしょう。

この場合には、スマホATM取引が便利です。
利用できる消費者金融が限られるかもしれませんが、これから新規で契約する場合には、ちゃんと対応しているかを確認しておくことが大切。

なお、現在スマホATM取引を利用していなくても、対象のカードローン会社を使っている場合は、アプリをインストールすることで利用できます。

限度額がオーバーしている

カードローンでは新規契約時の借入審査で利用限度額を設定します。

借り入れしたり返済したりを繰り返していると、気付かない間に利用可能枠に達していることがあります。

その場合はATMを利用しようとしても借り入れすることはできません。

新規契約時の契約内容はどのようなものか、また利用枠はどの程度余裕が残っているのかを常に把握しておくことが大切です。

途上与信に引っかかった

金融機関では、カードローン審査に通過したあとでも、「途上与信」といって定期的に信用情報などをチェックして返済能力を調査しています。

もし、他社借入の返済を延滞し続けている人や、金融事故を起こしていることがばれた場合は他社での借入であっても突然カードローンの「利用停止」になる可能性が高いです。

カードローンは契約したら終わりではなく、このように途中でも調べられているということを覚えておきましょう。

まとめ

契約が完了していれば様々な金融機関で24時間キャッシングを利用することができます。

消費者金融であれば土日祝日に新規契約を結んだとしても、即日融資も可能です。
ただし、即日融資を受けるには申し込み時間などの条件があるため、早い時間に手続きを終えることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加