10秒で簡易審査結果表示

モビット

更新日:2017/10/16
このエントリーをはてなブックマークに追加
口コミ評価数
/5.00

三井住友銀行グループのモビットは、大手消費者金融の一つとしてキャッシング利用者からも高い支持を得ています。

その代表的な理由の一つが、パソコン・スマートフォンからのWEB完結申込が可能なこと。
モビットのWEB完結申込なら契約時に気になる電話連絡や郵便物なしでカードローン契約することができます。

さらに年率3.0%~の低金利と800万円までのゆとりの限度額で大口融資もサポートできる消費者金融です。

モビットの基本情報
実質年率 3.0%~18.0% 限度額 800万円 審査時間 最短即日

WEB完結申込なら電話連絡ナシ!郵送ナシ!

モビットのWEB完結ならパソコン・スマートフォンから申し込みから借入まで全てを契約手続きをWEB上で完結できます。

WEB完結は誰にもバレることなくカードローン契約ができるプライバシーが守られた契約方法。
モビットWEB完結なら来店なし、電話連絡なし、自宅への郵送物なしで契約できるので、職場や家族への借金バレが怖いからという理由でカードローンの申し込みを躊躇している方でも安心して申込できます。

WEB完結サービスはモビットだけでなくプロミスやみずほ銀行カードローンでも利用できますが、このうち職場への電話連絡もなしにできるのはモビットWEB完結だけ
内緒でお金を借りたいという方にはモビットWEB完結が断然オススメです。

WEB完結契約の場合モビットからの連絡は原則メールで受け取るので、申し込み時にはメールアドレスに誤りのないよう注意してください。

必要書類の提出はスマートフォンのカメラやスキャナーを使ってデータで提出します。
提出はインターネットや専用アプリからアップロードするだけなので難しい手続きは一切必要ありません。

便利なモビットWEB完結を活用するには次の2つの条件をクリアしましょう。

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座がある方
社会保険証または組合保険証がある方

モビットWEB完結は職場への電話連絡が不要であるぶん、社会保険か組合保険に加入していることが利用条件となっており、残念ながら民健康保険に加入している個人事業主やアルバイトの方は利用できません

「国民健康保険の加入者だけどWEB完結で契約したい」という方はプロミスであれば健康保険の種類に関わらずWEB完結が使えるので、そちらの利用をおすすめします。
プロミスWEB完結なら対応している金融機関口座も全国に200行以上あるので、モビットWEB完結に比べて利用のハードルは高くありません。

即日振込を希望なら平日14:50までに手続き

振込融資を希望する場合、モビットなら平日の14:50までに手続きをすることで即日振込での融資に対応してもらうことができます。

一般的な金融機関では、契約直後の即日振込は14:00までに手続きを完了していなければ対応してもらえない会社がほとんど。
それに比べてモビットなら銀行窓口の終業時間である平日15時ギリギリまで振込融資に対応してもらえます。

「今夜急に接待の予定が入っちゃった・・・」
「明日は家賃の引落し日なのに、口座にお金が入ってない!」

こんなときでも振込融資の対応時間が長いモビットなら銀行が閉まる直前まで即日融資に対応してくれるので安心。

振込融資の申し込みはモビット会員専用ページの「Myモビ」や電話で受け付けています。
「Myモビ」へのアクセスはパソコン、スマホ、モバイルのいずれからでもログインできるので便利です。

振込融資の受付時間
Myモビ 24時間365日※月曜0:00~7:00はメンテナンスのため停止
電話(自動音声) 0120-24-7061
24時間365日※月曜0:00~7:00はメンテナンスのため停止

ただ、振込融資だけが即日融資を実現させるわけではなく、モビットをはじめとする無人店舗を設置するカードローン会社であれば、平日に限らず契約手続きをして即日融資を受けることができる点は忘れないようにしましょう。

スピード審査の10秒簡易審査

モビットに申し込むと本審査を受けるまえに10秒で審査結果がでる10秒簡易審査を受けます。

10秒簡易審査は申込フォームに入力したお客様情報(氏名、生年月日、性別、アドレス、電話番号)、住所などの住まい情報、勤務先情報、借入希望額などの情報をもとにコンピューターが行うというもの。
「簡易」といっても本審査を受けるために必要なすべての情報から審査結果を試算してくれるので、精度はかなり高く、信頼できます。

時計

もしあなたが審査落ちしてしまうとしても、10秒簡易審査の段階で審査に通らないとわかれば長い本審査の結果を待ち続けなくて済みます。
他社と比べて10秒簡易審査のあるモビットなら「待ち損」のリスクが軽減できるのです。

さらに、本審査に進んだ方でもインターネット申込完了後にモビットコールセンター(フリーダイヤル)に電話することで最短30分審査が完了。

モビットなら簡易審査審査の結果確認後はその場で会員登録が可能となっているため、初回借入までの手続きを少しでも早くに終えることができます。

即日融資は2通りの方法から選択

申し込みを完了させ、モビットから融資可能と判断された後は融資を受けるのみです。

モビットから即日融資を受ける方法としては2通りあります。

指定口座への振込

モビットから即日融資を受ける1つの目の方法は、振込キャッシングです。

上記の【ポイント2】でも説明しましたが、当日融資で指定口座への振込を希望する場合は平日14:50までに振込み手続きを完了すれば振込融資を受けられます

しかし、土日祝日などの銀行休業日では振込で融資を受けることができず、平日14:50を過ぎてしまうと最短でも銀行の翌営業日まで待たなければ融資反映されることはありません。
特に金曜日の夕方などに振込依頼をする場合は月曜まで待たなければ融資が反映されないことを理解しておく必要があります。

モビットカードでの出金

曜日や時間を気にせずにモビットから即日融資を受けることができるのが、モビットカードを使っての出金です。

モビットカードでの出金のメリットは、銀行ATMやコンビニATMで使えるため外出先で利用しやすいことと、ATMの営業時間内であればいつでも借入返済できることの2点。
ATMなら銀行振込と違い平日15時以降や土日祝日でもご自身のタイミングで快適に利用できます。

モビットカードで出金するためには事前にカード発行しなければなりません。
WEB完結で契約された方は契約時にモビットカードが発行されないので、時間のあるときに「ローン申込機」でカード発行しておきましょう。

外出が難しいものの、平日の日中に契約手続きができるのであれば振込融資が有効だと考えられます。
しかし、契約日の曜日や後々のキャッシングの利便性を考えると、モビットカードを持っていたほうが安心して当日融資を受けることができます。

提携ATMは全国に約130,000台(16年10月現在)

三井住友銀行グループでもあるモビットは、三井住友銀行をはじめとする全国各地の銀行、コンビニエンスストアに設置されているATMが利用できます。


利用できるATM数は約130,000台(16年10月現在)なので、全国各地でモビットカードを使えるといっても過言ではありません。
大手コンビニエンスストアのATMはそのほとんどがモビットに対応しているので、24時間いつでも借入返済することが可能です。

返済には口座振替・銀行振込・提携ATMでの返済が可能ですが、口座振替の場合、三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行の口座が必要になります。

返済は月々4,000円~で追加返済もOK

カードローン返済は毎月のことなので無理な返済プランは避けたいところ。
かといって、利息が膨らんでは元も子もないため、返済に長期間はかけたくありません。

モビットでは計画的に返済できるように利用残高に応じた返済額を設定。
例えば10万円以下の残高であれば月々4,000円~の安心の低額返済に加え、資金に余裕がある時には追加返済も可能です。


ボーナス月や給与に余裕があるときにまとめて支払えば、利息も少なくなるのでオススメですよ。

月々の負担をさらに軽くしたい方は、毎回2,000円~のゆとりある返済プランが組める三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックもオススメです。

三井住友銀行内のローン契約機でカード受取

三井住友銀行グループのモビットということもあり、2017年9月から三井住友銀行内のローン契約機でもモビットカードの申し込みやカード発行ができるようになりました。

モビットはローン契約機を全国各地に約400箇所に設置していますが、三井住友銀行ローン契約機は全国に約700台(17/09時点)あります。

もし、近くにモビットのローン契約機がなくても三井住友銀行の店舗があればモビットに契約できるので、契約場所も広がって便利になりました。

モビットのローン契約機は小さいところが多く、場所によっては入り辛いこともあるかもですが、メガバンクでもある三井住友銀行のローン契約機なら臆することなく利用できます。

モビットの詳細情報
実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 800万円
審査時間 最短即日
対応コンビニ
申込資格 年齢満20歳~69歳以下の定期収入のある方
必要書類 運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等の写し
担保・保証人 不要
手数料・保証料 不要
借入方法 振込、提携ATM
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済日 毎月5日・15日・25日・末日のいずれかを選択(追加返済可能)
返済方法 ATM・提携ATM・自動口座引落とし
発行元 株式会社モビット
このエントリーをはてなブックマークに追加

モビットで収入証明書不要はウソ?アナタの信用力と希望額が影響

カードローンを申し込むには、本人確認書類や収入証明書の提出が必要です。 でも、収入証明書の提出については、各社対応がさまざま。 モビットの場合、HPには「申込時に必要な書類」といった情報があるもの...

続きを読む »

モビットの金利確認と引き下げ方法

モビットと言えば、「電話連絡なし」のWEB完結申し込みや、ATMスマホ取引、ATMの多さなど、独自のサービスが人気です。 カードローン会社を選ぶには、自分のニーズに合ったサービスのある会社を選ぶこと...

続きを読む »

モビット増額審査に絶対通る5つのポイント!増額案内がきたらチャンス

カードローンを利用中という方、あなたは利用限度額に満足していますか? 「新規契約時に希望よりも低い限度額が設定された」 「初めてのカードローンで、審査に通りたいがために、少なめの利用限度額で申し...

続きを読む »

モビット会員ページ「Myモビ」にログインできなくなる5つの原因

モビットは、実店舗を持たない大手消費者金融です。 アコムやプロミスのような自社ATMもなく、WEBと提携ATMのネットワークを最大限にいかして、顧客満足度の高いカードローンを実現しています。 特に...

続きを読む »

モビット在籍確認の電話が入るタイミング

モビットは、他社にない独自のサービスで注目が集まる消費者金融です。 特に「WEB完結申込」の“電話連絡なし”は、アコムやアイフル、プロミスに先手を打った形で、大手消費者金融ではモビットだけが大々的に...

続きを読む »

モビットの審査時間と回答連絡が遅い理由

カードローンに申し込んでまず気になるのが審査です。 急いでいる人なら尚更、審査結果が出るまでの時間は落ち着いていられません。 「モビットは審査最短30分と聞いていたけど、1時間経っても連絡が来な...

続きを読む »

モビットが1,000円単位で借りれるATMの営業時間と手数料

カードローン会社を選ぶ際、あなたは何を重視しますか? 「家の近くで時間を気にせず現金を手にしたい」という人には、モビットがオススメです。 モビットは実店舗を持たない独自の営業スタイルを貫く消費者金...

続きを読む »

電話なしのモビットWEB完結!必要書類や土日の融資など徹底解説

カードローンの利用を考えている方の多くは、「周囲の人には借金のことを知られたくない」と思っていらっしゃるでしょう。 勤務先への電話連絡、いわゆる在籍確認で職場の人間に借金していると思われたくないです...

続きを読む »