じぶん銀行カードローンの返済方法と、最低返済額はいくらから?

更新日:2018/11/07
このエントリーをはてなブックマークに追加

じぶん銀行カードローンの「じぶんローン」は、ネット銀行のじぶん銀行が提供するカードローンです。KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資した事業者だけあって、WEBを使ったサービスが充実していて非常に使い勝手のいいカードローンです。

ただし、どんなに使い勝手がいいといっても、借りてからの一番の心配事である返済が煩わしかったり、高額返済が必要だったりすると利用するのが億劫になるのではないでしょうか。今回はそうした心配を解消できるよう、最低返済金額や返済方法を中心にじぶんローンの特徴を紹介します。また、最後にじぶんローンをお得に使える方法についてお伝えします。

1.じぶん銀行カードローンの最低返済額は?

じぶんローンの毎月の約定返済額は、借入残高によって変わる残高スライドリボルビング方式です。また、金利によっても返済額が変わってきます。

毎月の約定返済額と借入残高

借入残高 毎月の約定返済額
金利13%超 金利9%超 13%以下 金利9%以下
10万円以下 2,000円 1,500円 1,000円
10万円超~20万円以下 4,000円 3,000円 2,000円
20万円超~30万円以下 6,000円 4,500円 3,000円
30万円超~40万円以下 8,000円 6,000円 4,000円
40万円超~50万円以下 10,000円 7,500円 5,000円
※10万円借入が増すごとに 2,000円ずつ追加 1,500円ずつ追加 1,000円ずつ追加

じぶんローンの毎月の返済額は、他の金融機関のカードローンと比較して低い金額になっています。そのため、毎月の返済は楽ですが、その分完済までの時間がかかることになります。

上記の金額は最低の返済額であり、その金額を超える返済も可能です。
毎月の返済額が低い金額の場合総返済額も多くなりますので、お金に余裕がある時にはできるだけ多くの返済することをおすすめします。

じぶん銀行カードローンの返済方法は複数ある?

じぶんローンを返済するには、提携ATMによる返済、自動支払い、振込による返済の3種類があります。ここでは、それぞれの返済の方法について説明していきます。

提携ATMによる返済

銀行ATMやコンビニATMなどのじぶん銀行の提携ATMから、ローンカードを利用して返済する方法。提携ATMによる返済は、ATM手数料無料で最少返済額1,000円から返済できます。

提携ATM
・三菱UFJ銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・セブン銀行ATM
・e-net(イーネット)ATM
・ローソン銀行ATM

なお、利用可能な時間は原則として24時間365日ではありますが、システムメンテナンスの時間帯は使用することができません。

・毎週月曜日 1:00~5:00
・毎月第2土曜日 21:00~翌7:00

また、これ以外にも年末年始やGWなどの大型連休、さらには提携するATMを設置する事業者の都合によっては、上記の限りではありません。詳しくは提携先のHPなどから確認ください。

なお、ATMを使った返済は「35日ごと返済」または「期日指定返済」のどちらかを選択します。

35日ごと返済

35日ごとの返済では、前回返済日の翌日から35日目が期限となり、期限内いつでも返済できる方法です。

期日指定返済

期日指定返済は希望する日にちを毎月の返済日に指定することができますが、返済期日の15日以上前に入金すると追加入金扱いになり、返済期日に所定金額の返済が必要です。

利用法次第ではありますが、35日ごと返済のほうがフレキシブルに活用することができます。

自動支払い

毎月の返済日に、じぶん銀行の円普通預金口座から自動引き落としで返済する方法です。自動支払いは、毎月の約定返済のみに利用できます。

自動支払いでは、じぶん銀行の「定額自動入金サービス」を利用すると便利。毎月一定額を利用者本人の他行の口座からじぶん銀行の円普通預金口座へ入金することができるサービスです
自動支払いの返済のために、わざわざ振込をしたり、ATMで入金する必要がなくなります。

なお自動支払の利用には事前の申込が必要ですが、契約時「自動支払い返済」を選択しておけば、手続きは不要。詳細は以下のとおりです。

返済日 ・毎回の約定返済日のみ
・返済日の18時までに約定返済額以上の金額を
 円普通預金口座に用意
最小返済金額 ・約定返済額以上1円単位
返済の注意点

・毎月の指定返済日に利用可能
・35日ごとの返済では利用不可
・臨時返済は、ローンカードを使用しATMから

自動支払いでは期日指定返済のみの利用となっており、返済のイメージは以下のようになります。

基本的な利用方法は期日指定返済と同じですが、引き落としは月に1度しかおこなわれないため、追加返済をする場合はATMを利用します。また「今回の返済」扱いとなる、指定日の15日以内にATMを利用し、約定返済額を支払うと当月分の返済とみなされ、引き落としは実施されず返済日は翌月となります。

振込による返済

じぶん銀行が指定する口座に約定返済額を振込みして返済をする方法です。
ほかの返済では手数料はかかりませんが、この返済方法だけかかってしまいます。

振込手数料 利用者負担
取扱い時間 ・平日0時~15時まで当日扱い
・平日15時~24時まで翌営業日扱い
・土日祝日は全日翌営業日扱い

じぶん銀行カードローンの返済方法で一番便利なのは「自動支払い」ではないでしょうか。
じぶん銀行がメインバンクであれば、ある程度口座に現金がある状態だと思います。
しかし、じぶん銀行以外をメインに利用していると、ついうっかりお金の移動を忘れてしまうこともあるでしょう。

そんな”ついうっかり”を防いでくれるのが「定額自動入金サービス」です。

利用登録をすれば指定した金額を他行からじぶん銀行口座へ自動的に入金してくれるので、わざわざ自分で口座移動をさせる必要がありません

注意点としては、引き落とし可能な日程は毎月6日か24日のどちらか。他行からじぶん銀行へのお金の移動は4営業日後となっています。

そのため、じぶん銀行カードローンの返済日は、この移動期間を含めて設定しておくことが必要となります。

じぶん銀行カードローンの概要と申込方法

じぶん銀行カードローンの返済は少ない金額からすることができ、また、使い勝手のいい返済方法が整っているので利用開始後も安心して使うことができます。
そこでじぶん銀行カードローン「じぶんローン」の詳細について確認します。

貸付利率(実質年率) 最低金利2.2%~上限金利17.5%
融資限度額 10万円~800万円
資金使途 原則自由、ただし事業性資金は除く
申込条件 ・契約時の年齢が満20歳以上で70歳未満の人
・安定継続した収入がある人
 ※安定継続した収入があれば自営業やパートやアルバイトでも可
・保証会社であるアコム株式会社の保証が受けられる人
必要書類 本人確認書類
※運転免許証や健康保険証などの本人確認書類
収入証明書類(借入希望額が50万円を超える場合に必要)
※前年度分の源泉徴収票や住民税決定通知書などの収入を証明する書類
返済方式 残高スライドリボルビング返済方式
担保 不要
連帯保証人 不要 ※アコム株式会社の保証を利用

じぶんローンは安定した継続収入があれば非正規雇用者でも利用できますが、じぶん銀行の基準だけでなく、仮審査をおこなうアコムの基準を満たしていないと契約できません。
じぶんローンへの申込方法は、じぶん銀行の口座を持っているかどうかで多少変わってきます。

じぶん銀行口座を持っている
じぶん銀行にログイン

カードローン申込み

審査が開始
※在籍確認もここでおこなわれる

最短2、3日後に審査結果をメールで通知
利用限度額、適用利率が決定する

ネットから必要書類の提出

振込みによる融資が開始
※ローンカードは一週間程度で郵送

じぶん銀行の口座を持っている場合、申込みはマイページからおこなっていきます。
もちろん新規の人と同じように申込みページから入っていったとしても、「じぶん銀行の口座をもっている」かどうかというのは聞かれるので、実際のところはどちらから申込みを開始しても大丈夫です。

じぶん銀行口座を持っていない
インターネットでじぶんローンに申込み

審査が開始
※在籍確認もここでおこなわれる

最短2、3日後に審査結果をメールで通知
利用限度額、適用利率が決定する

ネットから必要書類の提出

振込みによる融資が開始
※ローンカードは一週間程度で郵送

じぶんローンの申込みは、24時間365日、PCやスマホからすることができます。ただし、審査結果の回答は平日の営業時間内に限られ、営業時間外や土日祝日に申込んだ場合、審査結果の回答は翌営業日以降となります。
また、じぶんローンはじぶん銀行カードローンの口座をもっていなくても利用することができますが、じぶん銀行口座があると、土日祝日でも手数料無料で振込融資が可能かつ、自動引き落としも利用できます。

無理にじぶん銀行の口座を開設する必要はないのかもしれませんが、利便性を考えるなら持っているほうが何かとメリットがあることと思います。

なお、じぶんローンを含め銀行カードローンの審査結果は申込み当日にはわかりません。どの銀行も最短で翌日、長いところだと1週間程度かかることもあります。
もしも、急いでお金が必要になった場合は、消費者金融のカードローンに申込んでみてください。

auユーザーだけじゃない!au ID利用者は金利優遇あり!!

じぶんローンは、auユーザーに対して金利優遇を行っています。金利優遇を利用するには、申し込み時にau IDを登録するが必要です。

au IDとは、auを利用しているすべての人へ1契約につき1つ払い出しされているIDのことをいいます。auかんたん決済やauスマートパスなどのauのサービスやコンテンツを、スマートフォンやパソコンなどから利用するのに必要なIDになります。

カードローンau限定割

カードローンau限定割とは、auユーザーならば誰でも金利が優遇される誰でもコースと、auユーザーが他のローンの借り換えに利用した場合の借り換えコースの2種類があります。

誰でもコース
誰でもコースではauユーザなら誰でも0.1%通常金利より優遇。
適用される金利は年2.1%~17.4%。

誰でもコースの優遇条件は、カードローン申込時にじぶん銀行で有効であるau IDが登録されていて、判定日時点でそのau IDに携帯電話または固定通信サービスが設定されていることです。
また、カードローン申込時に、じぶんローンの申し込みをした名前と、auの契約者のカナ名前が一致していないと優遇対象外になってしまいます。

借り換えコース
借り換えコースとは、auユーザが他行のローンなどの借り換え資金としてじぶんローンを利用する場合に、カードローンの金利が年0.5%通常金利より優遇されるコース。
適用金利は、年1.7%~12.5%。

借り換えコースの適用条件は誰でもコースと同様に、申込時にau ID登録していること、じぶん銀行に届け出た名前とauの契約者のカナ名前が一致していることです。
また、借入可能上限額が100万円以上の場合でないと金利優遇の対象になりません。

利用条件はあるものの、auユーザーで借り換えを検討している方は申込みをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

じぶん銀行のじぶんローンは、毎月の返済額が低いのが特徴のカードローンです。
また、提携ATMからの返済は、手数料無料で行うことができるので使い勝手も非常にいいと言えるのではないでないでしょうか。

さらに、auユーザーであれば金利も優遇してくれるのポイントです。
2018年に入って、じぶん銀行の親会社であるKDDIが本格的な金融業務に乗り出しているので、その恩恵を受けられるようになるかもしれません。
auユーザーの方でカードローン利用を考えているのであれば、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事