プロミスのアプリローンはスマホで完結!来店不要のスゴいサービス

更新日:2018/12/18
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロミスのアプリローンは、その名前からもわかるようにスマホアプリから利用するサービスです。

手持ちのスマホにプロミスの公式アプリをインストールすることで、24時間いつでも申込みができ、また、借入れまですることが可能です。

完全カードレスで取引をすることができるため、申込み後に無人契約機に足を運んでローンカードを受け取る必要もありません。

スマホ時代の現代にまさにマッチしたアプリローンの特徴やメリットなどを解説します。

アプリですべて完結!いつでもどこでも借りられる便利なサービス

スマートフォンを持って悲しむ新人OLアプリローンは、iPhone、Androidのどちらでも利用することができ、それぞれのアプリストアから無料ダウンロードすることができます。

アプリのダウンロードは無料ですることができ、これは契約前後どちらでも使うことができます。

申込み方法や特徴の解説をする前に、アプリローンの商品概要や申込み条件をチェックします。

融資額 500万円まで
借入れ利率 4.5%~17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日から選択
※三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の金融機関利用時は5日のみ
返済期間、返済回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月、1~80回
申込み条件 有効なメールアドレスの登録
20歳以上、69歳以下の安定した収入のある方
※主婦、学生でも、パート、アルバイトによる安定した収入があれば申込み可能
資金使途 生計費に限る
※個人事業主は、生計費および事業費に限る
担保、保証人 ともに不要

プロミスから借入れをしたことのある人や、勘のいい方であれば気づいているかと思いますが、基本的な商品内容は通常のカードローンと変わりません。

スマホ操作で申込みから、借入れまで完結する

それではアプリを使ってどのように申込みをするのでしょうか?

申込みから借入れまでの流れについて紹介します。

アプリをインストール
※iPhone、Androidそれぞれあり

アプリを起動して「新規申込み」をタップ

必要事項を入力

スマホのカメラを使って必要書類を撮影し
アプリの「書類送付」からアップロード

審査
※在籍確認もおこなわれる

審査結果の報告
登録したメールアドレスに送信される

メールに記載されたアドレスから契約手続き

借入れ可能に

すべてWebによる手続きで完了するので、わざわざ自動契約機のある場所まで出向く必要がなく、また、24時間申込みを受け付けているため、自分の好きなタイミングでローン手続きをすることができます。

書類の提出もアプリから簡単に

笑顔の派遣社員のイメージ書類の提出もアプリからすることができるので、とっても簡単です。
スマホカメラを利用して撮影をし、それをアプリのアップロード機能を使って提出するというもの。

普段から使い慣れたスマホカメラを利用できるのも、アプリローンの手続きが手軽と言われているポイントかもしれませんね。

なお、本人確認書類として利用することができる書類は以下のとおりです。

本人確認書類 運転免許証
パスポート
健康保険証
外国籍の場合 在留カードまたは、特別永住証明書

カメラ撮影するときのポイントとしては、書類の文字がピンボケしてしまったり、光反射して文字が読めなくなったりします。

もしも、このような写真に仕上がってしまった場合は撮り直しをしてください。

折角アップロードしたのに、再提出となってはひと手間余計にかかってしまいますので。

また、提出する上記の書類の住所が引っ越しなどで現在ものと異なる場合は、「税金の領収書」「納税証明書」「公共料金の領収書」「住民票の写し」のいずれか1点の提出も必要です。

なお、収入証明書類は「希望限度額50万円を超える場合」と「他社との借入れ合計が100万円を超える場合」は必要となります。

収入証明書類 源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)
給与明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)

先に紹介した内容以外での提出は基本的には不要ですが、場合によってはプロミスから提出を求められることもあります。

在籍確認は必ずある。その理由とは

審査に入ったら在籍確認も行われます。

在籍確認の目的は、申込者であるアナタが申込書に記入した企業に勤務しているかをチェックするためにおこなわれます。

会社に電話がかかってくるということで「バレてしまうのでは?」という心配があるかと思いますが、オペレーターが個人名で電話をかけるので、プロミスから掛かってきたとはわかりません。

また、在籍確認は届け出た企業に所属しているのかどうかを確認するのが目的となっているので、申込者本人が必ずしも出る必要はなく、そこで勤めていることさえわかれば完了します

在籍確認という言葉から大変そうなイメージを受けますが、実際にはそこまで身構えてしまうような内容ではありません。

変にそわそわしてしまっては怪しまれるかもしれないので、普段の勤務と変わらない感じで電話応対すれば問題ないと思います。

とはいえ、やっぱり会社に電話をかけられて困るという場合には、プロミスの問い合わせ先に電話し、相談することをおすすめします。

プロミスに限らず、問い合わせ窓口は繋がりにくいことが多いので、申込みが済んだら即座に電話してみてください

アプリローンにはメリットが5つある!

アプリローンのメリットには5つのメリットがあります。

一体どんなメリットがあるのかチェックします。

来店不要、郵送物なしのWEB完結

最大のメリットは、申込みから借入れ、返済まですべてWEBで完結することができることにあります。

借入れは依頼をすれば登録口座に入金をしてくれ、返済も口座からの自動引き落としでおこなうため、プロミスのローンカードを発行する必要がありません。

プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、24時間365日、最短10秒で振り込んでくれる「瞬フリ」サービスを提供しているので、カードがなくても使い勝手が悪いと感じることもないでしょう。

また、カード発行だけでなく、利用明細はWebで確認できるので、後から郵便物で届けられる心配もありません。

スマホATM取引に対応!セブン銀行ATMからカードなしで借入れ

 

スマホATM取引はセブン銀行ATMで利用できるサービスで、アプリ操作をして借入れをするサービス。

ローンカードなしに24時間365日(定期メンテナンスの時間帯と元日を除く)利用することができます。

使い方もアプリの指示に従っておこない、ワンタイム暗証番号を利用するため、セキュリティー性も非常に高く、安心安全に使うことができます。

2018年10月15日から「瞬フリ」の利用範囲が拡大!

笑顔の先生プロミスには24時間振込み融資サービス「瞬フリ」があります。
これは三井住友銀行およびジャパンネット銀行の銀行口座を持っている利用者を対象に、24時間最短10秒で振込みをしてくれるというサービス。
非常に便利なサービスである半面、限られた人しか利用できないという欠点がありました。

ところが、2018年10月15日より24時間の瞬フリサービスに対応する銀行が拡大。これまで対応していなかった「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」など、新たに稼働した全国銀行データ通信システムに参加する銀行が対象となりますす

ただし、参加する銀行でもシステムメンテナンスなどの都合により、いつでも全ての対応銀行が24時間振込キャッシングできるわけではありません

詳しい対応先や営業時間については、プロミスのHPか利用する銀行口座のある金融機関のHPで確認ください。

三井住友VISAプリペイドカードへのチャージもアプリからできる

カードローンで買い物するキラキラ女子三井住友プリペイドカードは現金をチャージ(前払い)することで、その金額の範囲内であればクレジットカードのように、Visaなどの加盟店で利用できるカード。

このプリペイドカードへのチャージをアプリからすることができ、残高もアプリでチェックが可能。

プロミスのアプリローンはクレジットカード機能がないため、ネットショッピングなどを利用したいと思っても使うことができません。

しかし、三井住友プリペイドカードとアプリがあれば、クレジットカードのように利用ができるので、ネットショッピングも手軽かつ、24時間チャージ可能なので、いつでも買い物を楽しめます

もちろん手軽に使えるからといって、ついつい使いすぎてしまっては返済が大変になるので、利用するときは計画的に使うことを心がけてください。

おトクなクーポンもゲットできる!

プロミスの公式アプリ限定サービス「アプリdeクーポン」は、スマホの画面を見せるだけで利用することができるお得なクーポンです。

コンビニやファミレスで利用できる割引クーポンはプロミスの会員だけが利用することのできるポイント。

消費者金融のカードローンでは、こうしたクーポンサービスを用意している事業者はほぼありません

ローン商品の使いやすさだけでなく、利用者サービスも行き届いるのはさすがはプロミスといったところではないでしょうか。

スマホATM取引の使い方は簡単!コンビニで手軽にキャッシング

ローンカードを使わずにセブン銀行ATMからお金を借入れられるスマホATM取引。

これはプロミスのアプリを使ってセブン銀行ATMに表示されたQRコードを読み込むことで、アプリにワンタイム暗証番号が表示されます。

ここで映し出された番号をATMに入力することで、カードレスキャッシングを実現。

その場限りのワンタイム暗証番号を利用するため安全性も高く、また、他の人に見られたとしても、どこの会社との取引をしているのかもわからないので、安心して利用することができます。

使い方の手順は以下の通りです。

1.アプリにログインし、「スマホATM取引」をタップ

2.セブン銀行ATMの「スマートフォンでの取引」を選択するとQRコードが表示

3.スマホ画面に表示されている「出金」または「入金」のどちらかをタップ

4.2の項目でATMに表示されたQRコードをスマホで読み取る

5.読み取ったQRから「企業番号」と「ワンタイム暗証番号」が映し出される

6.セブン銀行ATMの画面に、5で表示された番号を画面指示に従って入力

7.取引金額を入力し、紙幣と明細書を受け取れば操作完了

文章で見ると複雑に映るかもしれませんが、実際の操作では難しさはありません。

ただ最初のうちはカードを利用しないため操作に慣れていないから、やや戸惑うかもしれません。

カードローンを利用している人も、アプリローンを利用できる

アプリローンの利用は、アプリローンで申込みをした人だけではなく、すでにプロミスのカードローンを契約している人も、アプリをインストールすることで使えます。

電話や書面などの手続きもありませんので、スマホを日常的に使っているなら入れておいて損することはないでしょう。

まとめ

プロミスのアプリローンはスマホ時代を象徴するかのような、アプリで申込みから借入れ、返済まで完結するローン商品です。

新規申し込みだけでなく、いまプロミスのカードローンを使っている人でもアプリをインストールするだけで利用できるので、アプリローンを始める煩わしさがありません。

カードがないので提携するATMでは、スマホATM取引のできるセブン銀行ATMしか使えませんが、ローンカードを持たないので他人からローンを利用していることがバレにくくなっています。

すでにプロミスを利用している人であれば、その使い心地を一度体験してみるのもいいのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事