選べる2つの無利息とスマホ利用が便利なカードローン!

レイクALSA(レイクアルサ)

更新日:2019/04/10
このエントリーをはてなブックマークに追加
口コミ評価数
/5.00

レイクアルサは、2018年4月1日、新生銀行グループの消費者金融会社、新生フィナンシャル(株)の新しいブランドとして登場した個人向け無担保カードローンです。

レイクアルサは、借入限度額1万円~500万円、借入金利4.5%~18.0%(実質年率)で利用でき、特に資金を急ぐ人には、インターネット(Web)で申込み後、すぐに同じ入力画面で審査結果を確認、そのまま続けて即日融資、Web申込なら最短60分融資も可能と、とても優れたキャッシング商品となっています。

レイクALSA(レイクアルサ)の基本情報
実質年率 4.5%~18.0% 限度額 1~500万円 審査時間 即日審査、Webで最短60分融資も可能
お試し診断
即日融資も可能
土日祝も対応
スマホ対応

レイクALSAのおすすめポイント6つ

(1)初めてなら利息O円で利用でき、さらに2つのタイプから選べる
(2)24時間365日、インターネットからいつでも申込みができる
(3)資金が急ぐ人でもレイクALSA(レイクアルサ)は対応可能
(4)スピード審査の実現
(5)簡単! スマートフォンで振込融資の手続きができる
(6)借入れ・返済のATM手数料が全てゼロ

(1)初めてなら利息0円で利用でき、さらに2つのタイプから選べる

レイクALSA選べる2つの無利息サービス

レイクALSAを初めて申込みして利用する場合、「30日間無利息」または「借入額5万円まで180日間無利息」のどちらかの無利息サービスを利用することができます

ただし2つの無利息サービスは併用不可なので、同時に利用できず契約時にどちらかを選ぶということになります。

このうち「借入額5万円まで180日間無利息」というカードローンサービスを利用すると、借入利用額のうち5万円までは、約3ケ月間金利ゼロで済むということになりますし、さらに利用期間中は何度借り入れしても5万円までは金利が掛からないのでとてもお得です。

「2つの無利息サービスのどちらがお得か ? 」の疑問に関しては、利用金額や返済回数によって損得が異なりますので、詳しくはそれに関するシミュレーションが公式サイトで利用できるので活用してみて下さい。

また借入金額が200万円を超える利用の場合には、「30日間無利息」サービスしか使えませんので注意のこと。

さらに無利息サービスが開始される日にも注意が必要です。

レイクALSAの無利息期間は、借入した日が初日となるのでなく、契約日の翌日から対象期間となるので、もし契約後、数日経ってから借入すると、その分だけすでに数日間、無利息期間の権利を使ってしまっていることになります。

そのため少しでも多く、無利息期間の権利をフル活用したい場合には、借入のタイミングを見計らって、レイクALSAに申込みして契約、翌日には借入れするのが一番良いと考えています。

期間限定で60日間無利息キャンペーンを開催中

なお、レイクALSAでは2019年2月15日から5月15日の期間限定で、通常30日間の無利息が60日に延長されるキャンペーンを開催しています。

キャンペーン対象条件
・レイクアルサの契約が初めて
・キャンペーン期間内に契約完了し、60日無利息を選択
・契約額が1万円~200万円以内

この条件に該当する人であれば、60日間無利息で利用することができます。

通常の無利息サービスと同じく2つの無利息サービスは併用不可ですので、60日間か5万円まで180日間のどちらかを選択して利用します。

 

(2)24時間365日、インターネットからいつでも申込みができる

レイクALSAでは、インターネット(Web)、電話、自動契約機の3つの方法から申込みが可能です。

このうち筆者のおススメの申込み方法は、インターネット(Web)からの申込みで、24時間365日、いつでも申込みができます。

以下にインターネット(Web)を使った申込みの流れを簡単に紹介します。

(1)申込み(インターネット)
(2)審査開始のメールが入るので、書類提出はメールに画像データを添付して送信
(3)審査結果をパソコン・スマホ等の入力画面で確認(入力後すぐに確認可能)
※この間に、レイクALSAから信用情報機関に信用照会や在籍確認の手続きが取られる
(4)審査通過の場合、契約手続き(インターネットまたは自動契約機レイク利用)
(5)ネット申込みでは、カード受取りの有無を選択(自動契約機レイクではローンカード受取り)
(6)借入れは3つの方法のうちどれかを選んで行う

振込融資(依頼はWebまたは自動応答による電話)
新生銀行レイクATMで借入れ
その他提携コンビニATMで借入れ

借り入れ方法(振込融資またはATM借入れ)に関係なく、申込みでインターネット(Web)を使えば、効率よく手続きが進み、後の時間がかなり節約できるので、筆者としてはレイクALSAの申込みは、やはりインターネット(Web)が一番と考えています。

簡単お借入れ診断

申込みに先立ち、レイクALSAでは「申し込み可能かどうか」について、簡単な借入診断を受けることができます。
質問項目4項目に答えるだけですぐに結果が分かりまので、借入れの目安を立てたい人は活用して下さい。

質問は以下の4つです。

生年月日
本人年収(税込み)
他社からの借入れ件数
現在の他社借入れ金額

ただしこの診断はあくまで簡易診断なので、審査結果を保証するものではありません。

(3)資金を急ぐ人でもレイクALSAは対応可能

レイクALSAでは、資金を急ぐ人でも振込融資を使うと、その日のうちに借入れ可能です。

また申込み後、申込み完了画面で審査結果をすぐに確認できるのでスピードアップが図れます。

ただし振込融資(振込キャッシング)で即日融資を受けるには、21時(日曜日は18時)までに契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)が条件となります。
※一部金融機関および、メンテナンス時間などを除きます。

(4)スピード審査の実現

インターネットから申込したその画面で、すぐに審査結果が確認できるのがレイクALSAの特徴です。

ただし案件によっては、メールで審査結果が届く場合もあります。

いずれにしても、レイクALSAでは、すぐに審査結果が確認できるので、待つことなくそのまま次の手続きに入れてとても効率的です。(口コミによると、回答までの時間は他社比かなり早いとのこと、ただし審査で特に問題点なくスムーズに手続きが進んだ場合)

一方で入力画面での審査結果の確認に関しては、以下の時間制限がありますので注意して下さい。
※審査結果を確認できる時間帯 : 通常8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時まで)
※上記以外の時間帯は、審査結果については電話、メール等で本人宛通知されます。

(5)簡単! スマートフォンで振込融資の手続きができる

レイクALSAのカードを持ち歩かなくても、手持ちのスマホから依頼して、登録した銀行口座に振込融資ができます。

もちろん即日融資にも対応しています。

(6)借入れ・返済のATM手数料が全てゼロ

レイクALSAでは、提携先の新生銀行レイクATMや、全国各地のコンビニ設置の提携ATMでの借入れ、返済の利用手数料が全て無料になっています。
特にコンビニATMでは、セブン銀行、ローソンATM、E-netが利用できるので、職場や自宅近くで提携ATM探しに困ることはないでしょう。

また利用手数料が全て無料だけに、余分な出費も抑えることができて、回数や時間を気にせず気軽にかつお得に使えます。

レイクALSAとレイクの違い

ここで読者の混乱を避けるために、レイクALSAとレイクの違いについて簡単に触れておきます。

レイクは3度、その所属を変えてきた

そもそもレイクは1975年、消費者金融のキャッシングブランドとして登場して以来、そのユニークな広告宣伝も相まって、多くの利用者に浸透し愛用されてきました。

またその後、2011年末には、消費者金融から新生銀行の銀行カードローン・レイクとして形を変えて、銀行の信用力を背景に今日まで利用者を増やしています。

それから約7年、カードローン・レイクは再び形を変えて、2018年4月1日に全面リニュアル、新生銀行のグループの消費者金融会社、新生フィナンシャルの新しいカードローンブランド「レイクALSA(アルサ)」として新登場することになりました。
※カードローン事業を新生銀行から新生フィナンシャルに営業譲渡

つまりレイクは消費者金融 → 銀行 → 消費者金融と、3度、その所属を変えることになったのです。

またこれにより、新生銀行のカードローン・レイクの新規募集は、2018年3月31日をもって停止され、レイクの後継として、4月1日以降は新生銀行では「スマートカードローンプラス」でサービスを提供することになりました。

ちなみにスマートカードローンプラスのサービスは、新生銀行で2015年にすでに開始されています。

レイクALSAのターゲットはデジタルリテラシィの高い若者層

「レイクALSA」の主なターゲットは、金利の低さより「手軽さ・早さ・夜間や土日・祝日の利便性」を求めるユーザーやIT・デジタルリテラシィの高い20~30歳代の若者層です。

一方「新生銀行スマートカードローンプラス」のターゲットは、スピードや利便性より、まず銀行ならではの低金利、あるいはカードローンの利用に安心感と得たいという消費者層です。

そのため、レイクALSAとスマートカードローンプラスの商品スペックは、狙ったターゲット層毎に、この差をうまく使い分けて作られています。

ただし改定前の「銀行カードローン・レイク」と全面リニュアル後の「レイクALSA」で商品スペックそのものについてほとんど変化はありません
商品性はそのまま引き継がれています。

しかし主なターゲット層を変更することから、従来レイクにあった郵送による申込み方法は廃止、今後はインターネット、電話、自動契約機のみで受付を行い、とくにインターネットを活用したサービスに注力することになります。

さらにインターネット活用の利便性を、顧客にさらに体験してもらうために、2018年5月10日から専用アプリを使って、スマホだけでセブン銀行ATMから借入れや返済ができる、カードレス対応のスマホATMサービスが開始されました。(商品名e-アルサ)

また「e-アルサ」では、セブン銀行ATMから借入れや返済するにあたり、全ての利用手数料が無料になっています。

一方で、先行してスマホATMサービスを開始したプロミス及びSMBCモビットでは、すでにATM利用手数料の無料サービスが終了し、有料対応に移行しているので、当面の間、レイクALSAのスマホATMが優位性を持つことになります。

ただし将来的にはレイクALSAでも、他社同様、ATM利用手数料の有料化も予想できるので、早めに申込みして利用されることをおススメします。

審査におけるレイクALSAとレイクの違い

最期に審査の面から、レイクALSAと銀行カードローン・レイクの大きな違いを書いておきます。

これまではレイクは銀行カードローンのひとつとして、銀行法の下でその審査や運用がなされてきました。

しかし2018年4月1日以降、レイクはレイクALSAとなることで、再び消費者金融会社、新生フィナンシャルの下で審査やその運用がされることになります。

ご存知のように、消費者金融は貸金業者として総量規制を受けています。
したがってレイクALSAも、今後再び、審査やその運用においては総量規制を受けることになるので、他社を含む貸出総額において申込者の年収の3分の1を超える貸出ができなくなります。

また50万円を超える限度額の審査には、必ず申込者の所得証明書の提出が必要になってきます。
これが今後のレイクALSAの審査に少なからず影響を与えることになるでしょう。

これがレイクALSAと新生銀行カードローン・レイクの大きな違いです。
これからレイクALSAを申込みして審査を受ける人は、この点によく注意して審査に臨んで下さい。

Web完結が便利!複数の銀行が24時間振込に対応!!

レイクALSAではWeb、電話、自動契約機での申込みができますが、なかでもおススメはWebでの申込みです。
もう

また自動契約機を使えば、平日のみならず、土日・祝日にも審査が可能で、その後カードが受け取れて借入れができるので大変便利です。

なお、ここで自動契約機(無人契約機)とは、新生銀行の自動契約機レイクを指し、新生フィナンシャルの自動契約機を意味していませんのでしっかり覚えておいて下さい。
なぜなら新生フィナンシャル(株)には自動契約機そのものがありませんから。

カードローンアルサで利用する自動契約機は、全て提携先・新生銀行の自動契約機レイクのことを指しています。

そこで以下では、そのおススメの借入れ方法2タイプについて、曜日や利用の時間帯ごとに詳しく解説します。(電話による申込み方法については、今回おススメの方法に手続きで重なっている部分も多く、今回は解説を省略します)

Web完結を利用した借入れ

WEB完結のイメージ

Web完結とは、キャッシングの申込みから借入れまで、店舗に行くことなく、手続きの全てをインターネット上で済ますことができる画期的な最先端の借入れ方法です。

2018年5月現在、アコムプロミスSMBCモビット等、大手消費者金融ではすでにメインで使われている借入れ方法ですが、もちろんレイクALSAでもWeb完結は利用できるようになっています。

筆者としては、インターネットを利用した他の申込み~借入れ方法もありますが、これからレイクALSAを申込みしようとしている人には、まずはぜひWeb完結での申込みを検討してもらいたいと思っています。

Web完結を利用すれば、来店手続きも必要なく、しかもカードレス対応※、借入れはスマホから申込みして振込融資で受けられ、さらに契約書等、自宅への郵便物の送付もなくせるので、家族バレの心配もありません。
利用者のニーズに合致した素晴らしい申込み方法となっています。
※レイクALSAのWeb完結では、契約で当初、「カード発行なし」を選択する必要がありますが、後にローンカードが必要になった場合でも、別に電話でレイクALSAの担当者宛て申請することでカードが受け取れます。

Web完結の流れ

以下がレイクALSAのWeb完結による申込み~借入れまでの流れです。

(1)Web申込み
パソコン、スマホ等からレイクALSAの公式サイトにアクセスして申込み。
申込み後、審査開始のメールが入ります。
(2)契約手続き
申込み後、審査完了画面に審査結果がすぐ表示されますので、そのまま契約手続きへ移行して下さい。
本人確認書類、所得証明書等の確認書類等も画像データ化してメールに添付して送信します。
(3)借入れ
事前に登録済みの金融機関口座にレイクALSAから振込融資してもらいます。
(4)返済開始
契約時に登録した銀行取引口座から自動引き落とし(口座振替)で返済開始

なおレイクALSAにおいて、Web完結で申込みするためには、以下の2つの条件を満たす必要があります。

返済で自動引き落としを利用するため、レイクALSAに金融機関の口座情報を提供すること
Webで契約(カード郵送なし)を選ぶこと、そうしないと自宅にローンカードが送られる
Web完結で24時間365日即日振込できる!

レイクALSAはWebから申込みすれば、平日や土日祝日に関係なく21時までに契約完了(審査、書類提出含む)することで、即日融資が受けられます。

またすでに契約が完了している場合、対応する銀行であれば24時間365日即日振込みしてもらえます

24時間365日即日振込みサービスは、2018年10月11日より開始しました。

こサービス開始の背景には一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が、新たに可動させた決済システム「モアタイムシステム」の導入によるもので、本システムに参加する銀行が対象です。

レイクALSAが行っているWeb完結で、即時振込み対応を開始しての変更は以下のとおり。

  2018年10月10日以前 2018年10月11日以降
レイクALSAの
既存ユーザー
平日14時45分までに
会員ページなどから
手続きすれば即日振込み
会員ページなどから
手続きを完了させれば
24時間365日即日振込み
レイクALSAの
新規ユーザー
平日14時までに契約手続き※を
完了すれば即日振込み可能
土日祝日を含め当日21時まで
契約手続き※を完了させれば
即日振込み可能

※契約手続きとは審査や必要書類の確認までを含めた内容

なお、24時間365日即時振込みに対応する銀行は「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」をはじめとする504の銀行です。
地方銀行、信用金庫など非常に多くの金融機関が参加しているので、いま利用している銀行が対象であるかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。

店舗(自動契約機レイク)を使った借入れ

提携先の新生銀行の自動契約機レイクを使ってレイクALSAを申込みすることもできます。

この場合、方法としてはふたつあり、ひとつは確認書類を用意して、直接自動契約機に出向き、申込みから審査、カード受け取りまで全て済ます方法です。
この方法なら、仮に途中で操作に詰まっても、その場でオペレーターに相談できるので心配ありません。

しかしこの方法は、自動契約機に出向いたとき、すでにブース内に顧客がいて待たされたり、必要な確認書類を忘れて、あるいは手続き中に別の書類が必要になって、出直ししなければならなくなるなど、予定外のことも起こりがちです。

そのため、筆者としては、まずネットで申込みから審査、審査結果の確認まで全て済ませておいて、後の契約とローンカードの受取りだけを自動契約機内で済ます方法をおすすめしています。

ただし他社では、Web申込みで契約手続きまで済ませておいて、自動契約機はカード発行のみ対応の先が多いですが、レイクALSAに関しては、この自動契約機の方法では、カード受取りと同時に契約手続きも済ます必要があるので、その違いを覚えておいて下さい。

なお、自動契約機での契約方法は、まず本人の面前で「契約内容確認書」が発行されます。
申込者はその内容を確認後、署名して自動契約機にセットしてレイクALSAに送信します。

なお、契約内容確認書は署名確認後、自宅に持ち帰ることが可能です。

そして、その後続けてカードが発行されます。

ローンカードを受け取った申込者は、自動契約機に併設の新生銀行ATMか、もしくはその他の提携先コンビニATMで借入します。
もちろん、レイクALSAの場合、どのATMを利用しても手数料は無料です。

これが自動契約機を使った借入れ方法の流れとなります。

自動契約機利用の借入れの場合、契約機の稼働時間に注意

ネット申込み後、自動契約機を利用して借入れの場合、自動契約機の稼働時間に注意が必要です。

以下が曜日別、自動契約機レイクの営業時間です。

平日・土曜日 8時~24時
日曜・祝日 8時~22時
毎月第3日曜日 8時~19時

※年末年始除く
※一部店舗で時間が異なる
※初めての申込者の場合、当日契約機での利用の時間帯は8時~22時となります。(要注意)

レイクALSAの場合、平日の14時まではWeb完結等で申込みを行い、全ての手続きを完了させておけば、振込融資で借入れできますが、問題は14時以降(土日祝日含む)の対応です。

幸いなことに、14時以降も自動契約機は22時~24時(毎月第3日曜日は19時)まで動いているので、仮に仕事等で14時以降の申込みとなっても、自動契約機が動いている間にカードを発行してもらうことで、借入れはその日のうちにできるようになります。

しかしながら、自動契約機も一日中動いているわけでもなく、あまり申込み時間が遅いと、その後の手続きも遅れることになり、カードを受け取る前に自動契約機の稼働時間も終了してしまうこともあります。

そのため14時以降の申込みでも、即日で融資を受けるためには、できるだけ早めに申込みされることをおススメします。

レイクALSAの返済方法

レイクALSAでは現在5つの方法を使って返済できるようになっています。

具体的には以下の5つです。

(1)Web返済
(2)提携先新生銀行レイクATM
(3)自動引き落とし(口座引落し)
(4)その他提携ATM
(5)銀行振込

またそれらを返済方法別、返済のタイプ別で分けて一覧表にしたのが以下の表です。
これらは利用者が自分のニーズに合わせて自由に選べるようになっています。

返済方法 返済手数料無料で返済 一括で返済 深夜でも返済可
Web返済
新生銀行レイクATM
自動引落とし
銀行振込
その他提携ATM

返済面で特に注目したい点は、通常の借入れ・返済のATM手数料が全てゼロ(含む提携先ATM)であることです。
レイクALSAのこのメリットにより、利用者は利用の時間帯や曜日、ATMの利用場所など、まったく気にすることなく、借入れや返済をすることができます。

とりわけ返済は毎月のことでもあり、もし手数料が掛かるようならその費用もバカになりません。

その点ではレイクALSAは利用者にはとても優しい消費者金融と言えるでしょう。

レイクALSA、毎月の返済日について

レイクALSAの返済日についてのポイントは以下の3つです。

(1)利用者の都合に合わせて毎月の返済日を指定することができる
この場合、返済日を給料日の2~3日前にすると返済忘れの防止につながります。
(2)その月の返済分に関しては、返済日以前でも返済可能
当月の返済は、返済日当日の14日前から返済できます。
(3)返済日が近くなったらレイクALSAよりメールで知らせてくれる
「ご返済日前案内メール」が利用できますが、その他に「ご返済日後案内メール」サービスもあります。
利用者の都合に合わせて利用できますが、両方のサービスも同時に利用することもできます。
ただし利用にあたり事前登録が必要です。

レイクALSA、返済方式について

レイクALSAの返済方式は「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」です。

残高スライドリボルビング方式は、毎月の返済額を利用時の借入残高に合わせて変動させていく返済方式です。
したがって当初借入れ以後、追加借入が発生の都度、追加借入後の利用残高に応じて、毎月返済額が再設定されますので注意のこと。

また元利定額リボルビング方式は、元金と利息合わせた毎月返済額を、利用残高に関係なく「定額で返済」していく方式です。

申込者の都合に合わせて、ふたつの返済方式から便利な方を選ぶことができます。

レイクALSA、一括での返済について

レイクALSAでは返済のタイプに、毎月の定例返済と別に一括返済があり、曜日等に関係なくいつでも利用可能です。

ただし、一括返済を希望する利用者は、日割り計算により利息を含む要返済額が毎日変わるため、一括返済額を、返済日当日に会員ページまたはフリーダイヤルで確認してから実行するようにして下さい。

またレイクALSAでは臨時での返済も受付可能なので適宜利用して下さい。

レイクALSAの返済金額、返済期間を計算してみる

毎月の返済金額を計算する

借入希望額と返済期間から、毎月の返済金額を計算します。

借入希望額万円

(例)10万円など、万円単位でご入力ください

返済期間カ月

(例)12カ月など、月単位でご入力ください

こちらに結果が表示されます
返済期間を計算する

借入希望額と毎月の返済金額から、返済期間を計算します。

借入希望額万円

(例)10万円など、万円単位でご入力ください

返済金額千円

(例)5千円など、千円単位でご入力ください

こちらに結果が表示されます
借入可能額を計算する

毎月の返済金額と返済期間から、借入可能額を計算します。

返済金額千円

(例)5千円など、千円単位でご入力ください

返済期間カ月

(例)12カ月など、月単位でご入力ください

こちらに結果が表示されます

※レイクALSAの上限金利(18.0%)で計算しております。
※シミュレーション結果は参考データであり、実際のご返済内容、借入額とは異なる場合がありますので、目安としてご利用ください。

レイクALSA(レイクアルサ)の詳細情報
実質年率 4.5%~18.0%
借入限度額 1~500万円
審査時間 即日審査、Webで最短60分融資も可能
対応コンビニ
申込方法 WEB 電話 契約機
申込資格 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方
ご自分のメールアドレスをお持ちの方
必要書類 運転免許証(ない方は健康保険証等)
収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人 不要
手数料・保証料 不要
借入方法 振込、新生銀行ATM、提携ATM
返済方式 残高スライドリボルビング、元利定額リボルビング方式
返済日 希望の返済日を指定可能
返済方法 新生銀行ATM、提携ATM、自動口座引落とし
発行元 新生フィナンシャル株式会社
このエントリーをはてなブックマークに追加

レイクALSA(レイクアルサ)に関連する記事

レイクALSA(レイクアルサ)審査に落ちる8つの原因と審査の流れ

資金使途自由のお金を担保なしで貸してくれて、即日融資も可能なレイクALSA(レイクアルサ)。 提携ATMは利用手数料が一切無料、初めてなら利息までも一定期間無料とあって、お金を借りるならぜひとも選...

続きを読む »

0120-09-09-09はレイクALSA(レイクアルサ)からの電話 かかってくる理由って?

レイクALSAとは、2018年4月から新生銀行グループの新生フィナンシャル株式会社が提供している消費者金融系カードローンです。 2018年3月までは新生銀行レイクとして新生銀行本体が提供している銀行...

続きを読む »

レイクALSA(レイクアルサ)から即日で振込融資をもらう方法

消費者金融カードローンの即日振込でお金を借りれば、指定口座に融資を直接振り込んでもらえます。 「口座の残高不足で困っている」 「来店契約なしで即日融資してほしい」 こんなときにはレイクALS...

続きを読む »

レイクALSA(レイクアルサ)とプロミスでは、どっちを借りたらいいの?決め手は金利と無利息期間!

レイクALSAとプロミスはどちらも広く名前の知られた大手消費者金融で、プロミスは三井住友銀行、レイクALSAは新生銀行のグループ企業で、事業基盤もしっかりした安定した会社です。 はじめて借入を行う際...

続きを読む »

アコム、プロミス、レイクALSA(レイクアルサ)に違いはある!特徴を比較して徹底解説!!

消費者金融業者でいざお金を借りようと思っても、会社の数が沢山あってわからないですし、パッと見ただけで違いは見当もつかないことでしょう。アコムやプロミスやレイクALSA(レイクアルサ)などの大手消費...

続きを読む »

レイクALSA(レイクアルサ)はキャッシング方法が複数あり!幅広いニーズに応えるカードローン

レイクALSA(レイクアルサ)は、新生銀行フィナンシャル株式会社が提供する個人向けのカードローンです。 2018年4月にレイクからレイクアルサへとブランド名を変更し、HPのデザインも一新しました。...

続きを読む »

レイクALSA(レイクアルサ)で3万円借りるメリットあり!選べる2つの無利息期間が魅力!!

長期ではないけど、3連休など短くもまとまった休みがあると、家族や友人、恋人と一緒に近場の旅行を計画したり、買い物などの遊興に費やしたいと思うことがあるかと思います。 でも、そんな時に限って懐具合が...

続きを読む »

レイクALSA(レイクアルサ)が60日間 利息0円キャンペーンを実施

レイクALSA(レイクアルサ)は、「30日間 利息0円」「5万円までの180日間無利息」という2つの無利息サービスを提供していて、このうちどちらかを選択して利用することができます。 無利息期間...

続きを読む »

レイクALSA(レイクアルサ)のスマホアプリで申込から返済までスマホ完結する方法

レイクALSA(アルサ)は2018年4月の新生銀行カードローンレイクのリニューアルにより新たに誕生した消費者金融カードローンです。 今回は、そのレイクALSAの公式スマートフォンアプリがあまりにも...

続きを読む »

レイクALSA(レイクアルサ)から会社に電話がかかってくるタイミングは ? 回避方法はあるの ?

レイクALSA(レイクアルサ)は新生銀行グループの消費者金融、新生フィナンシャル株式会社が発行するカードローン。 消費者金融発行のカードローンなので当然審査がありますが、審査の過程で重要な手続きの1...

続きを読む »

1 2