カードローンは年収で融資額が変わる!?その理由とは

更新日:2018/11/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンを申込むと審査を受けることになりますが、これは申込者に安定した継続収入があるかどうかをカードローン発行会社が見きわめるためです。

つまり安定した返済能力があることが、カードローン審査では重要となります。

返済能力を判断する方法はいろいろありますが、年収はカードローン審査ではどのくらい重要なのでしょうか?

今回はカードローン審査の中でも年収にスポットを当てて解説しましょう。

年収とカードローン審査の関係性

カードローンにはさまざまな発行会社がありますが、ノンバンクと呼ばれている貸金業者のなかには、消費者金融業者や信販会社(カード会社)などが含まれます。

また、銀行などの金融機関が発行するカードローンは、ノンバンクが保証会社として付いており、最終的な審査もノンバンクが実施しています

なお給与所得者が受取っている「年収」についてですが、カードローン審査では手取りの支給額ではなく税引き前の支給額をさしています。

年収と法律的な規制

消費者金融の金融商品は、貸金業法の総量規制の対象となります。

総量規制とは年収の1/3までの貸付に制限する規制で、他社の残高を含めて年収の1/3を超える貸付はできません。

貸付には4種類あリますが、総量規制の対象となるのは「個人向け貸付け」だけです。

個人向け貸付け
個人向け保証
法人向け貸付け
法人向け保証

同じ貸金業者が審査しても銀行カードローンは「個人向け保証」に該当するので、総量規制の対象外となります。

なお、「個人向け貸付け」でも住宅ローンなどの担保ローンは規制対象から除外され、事業者向けローンや借り換えローンも例外とされています。

ちなみに残高を計算する場合、カードローンなど利用枠を設定しているものは、残高ではなく利用枠を残高とみなして計算するので注意しましょう。

つまり残高ゼロのカードローンでも利用枠が100万円であれば、100万円を残高として計算します。

貸金業者は審査をする場合、必ず指定信用情報機関の記録を参照します。

個人信用情報機関は信用情報を保管している

指定信用情報機関では、年収の1/3という上限を超えていないかどうかを判断するための残高情報も提供しています。

すなわち貸金業者が残高を計算するのではなく、指定信用情報機関の情報に基づいて判断しているということ。自身で正確な残高を知りたい場合は、個人信用情報機関に情報開示請求をしましょう。

なお、指定信用情報機関として登録している個人信用情報機関はCICとJICCです。

年収からわかる。借入の最高限度額。

総量規制があるため申し込みする前に、利用限度額の判断ができるので、カードローン審査では事前対策が可能です。

例えば年収300万円だと単純計算で融資限度は100万円となり、もし他社借入額が50万円あったとすると、借入れられる最大限度額は50万円となります。

そのため他社利用が50万円のカードローンでも残高がゼロであれば、解約して申込むこめば100万円の希望額でも審査通過する可能性は高くなるのです。

余談ですが、まったく利用していないカードローンを2倍に増額するよりも、新規に100万円のカードローンを申込むほうが審査に通過しやすかったりします。

増額と年収の関係については、後で詳しく説明します。

 

銀行カードローンも年収が多いほど有利に

オペレーターのイメージ銀行カードローンはノンバンクが審査するといっても、貸金業法の対象ではないため、年収の1/3を超えた借入が可能です。

しかし銀行カードローンも最近では自主規制により、貸金業法の規制に近づいてきています

そのため、現在は年収の1/2を貸し付けの目安としていますが、必ずしも年収の1/2まで借りられるということではありません。

銀行カードローン以外の消費者金融のカードローンも考え方は同じで、年収による制限はあくまで上限という意味になります。

融資を実施する際は、年収以外の要素も考慮して審査しますが、実際には1/3以下の貸し付けであることもあります

銀行カードローンでは年収1/2の目安はあくまで上限であって、現実的には年収から生活費を差し引いた金額も考慮してカードローンの利用枠を決定します。

そのため年収が高い人ほど、より多くの融資を受ける可能性が高くなります

カードローン増枠で金利が下がる!申請のタイミングはいつ?

カードローンを申し込みしたときには、必ずしも希望した利用枠が与えられるとは限りません。
それはカードローンの審査では年収以外にも利用枠を決定する要素があるからですが、信用実績を重ねたり、年収が上がったタイミングにカードローンの増枠申請をすることができます。

次に増枠審査を通過するための条件やタイミングについて解説します。

増額審査を通過する条件

増枠申請するのはいつでも可能ですが、一定の条件をクリアしていなければ審査は通過しません。

一般的には以下の条件を満たしたときに増枠申請をすると審査を通過しやすくなります。

  • 半年~1年以上カードローンを利用している
  • 返済額の延滞や個人信用情報機関に事故歴がない
  • 他社の利用残高や借入件数が申込時より増えてない

カードローンの増枠をするということは現在の利用枠では不足ということなので、カードローンを限度枠まで利用しつつも、きちんと返済を続けていると審査通過の可能性が高くなります。

しかし、安定して支払いができることを示すためには数ヶ月の利用ではなく、できれば1年間は利用することでさらに審査通過の可能性が高まります

これらの条件は、現在の利用枠が年収による上限まで達していないときに有効な条件です。

すでに上限に達している場合は、いくら条件を満たしても増枠することはできません。

年収がアップしたときが増枠のタイミング

カードローンでは年収によって利用枠の上限が決められているので、増枠は年収がアップしたときに行うのがベストです。

しかし給与所得者では定例の昇給では大きく年収が上がるということはありません。

給与所得者の年収が大きく変わるのは昇進した場合です。

昇進して年収が大きく変わったときは、源泉徴収票に反映した時点でカードローンの増枠申請をしてみましょう

もし成果主義で昇給するシステムであれば、一般企業よりも年収が大きくアップすることもあるので、増枠申請のタイミングは多くなるでしょう。

いずれの場合も延滞がないといった条件は共通なので、支払いはきちんとしておくことは最低条件です。

カードローン増枠のメリット

指をさしてポイントを教える先生カードローンを増枠するのは利用枠を増やすことだけが目的ではありません。

カードローンの金利は利用枠と連動しているので、増枠することで金利が下がるというメリットがあります。

増枠したからといってカードローンを利用枠いっぱいまで利用するのではなく、金利を引き下げる目的とするのも有用です

金利上限は利息制限法や出資法で定められているため、100万円を超える融資での金利は年15.0%以上に設定することができません。

金利は100万円未満では年率18.0%となり、100万円未満か以上を境にして年率3.0%もの差があります。

カードローンの場合、100万円の利用枠だと金利は最大で年15.0%。この年率は利用枠によって金利が設定されているので、借入金額に関係なく適用されます。

つまり100万円の利用枠に増額されることで、金利負担を減らすことができます。

カードローンを利用するときの注意点

カードローンは複数のカードを利用するのではなく、1枚のローンカードを利用することでメリットが大きくなります。

  • 低金利で利用できる
  • 増枠申請が通過しやすくなる
  • カードの管理が楽になる

また、他社のカードローンを利用していないことで、増枠審査も通過しやすくなります。
カードローンは1枚で徹底的に利用実績を積み重ねることで、最大限に活用することができます。

借入先は1つにしておくメリットのほうが多いと思うので、これからカードローンを利用しようとしているかたは、長く付き合える事業者を見つけ出してみてください。

まとめ

カードローンやキャッシングは現在の日本では最も手軽にお金を借りることができる融資商品です。

そのため金利は高いというデメリットもあるので、利用者としてはなるべく低金利のカードローンに申込むことが大切です。

しかしカードローンは作ってからも増枠することで利率を下げることもできますし、金利負担に気をつけてさえいればカードローンは緊急の場合に最も役立つ融資商品です

お金を借りることに抵抗はあるかもしれませんが、持っていることでプラスに転じることもあるかと思います。

どうしようかと悩んでいるかたは、一度オペレーターに相談し、申込みしてみてもいいかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事