プロミスのカードレスって何?借入返済の方法と安全性

更新日:2018/10/15
このエントリーをはてなブックマークに追加

「必要なのはアプリだけ。いまどきのベンリ。これからのジョーシキ。」のCMが話題のプロミスアプリローン。
アプリローンとは、ローンカードを使わずにスマートフォンだけでお金が借りられるプロミスの新しいサービスです。

でも、ローンカードを使わずにお金が借りられるって一体どういうことなんでしょう?
デメリットや危険性はないのでしょうか?

今回はこんな疑問を解決するために、カードレスタイプのプロミスについて調査しました!
カードレスキャッシングが気になっている方はぜひご覧ください。

カードレスならスマホだけで借りられる

スマートフォンを持つパート主婦のイメージ

プロミスのカードレスとは、ローンカードを発行しないタイプのカードローンです。

通常、プロミスでお金を借りるときには、カードでATMを操作して現金で融資を引き出します。
そのため、クレジットカードのように専用のローンカード(プロミスカード)を作らなければなりません。
しかし、カードレスタイプであればローンカードを作らなくてもお金が借りられます。
カードを管理する必要がないことはもちろん、カード受け取りのために来店や郵送で取り引きする必要もありません。
カードレスタイプなら通常のカードローンよりも簡単にキャッシングできるのです。

カードレスタイプのプロミスには5つのメリットがあります。

有人店舗・自動契約機への来店なしで借りられる※
契約にあたっての自宅郵送物がなくなる
カードレスなので財布がかさばらない
ローンカードなしで即日融資が受けられる

※店頭手続きをご希望の方は、来店取引でカードレス契約することも可能です。

カードローンを活用する方のなかには、家族や知人、職場の同僚に内緒でお金を借りたいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方にとっては、ローンカードが他人に見られる心配がなくなるという点でも心強いのがカードレスタイプです。

笑顔の先生
カードレスタイプなら申し込み~借入返済までスマホ一台で完結できます!スマホの他にはPC、タブレット、モバイルでも利用できますよ。

ATMも使えるの?カードレスの借入方法

2018年7月時点カードレスタイプのプロミスでも、通常のプロミスとおなじくATMと銀行振込を活用してお金が借りられます。
カードレスタイプではローンカードを使ってATMを操作することはできませんが、セブン銀行の「スマホATM」というサービスを活用すればスマホ一台でATMから融資が引き出せられるのです。
銀行振込融資も、プロミスならインターネットから借り入れの申請手続きができます。
スマホATM・振込融資ともにほぼ24時間365日受付中なので、お好きな借入方法を活用しましょう。

スマホATMのイメージ

(借入方法1)急ぎに便利なスマホATM

スマホATMとは、QRコードとプロミスの専用アプリを使ってATMから融資が入出金できる取引です。
スマホATMに対応しているのは全国のセブン銀行ATMのみですが、セブン銀行ATMはセブンイレブンを中心に全国に2万4,000台以上設置されているので利便性は十分でしょう。
※2018年7月時点

スマホATMの注意点は、入出金にあたって所定のATM利用手数料が発生してしまうこと。
手数料は入金・出金ともに取引額1万円以下の場合に108円、取引額1万円以上の場合に216円発生するので頭に入れておきましょう。

◆プロミスのセブン銀行ATM利用手数料

取引額 借入(出金) 返済(入金)
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

※カード発行タイプの通常のプロミスなら三井住友銀行ATMが利用手数料無料で操作できます。

セブン銀行ATMでのスマホATM操作手順は以下のとおりです。
取引には毎回専用の「ワンタイム暗証番号」が使われるので、セキュリティー面が不安な方でも安心して利用できます。

◆プロミスのスマホATM利用の流れ

  1. プロミスアプリにログインする
  2. 会員ページTOPの「スマホATM取引」を選択
  3. スマホATM取引画面の「入金」を選択
  4. ATM画面にて「スマートフォンでの取引」を選択
  5. ATM画面に表示されるQRコードをアプリで読み取る
  6. スマホ画面に表示される企業番号「8336」をATMに入力
  7. スマホ画面に表示されるワンタイム暗証番号をATMに入力
  8. ご希望の取引金額を入力し確認する

取引完了

笑顔の先生
毎週月曜0時~7時のあいだはメンテナンスのためスマホATMでの入出金ができません。深夜や早朝に利用する際は注意してくださいね。

(借入方法2)手数料0円の銀行振込

プロミスではネットバンキングを活用してインターネット上で振込融資を依頼できる「瞬フリ」というサービスがあります。
瞬フリではその名のとおり融資の振込申請から最短10秒で振り込みを反映してもらえます。
申請後の対応が早いのはスピード対応が売りの大手のプロミスならではです。

振込融資のメリットは借入返済取引に手数料がかからないことです。
カードローンを利用するにあたり利息以外の手数料を極力抑えたいという方はスマホATMではなく銀行振込を優先的に活用しましょう。

振込融資のイメージ

ただし、銀行振込で融資を受ける場合、振り込み申請が平日の14時50分を過ぎると融資の反映が銀行の翌営業日の9時30分頃まで持ち越されてしまいます。
これは銀行の営業時間が平日9時~15時までと限られていることによるもので、土日祝日は銀行が休みであることから即日融資が終日受けられません。
「急ぎでお金を借りたい!」という方がカードレスタイプのプロミスでキャッシングするときには、時間帯を考えて銀行振込とスマホATMとを使い分けてくださいね。

笑顔の先生
急ぎで借りたいときは夕方でも土日祝でもスグ借りられるスマホATMを、時間に余裕があるときは手数料無料の銀行振込を利用すると間違いありませんね。

とはいえ、あなたが三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座をお持ちなら話は別です。
というのも、プロミスなら三井住友銀行かジャパンネット銀行への振り込みに限っては平日・土日祝日ともに24時間最短10秒で融資が受けられるからです。
上記2行のユーザーなら平日14時50分以降でも週末でも快適に振込融資が受けられます。
これなら手数料もカットできて急ぎでキャッシングできてとっても便利ですね。

◆プロミス瞬フリの融資の振込実施時間

三井住友銀行あての振込
  受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
平日 0:00~24:00 最短10秒 毎週日曜21:00~翌7:00、元旦
土日祝
ジャパンネット銀行あての振込
  受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
平日 0:00~24:00 最短10秒 毎週月曜0:00~7:00、元旦
土日祝
その他の銀行あての振込
  受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
平日
0:00~9:00 当日9:30頃 毎週月曜0:00~7:00、元旦
9:00~14:50 最短10秒
14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土日祝 0:00~24:00 翌営業日9:30頃

ひとことポイントのイメージ

プロミスとの取引に銀行振込を活用する場合、通帳の名義欄は「パルセンター」と記入されます。

「プロミス」や「SMBCコンシューマーファイナンス」とは記入されないので、周囲に内緒で借りたい方でも安心して利用できますよ。

振込返済しか使えない?カードレスの返済方法

借入時とおなじく返済にあたっても、プロミスならカードレスタイプでもスマホATMが活用できます。
カードレスタイプの返済は「口座振替(口フリ)」「銀行振込」「ATM返済」の3つの方法がありますから、お好きなものを使い分けましょう。

消費者金融への口座振替のイメージ

なかでも返済方法として一番オススメなのは口座振替です。
口座振替なら毎月の返済が自動引き落としで完了するので、うっかり忘れで返済を遅延してしまうリスクが減らせます。
プロミスでは、返済が遅れてしまうと滞納金として年20.0%の金利が発生してしまいます。
毎月の返済はなるべく口座振替で済ませて、返済遅れのないように心がけましょう。
※プロミスに限らず、カードローンの滞納金は基本的に年20.0%です。カードローンを利用する際には期日内の返済に努めましょう!

なお、口座振替に手数料は発生しません。
金融機関には三井住友銀行とジャパンネット銀行を初めとして全国の地方銀行や信用金庫、労働金庫の口座が返済用口座として登録できます。

毎月の返済に便利な口座振替に対し、銀行振込とATM返済は繰り上げ返済に向きます
繰り上げ返済(追加返済、随時返済、臨時返済とも)とは、月々の最低返済額以上の金額を返済すること。
お財布に余裕があるときには進んで繰り上げ返済し、早期完済に努めましょう!

ただし、スマホATMは返済にあたっても所定の手数料が発生してしまいます。
繰り上げ返済にはなるべく振込返済を活用するほうがよりお得に返済できてオススメですよ。

笑顔の先生
スマホATMで返済するときの手順は借入時とおなじです。QRコードをプロミスアプリで読み取って手続きしましょう。

プロミスの毎月の返済日は5日、15日、25日、末日のいずれかからあなたの都合にあわせて選択できます。
例外として、口座振替に三井住友銀行とジャパンネット銀行以外の金融機関を利用する場合には、返済日は5日に固定されます。
月々の最低返済額は1,000円から。
返済額はカードローン残高(借入額)や適用利率によってその都度増減するので、返済日前に会員ページで確認しておくと安心です。
※詳細:プロミスの返済額はいくら?月々1,000円~無理なく返済可能

カードレス契約の安全性

悩む学生アルバイト

カードレスタイプのカードローンはまだ歴史の浅いローンサービスなので、多くの方にとっては聞き馴染みのないものだと思います。
それゆえにセキュリティーの面で何らかのリスクがあるのでは?と不安に思われる方もいるでしょう。

しかし、カードレスタイプのカードローンには特別な安全面のリスクはありません。
カードレスタイプでは銀行のネットバンキングを活用して借入返済の取引をするだけなので、カード情報が外部に漏れたり、個人情報が漏えいしたりする危険性は極めて少ないです。

逆にいえば、ローンカードの盗難・紛失によってカードが悪用されるリスクがない分、ローンカードタイプのカードローンよりはカードレスタイプのほうが安全ともいえます。

スマホATM取引をするときも毎回ワンタイム暗証番号が発行されるので、暗証番号が漏れて不正にキャッシングされる心配はありません。

カードレスタイプだからといって特別なリスクは発生しないので安心してくださいね。

プロミスカードレス契約の申込方法

カードレスタイプのプロミスの申込方法は、通常のプロミスとおなじです。
有人店舗、無人契約機、Web、電話、郵送のいずれかから審査に申し込み、審査結果を受けたら申し込みを済ませましょう。
書類提出後は契約手続きに進みます。
契約手続きのなかでカードの要不要が尋ねられるので、「カード不要」を選択してください。
契約手続きの過程で「カード不要」の選択を忘れると通常のカードローン扱いとなりローンカードが発行されてしまいます。注意しましょう。

数ある申し込み方法のなかでも、急ぎの方やお近くにプロミスの有人店舗、自動契約機がない方、来店する暇が無い方には便利な「Web完結サービス」がオススメです。
Web完結とは、プロミスへの申し込みから書類提出、契約手続き、借入返済に至るすべての手続きがインターネットだけで済ませられる便利なサービスのこと。
Web完結を活用すれば来店取引も郵送取引もいらなくなりますよ。

プロミスWeb完結サービスを利用するときは、まずWebからプロミスに審査申し込みをします。
申込フォームのなかに契約手続き方法の質問箇所があるので、「Web」を選択しましょう。

画像は実際のプロミス申し込み画面より

プロミスでは平日・土日祝日ともに夜22時まで最短30分審査を実施してくれます。
お仕事終わりやお出かけ帰りに申し込んでも即日融資が受けられるので、急ぎの方にもWeb完結はオススメですよ。

◆プロミスWeb完結の流れ

  1. Webで審査申し込み
    ※契約手続き方法に「Web」を選択
  2. 審査・在籍確認
  3. アプリかメールで必要書類を提出
  4. 契約手続き画面で「カード不要」を選択
  5. カードレス契約完了!

必要書類に関しては、借り入れの希望額が50万円以下の場合は本人確認書類だけの提出でよく、収入証明書は原則提出しなくてもOKです。
※他社に借り入れがあり、プロミスの希望額と借入総額の合計が100万円超の方は収入証明書の提出が必要です。
本人確認書類には運転免許証かパスポート、または健康保険証と住民票のセットなどを用意しましょう。
提出書類に関する詳細は公式サイトでチェックできます。

 

「在籍確認が不安…」そんな方にはSMBCモビットもオススメ!

プロミスとおなじく、SMBCモビットでもカードレスタイプのカードローンが利用できます。

SMBCモビットのうれしいポイントは、Web完結サービスを利用すれば電話連絡がなしになるところ!
SMBCモビットWeb完結では社会保険証と給与明細書で在籍確認をする代わりに、職場への電話連絡をなしにしてくれるのです。
「カードローン会社から職場に電話を掛けてほしくない」という方はプロミスではなくSMBCモビットでカードレス契約しましょう。
※関連:電話なしのSMBCモビットWEB完結!必要書類や土日の融資など徹底解説

笑顔の先生
ただし、プロミスには初めての人限定の最大30日間の無利息サービスがありますが、SMBCモビットには無利息サービスがありません。初回の融資をお得に借りたい方はプロミスを利用しましょう。
まとめ

カードレスタイプのプロミスは、わざわざローンカードを発行せずともキャッシングが利用できる便利なカードローンです。
カードレスタイプといっても、スマホATMに対応しているプロミスならスマホ一台でセブン銀行ATMがいつでも操作可能。
銀行振込だけでなく提携ATMも利用できるので、他社のカードレスカードローンと比べて借入返済の利便性が非常に高いのが特長です。

カードレスタイプを利用したい方は、まずはプロミスに申し込んで審査と書類提出を済ませましょう。
契約手続きのなかで「カード不要」を選択すればカードレス契約が完了します。

消費者金融のローンカードを管理したくない方、アプリやネットで気軽にキャッシングしたい方、プロミスとの来店・郵送取引が難しい方はぜひ検討してみてくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事