カードローンの増額審査はどうすれば通るの?

更新日:2018/06/06
このエントリーをはてなブックマークに追加

すでにカードローンを利用している方の中で、増額(増枠)を考えている方もいらっしゃると思います。

しかし、「増額を申し込んでも通りにくい気がする・・・」「増額審査と新規契約のときの審査って何が違うんだろう?」と、不安と疑問がいっぱいでなかなか増額申込をする一歩を踏み出せずにいるかもしれません。
そんな方に向けて、増額審査についてご説明していきます。

増額申込をするタイミングを間違わないで!

増額審査をパスするために大切なのは、増額を申し込むタイミングです。

増額審査はインターネットや店頭窓口からいつでも申し込めますが、申し込みのタイミングしだいで審査結果が変わることがあるので、闇雲に申し込むのはやめましょう!

増額申込の良いタイミング
昇給・昇進したとき

増額申込は、初回契約時に設定された利用限度額を超えて追加でお金を貸してほしいと金融機関にお願いする行為です。
そのため、増額を承諾してもらうためには、初回契約時よりもあなたの返済能力が上がっていることを金融機関に証明できなければなりません

返済能力の向上を示すためにもっとも効果的なのは、年収や社会的地位の上昇です。
経済力がアップし社会人として安定できれば、金融機関から「増額してもきちんと返済できるだろう」と認めてもらいやすくなるからです。

昇給や昇進が直近に控えているという方は、なるべくそのタイミングを待ってから増額審査を受けましょう!

増額案内がきたとき

増額案内とは、これまでの借入・返済実績が良好な人に対して金融機関が送る「増額審査のお誘い」です。

笑顔の先生

例えば、「半年以上にわたって定期的にカードローンでキャッシングしていて、一度も返済を滞納したことがない」という実績があれば、金融会社から「利用限度額をあと10万円増額できる可能性が高いです。増額審査に申し込みませんか?」といった案内が届きます。
これが、増額案内です。

誠実な利用者と長い付き合いができれば、金融機関は安全に利息収入を得ることができます。
そのためにも、金融機関は優良顧客に向けて増額案内をしているのです。

増額案内が届くことは、あなたが金融機関から一定の信用を得られていることの証明にほかなりません。
ですから、増額案内がきたときは増額審査にパスしやすいタイミングといえるのです。

他社カードローンを完済&解約したとき

初回審査の時点で他社に借り入れがあった人は、利用限度額を低めに設定されるケースが多いです。
他社に借金があると、自社の借金返済に充てられる資金が限られてしまうため、返済能力が低いとみなされてしまうからです。

しかし、これは裏を返せば、他社での借金が完済できれば利用限度額を増額してもらえる可能性があるというコト。
今後使わないローンに関しては解約してしまえば、「もうA社ではお金を借りません」という意思表示につながります。

完済・解約できるローンがある方は、増額申込の前に手続きを済ませておきましょう!

ひとことポイントのイメージ

貸金業者カードローンを使っている方は、総量規制の観点からも他社でのローンを完済・解約したほうが増額審査にパスできる可能性が広がりますよ。
総量規制とは、あなたが借りられる借金の上限をあなたの年収の1/3までに制限する法律のコト。
増額希望額が年収の1/3に届きそうな人は、一度「消費者金融の限度額は年収で決まる!?限度額を下げられないための注意点」のページをチェックして増額できる限度額を確認しておきましょう!

増額申込の悪いタイミング
契約して間もないとき

新規契約して間もない頃は利用実績が浅いため、あなたが優良顧客かどうかを金融会社は判断できません。
あなたが「真面目にキチンと返済しますから増額してください」とお願いをしても、その言葉を裏付ける証拠がなければ、金融機関は審査をパスさせられないのです。

初回審査で満足のいく利用限度額がもらえなかったとしても、増額審査にチャレンジするのは実績を作ってからにしましょう。

就職・転職して間もないとき

就職や転職して入社後間もないときも、新規契約時とおなじく「この人は長くこの会社に勤め、安定して収入を得られる人」と判断することは難しいです。

企業によっては入社後3ヶ月間は契約社員扱いとなるケースもあるくらいですから、安定収入を証明するためには少なくとも3ヶ月~半年の勤務実績を積み上げましょう

信用情報に事故情報がのっているとき

信用情報とは、クレジットカードやカードローンの利用履歴や、延滞・自己破産に代表される金融事故の履歴がまとめられた情報のことです。

私たち個人のこれらの情報は、「信用情報機関」と呼ばれる3つの機関によって保管されていて、ローン審査などの参考にするために金融機関がいつでも照会できる仕組みになっています。

審査時の信用情報照会

増額審査のときにも、例に漏れず信用情報は照会されます。
このときもしも「他社での延滞履歴」や「債務整理の履歴」などが金融機関に見つかれば、増額審査にパスできる可能性は一気に低くなるでしょう。

信用情報に事故情報があれば、例え金融機関から増額案内をもらえていたとしても審査落ちしてしまう危険があります。
もし金融事故に心当たりがある方には、一度ご自分の信用情報を開示なさることをオススメします。
※関連:知って損なし!ローン審査の要となる個人信用情報機関とは?

ひとことポイントのイメージ

ローンの滞納や債務整理のほかに、「短期間で多数のローンに申し込むこと」も増額審査に悪影響をおよぼすとされています。※俗にいう「申し込みブラック
信用情報では過去のローンの申し込み履歴もチェックできますから、あわせて確認しておきましょう!

増額審査を5つのポイントで自己採点

増額審査をパスするためには、いくつかポイントがあります。
下記のポイントにあなたが当てはまっているかどうか、自己採点してみてください。

【1】新規契約時より年収がアップしている

新規契約のとき、当時の年収を金融会社に申告しましたよね。
その頃から、あなたの年収は増えていますか?

年収が増えていたら、新規契約のときよりも返済能力が上がっていると判断され、審査をパスできる可能性が上がります。

【2】返済を一度も遅れたことがない

あなたは今まで返済を滞らせたことはありませんか?

悩む学生アルバイト

カードローンは毎月1回の約定返済がルールです。
金融機関から信用を得るためには、このルールを守れるかどうかが大きなポイント。
もし一度でも返済遅れの経験があれば、あなたが増額審査にパスできる可能性は下がってしまいます。
借入額が増えれば増えるほどに返済管理は難しくなるので、増額してもらうためには現時点で返済に苦戦していないことが当たり前の条件となるのです。

【3】定期的に借入返済している

ローンカードでキャッシングするイメージ

新規契約をしてから、あなたはどれくらいの頻度でカードローンを利用していますか?
もしカードを作っただけで一度もキャッシング経験がなければ、増額審査で返済能力を十分に評価してもらうことはできません。

カードローン利用者のなかには「滞納履歴さえなければ、実績面で審査に不利になることはない」と考える人もいるようですが、増額審査を受けるにあたっては実績がないことは明らかなマイナス要素です。

審査通過を目指すなら、まずは定期的にキャッシングを利用してカードローンの利用実績を積み上げましょう!

【4】繰り上げ返済を活用している

繰り上げ返済とは、月々の最低返済額よりも多めに返済することをいいます。
多めの返済を心掛ければ、その分ローンの完済時期が早まるため、キャッシングにかかる利息総額を抑えることができます。

お財布と相談しながら活用する繰り上げ返済は、利用者に計画性があればこそできるコト。
そのため、繰り上げ返済の実績がある人は返済能力が高いと判断され、金融機関から高い信用を得られます。

返済履歴の善し悪しは、増額審査をパスできるかどうかに大きく関わってきます。
増額を成功させるためにも、返済時には「滞納に気をつける」だけでなく「繰り上げ返済を活用する」ことも心掛けましょう!

【5】登録情報の変更点はその都度報告している

あなたは住所や会社・メールアドレスなどの登録情報が変更になったとき、その都度金融機関に報告していますか?

「別に連絡しなくてもいいか」「面倒だし連絡していない」なんてことでは、増額審査時にマイナスに働いてしまうかもしれません。
なぜなら、金融会社の規則には「当社に登録されている情報に変更が生じた場合、すみやかに報告すること」という内容が含まれているからです。

驚くキラキラ女子のイメージ

金融機関にとって利用者の正しい情報を把握しておくことは、破産や夜逃げなどによる貸し倒れの不利益を発生させないために欠かせないコト。
「変更連絡していないくらい・・・」と思っていると、今回のような増額をお願いするときなどに力になってもらえないかもしれません。

上記5つのポイントで問題ないと自己採点できたとしても、必ず審査をパスできるとは限りませんが、可能性は上げられますよ。

新規より増額申請の方が手間いらずで審査も早い!?

新規契約のとき、書類にたくさん記入したり・提出書類を用意したりする必要がありましたよね。

増額申込の場合、変更がなければ記入や書類の提出はほぼ必要ありません。

スマートフォンを持つパート主婦のイメージ

変更があった場合や新規契約のときに収入証明書を提出していなかった場合は、改めて記入や提出を求められることはあります。
でもそれは、「家賃の高いところに引っ越した」「年収がアップした」など、返済能力が上がったことを金融会社にアピールできる訳ですから、必要な手間なので惜しむ必要はないと思います。

在籍確認についても、勤務先が変わっていなければ電話連絡しない場合がほとんど!

ただし、金融会社が必要と判断すれば、記入・書類提出・在籍確認はありますので、増額申込をする前に確認してください。

審査の時間についてですが、新規のときよりも早く結果がでる金融機関もあります。
新規申込のときは3営業日以降でないと審査の結果が出なかった銀行でも、増額審査だと即日で審査結果を出すところもあります。
ただ、審査の時間についても金融機関によって違いますので、事前に確認してください。

増額審査をパスできなかったときのリスク

増額審査をパスできなかったときに起こるリスクは、今よりも限度額が下げられてしまうという事態です。

驚く若手社員のイメージ

増額審査をパスできなかった原因はいくつかありますが、返済能力がないことが理由で審査をパスできなかったと考えてみてください。
審査の結果、「この人は返済能力が低いので増額できない」と判断されるだけでなく、「この人は新規契約のときより年収が下がっているから限度額も減らしましょう」という判断になってしまうのです。

増額審査の結果、増額もしてもらえず・借入限度額まで下がってしまったという現実が起こってしまうかもしれません。

増額がダメなら落ち着いて新規申込

増額してもらえなかった場合の対処法は、2つです。

1つは、利用実績を上げて金融機関側からの増額案内を待つ方法。

ただし、時間をかけて待つ必要があり、「今すぐお金が必要なんだ」という方には不向きなため、そういう方には他社で新規契約をする方法をオススメします。

指をさしてポイントを教える先生

消費者金融で新規申込をして審査に通れば、即日融資ですぐにお金を借りることができ、かつ、増額するよりも融資額が高い可能性があります。
例えば、あなたがもともと10万円貸していた友人から「追加でもう少しお金を貸してほしい」と言われたとき、1万円や3万円であれば首を縦に振れるかもしれませんが、あらためて10万円貸してくれと言われたら断りたくなりませんか?
金融会社も同じで、元々融資をしていた相手に再び同じ額を融資するというのは考えにくいです。

その点、新規契約であれば、最初から借入限度額が50万になることも考えられます。(借入限度額は審査により決定)

また、大手消費者金融(プロミスアコム・アイフル)で新規契約した場合、無利息サービスを受けることができます

無利息サービスとは、一定期間の融資期間に対して金利は発生しないというサービスです。

30日間の無利息期間を設けている消費者金融がほとんどなので、30日間は元金のみの返済で良く、利息を払う必要はありません。

オッケーサインの万年係長

ここで1つ注意したいのが、一度に複数の金融機関に新規申込をして申し込みブラックになることです。

申し込みブラックになると、「この人はとてもお金に困っている人だからキチンと返済してもらえないかもしれない」と判断され、融資を断られかねません。
ですから、申込先の金融機関を落ち着いて選ぶ必要があります。

しかし、「他社で新規契約をするといっても、どこを選べば良いか分からない」という方もいるでしょう。
前文でご紹介した無利息期間のある消費者金融を選ぶという決め方も1つですが、他社を選ぶときのポイントは、保証会社です。

保証会社とは、金融会社が借主からお金を返済してもらえないなどの場合、借主に代って返済し、借主に返済を請求できる機関です。

カードローンは保証人不要のローンなので、あなたが金融機関でお金を借りる際、必ず保証会社からの保証を受けなければなりません。
消費者金融は自社保証のため保証会社はありませんが、銀行は必ず他社の保証会社と契約しており、中には保証会社が消費者金融である銀行もあります。
例えば、三菱UFJ銀行の保証会社はアコム株式会社、つまり消費者金融のアコムです。
もしも三菱UFJ銀行で増額を断られてアコムに新規申込をしたとしたら、実質アコムでの審査を連続して受けることになりますから、商品は違えどアコムで新規申込をしても審査結果が同じになる可能性があります。

ですから、他社を決めるときは増額審査をパスできなかった金融会社が利用している保証会社を調べ、その保証会社を利用していない金融会社を選ぶ方が審査をパスしやすいのです。

まとめ

増額審査をパスするために確認しておきたいポイントをお伝えしました。

増額審査で注意するポイント

  • 増額審査は有利なタイミングで申し込む
  • 金融機関にとって自分が「信用と返済能力ある優良顧客かどうか」を考える
  • 増額審査には利用限度額が今より下がるリスクもある
  • 増額審査に失敗したら増額案内を待つか他社に新規で申し込む

増額申込をするということは、「今借りているお金では足りないので、もっと貸してほしい」とお願いすることです。
あなたが友人から追加融資をお願いされたとき、どんな相手だったら追加でお金を貸してあげようと思うかを考えてください。
はじめにお金を借りたときからずっと、真摯な態度でいるかどうかはとても大切なのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事