SMBCモビットのスマホATM取引はカード不要!24時間365日、いつでも使える

更新日:2018/09/07
このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちの毎日の生活のなかで、欠かせないアイテムの1つにスマートフォン(スマホ)があると思います。

登場したばかりのときはケータイ電話としての代替という認識でしたが、いまでは様々なことに利用できるようになり、なくてはならない存在になっているのではないでしょうか。

じつはカードローンでもスマホを使ったサービスがあります。

なかでもSMBCモビットが提供する公式アプリを使い、全国のセブンイレブンなどに設置されているコンビニATM、「セブン銀行ATM」から入出金できる「スマホATM取引」というサービスは2017年5月からスタート。「とっても利便性が高いサービスだ!」という評判の声を耳にします。

そこで今回は、SMBCモビットのスマホATM取引サービスについて詳しく紹介いたします。

スマホATM取引ってどんなサービス? メリットやデメリットはあるの?

そもそもスマホATM取引とはどういったものなのかというと、スマートフォンとATMを連携させることで、キャッシュカードやローンカードを使うことのない、カードレスで現金の入出金を可能とするサービスのことです。

このサービスは「じぶん銀行」と「セブン銀行」が2017年3月27日から共同でサービス提供を開始し、全国に24,000台以上あるセブン銀行ATMをスマートフォンで利用することができるというもの。

サービスを利用するには対応するサービスのスマートフォンアプリをダウンロードし、必要事項をアプリに登録することでセブン銀行ATMの出入金をスマホから操作することができます。

スマホATMのイメージ

スマホATM取引のメリットとデメリットは以下のようになります。

 

メリット

アプリ操作から入出金がおこなえる
キャッシュカードなどがなくてもスマホがあれば使用できる
メンテナンス時間を除き、24時間365日利用することができる

デメリット

アプリの設定などが少し面倒
スマートフォンがないと利用できない
対応するサービスがまだ少ない

2018年5月現在、スマホATM取引に対応する事業者は、銀行系では「じぶん銀行」のみで、ノンバンク系だと「SMBCモビット」「プロミス」「レイクALSA」「アイフル」「LINE Pay」の合計6社です。
ノンバンク系の中でもっとも早くにサービスをスタートさせたのがSMBCモビットです。

SMBCモビットは「最新テクノロジーを活用し、新たな金融価値創造に挑戦する」という企業理念を掲げ、これまでにも国内初の「WEB完結」を導入。カードローン業界にIT化の波を運んできている先鋭的な企業といえます。

最大のメリットは安全性!ローンカード使用よりも、危険が少ない理由とは?

スマートフォンを利用するということで、その安全性について不安に思う人も多いのではないかと思います。

しかし、iPhoneであればTouch IDやFace ID、Android端末では指紋認証や顔認証、さらに虹彩認証といった端末自体に強固なセキュリティ機能が搭載してあります。

特に個人情報を必要としているアプリには、必ずといってもいいくらいセキュリティに関する機能設定を用意しています。

二重三重の情報保護により、暗証番号入力だけのカード利用よりも安全であると言えます。

お金に関わる情報ですから、ほかの情報よりもさらに強固なセキュリティを施しておきたいですよね。

SMBCモビットのスマホATM取引の特徴は?

それではSMBCモビットのスマホATM取引の内容はどういったものなのか、詳しい内容をみていきましょう。

まずはSMBCモビットの会員がスマホATM取引を利用するメリットについてまとめてみました。

SMBCモビット スマホATM取引のメリット

  • ローンカードなしで、セブン銀行ATMから融資が受けられる
  • 全国24,000台以上あるセブン銀行ATMを24時間365日利用できる
  • WEB完結申込の即日融資が、契約手続きが21時までに完了すればできる
  • SMBCモビットを利用しているとは気づかれにくい

スマホATM取引はiPhoneならAppストア、Android端末ならGoogle Playから無料ダウンロードできるSMBCモビット公式アプリを使って操作します。

初回ログイン時には「カード番号」「生年月日」「ユーザーID」「インターネットパスワード」といった項目の入力が必要です。

登録した情報については、「入力情報の保存」にチェックしておくことで保持され、次回以降は暗証番号を入力するだけでログインすることができます。

また、ログインは暗証番号による方法以外に、「指紋」「顔」「音声」といった認識方法を選択することができます。

より高い安全性を求めるのであれば、暗証番号以外のログイン方法を設定しておいたほうが安心できることと思います。

SMBCモビットのスマホATM取引はアプリでラクラク!

SMBCモビットのスマホATM取引で出金取引をするには、以下の手順でおこなっていきます。

アプリ起ち上げログインし「スマホATM取引」を選択する

「ご出金(借入)」を選択する

セブン銀行ATMの画面にある「スマートフォン・出金・入金」をタップする

ATMの画面に表示されたQRコードを読み取る

スマホ画面に表示された「企業番号」をATM画面に入力する

借入れたい金額を入力・確定する

現金と利用明細書を受け取る

流れだけを見ると「なんだか面倒そう?」と感じるかもしれませんが、実際に操作してみるとそこまでの煩わしさはなかったのですが、人によってはカードによる手続きのほうが便利だと思うかもしれません。

しかし、出金・入金後の利用情報は即座に反映されるので、次回の支払期日と支払金額についてすぐに確認することができます。

ちなみに返済のために入金をする場合、大きな流れは一緒ですが「ご出金(借入)」と選択したところで、「ご入金(返済)」を選択して手続きをすすめることで、返済をおこなうことができます。

ATM利用手数料は有料。無料で使う方法はあるの?

メリットは沢山ありましたが、実は1つだけデメリットもあります。

それはATM利用手数料がかかる点です。

この手数料は出入金の両方で発生し、その金額は取引金額によってかわります。

ATM利用手数料

  • 1万円以下:108円
  • 1万円以上:216円

手数料については、提携する三菱UFJ銀行ATMやイオン銀行ATMといった銀行ATM、ローソンATMなどの各種コンビニATMから出入金する場合も、同じくATM利用手数料がかかってしまいます。

手数料を無料にする方法はある?

手数料を無料にする方法は、三井住友銀行店舗内に設置されている提携ATMを利用した場合に限り、出入金の手数料がかかりませんが、スマホATM取引に対応していないのでローンカードが必要です。

また、三井住友銀行や三菱UFJ銀行の銀行口座を持っている人は、口座振替による自動引き落としによる支払いでも可能。さらにWEB完結に限り、先の2銀行に加えてゆうちょ銀行も対象です。

少しでも出費を抑えたい場合は、これら銀行口座を返済用の振込口座としてもっておくのもいいかもしれません。

コンビニATMと間違わない!!返済にはマルチメディア端末を使おう

手数料がかからない返済方法は、もう1つだけあります。

それは、ローソンやファミリーマートなどに設置されているマルチメディア端末を使ってする方法で、端末の画面上からSMBCモビットを選択し、画面指示にしたがって操作をすすめていきます。

注意したいポイントとしては、コンビニATMではなく「Loppi(ロッピー)」や「Famiポート」といったマルチメディア端末を利用した場合のみ、ATM手数料無料になるということ。

加えて、こちらを利用する場合もローンカードが必要となってくる点も合わせて気をつけてください。

コンビニATM取引に対応したセブン銀行ATMや、ローンカードを使用するコンビニATM各種は基本的に24時間365日利用することが可能です。

ただしシステムやマシンメンテナンスの時間や、年末年始やゴールデンウィークといったタイミングでは、銀行の営業に合わせて利用できないこともあるので、長期休暇の際などはしっかりと確認しておいてください。

SMBCモビットは公式アプリですべて完結することができる

ちなみにSMBCモビットの公式アプリは、スマホATM取引以外の機能も備えています。アプリでできることは、以下のような内容となっています。

  • 振込キャッシング
  • スマホATM取引
  • 書類提出
  • ID/パスワード変更
  • 利用状況紹介
  • お支払い予定日登録
  • 約定支払日(返済日)変更

アプリの機能は基本的に会員専用サービスとなっており、取引開始することで利用できます。

ところが「書類提出」は契約前であって利用できる機能で、カードローン契約時に必要な書類をアプリのカメラ機能を使い撮影・送信することができるようになっています。

つまり、このアプリを使うことで、PCと同じように無人契約機や窓口などへ足を運ばずにWEB完結申込をすることができ、カードの発行も必要ないということであれば、完全カードレス契約の完了となるのです。

 

審査の進捗も確認OK!SMBCモビットは柔軟な対応も魅力

アプリには「SMBCモビット公式サイト」へのリンクも用意されているので、わざわざブラウザを開かなくても自動的に遷移してくれるため、カードローン審査の進捗状況が気になる場合もアプリを利用すると便利。

また、すべてスマートフォンで完結することができるので、カード申込書類や利用明細証といった、カードローン取引をおこなっていると分かるモノが郵送されてくることはありません。

余談ですが、電話連絡による職場への在籍確認について、SMBCモビットは柔軟に対応し代替案を提示してくれるので、どうしても会社に電話をして欲しくない場合は相談することをオススメします。

SMBCモビットWEB完結とスマホATM取引という強力なコンビネーションを利用することで、これまで14時50分以降までに契約および申請が完了していないと受けられなかった融資が、夕方以降であっても受けられます。

WEB完結で銀行振込による融資しかできなかった非常に利便性の高いサービスへとさらに進化しました。

なお、ローンカードが必要な場合は、別途ローン申込機からカード発行・受け取りをしてください。

もちろん、このアプリは契約前の人だけではなく、すでにSMBCモビットを利用している場合でも使うことができます。

当然ながらスマホATM取引機能も、使用することができるので、カード取引からカードレス取引に移行するなんてことも可能。

自分にとって最適な使いかたを見つけ出せるのではないでしょうか。

まとめ

SMBCモビットのスマホATM取引は、他社に先駆けサービスをスタートさせています。財布にあまりカードをいれたくないという人や、できるだけカードローンを利用していることをしられないで使いたいというニーズを持った人に最適な方法であると言えるかと思います。

また、SMBCモビットではアプリからWEB完結や、各種手続きの変更といったことができます。

スマートフォンさえあれば、いつでもどこでも場所を選ぶことなく使えるので、直接、無人契約機などに足を運ぶことが難しい人であっても利用でき非常に利便性の高いサービスです。

半面、利用者は総量規制で保護されているのの、気楽に使うことができるということから、自分の返済能力を超えた借入れをする可能性も否めないことと思います。

非常に便利になっているからこそ、残高や返済期日照会機能を有効利用して、計画的な返済を心がけるようにしてみるのが良いのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事