来店不要でお金を借りれるカードローンは?

更新日:2018/06/07
このエントリーをはてなブックマークに追加

急ぎでお金を借りたいのに、忙しくて店舗まで行っている時間がない人。
誰にも会わずにカードローンを申し込みたい人。
また、カードローンに抵抗がある人など…

そんなすべての人が気軽に借入できるのが「来店不要」のカードローンです。

インターネット環境があれば、スマホひとつで申し込み、契約、借入・返済までできるというカードローンが増えてきています。

しかし、よく調べて申し込まないと、結局は店舗に行く羽目になることもあります。

ここでは、来店不要で借入できるカードローンの紹介や、申込方法、必要な物や注意点もわかりやすく解説します。

来店不要カードローンの申込方法

大手の消費者金融や銀行カードローンでは、複数の申し込み方法があります。

来店不要(店頭窓口や自動契約機(無人契約機)に行かない)で契約したいなら、申込方法は、インターネット、電話、郵便、ファックスのいずれかになります。

なかでも、時間をかけず、気楽に手続きできるのがインターネット申し込みです。

指をさしてポイントを教える先生

実際、カードローン利用者の大半はインターネットか自動契約機から申し込みを行っていて、来店不要となればインターネット申込がもっとも便利と言えます。

インターネット申込なら、パソコンやスマホひとつで24時間いつでも申し込めるので、忙しい人に最適です。

さて、インターネットでカードローン契約することを「WEB契約」と呼びます。

WEB契約では、インターネットでの情報のやりとりと、ローンカードや契約書といった書類が郵送され、契約が完了します。

対して「WEB完結」と呼ばれる申込方法があり、郵便物の送付がなかったり、場合によっては電話連絡がなかったりと、インターネットでのやりとり以外は最低限に抑えられるサービス内容になっています。

来店不要のカードローンを選ぶ際は、来店さえ避けられればOKなのか、自宅に郵便物が届くのはOKかなど、自分の状況に合わせて、WEB契約やWEB完結を見極めることが必要になってきます。

来店不要の2つのパターンを知ろう

笑顔の先生

ひとくちに「来店不要」と言っても、カードローン会社によって対応は異なります。

まずは、来店不要で契約までできればOKなのか、借入はATMまで行けるか、借入や返済もWEBでしたいのかなど、自分の希望をはっきりさせましょう。

そして、自分に合ったカードローン探しを始めます。

カードローンのサービス内容を調べずに申し込むと、たとえインターネットで申し込みができても、契約や借入のために結局店舗まで行かないといけない場合もあります。

また、来店は不要でも、借入はATMまで行かないとできないことも多いので、希望通りに手続きできるのか、慎重な確認が必要です。

来店不要の2つのパターン

インターネットで申し込み・契約・借入・返済を行う

借入は振込融資、返済はネット返済を利用する形になります。
※詳しくは、後章「来店不要で借入できるカードローン」へ

インターネットで申し込み・契約し、借入はATMでOK

インターネットで契約すると、その後ローンカードが自宅へ郵送されます。

ローンカード受取後は、カードローン会社のATM、コンビニなど提携ATMでいつでも取引できるので、時間を気にせず利用したい人にオススメ。

ただし、ローンカードが到着するまで基本的にATMは利用ないので、急ぎの人は自動契約機まで行ってカード発行しなくてはいけません。

WEB契約のデメリットは郵便物

郵送のイメージ

カードローンのWEB契約では、後日自宅への郵送物があることを忘れてはいけません。

自動契約機で契約すれば、ローンカードや契約書がその場で受け取れますが、WEB契約などで店舗に来店しないとなると、基本的にローンカードや契約書は自宅に郵送される形になります。

しかし、郵便物が届くと言っても、封筒にはカードローンの利用とばれにくい工夫がされています。

大手消費者金融から自宅への郵便物には、正式な社名が書かれていないので、ぱっと見は消費者金融からのものとわかりにくくなっているのです。

郵便物の差出人表記

  • プロミス:事務センター
  • アコム:ACサービスセンター
  • SMBCモビット:MCセンター
  • アイフル:AIセンター

上記の差出人名は、インターネットなどで調べればわかってしまうものの、一見しただけではカードローン関係の郵便とはわかりません。

それに、よほど家族から怪しまれていない限り、差出人名を詳しく調べられることもそうありませんよね。

しかし、郵送物がどうしても嫌な場合には、自動契約機で契約手続きするか、プロミス・SMBCモビットいずれかのWEB完結を利用すれば避けることが可能です。

来店不要で借入できるカードローン

新人OLのイメージ

充実したサービスで人気の大手消費者金融4社では、いずれも来店不要で借入・返済が可能です。

契約した後も、借入や返済、登録情報の変更など、あらゆる手続きがインターネットの会員サービスで便利に行えるようになっています。

また、一部の銀行カードローンでも、利用条件はあるものの、来店不要で借入が可能となっています。

特にネット銀行は、そもそも実店舗自体を持っていないので、インターネットを介した取引が可能となっている場合が多いようです。

WEBで取引可能できるおすすめカードローンは以下の通りです。

プロミス
アコム
アイフル
SMBCモビット
三菱UFJ銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン
オリックス銀行カードローン

プロミスとSMBCモビットには、郵送物なしといった特徴のある「WEB完結」の申し込み方法があります。
※詳しくは後章「カードレス・郵送物なしのWEB完結」へ

三菱UFJ銀行カードローンみずほ銀行カードローンについては、自行の口座があればWEB完結申込が可能です。

一方、アコムやアイフルですが、契約後にローンカード等の郵送はあるものの、WEBで申し込みや契約、振込融資が可能なので、「WEB完結」をうたっていなくても十分便利なカードローンには違いありません。

来店不要の借入に必要な物・申込の流れ

PCとスマートフォンの図

カードローン会社によって手順は少し異なりますが、手続き内容はだいたい同じで、来店不要で借りるにはまずスマホやパソコンからインターネット申込を行います。

ここでは、初めて申し込む人のために、大手消費者金融の申し込み~借入のイメージを紹介します。

あらかじめ、おおまかな流れを知っておけば、戸惑うことなくスムーズに借りることができますよ。

大手消費者金融のWEB契約の流れ

1.インターネットで申し込み
申込書フォームに個人情報を入力します。

2.必要書類の提出
本人確認書類(場合によっては収入証明書類も)の画像をWEBでアップロードします。

3.審査・在籍確認
個人情報や個人信用情報機関の登録情報から、申込者の返済能力が審査されます。
審査においては、在籍確認も必須となっており、勤務先への電話連絡が行われるのが基本です。
4.審査結果の連絡
メール(もしくは電話)で審査結果が通知されます。

5.契約内容の設定・確認
利用限度額や返済額、返済日など、契約内容の設定や確認を行い、契約完了します。

6.借入(振込依頼)
来店不要、ATMも使わない場合は、WEBを通じて借入する振込融資を利用します。

上記の流れの中では、カードローン会社から申込確認のためなどに電話がかかってくることがあります。

電話と言っても、申込確認や在籍確認はほんの一瞬で終わりますし、申込者本人以外が出た場合、会社名ではなく担当者の個人名を名乗ってくれるので、まわりにカードローン利用がばれる心配はいりません。

在籍確認はスタッフ個人名でなされる

もし、カードローン会社からの電話連絡をなしにしたい場合は、SMBCモビットのWEB完結がおすすめです。

SMBCモビットのWEB完結なら電話連絡なしで契約が可能となっています。

また、WEB契約するには、インターネット環境と、本人確認書類(収入証明書類が必要な場合も)、振込融資を利用するには、利用する金融機関の口座情報を用意しておきましょう。

WEB契約の魅力は借入までの早さ

時計

カードローンのWEB契約の利点と言えば、なんといっても借入までのスピードであり、24時間いつでもネット申込ができ、店舗まで時間をかけて行く必要がありません。

書類提出も、手元の書類をスマホで撮影して画像データをWEBでアップするだけ。

審査の間も、店舗内で長時間待たされるということがないので、時間を有効活用できます。

ただ、審査はカードローン会社の営業時間内しか行っていないので、契約自体はいつでもできるわけではありません。

たとえばプロミスなら、自動契約機の9時00分~22時00分(※一部21時もあります)となっており、ネット申込者の審査もこの間に行われます。

夜間の申込は審査結果が翌日以降になる可能性が高いので、急ぐ場合は20時頃までに申し込むようにしましょう。

また、営業日や営業時間は消費者金融や銀行によって異なります。

大手消費者金融なら土日祝日や夕方以降の審査、契約にも対応しているので、とても便利です。

ただし、即日の振込融資を受けたい場合、基本的には平日14時頃までの手続きが必要になるので、時間に余裕をもって申し込みましょう。

土日でも急ぎで借りたい方は、「土日に即日融資できる金融機関とその方法」をぜひ参考にしてみてください。

大手消費者金融のプロミスやアコムでは、土日祝日などに限らず、最短1時間で借りられるカードローンなのでおすすめです。

振込融資ならネットだけで借入もOK

振込融資のイメージ

WEB契約した後、主な借入の方法は「ATM」か「振込融資」の二択です。

ATMは、コンビニで土日祝日も24時間借入できるなど、時間を気にせず利用できるのが最大のメリットです。

しかし、WEBの操作だけで借入したいなら振込融資しか方法はありません。

振込融資は、振込キャッシングとも呼ばれ、借入金を銀行振込してもらう方法です。

外出せずにスマホひとつで借入できるので、時間がない人、内緒で借りたい人にも嬉しいサービスです。

しかし、振込融資で即日借入するには、手続き時間に注意が必要です。

カードローン会社や利用する金融機関によって異なりますが、即日の振込融資を受けるには、平日14時頃までの振込依頼が必要です。

対応時間を過ぎると、振込は金融機関の翌営業日になってしまいます。

また、振込融資を利用する際は、振込先にも注意してください。

特に、銀行カードローンは自行の口座しか使えないというところもあります。

大手消費者金融であれば、あらゆる金融機関口座が振込先に使えますが、心配な人は念のためカードローン会社の公式サイトで対応する金融機関を確認しておくといいでしょう。

また、一部の銀行カードローンでは口座開設を条件としているところもあるので、急ぎで借りたい場合には、口座不要でもお金を借りれるカードローンから検討するようにしてください。

土日祝・夜間の振込融資OKの即時振込サービス

カードローンで当日中に振込融資を受けるには、一般的に平日14時頃までの手続きが必要です。

しかし、アコムとプロミスでは、24時間振込融資が受けられる即時振込サービスを行っています。

指定する銀行口座を持っていれば、土日祝日や14時以降でも振込融資を受けることが可能です。

アコムの即時振込サービス

アコムでは、楽天銀行の口座があれば、24時間、受付完了から最短1分で振込融資が受けられます。

楽天銀行の口座があれば24時間いつでも申込み~借入までOK

ただし、メンテナンスなどでサービス停止となっている間は利用することができません。

アコムのメンテナンス:毎週月曜日1時00分~5時00分、毎日23時50分~0時10分

プロミスの即時振込サービス「瞬フリ」

プロミスでは、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座があれば、24時間、受付完了から10秒程度で振込融資が受けられる「瞬フリ」というサービスを利用できます。

プロミス 瞬フリ

ただし、毎週日曜日0時00分~7時00分はサービス停止となり利用できません。

三井住友銀行を利用する場合は、毎週日曜日21時00分~翌月曜日7時00分もサービス停止時間です。

詳しくは、「プロミスの瞬フリなら24時間いつでも借りれる」で解説しているので参考にしてみてください。

カードレス・郵送物なしのWEB完結

大手消費者金融のプロミスとSMBCモビットには、「WEB完結」という申込方法があります。

WEB完結は、申込から契約、借入・返済までWEBでできるのはもちろん、カードレス、郵送物なしなので、まわりに内緒で借りたい人にはぴったりです。

「ローンカードや郵便物など、管理が煩わしい」
「家族に内緒なので、証拠物は残したくない」

という人は申込を検討してみてはいかがでしょうか。

プロミス、SMBCモビット、それぞれにサービス内容や利用条件が異なるので、自分に合ったものを選んでくださいね。

プロミスWEB完結の特徴

申込~借入・返済までWEBで完結
郵送物なし
カードレス
※カード発行なしで契約しても、後からカード発行が可能です。

プロミスのWEB完結には特別な利用条件はなく、さまざまな人が申し込めるのが特徴です。

初回契約者なら、メアド登録とWEB明細利用で30日間の無利息期間が適用になるので、金利の高さが気になる人におすすめです。

プロミス カードレス WEB完結

ただし、プロミスのWEB完結であればカードレスなので自宅への郵送物は回避できますが、プロミスはWEB完結であっても在籍確認は実施される点だけは事前に理解しておきましょう。

もし、職場への電話連絡を避けたい場合は、下記のSMBCモビットのWEB完結申込が最もおすすめです。

SMBCモビットWEB完結の特徴

申込~借入・返済までWEBで完結
電話連絡なし
※審査で確認が必要な場合等には電話がかかってくることがあります。
郵送物なし
カードレス

SMBCモビットのWEB完結の一番の特徴は電話連絡がないこと。

勤務先への電話連絡がないので、会社にも家族にももっともバレにくい申込方法と言っていいでしょう。

しかし、申し込み条件が厳しく対象者が限られています。

SMBCモビットWEB完結の申込条件

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている

加えて、以下の書類の写しを提出できることが条件となってきます。

本人確認書類として、運転免許証かパスポート
収入証明書類としていずれか1点
源泉徴収法
税額通知書
所得証明書
確定申告書
給与明細書
直近2か月分、用意できる人は賞与明細書直近1年分も
勤め先の確認書類として、以下の2つの写し
健康保険証(全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証)
給与明細書(直近1か月分)
まとめ

大手消費者金融、一部の銀行カードローンでは来店不要でお金を借りることが可能です。

インターネット環境があれば、申込から契約、借入・返済までスマホやパソコンで行えるので、店舗や自動契約機まで運ばなくてもOKです。

もし「来店不要」という点以外に、郵便物や電話連絡など、プライバシー面に不安がある人はプロミスやSMBCモビットのWEB完結申込を検討するといいでしょう。

ただし、振込融資を利用する場合、当日振込の受付時間に注意が必要です。

時間を気にせず借入したいなら、ATMで借入する方法も視野に入れましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事