SMBCモビットは総量規制の対象外?借入時の注意点とは

更新日:2018/11/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行系のカードローン、銀行グループ…さまざまな言葉で呼ばれるなかで「SMBCモビットは総量規制の対象外!?」と思っている人がいるかもしれませんが、それは間違いです。

SMBCモビットは銀行グループのカードローン会社ではありますが、総量規制の対象となる消費者金融です。

つまり、SMBCモビットでは年収の3分の1を超える借入はできません。

こうしたSMBCモビットと総量規制の関係を知っておかないと、必要なだけお金が借りられないなど、契約してから後悔する恐れもあります。

ここでは、SMBCモビットと総量規制で勘違いしがちな点、借りる際の注意点、気になるおまとめローンの方法などについて、わかりやすく解説していきます。

SMBCモビットは総量規制の対象

三井住友銀行グループのSMBCモビットは総量規制の対象です。

テレビCMなどで「三井住友銀行グループ」という言葉を聞いて、銀行だから総量規制は関係ないと捉える人がいるようですが、SMBCモビットは消費者金融であって銀行ではありません。

銀行系のカードローン、銀行系消費者金融などと呼ばれるのでややこしいかもしれませんが、SMBCモビットは消費者金融であることを頭に入れておきましょう。

ここで改めて総量規制について説明しておきます。

消費者金融、信販会社、クレジットカード会社(クレジットカードはキャッシング枠のみ)といった貸金業者は、2010年の貸金業法の改正で導入された総量規制の対象となります。

総量規制の解説

貸金業法における総量規制とは、貸金業者が貸付できる額を利用者の年収の3分の1までに制限するもので、利用者の借り過ぎや多重債務者の増加を防ぐ目的があります。

そして、総量規制には「除外」と呼ばれ、対象外となる貸付があり、住宅ローンや自動車ローン、高額医療費の貸付などがそれにあたります。

さらに、総量規制の「例外」といい、貸付の残高には算入するものの、返済能力があれば例外的に年収の3分の1を超えた貸付ができるものもあります。

総量規制の例外とされるもののひとつに、“顧客に一方的に有利になる借り換え”があり、おまとめローンが該当します。

たとえば、プロミスには「貸金業法に基づくおまとめローン」という専用のローン商品があり、年収の3分の1を超える借入が可能となっています。

対してSMBCモビットは、フリーカードローンのみで専用商品の取扱いがありません。

ちなみに、銀行や信用金庫、信用組合といった金融機関は貸金業者ではないので、総量規制の対象にはなりません。

SMBCモビットの借入は年収の3分の1まで

SMBCモビットは総量規制の対象となるので、年収の3分の1を超える借入はできません。
※契約者本人の収入によって借入額の上限が決まるため、SMBCモビットでは無収入の専業主婦は配偶者に収入があったとしても借入できません。

また、既に他社借入がある人は、借入総額が年収の3分の1までに制限されます。

他社借入額が多くて新規借入ができない人は、他社借入を減らしてから新規申し込みを行います。

借入可能額の例

▼SMBCモビット1社から借入する場合
年収300万円なら借入上限額は100万円
※300万円×1/3=100万円

▼既にA社で30万円、B社で30万円の借入がある場合
年収300万円ならSMBCモビットでの借入上限額は40万円
※300万円×1/3-30万円-30万円=40万円

指をさしてポイントを教える先生

もし、借入希望額が総量規制をオーバーする場合は、審査落ちするか、契約できたとしても総量規制の範囲内で利用限度額が設定されます。

また、契約後においても信用情報は定期的にチェックされるので、借入額が増えることで、SMBCモビットや他社での借入額が制限されるケースも出てきます。

ただし気をつけたいのが、“年収の3分の1”は制度上の上限額であって、実際の借入可能額ではないという点です。

実際にカードローンを申し込んで契約しても、年収の3分の1よりもかなり少なめの利用限度額が設定されることがほとんどということを覚えておきましょう

利用限度額の設定には、総量規制以外にも、申込者の個人情報や信用情報などから総合的に返済能力を判断されるのです。

ここでひとつ注意点として、他社借入額は偽ることはできないことを理解し、必ず正しく申告するという点があります。

消費者金融や銀行でお金を借りると、必ず個人信用情報機関に取引情報が登録されます。

個人信用情報機関は信用情報を保管している

SNBCモビットに限らず、カードローン会社各社は、審査の際に加盟する個人信用情報機関に申込者の過去・現在の借入状況を照会するので、偽ってもバレてしまいます。

収入証明書類でも年収をチェックされる

SMBCモビットの申し込みには、本人確認書類と収入証明書類の提出が必要です。

申し込み時に申告した年収が正しいかどうか収入証明書類でしっかりチェックされるので、年収を偽ることはできません。

SMBCモビットでの収入証明書類

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細書の写し(直近2か月分。賞与のある人は年間の賞与明細書も必要)

もし、契約を急いでいて収入証明書類の用意が間に合わない場合は、プロミスがおすすめです。

プロミスなら、借入額50万円以内もしくは他社借入も含めた借入総額が100万円以内なら、原則収入証明書類なしで申し込み可能です。

なお、SMBCモビットでの収入証明書類の扱いについては、「SMBCモビットで収入証明書不要はウソ?アナタの信用力と希望額が影響」で詳しく説明しているので参考にしてください。

SMBCモビットにはおまとめ専用ローンがない

消費者金融では原則年収の3分の1までしか借入ができません。

しかし、おまとめローンについては総量規制の例外となり、審査に通過できれば年収の3分の1を超えた借入が可能です。

おまとめローンとは複数の借金を1本化するもので、お金の管理がしやすくなるだけでなく、うまくいけばそれまでより金利を下げることもできます。

おまとめローンイメージ

おまとめローンを組むと返済額の見直しや、返済計画の立て直しも行えるので、複数の借金を抱える人は検討してみてはいかがでしょうか。

さて、大手消費者金融のプロミス、アコム、アイフルではおまとめ専用ローンの取り扱いがあります。

しかし、SMBCモビットには、おまとめ専用ローンがありません。

会社名/サービス名 おまとめローン商品
プロミス おまとめローン
アコム 借換え専用ローン
アイフル おまとめMAX
SMBCモビット おまとめローン専用商品なし

SMBCモビットにはおまとめ専用商品はありませんが、通常のカードローンを契約し、おまとめローンとして利用する(SMBCモビットからの借入金で既存の借金を一括返済する)ことはできます。

ただし、SMBCモビットからは総量規制の範囲内での借入となるので、高額借入は難しく、目的を果たせない可能性が高いことは考えておかなくてはいけません。

笑顔の先生

SMBCモビットの融資限度額は800万円と、他の大手消費者金融に比べて多いので、おまとめ目的の高額借入が可能なように思われがちです。

しかしそれ以前に、総量規制の影響を忘れてはいけません。

また、おまとめ専用ローンの審査は、他社借入があるのが前提ですが、通常のカードローン審査となると、他社借入件数が多いことが審査に不利に働きます。

もしSMBCモビットで希望額を借りられたとしても、実質年率3.0~18.0%と金利が低くないので、おまとめ前より利息が増えてしまう恐れもあります。

借金を一本化したことで返済期間が長引けば、利息総額がさらに増える可能性も出てきます。

このように、SMBCモビットのおまとめローンとしての利用にはあまりメリットが感じられそうにありません。

おまとめローンなら他社も検討して

悩む万年係長のイメージ

大手消費者金融でおまとめローンを利用するなら、プロミスやアコムの専用商品をチェックしてみましょう。

複数の借金が一本化されて管理しやすくなり、返済計画を立て直すのに便利です。

しかし、消費者金融のおまとめローンとなると、金利は低くないので、金利面でのメリットはあまり期待できません。

もし金利負担を抑えることが目的なら、今の借入先よりも低金利で返済負担を少なく借りれるカードローンを探すのがいいでしょう。

おまとめローンに関しては、「おまとめローンの選び方・審査・利用の注意点」に詳しくまとめているのでぜひ参考にしてください。

まとめ

SMBCモビットは総量規制の対象となるので、年収の3分の1を超える借入ができません。

また、SMBCモビットにはおまとめ専用ローンがないので、おまとめローンを組みたい場合でもフリーのカードローンを契約することになります。

ただ、通常のカードローンとしては便利でメリットの多いSMBCモビットですが、おまとめローンとしての利用となると、審査基準、金利面などを考えてメリットは多くありません。

おまとめローンで金利を下げることが目的なら、銀行カードローンをチェックしてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事