プロミスなら土日も借りれる!自動契約機をフル活用

更新日:2018/02/06
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロミスは、土日や祝日であっても、当日中に融資を受けることが可能です。

たとえば銀行カードローンであれば、土日に申し込めても審査していないことや、即日融資に対応していないことが多いので、プロミスがいかに便利なのかがわかりますよね。

しかし、プロミスでも土日に即日融資を受けるには、利用方法が限られてくるので注意が必要です。

では、土日に借りるにはどうすればいいのか、注意点もふまえて詳しく説明していきます。

合わせて、土日の返済や増額手続き、各種問合せ対応についても紹介します。

プロミスは土日も借入可能

プロミスのカードローンは、土日祝日でも申し込み、契約、そして借入までが可能です。

しかも即日融資が可能なので、急に借りたいと思い立っても間に合います。

大手消費者金融であればどこでも土日祝日の借入は可能ですが、なかでもプロミスは営業時間が長く、使い勝手の良さは一番と言っていいでしょう。

しかし、プロミスで土日祝日に即日融資を受けるには3つの条件を満たさなければいけません。

1.申し込み方法はWeb、自動契約機、電話のいずれか
2.在籍確認に対応できること
3.下記のいずれかにあてはまること
・プロミス自動契約機か三井住友銀行ローン契約機へ行けること(ローンカード発行を行う)
・三井住友銀行かジャパンネット銀行口座を持っていること(振込融資の利用)
・スマホを持っていてセブン銀行ATMまで行けること(スマホATMの利用)

1.申し込み方法はWeb、自動契約機、電話のいずれか

笑顔で「コチラ」と言っている先生

プロミスの申し込み方法には、Web、自動契約機、電話、店頭窓口、郵送があります。

しかし、土日に即日融資を受けるには、Web、自動契約機、電話のいずれかで申し込みが必要です。

店頭窓口は営業が平日のみ、郵送での契約には数日かかるため、まず避けましょう。

また、申し込み当日に借入するには、営業時間をチェックして余裕をもった手続きを行わなくてはいけません。

プロミスの自動契約機や電話窓口の営業時間は夜22時までとなっているので、遅くても20時までには申し込みをスタートさせたいところです。

なぜなら、プロミスは、自動契約機が営業している22時まで審査に対応しているものの、21時を過ぎると審査結果の回答が翌日以降になる可能性が高くなるからです。
※営業時間が21時までなら19時までの申し込みが理想

同様に、24時間申し込み受付となっているWeb申し込みでも、即日融資を希望するなら20時頃までに申し込みを行いましょう。

▼プロミスの申し込み受付時間

Web 申し込みは24時間受付
自動契約機 9時00分~22時00分(一部営業時間が異なる店舗あり)
電話(プロミスコール) 9時00分~22時00分(新規申込)

2.在籍確認に対応できること

プロミスの新規契約審査では、土日祝日であっても在籍確認が行われ、応じられないと審査に通過することはできません。
土日の在籍確認について、詳しくは後章「土日も在籍確認は必須」で説明します。

3.下記のいずれかにあてはまること

プロミス自動契約機か三井住友銀行ローン契約機へ行けること(ローンカード発行を行う)
三井住友銀行かジャパンネット銀行口座を持っていること(振込融資の利用)
スマホを持っていてセブン銀行ATMまで行けること(スマホATMの利用)

プロミスで土日祝日に即日融資を受けるには、借入方法が限られてきます。

ローンカードを使ってATM借入、振込融資、アプリを利用したスマホATM、いずれかの方法で借入することになりますが、そのためには上記3つのいずれかにあてはまらないといけません。

では、次章以降で土日祝日の即日借入の方法を詳しくみていきましょう。

即日融資を受けるなら自動契約機が便利

土日の即日融資を受けるのにもっともおすすめなのが、Web申し込み後に自動契約機でローンカード発行する方法です。

借入はATMで行うので、銀行口座を使うことなく、また金融機関の営業時間に左右されずに現金を借りられます。

自動契約機が近くにない場合、Web申し込み後の契約手続きであれば井住友銀行のローン契約機でも行うことができます。
※三井住友銀行ローン契約機はプロミス自動契約機に比べると営業時間が短い場合、また土日祝日が休業日となっている店舗もあるので、行く前に公式サイトでチェックしておきましょう。 

参考:プロミスの店舗・ATM検索(プロミス公式)

借入までの流れ

  • 1.Webで申し込み
  • 2.本人確認書類の提出(Webで画像の送信)
    ※契約手続き方法を「来店」と選択した場合は来店時に提出
  • 3.審査開始
    ※在籍確認も行われます
  • 4.審査結果の連絡
  • 5.自動契約機へ行き、契約手続き
  • 6.ローンカード発行、契約完了
  • 7.ATMで借入

もちろん、申し込みからローンカード発行までを自動契約機で行うことも可能です。

しかし、自動契約機で申し込みから行うと、審査の間その場で待たなくてはいけないので、Web申し込み+自動契約機がおすすめというわけです。

プロミスの申し込みや契約は、自動契約機を利用すれば、土日も平日とほとんど変わりなく手続きが行えます。

ただ、土日は混み合う可能性が高いので、時間に余裕を持って手続きするようにしてくださいね。

自動契約機でローンカードを受けとれば、あとはATMでの借入です。

プロミスの自社ATMなら24時まで営業しているうえに、利用手数料がかかりません。

提携コンビニATMは24時間借入できるメリットがあるものの、利用手数料がかかることを覚えておきましょう。
※ATMは提携先によって営業時間が異なります。

また、メンテナンス等により利用停止となる場合があるので注意してください。

提携ATM 手数料
取引額 手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

※三井住友銀行ATMなら利用手数料無料

三井住友銀行・ジャパンネット銀行口座があれば瞬フリを利用

振込融資のイメージ

振込融資は、振込キャッシングとも呼ばれ、利用者の銀行口座に借入金を直接入金してもらえる借入方法です。

一般的にカードローンで当日中に振込融資を受けるには、平日15時頃までの手続きが必要です。

しかし、プロミスは、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座があれば土日祝日であっても当日中に振込融資を受けられます。

つまり、プロミスの瞬フリなら24時間いつでも借りれるのです。

また、振込融資はローンカードがなくてもOKなので、Webで申し込みから契約、借入まで行えるのが魅力です。

審査に通過し契約できれば、会員サービスにログインして振込先口座を登録し、振込融資の手続きを行いましょう。

プロミスの三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行口座への振込融資は「瞬フリ」と呼ばれていて、受付完了から10秒程度で振り込みが実施されます。

しかも手数料は無料、24時間いつでも利用可能。

一方、三井住友銀行、ジャパンネット銀行口座がない人は、土日祝日に振込融資の依頼手続きをしても、振込実施は翌営業日となります。

三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座がない人が土日の即日融資を受けるには、自動契約機でローンカード発行するか、スマホATMを利用するしかありません。

プロミス振込実施時間土日も借入できる利便性を考えると、瞬フリのために三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を新しく持つ価値は十分あると言えます。

しかし、口座開設は当日すぐにできるものではありません。

契約時には間に合わなくても、契約後に口座を開設し、会員ページから登録口座の変更を行えば、土日の借入ができるようになってとても便利ですよ。

スマホATMならカードも口座も不要

プロミスが2017年から導入した借入方法にアプリローンを利用した「スマホATM」があります。

以前は土日祝日に即日融資を受けようと思うと、自動契約機でローンカードを発行するか、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行口座で振込融資を受けるかの2択でした。

しかし、スマホATMのサービスが開始されたことで、土日祝日に即日融資を受ける選択肢が増えたのです。

スマホATMは、土日祝日でもカードレスでセブン銀行ATMから借入ができるという画期的なサービスです。

スマホATMで土日即日融資を受ける条件

  • スマホに専用アプリをダウンロード(アプリローンの利用)
  • Web完結で契約すること
  • セブン銀行ATMで借入

スマホに専用アプリをダウンロードしたら、申し込み、必要書類の提出、契約まですべてを行えます。

詳しくはプロミス公式サイトの「アプリローン」をチェックしてみてください。

土日も在籍確認は必須

プロミスで土日祝日に融資を受ける方法を紹介しましたが、いずれも審査に通ることが前提条件です。

プロミスでは土日祝日も審査に対応していて、在籍確認も行われおり、当然、在籍確認をクリアしないと審査に通過することはできません。

在籍確認は、申込者の勤務先に電話をかけて行うのが基本です。

在籍確認のイメージ

内容を知れば怖くないプロミスの在籍確認ですが、そもそも土日は勤務先が休みで電話連絡に応じられない人も多いのではないでしょうか。

そこで、勤務先が休業日の場合の在籍確認の対処法をいくつか紹介します。

1.職場に入れるなら、自分で電話に出る

在籍確認はこまかな時間指定ができないので、職場に着いた時点でWeb申し込みをして、在籍確認の電話がかかってくるのを待ちます。

もし勤務先の電話が留守番電話に設定されていると、かかってきた電話に気づけないかもしれません。

一旦は留守電を解除し、在籍確認の電話を待ちましょう。

ただし、勤務先の電話を私用することになるので、トラブルのないよう十分注意してください。

2.休日出勤する人に対応を頼む

もし休日出勤者がいることがわかっていれば、その人に対応を頼むのもひとつの手です。

申込者本人が電話に出られなくても、他の人の「本日は休業日なので休んでおります」といった返答で在籍が認められます。

3.プロミス担当者に相談

どうしても在籍確認の電話に対応できそうにないなら、申し込み後すぐにプロミスの担当者に電話相談しましょう。

休業日で職場への電話に応じられないこと、急ぎで融資が必要なことを伝えます。

審査状況にもよるので必ずとは言えませんが、他の方法での在籍確認を提案してもらえるかもしれません。

在籍証明書類の提出で電話連絡なしにできる場合も

後日、在籍確認することを条件に少額だけ融資してくれたり、電話ではなく書類で確認してくれたり、プロミス担当者からの提案や指示に従うようにしましょう。

しかしながら、原則在籍確認は電話で行われ、終わるまでは融資を受けることができないことになっています。

土日に確実に融資を受けるには、余裕をもって平日のうちに申し込みや在籍確認をクリアしておくのが理想です。

プロミスの必要書類の準備も忘れずに

プロミスの契約には、本人確認書類の提出が必須です。

また、借入額によっては収入証明書類も必要になります。

土日祝日であっても、平日と同様に必要書類の確認を含む審査が行われます。

Web契約の場合は書類画像の送信、自動契約機で契約する場合は書類を持参するようにしましょう。

本人確認書類(身分証明書)

・運転免許証
・運転免許証を持っていない場合は、パスポートまたは健康保険証+1点(住民票など)
※健康保険証+「1点」が必要となるのは、来店での契約手続きの場合
※外国籍の人は、在留カードまたは特別永住者証明書も必要

○本人確認書類の住所と現住所が異なる場合は、以下の書類いずれか1点も用意してください。
・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書(電気、水道、ガス、NHKのいずれか)
・住民票の写しもしくは住民票の記載事項証明書

収入証明書類

・希望借入額が50万円超
・希望借入額と他社での利用残高の合計が100万円超

○上記にあてはまる人は、次の書類のうち1点を用意
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2か月+1年分の賞与明細書)
※賞与がない場合は直近2か月の給与明細書

返済日が土日の場合は翌営業日に

消費者金融への口座振替のイメージ

プロミスで設定した毎回の返済日が土日祝日、年末年始といったプロミスの休業日にあたる場合、返済期日は翌営業日となります。

返済期日が毎回の返済日より前倒しされることはないので安心してください。

しかし、返済期日は1日でも過ぎれば延滞となり、遅延損害金が発生してしまいます。

必ず返済期日に間に合うよう入金処理を行いましょう。

増額審査は土日対応していない!?

プロミスの限度額を増額させる方法は、プロミスコール(0120-24-0365)か会員サービス内の「限度額変更のお手続き」、自動契約機から申し込みを行います。

しかし、プロミスコールでのオペレーター対応は平日9時00分~18時00分となっており、その間しか増額を申し込むことができません。

また、会員サービスから増額を申し込んだ場合も、プロミスからの連絡は翌営業日(平日9時00分~18時00分)となる可能性が高いです。

もし、どうしても土日祝日に増額審査を受けたいなら、土日祝日に営業している自動契約機から申し込むようにしましょう。

増額して限度額が増えると金利が下がる可能性もあります。

プロミスでの金利引き下げについては、「プロミスの金利は借入額に応じて引き下げが可能」を参考にしてください。

限度額が増額すれば金利は下がる

ただし、増額審査は通常のカードローン審査よりもハードルが高くなります。

せっかく申し込んでも増額できない可能性があります。

土日に限らず、どうしても急ぎでお金が必要なら、増額よりも他社で新規借入する方が手っ取り早いでしょう。

しかも、無利息サービスを実施している他社で新規契約できれば、30日間無利息で借入できるので増額より得できるかもしれませんよ。

土日の問合せは自動音声のみ

オペレーターのイメージ

プロミスは、土日祝日も電話での各種問い合わせに対応しています。

ただし、土日祝日の電話問い合わせは、音声自動応答となっています。

オペレーター対応につながるのは、平日9時00分~18時00分のみ。

土日祝日は新規申し込み以外の電話受付業務は行っていないようです。

しかし、土日でも急ぎを要するのが、ローンカードの紛失や盗難。

ローンカードの紛失・盗難の電話受付は24時間となっているので安心して問い合わせが行えます。

プロミスコール:0120-24-0365

また、インターネットでの問い合わせについては、対応時間が9時00分~21時00分としています。

時間外に受け付けた問合せは9時00分以降に回答が得られます。

まとめ

プロミスは、土日祝日でも申し込みや契約、借入が可能です。

しかし、土日祝日に即日融資を受けるには、申し込み方法や借入方法が限られるので、よく確認して手続きしましょう。

また、土日であっても必要書類の提出や在籍確認への対応は平日同様に必要となるので、しっかり対応してくださいね。

プロミスは土日も借りられるので、ずっと営業していると思われがちですが、電話対応業務、問合せについては、土日祝日は休業となっていることを覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事