アコムむじんくんでの契約なら在籍確認はどうなる?

更新日:2018/01/11
このエントリーをはてなブックマークに追加

指をさしてポイントを教える先生

アコムの魅力と言えば、土日祝日も即日融資可能という大手消費者金融ならではの対応スピードです。

しかし、どんな状況であっても在籍確認をクリアできないと、借入どころか契約すらできません。

では、むじんくんで契約するとき、在籍確認はどのように行われ、どう対処するといいのでしょうか?

どうしても電話連絡に応じられないときの対策も含めて、むじんくんでの在籍確認について詳しく解説します。

今すぐキャッシングしたい人にきっと役立つ情報です!

むじんくんでも在籍確認は必須

アコムのカードローン審査では、インターネット、店頭窓口、むじんくん、電話…どの方法で申込・契約する場合でも在籍確認が必須です。

急ぎでお金が必要なときに頼りになるアコムでも、在籍確認をクリアしないことにはいつまでたっても借入できないのです。

そもそも、「在籍確認」という言葉はカードローン利用が初めての人には聞きなれないかもしれません。

在籍確認は、申込者の返済能力を測るために欠かせない審査のひとつです。

在籍確認のイメージ

アコムに限らず、カードローンの申し込み時には、勤務先、勤務先住所や電話番号、雇用形態、年収など、申込者本人の収入に関するさまざまな個人情報を入力します。

しかし、入力した個人情報が嘘では意味がないので、本当に申告した勤務先に勤めているかを「在籍確認」を行うことでチェックされるのです。

消費者金融、銀行カードローン、どのカードローン会社を利用する場合でも、在籍確認を避けることはできません。

アコムの在籍確認ではバレない

勤務先にアコムから電話が入ると聞くと、まわりに借金がばれないか不安になりますよね。

特にむじんくんで契約する場合、契約者本人が不在の勤務先に電話がかかってくることになるので、余計に心配になる人も多いかと思います。

しかし、在籍確認の電話で会社に借金がバレる可能性はほとんどないと思っていいでしょう。

アコムが在籍確認を行う際は、会社名(アコム)を名乗ることはなく、担当者の個人名で電話をかけてくれます。

万が一、担当者が勤務先の人に用件を尋ねられても答えることはなく、契約者本人以外にはカードローンの利用が知られないように高い配慮がされています。

在籍確認はスタッフ個人名でなされる

また、バレるといえば、カードローン契約での自宅への郵送物も懸念のひとつです。

これが、むじんくんで契約すると、ローンカードと契約書類がその場で受け取れるため、後日郵送されないというメリットがあります。

その他の郵送物を避けるには、申込時、もしくは契約後に会員ページで書面の受取について「アコムのホームページで確認」と設定しておきましょう。

むじんくんでの在籍確認の対処法

むじんくんで契約する場合、契約者本人が無人店舗にいる間に在籍確認が行われることになります。

むじんくんで契約手続きをしていると、画面上に“電話でご自宅とお勤め先の確認をさせていただきます”といった表示がされるので、これから在籍確認が行われるということがわかるかと思います。

アコムむじんくん在籍確認

では、実際にどのように在籍確認が行われるのでしょうか。

契約者本人はむじんくんの前にいるので、当然自分で在籍確認の電話に出ることはできません。

まずアコム担当者から「■■と申しますが、〇〇さんはいらっしゃいますか?」という電話がかかってきます。

それに対して勤務先の誰かが

「〇〇は外出しております」
「本日は休んでおります」
「先ほど退社しました、明日は出社予定です」

というふうに、会社の所属がわかるような返答をすれば、それだけで在籍確認は完了します。

ただし、病気や出産・育児のための長期休暇の場合は、収入が一時的にストップ、もしくは少なくなっていると考えられるため、審査通過は難しくなります。

また、会社に戻ってからの話ですが、職場の人に「■■さんっていう人から電話があったけど誰かわかる?」と聞かれたり、職場にカードローン利用経験者がいるとバレてしまう可能性もあります。

しかし、心配であれば、まわりへの言い訳を準備しておくことをオススメします。

例えば、「クレジットカードの申し込みの確認だった」「保険か不動産かの営業じゃない?」などと、スムーズに答えておくと怪しまれることはないでしょう。

書類で在籍確認してくれるケースも

在籍確認は原則電話で行われますが、どうしても電話に対応できない場合、アコムでは相談次第で書類による在籍確認を認めてくれるケースもあるようです。

たとえば…

繁忙期で従業員が事務所を出払っていて電話に出られない
即日融資希望なのに勤務先が休業日、夜間のため電話に出られない
勤務先が個人情報に厳しく在籍確認の電話に対応できそうにない
派遣社員のため派遣先企業で働いていて派遣元の従業員に名前を把握されていない

というように、電話以外の方法で在籍確認を受けるには真っ当な理由が必要です。

オペレーターのイメージ

ただ、相談内容によって、電話連絡の日程を先延ばしにする、別の連絡先で対応できないか確認されるなど、あくまでも電話での在籍確認を指示される可能性も高いです。

在籍確認の方法については、あくまでも担当者の判断によるので、書類審査に応じてもらえるかどうかは何とも言えないところです。

もし書類で在籍確認が行われる場合は、会社に在籍していることが確認できる書類を提出することになります。

給与明細書や健康保険証など、何が必要になるかはオペレーターの指示に従ってください。

在籍証明書類の提出で電話連絡なしにできる場合も

いずれにしても書類提出には準備が必要になるので、在籍確認に関する質問や相談は申し込み前にアコムフリーコール(0120-07-1000)へ電話するようにしましょう。

まとめ

アコムは、むじんくんで契約を行う場合も必ず在籍確認が行われます。

申込者本人が不在の勤務先に電話がかかってくることになりますが、在籍確認は簡単に完了するので心配はいりません。

しかし、どうしても電話連絡に応じられそうにない場合は、書類提出で在籍確認を認めてもらえるケースもあるのでアコムに相談してみるといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事