アコムむじんくんの使い方は?

更新日:2018/09/11
このエントリーをはてなブックマークに追加

アコムのむじんくんは、本人確認書類さえあれば他に準備は不要、誰でも簡単にカードローンの申し込みが行えます。

でもいくら簡単とは言っても、初めてキャッシングする人にとっては、むじんくんではどんなことを行うのか、使い方を間違えないかなど、不安があって当然です。

ここでは、これからむじんくんを利用する人が少しでも不安をなくし、スムーズに手続きできるように、利用の流れや注意点をわかりやすく解説します。

むじんくんは人に見られず利用できる

アコムの「むじんくん」とは、名前の通り無人の店舗内で誰とも顔を会わせず、申し込みや契約ができる無人契約機(自動契約機)のことです。

むじんくんへ行けば、アコムカードローンの申込や契約、ローンカード発行がその場で行えます。

自動契約機は他の消費者金融にもありますが、むじんくんの設置数は全国に1,041台(2018年5月時点)と大手消費者金融の中でもっとも多く、利便性の高さはダントツです。
※ちなみに自動契約機の設置数第2位のプロミスは940台(2018年5月)

アコムむじんくん外観

そして、自動契約機の利用で多くの人が気になるのが、“まわりの目”で、知り合いに見られないかとドキドキする人も多いのではないでしょうか。

確かに無人店舗に出入りするところを人に見られる可能性はありますが、店舗内に入ってしまえば、人目を気にする必要はありません。

なぜなら、むじんくんは個室内に設置されていて、外から中の様子が見えないよう工夫されているからです。

さらに個室は内側から施錠できるので、利用中に他人が入ってくることもありません。
※ちなみに個室に入れるのは原則申込者本人だけで、付き添いの人は中には入れません。

アコムむじんくん契約機

しかし“無人店舗”と聞くと、むじんくんを正しく操作できるか、申し込みがスムーズにできえるか、心配になる人もいるかもしれませんね。

むじんくんは、誰とも顔を会わせないとは言っても、離れた営業所にいるアコムのオペレーターが状況を把握し丁寧に遠隔対応してくれるので、手続きが初めての人でも安心して利用することができます。

オペレーターのイメージ

そもそもむじんくんの操作方法はとても簡単なのですが、わからないことがあれば備え付けの受話器でオペレーターに尋ねることも可能です。

ただ、ひとつ注意点ですが、無人店舗内には監視カメラがあり、アコムの担当者が常に様子を見ているので、不審な行動をしていると指摘される恐れがあることを覚えておきましょう。

むじんくんへは本人確認書類を持参する

アコムの申込には本人確認書類の提出が必須となっているので、むじんくんで申し込みをする場合も必ず本人確認書類を持参してください。

本人確認書類とは、運転免許証や健康保険証といった身分証明書のことを言います。

また、アコムでの借入額が50万円を超える、もしくはアコムと他社借入の総額が100万円を超える場合は収入証明書類も必要となるので、希望借入額が多い人は注意しましょう。

むじんくんでの必要書類について詳しい内容を知りたい方は、「アコムむじんくんでの手続きに必要なものは?」もあわせて参考になさってください。

むじんくん利用の流れ

無人契約機のイメージ

むじんくんでの手続きは、画面表示や音声ガイダンスに従って操作していくだけで、簡単に進めていくことができます。

そのため、何も知らずに行っても問題ありませんが、より落ち着いてスムーズにむじんくんを使えるように、事前におおまかな利用の流れを知っておくといいでしょう。

タッチパネルでの入力

申込受付票の記入、提出

必要書類の提出

オペレーターから随時確認

審査

契約についての説明

審査結果の通知

契約手続き

※手続きは上記の順とは限らず前後する可能性もあります。

(1)タッチパネルでの入力

むじんくんでの手続きでは、随時タッチパネルで必要事項の選択や入力を行います。

たとえば持参した本人確認書類の選択、生年月日、電話番号など、指示された情報を正しく入力しましょう。

(2)申込受付票の記入、提出(3)必要書類の提出

むじんくんから申込受付票と呼ばれる申込書が出てくるので、手書きで記入します。

記入した申込書はモニター下の所定箇所に置くと機械が内容をスキャンします。

 

持参した必要書類も申込書と同様に機械が内容を読み込むので、書類原本をアコム側に渡すことはなく、すぐに持ち帰ることができます。

 

また、本人確認書類の写真と本人との照合も行われます。

(4)オペレーターから随時確認

むじんくんの手続きでは、離れた場所にいるオペレーターが随時スピーカーを通して説明や質問を行います。

 

申込内容確認のためにいくつか質問をされるので正確に答えてください。

(5)審査(6)契約についての説明(7)審査結果の通知

審査中は個室内で待機します。
審査を待つ間、利用限度額や返済など契約に関する説明がされるので、確認しましょう。

また、申込手続きや審査の間に勤務先への在籍確認も行われます。
審査時間は最短30分ですが、審査内容や混雑状況等により長くかかる場合もあります。

もし「審査のあいだ個室内で待っているのが嫌だ」という方は、むじんくんへ向かう前にネットで事前審査を受けておくことで、審査の待ち時間をなくすことができます。

(8)契約手続き

契約書へのサインや暗証番号設定、ローンカード発行、契約書類の受取などを行い、契約完了です。

三菱UFJ銀行のローン契約機でもOK

アコムの申込や契約は、三菱UFJ銀行内に設置されているローン契約機からでもできます。
グループ企業ということもあり、三菱UFJ銀行のローン契約機は、三菱UFJ銀行カードローンだけでなく、アコムのカードローン申込、契約も可能となっているのです。

築地一丁目にあるアコムカードローンコーナー外観

「消費者金融の店舗に出入りする姿を見られたくない」
という人には三菱UFJ銀行のローン契約機の利用がオススメです。

ローン契約機の使い方はアコムのむじんくんとほとんど同じで、簡単に操作できます。

借入はアコムATMがオススメ

むじんくんは申込や契約を行うための機械で、借入や返済といった取引機能はありません。
アコムの借入・返済を行うには、ローンカードを持参してアコムATMか提携ATMを利用しましょう。

atmのイラスト

提携ATMはコンビニ等にあって行きやすいものの、利用手数料がかかります。

一方アコムATMはほとんどのむじんくんに併設されており、24時間営業、さらに手数料無料というメリットもあります。

アコムの無人店舗はむじんくんの営業時間が終了すると施錠されますが、アコムATMの利用のためならローンカードで開錠して中に入ることができます。

またATM以外にも、アコムの借入は、銀行口座への振込融資で受けることもできます。

ただし、振込融資は利用する金融機関によって即日融資の手続き時間が限られてくるので、急ぎの人は注意が必要です。

事前のネット申込で手続き時間を短縮!

むじんくんは申込から契約までをその場で行えますが、事前にインターネット申込をしてからむじんくんで契約する方法もあります。

事前にインターネット申込をすれば、審査結果が出てからむじんくんで契約手続きを行うため、審査時間を無人店舗内で過ごす必要がありません。

カードローンに申し込む学生アルバイト

また、あらかじめ申込が完了しているため、むじんくんでの手続き時間を短縮することができるのです。

たとえば、むじんくんが営業時間外の夜間・早朝にインターネット申込をしておき、翌日審査結果が出次第むじんくんへ行って契約するなど、時間を有効活用できます。

事前申込をした場合のむじんくんの使い方ですが…
むじんくんへ行くと「新規お申込み」「事前申込みのある新規ご契約」と選択画面が出てくるので、事前にインターネット申込をしておいた場合は「事前申込みのある新規ご契約」を選択し、あとはガイダンスに従って手続きを進めていけます。

即日融資を受けるには21時までにむじんくんへ

アコムの審査回答は、申込完了から最短で30分。
むじんくんで申込からカード発行まで行う場合は、早くて1時間といったところでしょう。

もし即日融資を受けたいなら、むじんくんの営業終了時間22時から所要時間を逆算して、遅くても21時には申込開始が必要ということになります。

時計

しかし、審査時間が長引くことなども考慮すると、21時とは言わずできる限り時間に余裕を持ってむじんくんへ向かうのが理想です。

また、むじんくんは場所によって営業時間が異なることがあるので、向かう前に必ずアコム公式サイトで営業情報をチェックしておきましょう。

さらに、もうひとつ忘れてはいけないのが在籍確認です。

むじんくんの営業時間だけでなく、在籍確認の電話に勤務先が応じられる時間帯に申し込むということも頭に入れておいてくださいね。

まとめ

むじんくんは初めての利用者、機械に弱い人でも簡単に使うことができます。

画面にはわかりやすい案内表示があり、疑問があればオペレーターに質問し、話しながら手続きを進めることもできます。

それに特別な準備も不要で、本人確認書類さえ持って行けば、その場でカードローンの申込や契約が可能です。

もし、むじんくんの手続き時間を短縮したいときは、事前にネット申込をしてからむじんくんで契約手続きを行うとスムーズです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事