レイクの増額案内を待つなら新規カード発行も検討

更新日:2017/12/06
このエントリーをはてなブックマークに追加

新生銀行カードローンのレイクでは、契約後に限度額を増額することができます。

しかも、レイクの便利なところは、“増額しどき”を、メールや会員ページで知らせてくれるという点です。

増額にはやや厳しい審査が必要ですが、レイクから案内が来た人なら審査通過の可能性も高いと考えていいでしょう。

ただし、増額の申請にはデメリットもあります。
増額審査は時間がかかる上に、審査に落ちれば限度額が引き下げとなるリスクも少なからずあるのです。

では、レイクで確実に増額するにはどうすればいいのでしょうか。

増額以外の対処方法も含めて、お金が必要なレイク契約者のために、「増額」にまつわる情報をわかりやすく解説します。

レイクで限度額を増額するメリット

レイクでは、追加借入(追加融資)と言って、限度額の枠内で何度でも繰り返しお金を借りることができます。

しかし、設定された限度額で足りない場合には、限度額の増額を申し込むという方法があります。

増額は増枠とも言われ、限度額の枠自体を引き上げるので、さらに高額な借入が可能になります。

ただ、増額は誰でもできるものではなく、初回契約時のように、審査を受けなくてはなりません。

そんな増額には、借入額が増やせる以外にも2つのメリットがあります。

1.借入件数が増えないので管理がラク

お金が必要だからと言って他社で新規借入すると、借入件数が増えて管理が煩わしくなってしまいます。

借入件数が増えると、ひと月にいくつも返済を抱えることになり、借入や返済に手数料がかかる場合は余計な出費までかかってきます。

限度額が増額できれば、借入件数が増えないので、返済管理がしやすくなります。

2.金利が下がることがある

カードローンは、限度額によって金利が設定される仕組みになっているため、限度額が増えると金利が下がるケースがあります。

レイクの場合、限度額200万円以下は借入残高によって金利が決まりますが、限度額200万円超については、限度額によって金利が決まります。

限度額が数十万円の人がいきなり限度額200万円超に増額することは難しいですが、既に200万円近い限度額を利用している人なら、増額による金利引き下げの可能性も期待できます。

限度額200万円以下なら利用中の最大借入残高で金利が決まる
基準残高※ 適用利率(年率)
1~999,999円 15.0~18.0%
1,000,000~2,000,000円 12.0~15.0%

契約期間中における最大の借入残高が基準残高となります。

限度額200万円超なら限度額で金利が決まる
契約限度額 適用利率(年率)
2,000,001~3,000,000円 9.0~15.0%
3,000,001~4,000,000円 7.0%
4,000,001~5,000,000円 4.5%

レイクは事前に増額可能か確認できる

増額を申し込むなら、審査通過の可能性が高いタイミングを狙いたいですよね。
実はレイクでは、自分が増額可能かどうかを簡単に確認することができます。

いくらまで増額できるかの目安も知れるので、増額の勝手がわからない人でも安心して申し込みが行えます。

ただし、レイクが表示する増額可能という案内は「増額できる可能性が高い」程度に捉えた方が良さそうです。

増額するには必ず審査が必要になるので、審査を受けるまで100%確実な返答は得られないことを頭に入れておいてくださいね。

増額できるかを確認する方法

1.電話

お客様フリーダイヤル(0120-09-09-24)で増額に関して問い合わせができます。

自動音声サービスの場合はメニューから「ご利用限度額アップのご確認・お申込み」を選択します。

オペレーター対応 平日9時00分~18時00分
自動音声サービス 24時間受付

※毎週月曜日と木曜日0時~2時、毎月第3日曜日19時~翌月曜日8時を除きます。
※年末年始は時間が異なる場合があります。

2.インターネット

PCとスマートフォンの図

パソコン、スマホ、アプリ、携帯からインターネットの会員ページにログインし、「ご利用限度額アップのご確認・お申込み」を選択してください。

利用限度額の増額がいくらまでできるか、簡単な手続きですぐに確認できます。

3.メール

事前に会員ページから「お得な情報ご案内」サービスに登録しておくと、増額が検討可能な利用者に対してメールで案内が来ます。

メールの増額案内は「@lake.jp」から配信されるので、登録前に受信設定の確認をしておきましょう。

4.レイクATM

レイクATMを利用した際、画面に「ご利用限度額アップその他ご契約変更」の表示があれば、増額申請が可能です。

レイク増額の申し込み方法

レイクでの増額申し込みはとても簡単で、特におすすめの方法は、会員ページ(インターネット)での増額申請です。
受付は24時間行われています。

限度額の増額が可能な利用者は、会員ページにログインすると限度額変更の案内が表示されます。

限度額変更の案内を確認したら「ご利用限度額アップのご確認・お申込み」から手続きします。

会員ページでは、事前に増額可能な金額が表示されるので、無茶な申請をして審査落ちすることも少ないでしょう。

また、限度額の増額申請は、自動契約機、レイクATM、お客様フリーダイヤル(0120-09-09-24)でも手続きできます。

会員ページ、自動契約機、レイクATMでは、増額申請が可能な場合に案内表示が出るので、そのまま案内に従って申請手続きが進められます。

対して電話は、増額案内を受けていない人でも問い合わせや申請が可能です。

増額手続きに疑問がある場合は、オペレーターと直接相談ができる電話での申し込みがおすすめです。

レイクで増額するための条件

レイクで限度額を増額するには、増額案内の有無に関わらず、必ず所定の審査を受けなくてはなりません。

増額の審査内容は明かされていませんが、少なくとも下記の点をクリアすることが条件と考えられています。

契約から半年以上が経過し、利用実績があること
レイク・他社での借入で延滞したことがない

上記2つをクリアしていれば増額審査に通過するチャンスはあります。

利用実績とは、借入・返済実績のことで、単に契約しただけで取引履歴がない人は該当しません。

ただ、2つの条件をクリアしていても、レイクから増額案内が来ていない人は、審査落ちする可能性がかなり高いと考えましょう。

ほかにも、初回契約時に比べて返済能力が高くなった事実があれば、増額審査に有利です。

たとえば年収が増えた、他社借入が減ったなどが挙げられます。

レイクでの取引で毎月最低返済額より多めに返していた、という積極的な返済姿勢もレイクからの信用が高まり審査にプラスになるでしょう。

また、レイクが必要と判断すれば、増額審査でも在籍確認が行われます。

特に初回契約時から勤務先が変わった人は、在籍確認が行われると思っておいた方がいいでしょう。

勤務先以外にも、住所や電話番号、苗字など、変更があった場合は、増額申請前に個人情報の変更手続きをしておいてくださいね。

増額申請後に聞かれて答えるよりも、変更のあったときにすぐ手続きしておく方が、審査担当者の心証もいいものです。

増額申し込みには収入証明書類を用意して

収入証明書類

レイクでは、増額申請の際に収入証明書の提出を求められることがあります。

レイクの新規申込については、「50万円を超えて契約する場合、収入証明書が必要」となっているので、増額でも限度額50万円超となるなら収入証明書が必要と考えましょう。

しかし、過去の利用状況や審査内容によっては借入額に関係なく収入証明書が必要になるケースもあります。

レイクで増額を申し込む際は、事前に収入証明書を用意しておくのが安心で確実です。

収入証明書は、いずれかを提出します。

源泉徴収票
住民税決定通知書
納税通知書
所得(課税)証明書

上記が用意できない場合は、給与明細書(直近3か月以内の連続2か月分)を提出します。

給与明細書がある人は合わせて提出してください。
※給与明細書には「本人の氏名」「発行年月」「発行元名」「月収」が記載されていること、内容が手書きの場合は、発行元の社印または社判が必要です。

増額審査には時間がかかることも

時計

レイクの入会審査は最短30分と早いのが売りですが、増額審査となるとそうもいきません。

レイク側は増額の審査時間を明言していませんが、1日~2日はみておいた方がいいでしょう。
増額審査は、場合によって数日かかることもあり得ます。

ただ、会員ページやレイクATMなどに増額の案内表示がされている人は、事前の社内審査に通過していることになるので、申請後すぐに借入できるケースもあります。

逆に増額案内を受けていない人は、審査時間が長くかかる傾向にあるようです。

残念ながら、増額の審査時間については何とも言えない点が多いので、増額の案内に気づいた時点で申請しておくのもひとつの方法です。

限度額が増額されたからと言って借入しなくても問題ないので、いざというときに備えて先に増額申請しておくのもいいでしょう。

限度額の引き下げも!?増額申請のリスクは大きい

限度額が増額できればメリットは多いものの、逆に審査に落ちにはさまざまなリスクが伴います。

増額申請の際、新規契約時よりも返済能力が極端に低いとなると、利用限度額の引き下げ、最悪の場合はカード利用停止となることもあり得ます。

なんでカードが使えないの?

たとえば、契約後に収入が激減したり、信用情報に金融事故が登録されたといった心当たりのある人は、増額申請は控えるようにしましょう。

増額申請にはリスクがあるので安易に行わない方がいいですが、これまで延滞せず問題なく取引してきた人なら、限度額引き下げとなるのは稀なケースですので、安心してくださいね。

増額案内を待つより他社で新規借入の方が早い

増額申請の一番の注意点は、即日に審査結果が出ないことが多く、急ぎの融資が期待できないということです。

また、レイクから増額の案内が来ていないと審査通過率が低いのも事実です。

だからと言っていつ来るかわからない増額の案内を待っているわけにもいきません。

「今日中にお金が必要」「増額審査が不安」という人には、他社で新規申込することをおすすめします。

借入件数は増えてしまうものの、大手消費者金融で申し込めば即日融資も可能です。

また、無利息期間のある金融機関で借入すれば、利息を節約することもできます。

なかでもプロミスは、審査回答は最短30分、即日融資が可能、さらに初回契約者は30日間の無利息サービスが利用できます。

プロミスの利用が初めてなら30日間無利息

利用期間が短く済みそうなら尚更、無利息サービスは利用したいところです。

レイクは銀行とは言え、金利は大手消費者金融とほぼ変わりません。

お金が必要なら、思い切ってプロミスでの新規借入を検討するのも賢い方法です。

まとめ

レイクでは、増額できる可能性が高くなると、会員ページやメール、レイクATMなどで案内をしてくれる仕組みになっています。

会員ページやレイクATMではあらかじめ増額可能額の目安を確認できるので、表示に従って簡単に増額申請の手続きが可能です。

一方で、レイクの増額審査には時間がかかる場合があるので注意が必要です。

レイクの増額にはメリットが多いものの、

「どうしても即日でお金が必要」
「レイクから増額案内が来ない
「増額審査に通る自信がない」

という人は、他社で新規借入する方が早くて借入できる可能性が高いと言えます。

特に、レイクと金利が同等で即日融資可能、無利息サービスのあるプロミスがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事