アコムむじんくんで審査を30分で終わらせるにはネット申し込みが必須

更新日:2019/07/09
このエントリーをはてなブックマークに追加

カードローンの申し込みで、多くの人が不安を抱く「審査」。

アコムは大手消費者金融の中でも審査が早い方ですが、さらに審査時間を短縮するには、ネット申込と自動契約機(むじんくん)を合わせて利用するのがおすすめです。

WEB申込なら契約手続きが時短できる

 

さらに、ネット申込で仮審査に通過した後、自動契約機(むじんくん)で本審査を受けることで、審査の待ち時間を短縮でき、契約機内での手続きをスムーズに進められます。

 

ただ…。自動契約機(むじんくん)を使ったことがないという人の方が多いですよね?

はじめて自動契約機を使うとなると、操作に手間取って時間がかかりそうと不安になるかもしれません。

でも安心してください。契約機での手続きは画面の案内に従うだけなので難しい操作はないのです。

この記事では、アコムの審査時間を短縮するために、無人契約機を活用する方法をお届けします。

自動契約機(むじんくん)でどのような審査が行われるのか、あらかじめ知っておけば、初めての利用でも戸惑うことなく手続きが行えるようになりますよ。

自動契約機(むじんくん)は人目を気にせず審査を受けられる

アコムの自動契約機(むじんくん)は、その場でカードローンの申し込み、契約手続き、ローンカード発行が行えます。

消費者金融を利用するとなると、何かと人目が気になってしまうものですが、自動契約機(むじんくん)は個室内に設置されているので、人と顔を会わせることなく契約完了までの手続きが行えます。

審査中は個室内の椅子に座って待っていられるので「審査に落ちたらかっこわるいな…」など、周りの目を気にしなくていいのです。

また、無人契約機に対して、自分だけで機械操作ができるか不安を感じる人も心配いりません。

手続き中、離れた場所にいるオペレーターと電話やマイク機能を活用して話すことができるので、わからないことも気軽に尋ねることができます。

 

事前のネット申し込みで審査時間を短縮できる

初めてのカードローンなら尚更、自動契約機(むじんくん)での手続きはなるべく短時間で済ませたいですよね。

そこで、是非やっておきたいのがインターネットでの事前申し込み。

自動契約機(むじんくん)へ行く前にインターネットで申し込みをしておくと、滞在時間の短縮が可能です。

自動契約機(むじんくん)で申し込み~契約まで行う場合、所要時間の目安は1時間程度ですが、事前申込をしておくと順調にいけば滞在時間は30分程度で済みます。

では、ネット申込から自動契約機での手続きの流れを確認していきましょう。

ネット申込・自動契約機(むじんくん)での手続きの流れ

まずは、パソコンやスマホ、携帯電話で仮審査に申し込んでから、近くにある自動契約機(むじんくん)へ行き、本審査と契約手続きを行います。

STEP1 インターネット申込み

まずはアコムの公式サイトから申し込みページに行き、個人情報や勤務先情報など、申し込みフォームに情報入力を行いましょう。

アコムの申込フォーム入力例

審査で問われる内容は、どの申込方法や契約方法でも同じです。

<審査で主にチェックされる内容>
・家族構成
・住居の情報
・勤務先、勤続年数
・雇用形態
・収入、収入形態
・保険証の種類
・他の金融会社での借入状況
・希望利用限度額など

アコムでは、申込フォームに入力した情報や個人信用情報機関に登録された信用情報から申込者の返済能力が審査されます。

アコムの審査時間は、申し込み完了から最短30分。

仮審査に通過したら、いよいよ自動契約機(むじんくん)へ向かいましょう。

STEP2 むじんくんで本審査・契約手続き

アコムむじんくん外観

仮審査通過後、本人確認書類を持って自動契約機(むじんくん)へ行きましょう。

画面に表示された「事前申込のある新規ご契約」を押し、手続きを開始します。

<自動契約機(むじんくん)本審査の流れ>
1.電話番号等を入力し契約者本人であることを確認
2.在籍確認
3.必要書類の提出
4.オペレーターからの質問(申込の内容確認)

事前にネット申込をした場合、自動契約機(むじんくん)での手続き開始後に在籍確認が行われます。

基本的に、在籍確認は申込者本人が自動契約機(むじんくん)にいる間に勤務先(個人事業主の場合は自宅)へ電話連絡が入る形となります。

勤務先に申込者本人が不在でも、別の人が「〇〇は外出しています」「本日は休んでおります」といった返答をすれば在籍確認はOKです。

ちなみに、アコムからの在籍確認の電話は、担当者の個人名でかかってくるので、アコムからの電話だとまわりに知られることはありません。
※詳しくはアコム在籍確認のタイミングは審査終盤!「契約後も職場に電話がくる」噂の真相

在籍確認はスタッフ個人名でなされる

また、事前申込と提出書類の内容に矛盾がないかもチェックされ、すべてに問題がなければ本審査通過となります。

個室内にはカメラが設置されており、不審な動きをしているとオペレーターの信用を失いかねませんので、注意してください。

信用度が低いとなると待ち時間が長引き、場合によっては審査落ちしてしまいます。

本審査に通過すると、いよいよ契約の手続きに移ります。

契約書類を受け取り、その場でローンカードが発行され、契約完了です。

自動契約機(むじんくん)の審査には身分証明書が欠かせない

契約には必ず身分証明書を持っていきましょう。

アコムでは、本人確認書類の提出が必須となっているからです。

また、希望する借入金額によっては収入証明書類も必要になります。

書類が提出できないと余計な審査時間がかかるかもしれないので、忘れないようにしましょう。

アコム申し込みの必要書類

アコムに申し込んだ時に必要となる本人確認書類や収入証明書として何が利用できるのかまとめてみました。

1.本人確認書類

本人確認書類は以下の5点が認められます。

・運転免許証
・運転免許証がない人は、健康保険証や個人番号カード等の身分証明書
※顔写真がない書類、または書類の住所が現住所と異なる場合は、現住所が記載された下記いずれかの書類も必要
・住民票
・公共料金の領収書(電気、ガス、水道、固定電話、NHKいずれか)
・納税証明書
2.収入証明書類

下記のいずれかにあてはまる人は、収入証明書類1点が必要です。

*アコムで50万円を超える契約を行う
*アコムと他社の借入総額が100万円を超える

アコムに提出できる収入証明書類としては以下の4つです。

・源泉徴収票
・給与明細書
・市民税県、民税決定通知書
・所得証明書

ただし、収入証明書類として給与明細書を提出する場合は、注意が必要です。

給与明細書に「住民税(地方税)」の記載がない場合や入社が前年1月以降の方は、直近2ヶ月分の提出が必要になります。

また、賞与明細書がある場合は直近1年分の提出の賞与明細も必要です。

給与明細書には「ご本人の氏名」「発行年月」「勤務先(発行元)」「月収」が明記されていなければなりません。

記載内容が手書きの場合は勤務先の社販または社印が必要(担当者印のみは不可)になりますので、その点も確認を忘れないようにしてください。

 

アコムへの給与明細書の提出時の注意点

参考:収入証明書について(アコム公式HP)

時間に余裕があれば自動契約機(むじんくん)で申し込んでもOK

アコムむじんくん受付ボタン

申込手続き~契約までのすべてをその場で行えるので、事前申込をせずに行っても問題ありません。

ただし、事前申込なしに自動契約機(むじんくん)へ行くと、申込書にこまかな個人情報を記入しないといけないため、手続きに時間がかかります。

また、審査結果が出るまで最短でも30分かかり、その間は店舗内で待たなくてはならず、もし審査に落ちてしまうことがあったら、その時間がすべて台無しになっていまいます。

滞在時間を短くしたい、審査に落ちる不安があるなら、事前にインターネット申込をしておく方がいいでしょう。

即日融資を受けるなら20時までに自動契約機(むじんくん)へ

自動契約機(むじんくん)は、年中無休(年末年始を除く)で8時00分~22時00分まで営業(一部店舗は異なる)していますが、その間ずっと審査に対応しているわけではありません。

アコムの審査対応は21時頃までなので、自動契約機(むじんくん)へ行くのが21時を過ぎると翌日の審査回答となる可能性が高くなります。

審査時間は混雑、契約内容によっても変わるので、なるべく時間に余裕をもって手続きを行うようにしてくださいね。

店舗 営業時間
自動契約機(むじんくん) 8時00分~22時00分
※年中無休(年末年始を除く)
※一部21時までの店舗もあります。

アコム店舗検索で営業時間と場所の最新情報をチェックしておきましょう。
※クレジット機能付きのACマスターカードを申し込んだ場合、受け取りできない店舗もあるので注意。

まとめ

自動契約機(むじんくん)での審査の待ち時間、手続き時間を短縮するには、事前のネット申込が欠かせません。

ネット申込で仮審査に通過しておけば、長い審査時間を待たずに済み、スムーズな契約手続きができます。

ただし、夜21時以降など、遅い時間に行くと本審査の回答や契約手続きが翌日になってしまう可能性が高まります。

今日中に契約手続きを済ませて借りたいという場合、自動契約機(むじんくん)へは夜20時までに、必要書類を持って行くようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をみた人は、こんな記事もみています