プロミスWEB契約なら来店不要で最短1時間で借りられる

更新日:2018/06/07
このエントリーをはてなブックマークに追加

「誰にも会わずにカードローンを契約したい」
「忙しくて店舗まで行く時間がない」

という人に、プロミスのWEB契約がオススメです。

プロミスWEB契約は、来店不要で申し込みから契約、融資まですべてWEBで行えます。

さらに、プロミスでもっとも早く融資が受けられるのもWEB契約です。

審査回答は申込完了から最短30分、早い場合は即日融資どころか、申し込みしてから1時間で融資を受けることも可能です。

とにかく便利なプロミスWEB契約。

申込方法だけでなく、知っておきたいメリット・デメリットについてもお教えします。

場合によっては「来店契約の方が合っている!」なんてことも知れちゃいますよ。

プロミスWEB契約は来店不要

プロミスの契約方法には、来店、WEB、郵便の方法があります。

来店契約は、有人の店舗窓口や無人の自動契約機で契約をする方法。

WEB契約は、来店せずにパソコンやスマホ、携帯で契約をする方法です。

郵便での契約は、プロミスとの契約書等のやりとりを郵送で行うことになり、日数がかかるため利用者はあまり多くありません。

なかでもWEB契約は、いつでもどこでも申し込めるので、忙しい人、カードローン利用時のひと目が気になる人など、さまざまな層から人気を集めています。

また、プロミスで最短でお金を借りる方法がWEB契約でもあります。

窓口や自動契約機でもスピーディな借入は可能ですが、移動時間がかかる上、その場で審査結果を待たなくてはいけません。

出かける時間がない、今すぐにお金が必要、そんなときにはプロミスのWEB契約がオススメなのです。

「消費者金融は銀行カードローンに比べて金利が高い…」と心配の声も多いですが、プロミスなら初回契約者に限り30日間の無利息サービスが受けられるので、場合によっては低金利な銀行よりもお得に取引することが可能です。

WEB完結ならWEBで借入・返済もできる!

WEB契約のなかでも「WEB完結」を利用すると、カードレスで自宅への郵送物なし、借入・返済はWEBで取引できます。
※カード発行なし契約でも後からカード発行可能

ローンカードの発行や郵送物がないと、紛失の心配もありません。

家族にカードローンの利用を内緒にしたい人には、手元にローンカードや郵便物はない方がいいですよね。

ただし、WEB完結を利用するには、返済方法を口座振替にすることが条件となっており、登録する金融機関で本人確認が済んでいなくてはなりません。

条件を満たさない場合は、契約書類が自宅に郵送されることになります。

郵便物が届くといっても、差出人は「事務センター」と書かれているので、一見しただけではプロミスからの書類とはわかりにくくなっています。

もし返済でATMを利用したいのなら、通常のWEB契約でローンカードを発行しておくようにしましょう。

プロミスWEB契約の必要書類

収入証明書類

プロミスの契約には、WEB・来店を問わず、提出しなくてはいけない書類があります。

本人確認書類はすべての申込者、収入証明書は条件にあてはまる場合に提出が必要です。

書類提出に時間がかかると審査が先に進まないので、申し込み前に用意しておくのがベストです。

具体的には、以下の書類が必要となります。

本人確認書類

・運転免許証
・運転免許証を持っていない場合は、パスポートまたは健康保険証+1点(住民票等)
※健康保険証だけでも審査は可能。
※外国籍の人は、在留カードまたは特別永住者証明書を合わせて提出します。

<注意>本人確認書類の住所と現住所が違う場合
プロミスでは、本人確認書類に記載された住所と現在住んでいる自宅住所が異なる場合、現在住んでいる自宅住所が記載された次のいずれかの書類(発行から6か月以内のもの)も必要です。
・国税または地方税の領収書、または納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書(電気、水道、ガス、NHK)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

 

収入証明書類

借入希望額が50万円超、もしくは借入希望額と他社での利用残高の合計が100万円超の場合は、次の書類のうち1点を提出します。

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2か月+賞与があれば1年分の賞与明細書)

プロミスWEB契約の申込方法

WEB契約は、24時間365日いつでも申込ができます。

では、申し込みから契約までの流れを詳しく見ていきましょう。

1.申し込み

PCとスマートフォンの図

申し込みはインターネットを利用して、パソコン、スマートフォン、携帯から行えます。

WEB契約をするには、申込フォーム内の契約方法の選択で「WEB」を選びます。

申し込みが終わると、審査が開始されてプロミスから希望連絡先に電話が入ることになります。
ただし、審査対応時間もあるので時間外に申し込んだ場合は、翌日の対応になるので注意しておきましょう。

2.必要書類を送信

WEB契約の場合、必要書類はスキャナや携帯電話のカメラなどで画像化して送信します。

スマートフォンを利用している人は、スマホアプリからも送信可能です。

3.審査・在籍確認

申込フォームに入力した内容、信用情報、提出書類によって審査が始まります。

審査の後半では在籍確認が行われます。

プロミス公式サイトには、「お申込時確認事項 ご了承事項」として、「お勤め先に個人名にて電話をかけ、勤務事実を確認させていただくことをご了承願います。」との断りがあります。

記載の通り、プロミスからの電話は申込者本人が出るまで「プロミス」を名乗ることはないので、周りにカードローンに関する電話だとバレる可能性は低いでしょう。

基本的に在籍確認が取れるまで審査は先に進みません。

融資を急ぐのであれば、勤務先の休業日を避けて申し込むなど、在籍確認が取れる日程を考慮しましょう。
※書類提出や在籍確認のタイミングは前後する場合があります。

4.審査回答

審査回答は最短で30分ですが、審査状況によって時間がかかる場合もあります。

審査結果は、申込時に指定した連絡先(メール・電話)へ連絡が入ります。

5.契約内容の確認

契約内容をインターネット上で確認します。

返済方法について「ATMによる返済」「口座振替による返済」のいずれかを選択。

口座振替を選択した場合は、続けて金融機関を登録します。

WEB完結を希望するなら「口座振替による返済」を選択してください。

「口座振替による返済」には、契約時に金融機関の口座が必要です。

Web申込受付に対応している金融機関は、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、イオン銀行、セブン銀行と、その他多数の地方銀行が対応しています。

詳しくはプロミス公式サイトの一覧をチェックしてみてください。

また、口座振替による返済を選択した場合は、カード郵送希望の有無を選択します。

「カード郵送なし」を選択すると、郵送物なしとなりWEB完結の手続きが完了します。

来店してカード受け取りを希望する場合も「カード郵送希望なし」を選択しましょう。

6.契約手続き完了

契約が完了すると、プロミスの会員ページにログインして取引ができるようになります。

カード郵送を希望した場合は、カード受取後からATMでの取引が可能です。

<注意>WEB契約を選択したのに来店契約になるケースも!?
プロミス公式サイト内の「お申込時確認事項 ご了承事項」の中には、「契約方法「Web」を選択された場合、ご審査の結果「来店」に変更になる場合があることをご了承願います」といった記載があります。
稀なケースではありますが、念のため頭に入れておきましょう。

来店せずに即日融資可能なのは銀行振込のみ

WEB契約が完了したら、いよいよ借入ですが、もし、WEB契約をしてそのまま即日融資を希望するなら借入方法としては銀行振込のみとなります。

カードレスで契約した場合、ローンカード郵送を希望した場合、いずれにしても契約日当日には手元にローンカードがないので、ATM利用ができないからです。
※来店が可能なら自動契約機まで行きカード発行する手もあります。

プロミスで振込融資を希望する場合は、平日14時までに契約内容を確認すれば、当日中の振込が可能です。

2回目以降の借入は、平日14時50分までの振込依頼完了で、当日中の振込が可能です。

「平日14時を過ぎると、即日融資は無理」ということになりますが、一部例外があります。

プロミスでは、三井住友銀行もしくは、ジャパンネット銀行の銀行口座を持っていれば、土日祝日も24時間振込融資を受け付けてくれます。

振込融資の受付完了から、わずか10秒程度で振込が実施されるという、「瞬フリ」と呼ばれる画期的なサービスです。

プロミス振込実施時間

ただし、毎週月曜日0時~7時、加えて三井住友銀行は毎週日曜日21時~翌月曜日7時までサービス停止時間があるので、注意してください。

三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の口座でも、平日9時~14時までに手続き完了すれば、受付完了後から最短10秒で振込が実施されます。

来店契約の方が便利な場合も

WEB契約の一番のメリットは、来店が不要ということです。

窓口や自動契約機を利用するとなると、移動時間だけでなく、その場で審査結果を待たなくてはなりません。

しかしながら、WEB契約にもデメリットがあります。

WEB契約の一番のデメリットは即日融資には銀行振込しか対応していないこと。

三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座を持っている人以外は、契約手続きが土日祝日、14時以降になると即日融資が受けられません。

ローンカードの郵送を希望しても到着までに数日かかるので、それまではATM利用ができません。

「三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座がない」
「土日祝日、14時以降に即日融資を受けたい」
「ローンカードを手元にすぐ持っておきたい」

という場合は、はじめから来店契約を選んだ方が便利と言えます。

自動契約機まで足を運べば、その場でローンカード受取後24時間ATMでの取引が可能になるのです。

まとめ

プロミスWEB契約は、パソコンやスマホ、携帯で24時間申込が可能です。

平日14時までに手続きが完了すれば、即日の振込融資が受けられます。

審査は受付完了から最短30分、振込実施は受付完了から最短10秒なので、早いと1時間あれば融資が受けられる計算になりますね。

三井住友銀行、またはジャパンネット銀行の口座を持っていれば、契約手続きが14時を過ぎてしまっても即日融資が可能です。

後日ローンカードを受け取ってATMを活用してもよし、WEB完結ですべての取引をWEBで行ってもよし。

プロミスのWEB契約は、自分の都合に合わせて、多彩な利用方法が選べます。

ただし、土日祝日や平日14時以降の申込で即日融資を受けるには、自動契約機まで行ってローンカードを受け取る必要があります。

融資の急ぎ度合いや自分の持つ銀行口座などを確認して、WEB契約・来店契約を選ぶようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事