三菱UFJ銀行バンクイックの審査に落ちる理由と対処法

更新日:2019/04/04
このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは、銀行ならではの金利の低さ、大手銀行の安心感に加え、使い勝手のいいサービスが充実していることから、人気が高まっています。

一方で、

「メガバンクのカードローンは審査が厳しそう」
「銀行カードローンは審査時間が長いのでは?」

という声もよく聞かれます。

でもバンクイックは、審査基準、審査時間、どちらもさほど心配なく契約が可能なカードローンです。

本当のところ、バンクイックの審査がどのようなものなのか、不安な方のためにしっかり解説します。

バンクイックの審査でチェックされる項目や、審査落ちの理由など、あらかじめ知っておくことで、契約を確実なものにしましょう。

バンクイックの審査は厳しいの?

バンクイックは、メガバンクである三菱UFJ銀行が運営するカードローンです。

銀行カードローン、特に大手銀行と聞くと審査が厳しいというイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。

バンクイックの審査は決して甘くありませんが、厳しすぎるということもありません。

ひとつは、大手消費者金融のアコムがバンクイックの保証会社を務めていることに理由があります。

保証会社の大きな役目は、銀行カードローンの実質的な審査を行うことです。

一般的な流れとしては、カードローンを申し込むと、申込者はまず保証会社による審査を受け、通過した場合に、引き続き銀行による在籍確認や書類による本人確認を受けることになります。

バンクイックの審査は、アコムが行うからと言って、アコムが自社で運営するカードローンと審査基準が同じということではありません。

しかし、アコムが長年培ってきた個人向け融資のノウハウを保証業務に生かすことで、バンクイックでは幅広い顧客層への積極的な貸付が可能となっているのです。

では、どうすれば審査通過の可能性をより上げられるのか、次章以降で詳しく説明していきます。

申し込み前に利用条件を確認しよう

バンクイックを利用するには、必ず利用条件を満たす必要があります。

商品説明書の「ご利用いただける方」に記載された利用条件は以下の通り。

・年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム㈱)の保証を受けられるお客さま。
・原則安定した収入があるお客さま。
※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。

安定した収入があれば、労働形態の制限はなく、パートやアルバイト、また収入が年金のみの場合でもバンクイックで借入できる可能性があります。

ただし、カードローン審査に通過しても、労働形態や収入額によって利用限度額が少なめに設定されることはあります。

また、三菱UFJ銀行の公式サイト内には「お借入診断」があるので、申し込み前に診断してみるのもいいでしょう。

お借入診断は、生年月、性別・独身既婚、他社の借入状況(件数、金額)を入力するだけで、借入可否の簡易チェックが受けられるものです。

しかしながら、借入を診断するにはあまりに入力情報が少ないため、実際の審査結果と異なる可能性が高く、参考程度のツールとして試してみてください。

審査でチェックされる項目とは?

バンクイックに限らず、審査内容や審査基準を公開しているカードローン会社はありません。

確実にカードローン審査に通過できるかどうかは、申込んでみないとわからないということです。

それでも、審査で銀行がチェックする判断材料は限られているので、自分が審査に有利か不利かを予測することはできます。

カードローン審査でチェックされるのは、申込者が申込フォームに入力した内容(インターネット申し込みの場合)と、信用情報(次章「信用情報に問題があれば審査に落ちる」参照のこと)です。

では、バンクイックの申込フォームで尋ねられる項目と審査への影響を見てみましょう。

・職業(勤めている/収入がなく配偶者に収入がある)
・名前
・生年月日
・性別
・独身・既婚
・自宅電話番号および契約者(本人・家族・その他)
・携帯電話および契約者(本人・家族・その他)
・保険種類(社会保険・組合保険・共済保険・国民保険)
・出向先の有無
・年収(税込)※個人事業主(自営業)の方は確定申告書の所得金額
・金融機関からの借入件数・借入金額、返済方法や返済期日
 1.銀行からの借入 (うち住宅ローンの件数、金額)
 2.カード会社・信販会社からの借入
 3.消費者記入系ローン会社からの借入
・自宅住所
・住居種類
持ち家(自己所有一戸建て、自己所有マンション、家族所有一戸建て、家族所有マンション)・賃貸(一戸建て、マンション、アパート、公団、公営)・社宅(一戸建て、マンション、アパート、寮)
・家賃・住宅ローン 月払い金額やボーナス払い金額
・入居年月
・家族の人数 扶養家族人数
・子どもの人数
・勤務先
・勤務先住所、電話番号
・業種
・社員数
・入社年月
・所属部署
・役職
・仕事内容
・勤務形態(正社員/自営、嘱託/派遣、アルバイト、パート)
・収入形態(固定給、一部歩合給、完全歩合給)

申込フォームには多くの項目がありますが、なかでも、年収や金融機関からの借入金額、家賃・住宅ローン負担は、申込者の返済能力を大きく左右します。

収入は多く、金融機関の借入や家賃・住宅ローン負担は少ないほどカードローンの審査には有利です。

また、勤務先や従業員数、勤務形態、収入形態は収入の安定度が測れます。

固定給であれば毎月一定の収入が約束されていますが、完全歩合給の場合、収入額や勤務先、仕事内容等、総合的にみて収入が安定しないと判断される可能性もあります。

さらに、保険の種類からは、勤務先の規模や安定度などがわかります。

バンクイックの申し込みページ内にも保険種類の説明があり、組合保険であれば「大企業」、共済組合であれば「公務員・教職員等」といった表記が見られます。

国民保険であれば、自営業、パートやアルバイト、無職の人など、その他の保険に加入していない人が対象となるものです。

その他、扶養家族の人数が多いと支出が増えるためカードローンの審査にはマイナスとなる…など、申込フォームの情報を総合的にみて申込者の支払い能力が審査されます。

バンクイックの保険種類について

申込フォームで問われる項目のほとんどは、収入の安定度、支払い能力を判断する材料となりますが、すべてにおいて高評価を得られなくても審査通過の可能性はあります。

たとえば、収入の金額に自信がなくても、勤続年数が長かったり、持ち家に長く住んでたり、他の項目で“安定”していると判断されれば、融資は受けられます。

特に注意が必要なのは、他社の金融機関からの借入でしょう。

他社借入の金額や件数が多ければ、一定の収入があっても審査落ちとなるケースが多々あります。

もし、多重債務を抱えているなら、完済して借入件数を0件、難しければ1~2件に減らしてから申し込む方が審査通過の可能性が上がります。

信用情報に問題があれば審査に落ちる

カードローン審査において、申込フォームの情報と合わせてチェックされるのが信用情報です。

カードローンやクレジットカードを利用すると、申込や取引に関する情報が信用情報機関に記録されます。

金融機関は、審査時に信用情報機関の情報を照会して、申込者の過去・現在の借入状況を確認します。

これまでにカードローン、クレジットカードを利用したことのある人は、取引内容や金額、延滞の有無などがチェックされているということです。

もし申込フォームで他社借入状況を偽ったとしても、信用情報の照会でバレてしまうので、ごまかすことはできません。

また、審査落ちの可能性がもっとも上がるのも信用情報です。

延滞や債務整理といった事故情報(金融事故とも言われる)があれば、バンクイックの審査通過はまず無理と考えましょう。

いくら収入が多く、安定した企業に勤めていても、事故情報ひとつで審査に落ちてしまいます。

なんでカードが使えないの?

信用情報機関のJICCによると、延滞や債務整理、強制解雇、代位弁済といった取引事実に関する情報は、「5年を超えない期間」登録されているとのこと。

もし事故情報に心当たりのある人は、事故発生から5年経過してから申し込むようにしましょう。

ただし、アコムで事故情報がある人はさらに要注意です。

信用情報の登録期間が過ぎても、アコムには記録が残っていて、バンクイックの保証においてその記録を参考にする可能性があるからです。

過去にアコムで金融事故を起こしたことのある人は、事故発生から5年以上経ってから保証会社がアコムではない金融機関でカードローンを申し込むのが安全です。

勤務先への在籍確認

バンクイックの審査の中では、勤務先への電話連絡による在籍確認が行われます。

在籍確認とは、申込者が申告した勤務先で本当に働いているのか、勤務先に電話をして確認することを言います。

バンクイックの在籍確認は、担当者が銀行名「三菱UFJ銀行」を名乗って勤務先に電話をかけてきます。

基本的に申込者本人が電話に出るまで用件を明かすことはなく、まわりにカードローンの利用を知られる心配はまずありません。

在籍確認は簡単に終わりますが、終わらなければ審査は先に進みません。

たとえば、バンクイックは土日祝日も審査を行っているため、勤務先が休みの間は在籍確認ができず、契約までに時間がかかってしまうケースもあり得ます。

融資を急ぐのであれば、勤務先の休業日を挟まないよう、申し込みのタイミングを工夫するのも手ですね。

必要書類を提出しないと契約できない

収入証明書類

バンクイックの審査通過後、契約手続きでは本人確認書類を提出しなくてはいけません。

50万円超の利用限度額を希望する場合は、合わせて収入証明書の提出も求められます。

審査に通過しても、書類が提出できない、申込内容と書類内容が異なる、といった場合は契約できないケースがあります。

提出書類は、最新のものを用意するようにしましょう。

<本人確認書類>
以下のうちいずれか1点、有効期限内で現住所の記載があるもの
運転免許証、健康保険証、パスポート、個人番号カード

<収入証明書>(50万円超の利用限度額を希望する場合)
以下のうちいずれか1点
源泉徴収票、住民税決定通知書、納税証明書その1・その2(個人事業者)、確定申告書第1表・第2表
※場合によって、ほかにも追加で書類を求められることがあります。

バンクイックは土日祝日も審査に対応

バンクイックは、土日祝日も審査を行っています。

銀行カードローンの中には、土日祝日は休業で審査や契約に対応していないところが多いので、土日祝日対応はバンクイックの大きな魅力のひとつです。

申込方法によって、対応時間が少しずつ異なるので、事前に確認しておきましょう。

もちろん、契約や借入も土日祝日に対応しています。

テレビ窓口でローンカードを発行すれば、土日祝日、夜間でも三菱UFJ銀行ATM、提携コンビニATMで借入が可能となります。

ただし、テレビ窓口ですぐにローンカードを受け取れるのは、運転免許証を持っている人のみです。
運転免許証をお持ちの場合でも、利用限度額の希望額が50万円を超える方は、収入証明書も提出しなければローンカードは受け取れません。

契約後ローンカードがまだ手元にない場合、三菱UFJ銀行口座を持つ人なら、振込融資の手続きを完了すれば借入が可能です。

インターネット申し込み

インターネットなら24時間申込が可能です。

申し込みの受付時間・審査状況によって審査結果の回答が翌日以降になることがあるので、審査結果を急ぐなら午前中など早めの申し込みがいいでしょう。

審査結果の連絡
平日9時~21時
土日祝日9時~17時
※12月31日~1月3日は休業
テレビ窓口

テレビ窓口での申し込みなら、運転免許証があればその場で審査・ローンカード受け取りが可能です。
※発行されたカードは、発効日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能
※利用限度額の希望額が50万円を超える場合は、収入証明書も必要となります。

銀行窓口が閉まっている平日15時以降、土日祝日も利用できるのが嬉しいポイントです。

テレビ窓口の営業時間
平日9時~20時
土曜・祝日10時~18時
日曜10時~17時
※12月31日~1月3日、2月11日は休業。
※※曜日や支店によっても異なります。

テレビ窓口は曜日や設置場所によって、営業時間が異なることがあります。

営業時間終了間際に利用した場合、また審査状況によって手続きが翌日以降になる場合があります。

テレビ窓口で申し込んだ場合、審査結果が出るまでその場でしばらく待たなくてはいけません。

その場での待ち時間を短縮したいなら、事前にインターネットで申し込み、審査通過後にテレビ電話で契約手続き、ローンカード発行を行うのがスムーズな方法です。

電話

電話でも土日祝日関係なく申し込みが可能です。

審査結果は電話または郵送でのお知らせとなります。

電話受付時間
平日9時~21時
土日祝日9時~17時
※12月31日~1月3日は休業

利用限度額の増額審査

既にバンクイックを利用中の人は、取引状況に応じて、利用限度額の増額ができます。

一度の融資額は少なくていいという人でも、利用限度額が増えれば金利が低くなるので、増額のメリットは十分にあります。

利用限度額を増額したい場合は、会員専用ページもしくは電話で利用限度額増額の申し込みを行いましょう。
※延滞中の場合は増額申し込みができません。

また、自分から増額申し込みをする前に、銀行側から利用者へ電話やメールで利用限度額増額の案内が来る場合があります。

銀行からの増額案内は、ある程度の借入実績があり、返済能力に余裕があると判断される優良顧客に対して行われているようです。

しかし、増額案内が来ても必ず限度額を増額できるとは限りません。

増額を自分で申し込んだ場合、銀行から案内が来て申し込む場合、いずれにしても増額には審査を受ける必要があります。

増額審査は、限度額が増える分、初回審査より審査基準が厳しめです。

もし増額を申し込むのであれば、半年以上の借入・返済実績を積んでから(延滞していないこと)、もしくは銀行から案内が来たタイミングで申し込む方が審査通過の可能性は上がります。

取引中に繰上返済で積極的な返済をしていることも増額審査にはプラスになります。

電話での限度額増額の申込先
三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店
0120-76-5919
平日9時~21時
土日祝日9時~17時
※12月31日~1月3日は休業
まとめ

バンクイックの審査は、決して厳しすぎるということはありません。

安定した収入があり、信用情報に問題なければ審査通過は可能です。

また、バンクイックの魅力は、土日祝日も審査を行っていること、審査対応がスピーディということです。

銀行カードローンは、土日祝日は休業、審査が長いところも珍しくありません。

「審査が早い銀行カードローンはどこ?」
「平日は忙しいから、土日にカードローンを申し込みたい」

という人に、バンクイックはとても便利なカードローンと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事