消費者金融8社の契約機・窓口の営業時間まとめ!週末も使える自動契約機が便利

更新日:2017/12/14
このエントリーをはてなブックマークに追加

とにかく急ぎで借りたい

消費者金融から急ぎでお金を借りたいとき、まずはじめに確認しなければならないのは業者の「営業時間」です。

銀行にくらべて消費者金融は審査が早く、即日融資が受けやすいことで知られていますが、いくら審査が早くてもあなたが申し込みたい時間に営業終了していては申し込みさえできません。

そこで今回は、

「夜遅くでも審査が受けられるカードローンはどれ?」
「土日も借入できる消費者金融を知りたい」
「即日融資を受けるには何時までに申し込めばいいの?」

と困っている人のために、大手・中小消費者金融8社の営業時間をまとめようと思います。

店頭窓口や自動契約機、インターネット契約についても、「時間」について注意すべき情報を丁寧に解説します。

直接対話できる【店頭窓口】の営業時間

カードローンの申込方法は、インターネットや自動契約機(無人契約機)を介した「誰とも顔を合わさずに手続きできる方法」が主流となっています。
お金を借りることはおおくの方にとってデリケートな問題であるため、ネットや無人機で他人に見られずに契約したいというニーズをおおくの消費者が持っているのです。

しかしながら、キャッシングに関する知識の浅いカードローン初心者やネット・機械に馴染みのない方にとっては、独りきりで手続きを進めるのは不安がありますよね。

そんなときに便利なのが、担当者と直接会って対話しながら手続きを進められる店頭窓口(有人店舗)の利用です!

消費者金融の店頭窓口なら順調に審査が進めば当日中に契約完了でき、その場でローンカードが手渡されます。
ローンカードされ発行できればあとはATMからスグにキャッシングできるので、即日融資も受けられますよ。

また、店頭窓口は借り入れ返済に関する相談所としても機能しています。
カードローン利用中に質問ごとや悩みができたらスタッフが相談にのってくれるので、既存利用者にも広く利用されています。

そんな便利な有人店舗の営業時間は、基本的に大手・中小いずれの消費者金融でも平日18時までとなっています。

大手消費者金融
プロミス 平日10:00~18:00
アコム 平日9:30~18:00
アイフル 平日10:00~18:00
SMBCモビット 有人店舗なし
中小消費者金融
エイワ 平日9:00~18:00
フクホー 平日9:00~18:00
スペース 平日:30~19:00
土曜9:30~19:00
アロー 有人店舗なし

中小消費者金融のスペースを除き、店頭窓口は平日18時以降や土日祝日は営業時間外となります。

店頭窓口は店舗数が限られる点に注意!

スタッフと顔を合わせて契約できるのが嬉しい消費者金融の店頭窓口。
ただし、店舗数は決して充実しているとはいえないため、お近くに気軽に来店できる窓口があるのかどうかは事前にチェックしておくべきです。

消費者金融 店頭窓口の数
プロミス 18
アコム 22
アイフル 25
SMBCモビット 0
エイワ 23
フクホー 1
スペース 1
アロー 0

このうち、中小消費者金融のフクホーとスペースに関しては、それぞれ大阪に1店舗ずつしか店頭窓口がありません。
そのため、フクホーとスペースに関しては大阪沿線以外の方は利用しづらくなっているのでご注意ください。

夜間・土日祝も契約できる【自動契約機】の営業時間

平日の夕方以降や土日祝にカードローン契約が必要なら、店頭窓口が閉まったあとでも営業している自動契約機(無人契約機)が便利です。

自動契約機とは、申し込み~契約・カード発行までその場で済ませられる無人店舗のこと。
店頭窓口にくらべて圧倒的に店舗数がおおいので、都心部以外にお住まいの方もとっても使いやすくなっています。

窓口での契約と違いスタッフと直接対話することこそできませんが、契約機にはかならずオペレーター直通スピーカーが付いているのでスタッフとの音声対話は可能です。
機械操作の不安点や契約に関する相談ごとがあればいつでもスタッフに尋ねられますよ。

なお、自動契約機のある消費者金融は、プロミス、アコム、SMBCモビット、アイフルの大手4社だけとなっています。

プロミス 平日・土日祝9:00~22:00
アコム 平日・土日祝8:00~22:00
アイフル 平日・土日祝8:00~22:00
SMBCモビット 平日・土日祝8:00~21:00
中小消費者金融 いずれも設置なし

※一部、営業時間が異なる店舗があります。
※メンテナンスや年末年始などで一時利用できないことがあります。

当日中に審査回答をもらうなら終業60分前に来店!

時計

夜間に自動契約機を利用する場合、来店が営業終了時刻のギリギリになると、審査回答が翌日に持ち越されてしまうケースがあります。

申し込みから契約までは、いずれの消費者金融でも最速で40分はかかることがほとんど。
先客がいる可能性も無きにしも非ずなので、申し込んだその日のうちに審査回答をもらいたいなら、自動契約機には余裕をもって営業終了の1時間前には来店しておきましょう。

インターネット申込を活用すれば事前審査が受けられる

来店時間が契約機の営業終了間近になりそうなときは、あらかじめインターネットで事前申し込みしてから契約機に向かうと安心です。

ネットの事前申し込みを活用すれば契約機への来店前にカードローンの仮審査を済ませられるので、事前申し込みをしないときとくらべて契約機内での手続きを格段に簡素化できますよ。

資金調達をお急ぎの方以外にも、ネット申し込みはオススメです。

自動契約機で申し込み~カード発行までの全手続きするときは、審査のあいだ(最短30分間)はずっと契約機内で待機しなければなりません。
しかしネットで先に仮審査を受けておけば、契約機内での無駄な待ち時間を減らせるのです。

万が一審査に落ちてしまっても、ネット申し込みなら「せっかく自動契約機まで来たのに無駄足だった」という事態を防ぐことができますね。

自動契約機なら店舗数1位のアコムが断然使いやすい

自動契約機のなかでも、店舗数がおおくて特に使いやすいのはアコムの「むじんくん」です。

アコム 1,046店
プロミス 945店
アイフル 885店
SMBCモビット 約400店

※2017年11月時点

むじんくんなら平日・土日祝ともに夜22時まで審査回答がもらえて即日融資も受けられるので、「仕事や家事に忙しいから日中の来店は難しい」という方でも快適に申し込めますよ。

アコムは新規利用者への最大30日間無利息サービスも実施しているので、無利息期間内に返済できれば利息0円での借り入れも可能

パート・アルバイトの方でも希望額50万円以下なら本人確認書類だけで契約できます。

柔軟な対応が売りのアコムなら、審査は最短30分、在籍確認は相談しだいで書類で済ませられるので、お急ぎの方にもぴったりですね。

来店不要で契約できる【インターネット】の営業時間

PCとスマートフォンの図

スマートフォンの普及により近年ぐんと利用者数が増えているのが、スマホやタブレット、パソコンをつかったWEB契約です。

休むことなく稼動しているインターネットなら24時間365日申し込み受付中です。

ローンカードを郵送でもらうか、カードレス契約を使えば、店頭窓口や自動契約機への来店の手間なく手続きできます。
店頭窓口や自動契約機と違い、WEB契約なら「店舗への入店時に知人とバッタリ鉢合わせてキャッシング利用がバレる」という恐れがありませんね。

WEB契約する際に気をつけなければならないことは、深夜や早朝はすぐに審査回答をもらえないコトです。
インターネットなら24時間申し込み受付中とはいっても、審査回答時間には限りがあるので注意しましょう。

大手消費者金融なら、審査回答は申し込み完了後最短30分でもらえます。

WEB契約の審査回答時間
プロミス 平日・土日祝9:00~22:00
アコム 平日・土日祝9:00~21:00
アイフル 平日・土日祝9:00~21:00
SMBCモビット 平日・土日祝9:00~21:00
エイワ 平日9:00~18:00
フクホー 平日9:00~18:00
スペース 平日・土曜9:30~19:30
アロー 平日9:30~18:00

審査回答をもらったら、必要書類の提出や契約手続きはそのままWEB上で済ませるか、あるいは店頭窓口・自動契約機・郵送のいずれかを使って済ませます。

「来店手続きがめんどくさい!」という方は、書類提出と契約をWEBで済ませてしまって、ローンカードを郵送で受け取れば、来店なしでキャッシングできます。

もし「消費者金融から自宅に郵送物を送られたくない」という方は、カードレス契約のWEB完結を使って来店なし・郵送なしでキャッシングしましょう!

WEB完結では平日15時以降のキャッシングに注意!

消費者金融のうち、来店なし・郵送なしのWEB完結が使えるのはプロミスSMBCモビットの2社です。

WEB完結はローンカードを発行しないカードレスタイプの契約方法なので、借り入れ返済には「銀行振込」を活用しますが、ここで注意点がひとつあります。
それは、銀行振込でキャッシングする場合は銀行の営業時間外には即日融資が受けられないこと。

原則として、大手消費者金融では下記の時間を過ぎると当日中の振込融資が受けられなくなるので要注意です。

当日振込融資の締め切り時間
プロミス 平日14:50
アコム 平日14:30(ゆうちょ銀行は平日14:00)
アイフル 平日14:00
SMBCモビット 平日14:50

上記の時間外に即日融資を受けたい方は、面倒ですが店頭窓口か自動契約機でカード発行し、ATMから融資をもらいましょう。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行ユーザーはプロミスWEB完結が超便利

WEB完結では銀行の営業時間外には融資を受けられない、と上記でご紹介しましたが、一部の方は例外です。

プロミスには、三井住友銀行とジャパンネット銀行宛ての取引に限りいつでも振込融資が即時反映される瞬フリサービスがあります。
これなら該当する2行のユーザーは24時間365日振込融資を受け取れるので、時間や曜日を気にせずカードレス契約で即日融資が受けられます!

もしあなたが三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座を持っていて、かつ来店や郵送なしでスグに借りたいと思っているなら、プロミスWEB完結を使わない手はないでしょう。

プロミスは、アコム同様はじめての方なら30日間無利息で融資が受けられるお得なカードローン。

希望額50万円以下なら収入証明書なしで契約できて、申し込み後は最短1時間で融資が受けられますよ。

※無利息サービスの利用には、メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。

夜間・土日祝のキャッシングに便利な【ATM】の営業時間

ローンカードを発行したら、消費者金融の自社ATMや提携ATMですぐにキャッシングできるようになります。

おおくの自動契約機には、急ぎでキャッシングしたい人向けにいつでも手数料0円で使える自社ATMが併設されているので、ぜひ活用しましょう!

プロミスATM 平日・土日祝7:00~24:00
アコムATM 平日・土日祝24時間
アイフルATM 平日・土日祝7:00~23:00
SMBCモビット 自社ATMなし
エイワ
フクホー
スペース
アロー

※一部店舗はこの限りではありません

ただし、大手消費者金融のうちSMBCモビットには自社ATMがありません
ATMでキャッシングするときには提携するコンビニATMや金融機関ATMを利用しましょう。

プロミス・SMBCモビットなら三井住友銀行ATMが手数料無料

三井住友銀行とグループ関係にあるプロミスとSMBCモビットでは、提携ATMのうち三井住友銀行ATMが24時間手数料0円で利用できます。

「消費者金融ATMは周りの目が気になって使いにくい・・・」
という方でも、三井住友銀行ATMなら気軽に利用できますよね。

SMBCモビットには自社ATMこそありませんが、手数料無料で使える提携ATMがあるのでATMキャッシングの利便性は文句なさそうです。

中小消費者金融はATMキャッシングが使えない!

実は、中小消費者金融のカードローンは厳密には「カード」ローンではありません。
というのも、中小消費者金融のキャッシングにはローンカードが存在せず、借り入れには基本的に銀行融資を利用するからです。

ローンカードのない中小消費者金融ではATMキャッシングは利用できません。
よって、銀行の営業時間外である平日15時以降や土日祝には即日融資が受けられないことになります。

ATMから手軽に借り入れ返済したい方は大手消費者金融を利用しましょう。

在籍確認が終わらないとカードローンは使えない

即日融資を受けたいなら、金融機関の営業時間とあわせて在籍確認のタイミングにも注意が必要です。

在籍確認とは、あなたの勤務先を確認するために消費者金融がおこなう職場への電話連絡のこと。

在籍確認が完了しないことには、審査は完了されません。

申し込んだその日のうちに在籍確認を済ませるには、申込時間にあなたの勤務先が営業していて、かつ、職場の誰かが電話対応できる状態になければなりません。

もし勤務先の休業日とカードローンの申込日が重なるなどすれば、残念ながら当日中の審査回答は難しいでしょう。

そのため、カードローン申し込みは勤務先への在籍確認が取れる日時に行うのがベストです。

在籍証明書を提出すれば仮カードを発行できるケースも

大手消費者金融では、当日中の在籍確認が難しいときに「在籍証明書」の提出で仮カードを発行してもらえるケースがあります

仮カードとは、本カードが発行されるまでのあいだに利用できる簡易なローンカードのこと。
本カードが発行されるまでは利用限度額が制限されることもあるため仮カードで高額融資を受けることは難しいものの、こうした仮措置を受けられるのは嬉しいですね。

在籍証明書には、たとえば下記のような書類が該当します。

社会保険証
給与明細書
社員証

証明書としては「私文書」より「公文書」のほうがとうぜん説得力があるので、社会保険証を用意できる方はなるべく社会保険証を提出しましょう。

先にご紹介したアコムプロミスは、いずれも審査スタッフとの交渉次第で書類による仮の在籍確認を受けられる消費者金融です。
申込日中の職場への電話連絡が難しいときには、そのむねをスタッフに相談してみましょう。

まとめ

カードローン選びで営業時間の長さを重視するなら、大手消費者金融が最も便利です。

大手消費者金融の自動契約機は、夜間や土日祝日でもその場で申し込みや契約手続き、ローンカードの発行が可能です。

申し込みは自動契約機でも可能ですが、事前にインターネットで申し込んでおき、審査通過後に自動契約機で契約手続き・ローンカード発行をすれば、店舗での待ち時間が短縮できてスムーズ。

ローンカードを発行しておけば、コンビニATMで24時間借入や返済もできるようになりますよ。

営業時間が一番長いアコムなら、8時から22時まで自動契約機が利用できるほか、併設された自社ATMのほとんどが24時間営業なので、時間を気にせずキャッシングが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事