みずほ銀行カードローンの審査時間と融資までの時間

更新日:2019/02/08
このエントリーをはてなブックマークに追加

みずほ銀行カードローン審査時間

業界最低水準の低金利を誇るみずほ銀行カードローンは、安心のメガバンクのなかでもっとも金利が安いことで有名です。

カードローンは「無担保無保証で借り入れできる」「借りたお金の使用用途は自由」という便利さの反面、金融機関が負うリスクの大きさからどうしても金利設定が高くなり勝ちなもの。
そんななか、みずほ銀行カードローンのような低金利カードローンは「安い利息で借りたい」という消費者から絶大な人気を誇っています。

ただ、こうした低金利カードローンに申し込む際には、審査をはじめとする融資までの手続きが長期化するケースがあるので注意しなければなりません。

とくにみずほ銀行カードローンでは融資までに2~4週間かかることもあるため、“必要なときに借り入れが間に合わない”事態を避けるためには、あらかじめ次の3点を確認しておきましょう!

みずほ銀行口座の有無
当商品の平均的な審査時間
なるべく早くキャッシングするコツ

融資を急ぐ方のなかには、他社カードローンを検討したほうが良いケースもあります。
今回はそんなときのために、みずほ銀行カードローンの代替になるカードローンについても詳しく解説していきます!

最短融資の大前提はすでにみずほ銀行口座を持っているコト

みずほ銀行カードローンで最短融資を受けるには、すでにみずほ銀行の普通預金口座をお持ちであることが必要条件です。
というのも、みずほ銀行カードローンは当行口座なしでは契約できないカードローンだからです。

現時点でみずほ銀行口座をお持ちでない方でも、カードローン申し込みと平行して口座開設手続きを済ませればカードローン契約をすることは可能ですが、その場合は手続きに最短で2週間、最長で1ヶ月ほどかかってしまいます。

そのため、すでに当行口座をお持ちでない方はみずほ銀行カードローンで最短資を受けることはできないのです。

他社カードローンなら口座開設なしですぐに融資がもらえる

もしあなたが現時点でみずほ銀行の普通預金口座をお持ちでないならば、急ぎで融資を受けるには口座開設なしでキャッシングできる他行カードローンへの申し込みをオススメします。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は口座開設なしでも申込することができるので、利用開始までがとってもスピーディーです。

バンクイックは金利面ではみずほ銀行カードローンにやや劣るものの、土日祝でもすぐにカード発行できたり、提携ATMからでも手数料0円でキャッシングできたりと、銀行カードローンのなかでも屈指のサービス力を誇るカードローンです。
※発行されたカードは発行日の翌営業日以降、審査結果次第で利用可能

もしあなたが“銀行”や“金利”に拘りがないなら、特定金融機関の口座なしで即日融資が受けられる消費者金融カードローンが便利です。
なかでも三井住友銀行グループのプロミスなら土日祝でも申し込みから最短1時間で融資を受けられるので、お急ぎの方にはぜひ検討してほしいところです。

どうしてみずほ銀行カードローンは口座開設しないと使えないの?

カードローンは毎月一定額(最低返済額)を返済していくことが借り入れのルールです。
みずほ銀行カードローンではこの月に一度の返済をかならず当行口座からの口座振替でしなければならないため、カードローン契約には返済用の普通預金口座を開設しなければならないのです。

なお、月に一度の返済日は専門用語で「約定日」と呼ばれ、みずほ銀行カードローンでは毎月10日が約定日に設定されています。

審査回答は最短翌日!急ぎなら申し込みはインターネットで

みずほ銀行カードローンの審査時間は、平均的に24時間~72時間(3日)のあいだです。
「最短30分審査」をかかげる消費者金融カードローンとくらべれば、みずほ銀行カードローンの審査時間は正直なところ早いとはいえません。

ネットの口コミなどをみても、1日に審査回答をもらえた人もいれば、審査回答まで3、4日待たされたとする人もおおく、審査の長さは人によってまちまちなようです。

なるべく審査回答が欲しい人はインターネット申込を利用

みずほ銀行カードローンの場合、“あなたが選んだ申し込み方法”が審査時間におおきく影響します。
そのため、審査時間を少しでも短くするには、より早く審査回答がもらえる方法を使って申し込みを済ませることが大切です!

申込方法ごとに違う審査回答のタイミング
インターネット 最短で翌営業日
店頭窓口 最短で翌々営業日
郵送 申込書到着後、最短で翌々営業日
電話 申し込み受付後、最短で翌々営業日

表のとおり、みずほ銀行カードローンから最速で審査結果をもらえる申し込み方法は「インターネット申し込み」です。
インターネットで申し込んだ場合、最短で翌営業日には審査回答をもらえます。

一方で、店頭窓口、郵送、電話で申し込む場合は、審査回答は最短でもみずほ銀行の翌々営業日です。
窓口は平日9時~15時まで、電話は平日9時~20時までしか営業していないですから、日中仕事や家事で忙しい人にとってはインターネット申し込みのほうが断然使いやすいですね。

 

土日祝はみずほ銀行カードローンの審査がお休み

みずほ銀行カードローンの審査はみずほ銀行が営業している平日しか実施していないので、申し込みが土日祝になると休み明けまで審査回答がもらえません

そのため、土日祝に急ぎで借り入れたい方は土日祝も即日融資が受けられる他社カードローンへの申し込みを検討しましょう。

なお、上の章でご紹介したプロミスは土日祝でも最短1時間で資金調達できるカードローンですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

希望額50万円以下なら必要書類の提出なし!

すでにみずほ銀行の普通預金口座を開設していて、当行のキャッシュカードを持っている、もしくはみずほダイレクトを利用しているという方は、希望額を50万円以下にすれば書類提出なしで契約することもできます。

希望額さえ抑えれば本人確認書類などを提出せずにスグ契約手続きにすすめるのは、みずほ銀行カードローンの嬉しいポイントですね。

一方で、みずほ銀行口座をお持ちでない方は、希望額に関わらず書類提出が必要になります。

みずほ銀行カードローンの必要書類

  • 本人確認書類
  • 収入証明書※希望額50万円以下は不要
  • 口座開設のための銀行印

当行口座開設が必須となるみずほ銀行カードローンでは、すでに口座をお持ちでない方はカードローン申し込みとあわせて口座開設をしなければなりません。
口座開設には銀行印(お届け印)が必要なので、本人確認書類や収入証明書とあわせて用意しておきましょう。

収入証明書類

本人確認書類として使える身分証明書は、運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、健康保険証などが有効です。
いずれの身分証明書も有効期限が切れていないかどうかや、住所が現住所と合致しているかなどを確認しておいてくださいね。

 

あらたに口座開設をする人は「普通預金口座同期申込」が便利

まだみずほ銀行口座をお持ちでない方はカードローン申し込みとあわせて口座開設手続きをしなければなりません。
その際に「普通預金口座同期申込」という申し込み方法を選べば、カードローンと口座開設の申し込みを一挙に済ませられるので便利ですよ。

みずほ銀行カードローン申込画面

「普通預金口座同時申込」をすれば約2週間で口座開設が終わり、カードローンを利用できるようになります。

ただし、「普通預金口座同時申込」の利用には運転免許証が必要です。

運転免許証をお持ちでない方は、カードローン審査が終わったあとに別途来店などで口座開設手続きをしなければならず、初回借入までには約3~4週間かかってしまうので注意しましょう!

「キャッシュカード兼用型カード」ならローンカードの発行不要

みずほ銀行カードローンの借り入れ方法は「ATMキャッシング」と「みずほダイレクトによる銀行振込キャッシング」の2種類があります。

このうち銀行振込キャッシングでお金を借りる場合は、みずほ銀行の営業時間である平日9:00~15:00に間に合うように借入申請を済ませなければ、最短融資を受けることはできません

ですので、もし平日の夕方以降や土日祝にすぐに借り入れたくなったときには、ローンカードを使ってATMから融資を引き出しましょう。

みずほ銀行カードローンの場合、ATMキャッシングの利用できるローンカードは次の2種類から選べます。

キャッシュカード兼用型カード
カードローン専用型カード

すでにキャッシュカードをお持ちの方は兼用型が早い

すでにみずほ銀行のキャッシュカードをお持ちの方は、「キャッシュカード兼用型カード」を選ぶことで契約後すぐにATMキャッシングが利用できるようになります。

お手元のキャッシュカードにローンカード機能を付加すれば、あらたにカード発行する手間が省けるので、カード管理が楽に済みますね。

もし他人にローンカードをみられたときにも、兼用型カードなら見た目はただのキャッシュカードなので、借金バレの心配がありません。

カードローン専用型は受け取りに1~2週間かかる

キャッシュカード兼用型だとカードローン契約後すぐに融資が引き出せるのに対し、カードローン専用型カードを発行する場合はカード到着までの1~2週間はATMキャッシングが利用できません

ローンカードイメージ

すでにみずほダイレクトを利用中の方は、この間みずほダイレクトからの振込融資を受け取ることができますが、それ以外の方はカードローン専用型カードの受け取りまで融資が受けられないので注意しましょう。

 

時間をロスしないための申し込み時の注意点

みずほ銀行カードローンの申込手続きに手違いがあったり、必要書類の準備に手間取ったりすると、融資までに余計な時間がかかってしまいます。

なるべく時間のロスがないよう、スムーズに申し込み手続きするためのポイントを紹介します。

1.必要書類はあらかじめ揃えておく

みずほ銀行カードローンの申し込みには本人確認書類が必須です。

さらに、利用限度額が50万円超の場合は収入証明書が必要です。

必要書類は、提出を求められてから用意していると時間のロスになるので、あらかじめ用意しておく方がいいでしょう。

2.メールアドレスの入力・メール受信設定を見直す

みずほ銀行カードローンの審査結果はメールで送られてきます。

いつまで経っても審査結果の連絡が来ないのは、メールが正しく届いていないからかもしれません。
もし、申し込み後に「1週間以上審査結果が来ない」「おかしいな」と思った人は、以下にあてはまる項目がないかチェックしてみてください。

審査の回答メールが遅いときの確認事項

  • 申込時にメールアドレスの入力ミスがなかったか
  • 迷惑メールフォルダにみずほ銀行からのメールが紛れていないか
  • メールの受信設定でドメイン指定をしていないか(ドメイン設定しているとみずほ銀行からのメールが届きません)
審査状況の確認はカードローン専用ダイヤルへ

「審査結果がなかなか来ない」
「メール設定に不備があってメールが届かない」
「審査状況を教えてほしい」

といった問い合わせは、みずほ銀行カードローン専用ダイヤルで受け付けています。
音声ガイダンスに従って「1」を押すと問い合わせられますので、審査状況について不明点があるときは活用してくださいね。

みずほ銀行カードローン専用ダイヤル
番号 0120-324-555
受付時間 月曜日~金曜日 9時00分~20時00分
※12月31日~1月3日や祝日・振替休日は休業

増額の審査時間は初回審査と変わらない

みずほ銀行カードローンでは、利用中に利用限度額を増やしたくなった場合、カードローンの再申し込み※をすることで増額のための審査を受けることができます。
※再申し込み・・・あらためて新規申込をすること

増額審査の流れは初回審査とまったく同じですので、審査時間についても初回審査とどうよう、最短翌日~3営業日ほどかかると心積もりしておきましょう。

ただし、増額審査はいまよりも高い限度額をもらうための審査なので、希望額が増えるぶん、初回審査よりも慎重な審査が行われます。

初回審査よりも支払能力が上がっていたり、良質な借入返済実績が積まれていたりしなければ、審査通過は厳しいでしょう。

利用実績が優れていればみずほ銀行から増額案内がくることも

みずほ銀行カードローンでは、半年~1年以上の返済実績を積み、返済能力が高いと判断した優良顧客には増額の案内をするケースがあります。

みずほ銀行から増額案内があった人は増額審査に通る可能性が比較的高いので、増額審査にパスするためには増額案内を待つという選択肢もありですよ。

なお、カードローンの限度額を増やすためのポイントについては「カードローンの限度額を増額するには?」のページで詳しく解説しているので、あわせて参考にしてください。

まとめ

みずほ銀行カードローンの審査時間は、1営業日~3営業日程度です。

審査結果をよりはやくもらうには優先的に審査が受けられるインターネット申し込みを利用しましょう!

なお、みずほ銀行カードローンで最短融資を受けるには「みずほ銀行口座を持っている」ことが絶対条件です。
口座をお持ちでない方は初回キャッシングまでに約2週間~1ヶ月かかってしまうのでご注意ください。

とはいえ、みずほ銀行カードローンはメガバンク一金利の低いカードローンです。

口座をお持ちの方なら、キャッシュカード兼用型カードを発行することで契約後すぐにATMからお金を借りられるので、「低金利で借りたい!」という方にはとってもオススメですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事