カードローンの保証会社一覧

更新日:2018/11/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

保証会社の確認イメージ

銀行や消費者金融のカードローンと言えば、無担保、無保証でお金を借りられることが大きなメリットです。
当然、担保や保証がなければ、借主に滞納されると金融業者にとっては損失となってしまいます。

そこで、銀行が貸し倒れのリスクを避けるために利用しているのが保証会社です。

これからキャッシングしたい人、既に銀行で借入をしている人の中には

「保証会社ってなに?」
「保証会社なんて気にしたこともない」

という人もいることでしょう。

確かに、保証会社のことを知らなくても銀行からお金を借りることはできますし、事実、消費者金融は保証会社を利用していません。

でも、銀行と契約するのであれば、必ず保証会社の保証を受けることになります。

もし返済できなくなってしまったら、助けてくれるのは保証会社です。

また、銀行カードローンの審査を担っているのも保証会社です。

カードローンの申し込みで気になることと言えば、審査ではないでしょうか。

実は、保証会社に着目して銀行カードローンを選ぶことで、審査に通りやすくなるケースもあります。

保証会社のことがよくわからない人のために、知っておきたい保証会社の役割から、保証会社をもとに銀行を選ぶ上級テクニックまで、詳しく解説していきます。

保証会社ってなに?

利用者にとって、カードローンは担保や保証人不要でお金を借りられるのが魅力です。

しかし、担保や保証人がなければ、金融業者にとっては貸し倒れという大きなリスクが待っています。

そこで、銀行は保証会社にカードローンの保証を委託しています。

銀行は、借主が払う金利の一部を手数料(保証料)として保証会社に支払うことで、互いの関係が成り立っているのです。

保証会社には、大きく分けて2つの役割があります。

ひとつは、銀行カードローンの審査を行うこと。
※詳細は「保証会社の役割1―審査」で説明

そしてもうひとつ、カードローンの借主が長期間返済しないとき、借主に代わって銀行にお金を払うという役割です。
※詳細は「保証会社の役割2―返済できない債務を立て替える」で説明

メガバンク、ネットバンク、地銀…どの銀行カードローンにおいても必ず保証会社を利用しています。

ちなみに消費者金融は、保証会社を利用せず自社で保証業務を行っているのが特徴です。

保証会社の役割【1】―審査

保証会社のイメージ

保証会社は銀行カードローンの審査業務を担当しています。

保証会社は、返済できなくなった債務者のかわりに銀行へお金を支払うという役目があります。

しかし、保証会社は誰に対しても保証を行うわけではなく、債務を立て替えるにはリスクがあるため、慎重な審査を行い、通過した人にだけ保証を行います。

銀行カードローンの「商品説明書」には、利用条件のひとつに「保証会社の保証を受けられること」といった記載があります。

保証会社のことを知らなければ、意味がわかりにくいかと思いますが、言い換えると“銀行カードローンを利用するには保証会社の審査にも通過しなければいけない”といったところです。

なお、保証会社は銀行と直接契約しているので、カードローン申込者には何の手続きも発生しません。

カードローンに申し込めば、自動的に保証会社の審査を受けることになります。

審査では個人情報・信用情報をチェックされる

保証会社は、カードローン申し込み時に申告された個人情報と、信用情報機関に登録された信用情報をチェックし、申込者の返済能力を審査します。

銀行によって多少異なりますが、銀行側は本人確認書類のチェックや在籍確認といった方法での審査を行います。

在籍確認のイメージ

多くの場合、主な審査は保証会社、付随するチェックを銀行が行うというイメージです。

審査基準は保証会社によって異なり、また同じ保証会社でも銀行が異なれば、基準が全く同じにはなりません。

ただし、重視される審査内容はどの保証会社でも同じで“安定した収入がある”“返済能力がある”と判断されれば、無事審査通過となります。

<保証会社の審査で重視される項目例>
・収入
・勤務先、勤続年数
・労働形態
・住居(持ち家/賃貸)
・他社借り入れ
・個人信用情報

そして、銀行が保証会社を利用するメリットは信用情報にもあります。

現在、国内の金融業者が利用する主な信用情報機関は3つ。

金融業者によって加盟する信用情報機関が異なりますが、もし銀行が2つの信用情報機関にしか加盟していなくても、保証会社が3つの信用情報機関に加盟していれば、審査中3機関の信用情報を照会することができます。
※参照「消費者金融で借入すると保証を務める銀行にも取引情報が共有される

金融業者によって加盟する信用情報機関が異なるということは、漏れなく信用情報をチェックできた方が、より多くのデータを審査に活用できるというわけです。

JICC(株式会社 日本信用情報機構)
CIC(株式会社シー・アイ・シー)
全国銀行個人信用情報センター
信用情報って何?

信用情報とは、クレジットカードや各種ローンの申し込み・契約・取引履歴などの個人信用情報のことです。
クレジットカードやローンを利用すると、第三者機関である信用情報機関に利用実績が記録される仕組みになっています。
信用情報には、延滞、債務整理や破産といった事故情報も記録されており、金融業者は、審査において申込者の信用情報を調査し、返済能力に問題がないかをチェックします。
申込者の年収がいくら多くても、信用情報に問題があれば審査に落ちてしまいます。

保証会社の役割【2】―返済できない債務を立て替える

保証会社の役割には「債権の保全」があり、債権の保全とは債権の回収をシッカリするための工夫、といった意味です。

どのような工夫かと言うと…銀行カードローンの保証会社の場合は「代位弁済」を指します。
代位弁済とは、借主の代わりに返済すること。

銀行カードローンで借主の返済が滞った際、保証会社は借主に代わって借入残高を一括で銀行へ支払います。

知っておきたいのは、保証会社が返済してくれたからと言って、借金が清算されるわけではないということです。

返済先が銀行から保証会社に移っただけで、借主の返済義務は消えません。

しかも、保証会社は基本的に一括返済を求めてきます。

保証会社は法的に債権の取り立てを行い(乱暴な取り立てではありません)、それでも返済されない場合には、裁判で請求したり、財産を差し押さえたりするケースもあります。

また、代位弁済が実行されると、信用情報に金融事故(事故情報、異動情報とも)として記録されます。

なんでカードが使えないの?

金融事故は発生から5年信用情報に記録され、その間のローンやクレジットの審査はまず通らないと思っていいでしょう。

代位弁済は、おおよそ3か月の延滞で実行されると言われています。

代位弁済に至るまでには銀行から何度も督促がありますので、絶対に放置せずに返済を行うようにしてください。

保証会社一覧

銀行によって利用する保証会社は異なります。

主な銀行カードローンの保証会社を見てみましょう。

銀行 保証会社
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社
または新生フィナンシャル株式会社
 じぶん銀行 じぶんローン アコム株式会社 
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 楽天カード株式会社
株式会社セディナ
みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション
三菱UFJ銀行カードローン アコム株式会社
りそな銀行カードローン
りそなプレミアムカードローン
オリックス・クレジット株式会社
りそな銀行カードローン
りそなクイックカードローン
りそなカード株式会社
イオン銀行カードローン イオンクレジットサービス株式会社
オリックス・クレジット株式会社
セブン銀行カードローン アコム株式会社
ソニー銀行カードローン アコム株式会社
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)

※2017年8月調べ

アコム」「プロミス」「オリックス・クレジット」「セディナ」など、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

保証会社は、消費者金融や信販会社が行っていることが多いのです。

消費者金融が保証会社を担う理由は、次の章(「保証会社が消費者金融なのはなぜ?」)で紹介していきます。

保証会社が消費者金融なのはなぜ?

銀行各社の保証会社を見ると、大手消費者金融の社名が目につきます。

信販会社の名前も見られますね。

「銀行からお金を借りようとしたのに、結局は消費者金融が相手になるの?」と思われるかもしれませんが、答えはNOです。

銀行カードローンの借入先は、あくまでも銀行であり、消費者金融が担うのは、審査と保証の役割です。

消費者金融と直接関わりが出るのは、長期延滞をしてからの話です。

キチンと返済していれば、保証会社と接する機会はまずありません。

また、銀行と保証会社である消費者金融はグループ企業という関係もよく見られます。

たとえば、アコムは三菱UFJフィナンシャルグループ。

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)はSMBCグループです。

グループ企業として運営しているのには、「総量規制」の背景があります。

2010年、改正貸金業法で総量規制が実施されたことで、貸金業者の貸付額は利用者の年収3分の1までと規制されました。

総量規制の解説

総量規制は利用者の借り過ぎを防ぐ施策ですが、消費者金融にとっては融資額が減って大変な痛手でした。

利益が大きく落ち込んだ消費者金融は、大手銀行グループになることで経営を維持してきたのです。

また、消費者金融は銀行の保証会社となることで保証料を儲けています。

融資額をのばす銀行カードローンの保証業務を行うことで、利益をまかなっているのです。

銀行としても、貸し倒れリスクを避けられるのは大きなメリットです。

さらに、消費者金融には、長年培ってきた個人向け融資のノウハウがあります。

銀行は、もともと事業者向けの融資が本業。

銀行は消費者金融に保証を委託することで、決して得意分野ではない個人向け融資を運営していくことができます。

昨今、銀行カードローンのサービスが消費者金融並みに充実してきたのにも、こうした背景があるのですね。

保証会社で銀行カードローンを選んで審査通過率をアップ

カードローンを選ぶポイントは、金利、審査時間、サービス内容など、人それぞれです。

なかでも上級と言えるのが、保証会社でカードローンを選ぶという方法。

残念ながら、審査に通りやすい保証会社というのはありません。

どの金融機関、保証会社にしても審査内容や基準を公開していないこと。

また、利用者によって個人情報や信用情報が複雑に異なるため、どうすれば審査に通るというのも一概に言えないからです。

ただ、保証会社で銀行カードローンを選べば、審査に通りやすくなる可能性があります。

「既に消費者金融で借入をしていて、銀行カードローンの申し込みを検討している」
「銀行カードローンの審査に落ちたから、別の銀行に申し込みたい」
「少しでも審査通過の可能性を上げたい」

という人は、保証会社で銀行を比較してみてもいいかもしれません。

保証会社で銀行カードローンを選ぶ方法

【1】既に利用している消費者金融が保証会社のカードローンを選ぶ

消費者金融が自社のカードローンの審査を行うのと、保証会社として銀行カードローンの審査を行うのとで、審査基準が全く同じということはありませんが、似ている傾向にはあります。

審査基準が似ていれば、ある程度は審査に通る可能性があると考えられます。

しかし、消費者金融での延滞、借入残高が高額だったりすると、その消費者金融が保証会社となる銀行カードローンの審査にはまず通りませんので、別会社が保証を行う銀行を選ぶようにしましょう。

【2】保証会社が2つ以上あるカードローンを選ぶ

銀行カードローンの中には、2つの保証会社を利用している場合があります。

2つ保証会社がある場合は、いずれかの審査基準を満たせば審査に通ります。

保証会社が1社なら、1社の審査に落ちた時点で終わり。

2つの保証会社があれば、審査基準はそれぞれ微妙に異なるため、片方の審査に落ちても、もう片方の審査に受かる可能性があるということです。

ただし、2社の審査を受ける分、審査時間が長めになる場合があります。

【3】審査に落ちた銀行カードローンとは異なる保証会社をチェック

審査に落ちた銀行と保証会社が同じ銀行は、審査基準が近いと考えられるので、また落ちる可能性が高いです。

銀行によって融資対象や金利など、さまざまな条件が異なるため、保証会社が同じだからと言って審査基準が全く同じとは言えませんので、あくまでも銀行選びの目安に役立てください。

商品説明書を見れば保証会社がわかる

利用したい銀行がどこの保証会社を利用しているか、気になりますよね。

銀行カードローンの保証会社を知るには、商品説明書をチェックしましょう。

たいていの場合、銀行カードローンのホームページ内に「商品説明書」「商品概要書」という項目が掲載されています。

銀行によって表記はさまざまですが、商品説明書の「利用条件」「保証人」の欄を見れば、保証会社名を見つけることができます。

実際の銀行カードローンの概要書面での保証会社の記載例を見てみましょう。

三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックの商品説明書

「ご利用いただける方」 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、保証会社(アコム(株))の保証を受けられるお客さま
「担保・保証人」 不要
※保証会社(アコム(株))の保証をご利用いただきますので、保証人は必要ありません。

オリックス銀行カードローンの商品説明書

「ご利用いただける方」 オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方
「担保・保証人」 オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方を条件としています。
(別途、保証料はいただきません。)
その他に担保・保証人は必要ありません。

消費者金融で借入すると保証を務める銀行にも取引情報が共有される

消費者金融Aで借入し、Aが保証会社をつとめる銀行Bのカードローンに申し込んだ場合。

Aでの取引情報は、Bの申し込み審査に影響すると思っていいでしょう。

保証会社、銀行の関係において、ローンの現在・過去の取引状況については詳細なデータが共有されています。

信用情報機関の3社も独自の情報交流ネットワーク(CRIN)をもって、各々の情報を共有が行われているからです。

CRINのイメージ

Aの借入額が大きかったり、延滞情報があれば、返済能力が低いとみなされ、Bの審査には通りにくくなります。

信用情報で金融事故の記録は5年経てば消えます。

しかし、消費者金融内では金融事故の記録は消えません。

たとえばアコムで金融事故があった場合。

りそな銀行カードローン(保証会社はオリックス・クレジットもしくはりそなカード)は審査通過、三菱UFJ銀行・ソニー銀行カードローン(保証会社はアコム)は審査落ち、ということも十分にあり得ます。

もし過去に金融事故を起こしたという人は、金融事故から5年以上経っていても、異なる消費者金融が保証会社をつとめる銀行を選んだ方が審査に通りやすいでしょう。

まとめ

銀行カードローンは、保証人不要で融資を受けられる分、銀行は貸し倒れのリスクを避けるために、保証会社を利用しています。

保証会社とは、債務が返済されなかったときに、借主にかわって銀行にお金を支払う会社。

さらに、銀行カードローンの審査も保証会社が行っています。

業務内容だけを見ると保証会社は辛い役目ばかり担っているように思えますが、銀行から保証料が支払われています。

当然、すべての借主が延滞するわけではないため、保証会社は保証料で利益を得ることができています。

きちんと返済ができる借主からすると、保証会社はあまり関係のない話と思われるかもしれません。

しかし、保証会社で銀行カードローンを選ぶことで、審査通過の可能性を上げることが可能です。

すでに審査通過したことのある消費者金融が保証をつとめる銀行は、審査に通る可能性が高いです。

また、保証会社が同じ銀行は審査基準が似ていると考えられますし、信頼できる大手消費者金融が保証会社の銀行カードローン利用などが安心かも知れませんね。

業界トップクラスの貸付実績を誇るアコムが保証会社を務めている三菱UFJ銀行カードローンは、安心できる借入先のひとつと言えるでしょう。

もしこれまでカードローンを利用したことがある人は、銀行を選ぶ際、

審査に受かったことのある保証会社を選ぶ
一度審査に落ちた保証会社は避ける

といったポイントで銀行をチェックしてみてはいかがでしょうか。

2社の保証会社のある銀行を選ぶというのも、審査通過率を上げる方法のひとつです。

たとえば、オリックス銀行カードローンは、保証会社としてオリックス・クレジットと新生フィナンシャルの2社と提携しています。

保証会社が同じでも金融機関が異なれば、審査基準に違いが出るため、必ずしも審査に通るとは言えません。

しかし、少なくとも何も情報がなくて申し込むよりは、審査通過の可能性が上がりやすいと言えます。

審査通過率を少しでも上げたいなら、保証会社をひとつの指針として頭に入れておくことは、有用と言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事