カードローン借り換えで利息負担を軽減するための注意点

更新日:2018/11/09
このエントリーをはてなブックマークに追加

金利の高いカードローンでお金を借りて、利息が膨らみ、返済に困っている人はたくさんいらっしゃると思います。

「この返済ペースではとても完済できない」
「もう債務整理を行うしかない」

などと肩を落とされる前に、検討していただきたいのがカードローンの借り換えです。

借り換えは、金利の高いカードローンから金利の低いカードローンへ借入を移すという、利息負担を軽減するために有効な策です。
借り換えでは、債務整理とは違い、信用情報に傷が付かないということも大きなメリットと言えるでしょう。

“おまとめ”と“借り換え”の違い

おまとめと借り換えの違いは、いたってシンプルです。
おまとめとは、複数者の借入を、1社にまとめて一本化することを言います。
一方で借り換えとは、1社の借入を、別の1社に移すことを言います。

借り換えローンイメージ

しかし、“おまとめ”と“借り換え”という言葉の定義は曖昧で、金融機関によっては“借り換え”のことを“おまとめ”と表記していたりします。
要するに上記でご説明した借り換えとおまとめの違いはあくまで一般論であり、“借り換え”“おまとめ”という言葉に明確な定義はないと認識してください。

ここでは、1社から1社への借入の移行のことを借り換えと呼び、ここではその方法やメリット・デメリットなどについてご説明したいと思います。
複数者から1社へ借入を一本化するおまとめに関しては、「おまとめローンの選び方・審査・利用の注意点」を参考にしてください。

借り換えはブラックリストに載らない利息削減法

借り換えのメリットは、大きく分けて2つあります。

借り換えのメリット
・金利の負担が下げられる
・債務整理と違ってブラックリストに載らない

借り換えは、金利負担を下げるために行う

借り換えをする最大のメリットは、借入を他社へ移行することで「利息総額を減らせること」です。
金利が高い金融機関でお金を借りている場合、返済期間が長引けば長引くほどにどんどん利息額が膨らんでしまいます。
金利が高い金融機関は比較的「審査に通りやすい」というメリットがある代わりに、毎月小額ずつしか返済できない人にとっては、利息総額が大幅に膨らんでしまうというデメリットがあるのです。

そのような、金利が高いがために元本の返済に困っている人が、金利の低いカードローンに乗り換えて返済額を減らせることが、借り換えを行う意味なのです。
ですので、必然的に借り換えは「現在借入を行っているカードローンよりも金利が低いカードローン」に対して行うことになります。

債務整理の前に必ず借り換え・おまとめを検討

利息が膨らみすぎたことで自力での返済が難しくなった場合、任意整理や自己破綻やなどの債務整理を余儀なくされる人もいらっしゃるでしょう。
確かに債務整理は、将来の利息をカットし、返済負担を軽減するために有効な手段です。

しかし、債務整理を行うと、金融機関から「この債務者は返済能力に乏しい」と判断され、信用情報に傷がつき、いわゆるブラックリスト入りしてしまうというデメリットがあります。
債務整理の結果ブラックリストに事故情報が登録されてしまうと、少なくとも5年の間は新たなローンが組めなかったり、最悪の場合二度とローンを組むことができなってしまいます。
そこで、債務整理という重い決断を下す前に考慮していただきたいのが、この借り換えという手段です。

借り換えを行った場合、債務整理とは違い、信用情報に傷を付けることなく利息負担を下げることができます。
この「信用情報に傷が付かない」という点も、借り換えのメリットになります。

金融機関との裁判や和解交渉などで金利負担を下げる債務整理とは違い、借り換えは金融機関がすすめる金利負担の削減法です。
ですので、債務整理と違って、裁判や和解交渉などのややこしい手続きはいりませんので、特別な書類を用意するといった面倒事もありません。

債務整理と比べると、借り換えは削減できる負担幅は少ない傾向にありますが、これらのメリットを考えると、債務整理の前にまず借り換えを検討されることをおすすめします。

クレジットのリボ払いも借り換えで負担軽減

借り換えは、金利の高いA社での借入金を完済するために、A社よりも金利の低いB社からお金を借り、B社から借りたお金でA社での借入金を完済してしまうという方法です。
実質的に借入残高がA社からB社へ移ることになるので、“借り換え”と呼ばれています。

借り換えは、基本的にカードローンの借入同士で行われます。
しかし、クレジットカードのリボ払いで膨らんだ返済額を、金利の低いカードローンから受けた融資で完済してしまうことで、クレジットカードからカードローンへと利用残高を移行することもできます。

クレジットカードのキャッシング枠の金利は、上限金利が年率18.0%と高いところも多く、その金利設定は消費者金融のカードローンとほとんど違いありません。
カードローンの返済に困る人がいるのと同様に、クレジットカードのキャッシング枠利用者にも返済の悩みを抱えている人は多いことでしょう。
上限金利18.0%でクレジットカードのキャッシング枠を利用している人が、利用残高を低金利の銀行カードローンなどに借り換えれば、返済にかかる利息総額は大幅にカットすることができます。

借り換えとは、カードローン利用者だけではなく、クレジットカード利用者にも効果的な利息削減法なのです。

銀行・消費者金融などで異なる借り換えの方法

借り換えの作業は、基本的には債務者自身で行います。

例えば、現在A社で借入を行っている田中さんがいるとして、彼の借り換えの手順をみてみましょう。

金利の高いA社で借金中の田中さんは、利息が原因で返済しても返済しても借金が減らず、残りの150万円の返済に行き詰っていました。
そこで、田中さんはA社よりも金利の低いB社に新たにカードローンを申し込み、150万円借入れることにしました。
田中さんは金利負担を減らすために、B社から受けた150万円の融資を、A社の返済に充て、金利の高いA社での残高を完済してしまいました。
現在、田中さんは金利の低いB社で、地道ながらも確実に借金を減らし続けています。

この田中さんの一連の流れが、借り換えという利息軽減法です。
ようするに、基本的に借り換えとは、債務者が自己完結することができる行為なのです。

銀行カードローンの商品紹介には、「借り換えにもご利用いただけます」というフレーズが見受けられることがあります。
しかし、カードローンは用途自由のフリーキャッシングなので、このような注意書きのあるなしに関わらず、基本的にすべて借り換えに利用することができます。

借り換え専用のローン

一方で、一部の金融機関は「借り換えローン※」という借り換え専用のローンを用意しています。
確認できている限り、2016年9月15日現在、主な金融機関では大手消費者金融のアイフルのみが、「かりかえMAX」と「おまとめMAX」という2種類の借り換え専用のローンを提供しています。
「かりかえMAX」と「おまとめMAX」の大きな違いは、初回利用者に対する借り換えローンか、既存利用者に対する借り換えローンか、というところにあります。

このアイフルの「かりかえMAX」と「おまとめMAX」は、返済専用のローンとなります。
アイフルから融資を受けられるのは、最初の他社への返済のためのみとなりますので、普通のカードローンと混合しないように注意してください。

なお、最初の他社への返済作業は債務者自身で行わなくてはいけません。
アイフルから直接、他社の口座へ返済額を振込んでくれるような返済の委託サービスは残念ながらありません。
加えて、借り換え専用ローンで受けられる融資は他社への元本の返済分のみであり、利息分については債務者自身で負担しなければなりません。
この2点を必ず頭に入れておいてください。

*一般的な借り換えと借り換え専用ローンの違い

  一般的な借り換え 借り換え専用ローンでの借り換え
借り換えのための融資 利用限度額の範囲であれば元利分受けられる
※元利とは「元金+利息」のこと
元金分しか受けられない
借り換えのための融資 利用限度額の範囲であれば元利分受けられる 元金分しか受けられない
借り換えのための融資 利用限度額の範囲であれば元利分受けられる 元金分しか受けられない
他社への返済作業 債務者自ら行う 債務者自ら行う
他社への返済以外に使う融資 自由に受けられる 受けられない

一般的な借り換えと借り換え専用ローンの違いを考えると、借り換え専用ローンで借り換えを行うメリットは、特にないでしょう。
なにより消費者金融は金利が高いので、銀行カードローンなどの低金利のカードローンで借り換えをされることをおすすめします。

なお、プロミスやアコムなどにも金利負担の削減に役立つ返済専用のローンがありますが、どちらもおまとめにのみ使える返済専用ローンですので、借り換えにはお使いいただけません。

借り換えの際に注目すべきは適用金利

借り換えを行う際には、必ず現在借りている金融機関より金利の低い金融機関に借り換えて下さい。
万が一、現在借りている金融機関より金利の高い金融機関に借り換えてしまったら、金利負担を増え、利息総額が膨らむという最悪の事態になってしまいます。

複数社の借入を一本化するおまとめの場合は、よりお得な借り換え先を探すために、「加重平均金利」という複数社の金利の平均を計算するなど、少しややこしい作業をする必要があります。
それに対し、1社から1社への借り換えの場合は、シンプルに金融機関同士の金利を比べるだけで、よりお得な借り換え先を見つけることができます。

この金利比較に際して、注目していただきたいのは、上限金利や下限金利よりも、利用限度額に応じた金利です。

カードローンでは、利用限度額に応じて金利が変動します。
上限金利はA社よりB社のほうが下回っていても、利用限度額が100万円を超えた時には、B社のほうが金利がお得になる、などということもございます。
カードローンの公式ホームページには、多くの場合、金利に応じた返済総額を計算できる「返済シミュレーション」が用意されています。
借り換え先の金融機関を選ぶ際には、この返済シミュレーションを活用して、返済総額を比較されることをおすすめします。

ただし、多額の借り換えを行いたい場合に、審査の結果、債務者の希望額どおりに利用限度額が決まらない場合があります。
110万円を借り換えるつもりで見積もりしていたのに、利用限度額が50万円までとなってしまった場合には、適用金利が高くなり、思うように金利負担を下げられないこともあります。

このような事態にならないために、カードローンの公式ホームページにて事前に借入診断をされることもおすすめします。

短い期間で複数の審査申し込みは厳禁

一般のカードローンで借り換えを行う際にも、借り換え専用ローンで借り換えを行う際にも、審査通過のポイントは以下の4点です。

*借り換えの審査で気をつけるポイント

・信用情報機関に事故情報はないか
・申し込みに際して、虚偽の報告はしていないか
・申込者の収入は安定しているか
・短期間に複数社に申し込みしていないか

借り換えは基本的に債務者が勝手に処理する作業ですので、借り換えの審査といっても、金融機関は通常通りの審査を行うだけです。
よって、審査基準は通常のカードローン審査と変わりありません。

事故情報があればもちろん審査には通りにくくなりますし、報告内容に誤りがあれば信用力に乏しいと判断されてしまいます。
申込者の収入が不安定であったり、転職の繰り返しなどで勤続年数が少なかったりすると、利用限度額は少なくなります。
正社員・アルバイトなどの雇用形態も、年収に大きく関わることなので大きな判断材料になります。

この中で、借り換え審査の際にもっとも注意すべきことは、「短期間に複数の金融機関に申し込みをしない」ということです。

借り換えを行いたい人は、一刻も早く利息負担を減らしたいと思っている人が多いので、1社の審査に落ちてしまうとすぐに別の金融機関の審査を受けようとする傾向にあります。
しかし、審査申し込みの履歴は、信用情報に6ヶ月~1年の間残ります。
審査を申し込んだ結果、カードローン会社と契約成立した場合は、申し込み情報とは別に成約情報が信用機関に登録されます。
「申し込み情報はあるけど、成約情報はない」という状態は、即ち「直近6ヶ月ほどの間に審査落ちした」ことを表しますので、金融機関への印象は悪くなります。

一説には、6ヶ月の間に3社以上申し込んではいけないとか、4社以上申し込んではいけないなどと言われていますが、これらは推測にすぎず、一概には言えません。
目安として、なるべく複数社に申し込みをする場合には、信用情報に2社以上の申し込み履歴が残らないようにしてください。

違法業者の借り換え勧誘にはご注意

返済に困り借り換え先を探している債務者たちに、甘い言葉をかける違法業者、いわゆるヤミ金融が横行しています。

違法業者の多くは、異常な低金利・激甘審査、というようなでたらめな情報で、債務者たちを誘導します。
「名の知れない消費者金融なのに、大手銀行並みに低金利なのはどうして?」などと疑問に思われることがあれば、違法業者でないか必ず確認するようにしてください。
違法業者かそうでないかは、貸金業登録番号で見極めることができます

やはり消費者金融を利用する場合は、銀行の子会社になっている銀行系消費者金融のプロミス・アコム・SMBCモビットなどを利用することが一番です。
アイフルは銀行系消費者金融ではありませんが、その業績からみても信頼できる消費者金融といえます。

これ以外の、中小企業の消費者金融を利用する際には、日本貸金業協会や金融庁に問い合わせて安全性を確認してから利用されるのがおすすめです。

まとめ

 

借り換えを行うからには、金利は少なければ少ないほど良いです。

*借り換えローンまとめ

借り換えは、現在より低金利の金融機関に対して行う
クレジットのリボ払いも借り換えできる
借り換えの審査は、短期間に複数社受けない
借り換え希望者を狙った悪徳業者に注意

借入残高が少ない人の場合、利息負担を減らすには、借り換えの他に増額審査を受けるなどの方法も有効です。

借り換えは、金融機関も推奨する、信用情報に傷が付かない利息削減方法です。
債務整理を選択する前に、自力で返済できる道は残されていないのかをぜひ検討してみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加