三菱東京UFJ銀行バンクイック増額審査は最短2日!落ちる人の5つの特徴

更新日:2017/11/30
このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)を利用している方、あと少し利用額があれば…と思ったことはないですか?
カードローンからの融資額は利用限度額までに限られています。
もし、利用限度額が増えてくれば金利が下がることもありますし、万が一に備えて利用できるお金が大きいと安心感も高まります。

実は、バンクイックでも限度額アップは不可能なことではありません。
ここではバンクイックの利用限度額の増額について説明していきます。

増額の申し込み方法と流れ
否決した場合の対処法

どの金融機関にも言えることですが、新規でカードローンを契約した後、すぐに利用限度額を増額できるところは少ないでしょう。
なぜならカードローンで借入したお金をキチンと返済するといった返済実績がないからです。

また、増額には利用実績だけでなく、返済能力や他社からの借入頻度なども含めて、増額するにふさわしい人物であるかを判断するための審査が行われることになります。
もちろん、利用限度額の増額の前にバンクイックの商品についてもシッカリと理解しておくことも重要です。

増枠申請の前に確認しておきたいポイント

バンクイックの利用限度額の増額申込を検討している方のうち、下記の5つの項目の中に1つでも当てはまる人は増額審査に落ちる可能性が高いため、注意が必要です。

  • カードローンの利用実績が少ない
  • 年収が少なくなった
  • 返済が遅れている
  • 転職後すぐに申込んだ
  • 他社での利用状況が悪い

せっかくバンクイックの増額に申し込みをしても審査に通過できなければ意味がありません。
むやみに増額申込をするのではなく、はたして自分は増額するにふさわしいのかを考えてみましょう。

【1】カードローンの利用実績が少ない

バンクイックを申し込みしてから、実際に利用した実績がない状態で増額を申し込みしても、増額審査に通るのは難しいと言えます。

なぜなら、銀行にとってカードローンを定期的に利用してくれて、毎月シッカリ返済をしている人こそが優良顧客であるからです。

実際に借入れたことのない人が増額審査に申し込んでも、増額の参考となる利用実績がないため、限度額が増額されるケースはほとんどありません。

限度額を上げてもらうためには、まずは小額でもカードローンを活用してみて、良質な利用実績(クレジットヒストリー)を積み上げるところからはじめましょう。

【2】年収が少なくなった

新規でバンクイックを申し込みした際の年収よりもあきらかに収入が少なくなった場合、これも増額の審査に通るのは難しいでしょう。

バンクイックの利用限度額は、個人の年収に見合った限度額を設定しているので、年収が少なくなったのなら、当然限度額も減額するべきというのが銀行側の考えなのです。

カードローン限度額を決定づける要因には年収の高さが極めて重要だということを抑えておきましょう。

【3】返済が遅れている

厳しいことを言いますが、返済がキチンと出来ていない方は銀行からの信用を得られません。
借りたお金はきちんと返済日に返すことが基本。

限度額を増額するためには、まず「毎月約束どおりに返済している」という実績を残すことから改めていきましょう。

【4】転職後すぐに申込んだ

審査の重要な項目の1つに勤続年数があげられます。
理由は、勤続年数が多いと給与額が安定しているため審査に有利になりますが、転職を繰り返していると、いつ収入が途絶えて、返済ができなくなるか分からないので銀行側も不信に感じてしまいます。
ですから転職してすぐに増額を申込むということは、増額審査に不利になってしまう可能性があることも忘れてはいけません。

【5】他社での利用状況が悪い

バンクイックでは、優良顧客としてふるまっていても、他社での利用状況が悪いと残念ながら増額は難しいでしょう。

増額審査の際にも銀行は必ず個人信用情報を確認するため、他社の借入状況も分かるようになっています。
他社の借入が増える、返済が遅れている場合など、当然ながら増額の審査に通過することはできません。

他社の返済が上手く進まず困っているという方は、まずおまとめローンで借金をまとめて、他社での返済を楽にしてから増額審査に挑まれることをオススメします。

実際にバンクイックの増額を申し込みした人の口コミを見ると、新規でバンクイックを申し込む際の審査よりも、増額の再審査の方が厳しいという意見を見かけます。

増額審査の審査基準についてはどの金融機関でも明らかにはなってはいませんが、まずは、5つの注意点を改善し、増額審査の不安要素をなくすことが審査通過のポイントです。

増額する前に利用実績を積むことが重要

増額に値する利用実績を積んでいるどうかは、増額審査の大きな判断材料になります。

では、バンクイックの限度額を上げるには初回契約からどのくらい利用実績を積んだあとに増額申込をするのがベストなのでしょうか?

初回契約後6ヶ月~1年の利用実績がある人に多い

増額に成功している人は、バンクイックの利用実績(返済実績)が6ヶ月~1年以上であることが多いようです。

また、バンクイックを継続的に利用して6ヶ月を過ぎたくらいに三菱東京UFJ銀行から直々に増額案内の連絡が電話またはメールがくる場合もあるようです。

中には、「数ヶ月の利用で増額に成功した」という人もいるようですが、このようなケースは稀であり、個々の利用状況や返済状況により銀行側と利用者との信頼関係が築き上げられたからこそなし得た結果です。

直近所得が大幅に上がった、三菱東京UFJ銀行の商品を昔からよく利用している、などの特別な要因がない限り、まずは増額申込をする前に初回申込から半年以上は利用実績を積んでいきましょう。

増額の申し込み方法は電話またはインターネットから可能

バンクイックの利用限度額の増額には2通りの申し込み方法があります。

【1】専用ダイヤルへ電話をかけて申し込む

利用限度額の増額を希望する場合、専用ダイヤルへ電話をかけて増額する旨を伝えればその場で増額申し込み手続きに入ります。

▼第二リテールアカウント支店専用ダイヤル
番号 0120-76-5919
受付時間 平日 9:00~21:00
土・日・祝日 9:00~17:00
※12/31~1/3を除く
【2】バンクイックの専用会員ページから申し込む

お手持ちのPCまたはスマートフォンからバンクイックの会員専用ページに入り、利用限度額「増額の申し込み」から手続きすることも可能です。

PCとスマートフォンの図

ちなみにバンクイックを新規で申し込みする場合は、テレビ窓口から申し込みからカード発行までが可能でしたが、増枠審査申し込みに関してはテレビ窓口から申し込むことができません。

増額申込は第二リテールアカウント支店への電話申込か会員ページからのネット申込のいずれかをご利用ください。

中には増額案内の電話またはメールが来るケースも

利用実績のある優良なお客様に対しては、三菱東京UFJ銀行から利用限度額の増額の案内が電話またはメールで来ることがあります。

「増額審査に通る自信がない・・・」という方は、コツコツと利用実績を積み、三菱東京UFJ銀行から声がかかるまで増額を待つというのも1つの手です。

増額するにも審査が必要

増額の申し込みの流れを紹介していきます。

増額申込

審査

審査回答

必要書類の提示

というのが増額申し込みと審査の簡単な流れとなります。

まずは専用ダイヤルか会員ページで増額申込

収入証明書類

まずは、専用ダイヤルか会員ページから増額申込をしましょう。

専用ダイヤルの受付時間は平日であれば9~21時まで、土日祝日の場合は9~17時となっています。

三菱東京UFJ銀行は平日でも、わりと遅めの夜21時まで対応してくれるので、仕事が終わった後からでも申し込みができますし、土日祝でも対応してくれるのは平日仕事をしている人にとって助かりますよね。

専用ダイヤルに電話すると、担当のオペレーターが増額申し込みの受付をし、審査に入ります。

無事に審査に通過すれば、担当のオペレーターから必要書類の指示があります。
必要書類を提出し、受理されれば契約完了となります。

電話での申し込みだと、不安なことや分からないことなどその場で解消できるので、増額を申し込む前に1度相談してみるのもいいかもしれません。

バンクイック増額申込の必要書類は

給与明細書
源泉徴収票
確定申告書

などです。
いわゆる所得証明書類で、限度額を増額しても返済できるだけの収入があるかの確認が目的だと言えるでしょう。

増額審査が厳しいというウワサ

初回審査よりも増額審査の方が厳しいと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

銀行側は新規カードローンの申し込みの際に必ず審査はしますが、銀行にとって優良顧客なのかそうでないかについては実際のところはわからないのです。
ですから、新規カードローン申し込み場合は、限度額を低く設定して融資するようです。

しかし、増額の場合は違います。銀行側と利用者の信頼関係は不可欠になってきます。
銀行側との信頼関係とは、実は返済能力しても、定期的に利用してくれて、返済もきちんとしてくれるようなお客様は大歓迎です。

さらには、申し込み者の勤続年数や年収についても厳しく調べられます。
そうなると、増額するに値する人であるのかをチェックされるため、審査が厳しいと思われても仕方がないかもしれません。

増額の審査時間は短くて2~3日

気になる増額審査にかかる時間は、はたしてどのくらいでしょうか。
増額審査にかかる時間については、あなたの希望額、信用情報、利用実績により異なるため、一概にこうとは言えません。

基本的にバンクイックは、銀行ならではの低金利とスピード審査が売りの商品なので、他の銀行カードローンの審査に比べると審査回答は早いです。
しかし、スピード重視のバンクイックでも増額審査に関しては、新規カードローン審査とは異なるためスピード審査と言うのは難しいかもしれません。

時計

バンクイックの増額審査では、2~3日で審査回答がくることがほとんどのようです。

他金融機関の中には、増額審査の回答に1週間~遅くて1か月かかるところもある中、バンクイックの増額審査は2~3日と早いといってもよいかもしれませんね。

無事に増額審査に通過したら、2~3日後には利用限度額が増額されています。

急ぎの場合は審査を優先してくれる場合もある

急に大きなお金が必要になった…でもあと少しで限度額いっぱいになってしまい借りることができるお金が足りない…という人もバンクイック利用者の中にもいるかもしれません。

急ぎで増額を申し込みたい方は、申し込みの際に担当のオペレーターに急いでいることを伝えることで優先的に増額審査を進めてもらえるケースがあります。

どうしても「今日中に限度額を上げもらいたい!」という場合には、他社カードローンに新規契約をし、臨時収入を得るという方法もあります。

消費者金融大手のプロミス新生銀行のレイクなどは30日間の無利息サービスがあるため、短期借入であれば利息が膨らむ心配もありません。

プロミスもレイクも申し込み~融資までは約1時間しかかからないスピードが売りのカードローンなので、急ぎの方には非常にオススメです。

増額審査には在籍確認の電話はない

カードローンの審査には在籍確認の電話はつきものです。
在籍確認の電話も重要な審査の1つになるので、どの金融機関でも在籍確認の電話は必ずあります。

しかし、プライベートなことを勤務先の会社に知られたくないということから在籍確認を煙たがる人が多いのです。

バンクイック増額審査に限り、在籍確認の電話は基本なしで、勤務先への電話がすることはありません。

ただし、例外として勤務先が変更になった場合は在籍確認の電話をする必要があるので注意が必要です。

さらに増額するメリットもある

増額審査最大のメリットは利用限度額が上がるということはもちろん、利用限度額を増やすことで金利を安くできるということもあります。

金利は利用限度額が多ければ多いほど低くなり、利用限度額が少ないほど金利が高くなる仕組みです。

限度額が増額すれば金利は下がる

増額に成功すれば、契約限度額が増えたことになりますから、金利も低くなるわけです。

また、バンクイック1社で必要分の融資を賄えれば、他社から新たに借入しなくてすむということもメリットの1つです。

バンクイックの他に他社から借入があると毎月の返済日や返済額がバラバラで、返済日をうっかり忘れてしまった…なんてこともあるかもしれません。

1社での限度額を増やせれば、借入件数を増やす必要もなく、返済管理の複雑化を防げるのです。

増額するにあたっての注意点

増額することのメリットもありますが、当然デメリットもつきまとってきます。
ここでは増額をする際の注意点としてお話していきます。

【1】利用限度額が増えると月々の返済額が増える

利用限度額が増えたことで、もしもの時のための安心感と金利が低くなったことはよかったものの、お金を借りることができる金額が増えた分、月々の返済する金額が増えることも忘れてはいけません。

バンクイックの返済方式は、返済期日時点での残高に応じた金額で返済額が決まり、借入利率によっても返済額が違ってきます。

バンクイックの最低返済額(年率8.1%以下の方)
借入残高 最低返済額
~10万円 1,000円
10万円超~20万円 2,000円
20万円超~30万円 3,000円
30万円超~40万円 4,000円
40万円超~50万円 5,000円
50万円超 借入残高が10万円増すたびに1,000円ずつ増加

【2】むやみに増額しない

利用限度額が増えると急な出費にも対応できて安心ですが、不必要に増額申請することはデメリットにつながります。

増額するにも審査が必要であり、仮に増額審査に通らなかった場合などに伴うリスクもあります。

現在利用しているカードローンの減額
現在利用しているカードローンの利用停止

増額審査は、利用実績の他に、他社との借入状況も踏まえて審査しているとお話しました。

いくらバンクイックでの利用状況が良くても増額審査の際に、他社で延滞しているということが分かれば、現在利用しているカードローンが減額される他、利用停止にされてしまう場合があります。

他社との借入がある場合は、延滞をすることがないように注意が必要です。

増額否決になった時の対処法

もし、増額否決になった場合、なぜ増額審査が否決になってしまったのか…を考えることも重要ですが、どうするべきか対処法も考えてみましょう。

消費者金融や他社の新規借入を検討してみる

もし、バンクイックの増額が否決だったとしても、他金融機関から新たにカードローンを申し込みするというのも1つの対処法ではないでしょうか。

カードローンは主に銀行または消費者金融が提供しています。
同じカードローンでも、銀行と消費者金融とでは法律の違いがあり、銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれの法律に基づいているため多少の違いはでてきます。

しかし、消費者金融の借入審査は、申し込みから借入までスピーディーに対応してくれるところが多く、審査についても利用者に合わせて柔軟に対応してくれます。

消費者金融というと、未だ金利が高い、取立てが厳しいなどあまりよくないイメージをお持ちの方も多いと思います。

しかし、2010年6月に貸金業法が改正されてからの消費者金融は厳しい規制と監視のもと業務を行っているため、一昔前のような高金利の貸付や、厳しい取り立てをすることはなくなりました。
大手消費者金融には銀行とグループ関係を結ぶ企業がおおいため、安心して利用することができます。

ただし、バンクイックの増額審査に落ちた方であれば、アコム以外のカードローンに申し込むことをおすすめします。

銀行カードローンでは審査を保証会社に委託していることが多く(カードローンの保証会社まとめ)、三菱東京UFJ銀行とアコムは同じ三菱UFJフィナンシャル・グループであることから、アコムを保証会社としています。

つまり、バンクイックの審査は実質アコムが請け負っているので、アコムには既に利用者の情報が残っているのです。

プロミス

そこで筆者のオススメは大手消費者金融でもあるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。

プロミスなら審査時間は最短30分と短く、初回借入から30日間は無利息で借りられて、借入返済には三井住友銀行ATMが24時間手数料無料で使えます。

WEB完結瞬フリに代表されるような独自サービスもプロミスにはたくさん。

三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスが発行しているので、信頼性も申し分ありません。

新生銀行カードローンレイクなら最大180日間無利息

銀行カードローンであれば新生銀行カードローンのレイクもオススメです。

レイクは審査時間が最短30分かつ提携ATM利用手数料がすべて無料なので、バンクイックとサービス内容が似ているのでバンクイックを使い慣れた方には利用しやすい銀行カードローンです。

金利は年率18.0%と高めですが、初回利用であれば最大180日間の無利息サービス(借入額5万円以下が対象)を活用すれば利息をカットできるので、短期利用、小額利用には非常にオススメです。

まとめ

バンクイックの利用限度額の増額についてお話してきました。
増額はむやみに申し込みをするのではなく、まずは自分が増額できるのかを考えることです。

増額への近道は、カードローンを継続して利用し、きちんと返済するという利用実績を積み、銀行と利用者との信頼関係をつくること。
これが一番だと思います。
また、私たちが身近で無理なく銀行側との利用実績を積むためにできることをしてみましょう。

三菱東京UFJ銀行の口座開設をする
給与の振込口座にする
生活費(光熱費・家賃・ケータイ電話の料金など)の引落し口座にする

銀行側にとっても借入だけが取引ではないので、身近な銀行の利用も十分信頼関係は築きあげることはできます。
バンクイックは、三菱東京UFJ銀行から提供しているカードローンだということを忘れずに、上手に利用すれば自ら申込まなくとも銀行側から増額の案内がくるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事