お金を借りるための選択肢

どうしてもお金が必要。
そんなときにクレジットカードについているキャッシング機能やカードローンが便利です。

クレジットカード カードローン

一昔前のヤミ金の高金利のイメージや自己破産など、貸金やカードローンは世間一般的にあまり良くないイメージが浸透しています。

ギャンブルや趣味のために慢性的な借り入れをして借金地獄に陥るのはよくありませんが、車検や冠婚葬祭、生活費などで急な出費が発生することも、人生長く生きていればあります。
そんなときは、キャッシングやカードローンによる借り入れができます。

計画的な借り入れ・返済を心がければ、決して怖いドラマや映画で描かれるような世界ではありません。

ただ、そのためには「お金を借りている」、「借金をしている」という感覚を常に持ち、正しい知識で利用することが大切です。

お金を借りる二つの方法

「お金を借りる方法として、以下の二つの方法が挙げられます。

クレジットカードのキャッシング機能を使う

クレジットカード

ひとつは、クレジットカードについている「キャッシング機能」を利用する方法。
クレジットカードをすでに持っている方なら、クレジットカード会社が設定した限度額以内であれば、何度でもお金を借りることができます。

ただし、クレジットカードキャッシングの場合、限度額が20万円~30万円に設定されていることが多く、また支払い方法は翌月の一括返済であることが多いです。

カードローンを使う

カードローン

もうひとつが、カードローンを利用する方法です。
「カードローン」は、聞きなれない単語かもしれませんが、「アコム」や「レイク」などと聞くとピンとくる方も多いのではないでしょうか。
これらもカードローンの部類に入ります。

「アコム」や「プロミス」などの消費者金融系のカードローンとは別に、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行もカードローンを発行していま。
これらは「銀行カードローン」と呼ばれます。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いは、支払い方法と借り入れできる金額の大きさ

クレジットカードのキャッシング機能も、ある一定の額までであれば借り入れが可能です。
ただし、クレジットカードのキャッシングの利用限度額(利用可能枠)はクレジットカード会社側が決定するため、最初から大口の借り入れはできません。
総量規制の制限を受ける場合もありますが、クレジットカードのキャッシング利用限度額よりも大きい金額を借り入れたい場合にはカードローンがおすすめです。

また、キャッシング機能は翌月の一括払いがメインである点も、カードローンとの違いです。

消費者金融カードローンと銀行カードローンの違いは、利息と申し込み条件

では、アコムプロミスなどのカードローンと銀行各社が発行する銀行カードローンの違いは何かというと、金利手数料と申し込み条件、借り入れ限度額になります。

まず、金利手数料ですが、銀行カードローンのほうが少し安いです。

2010年6月に施行された総量規制により、貸金業法に規制される消費者金融など貸金業者での借り入れやクレジットカードのキャッシングに関しては、年収の3分の1を超える借り入れができなくなりました。
たとえば年収が300万円の方であれば、100万円以上の借り入れはできません。

また、専業主婦や学生など完全に無収入の方に関しては、そもそもの収入がないため、貸金業者からのお金の貸し出しができません。

しかし、銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法の規制内となり、年収の3分の1以上の借り入れをしてもすぐに法的に罰せられるわけではありません。
専業主婦や学生など無収入の方でも、銀行カードローンであればお金を借りることができます。

よくあるお悩み・相談

専業主婦の私でもお金を借りれますか?

アルバイトやパートをしていない専業主婦です。 主人は普通のサラリーマンで年収は400万円ぐらい。幼稚園児の子供が1人います。 急ぎで現金が必要になってしまい、主人には内緒で借入したいのですが、私でも借りることはできるのでしょうか?...

続きを読む »

住民税を滞納したらどうなりますか?

会社員をしていた時には給与から引かれていた住民税ですが、転職のため会社を退社しました。 その際に社会保険の手続きはしていましたが、住民税の手続きが抜けていました。 現在まだ転職活動中ですが住民税はどうすればよいでしょうか?...

続きを読む »

アルバイトの収入しかありません

就職難でなかなか正社員として働けず、アルバイトの収入で生活をしています。 引越しや友人の結婚式が重なり、今の収入と貯金では来月以降の生活が少し厳しいので借り入れを考えているのですが、そんな状況でも借りることはできるのでしょうか?...

続きを読む »